5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

[拇指球]〜荷重ポイントについての考察スレ〜[踵]

1 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2007/03/08(木) 16:06:13
スキーとは荷重ポイントを操るスポーツと言っても過言ではない。
スキーは重心移動と荷重操作でコントロールされるのだ。

スキーへの飽くなき探究心と向上心あふれる理論厨ども、
さぁ思う存分語るがいい!

2 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2007/03/08(木) 16:08:04
糞スレ2ゲト

3 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2007/03/08(木) 16:09:44
糞スレたてんなヴォケ
>>1氏ね

4 ::2007/03/08(木) 16:28:02
まず自分の意見を明らかにしておく。
自分はスキーの基本は踵荷重にあると考えている。

まず直立して、踵をつけたままつま先でタップする動作を考えてほしい。
このとき、体重のほとんどは踵で支えられているが
タップ動作によって生まれる軽いが変化量の大きい荷重は拇指球に生じる。
踵荷重とはこういう状態を指すと思う。
踵荷重だからこそ拇指球の荷重を自在に変化させて
板のトップを自由にコントロールできる。

拇指球荷重では必然的に踵が自由になるので
板のテールを左右にすばやく振るのは得意だが、
前方から入ってくる圧変化への対応が難しくなってしまう。

5 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2007/03/08(木) 17:10:04
理論派乙

6 ::2007/03/08(木) 17:31:47
>>5
「理論派」をあぼーん指定してたから透明でわからんかったぞw

7 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2007/03/08(木) 21:20:43
こぶでは母指球荷重のほうが合理的だっつーの。
母子球は板のセンターに近いから回旋しやすい。
よりクイックに板を回す必要があるコブの中では母子球を中心に回さなきゃ間に合わない。

8 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2007/03/09(金) 09:58:58
>>7
ツイストみたいですね

9 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2007/03/09(金) 10:38:30
昔のウェーデルンってどこに荷重してたの?
テールを回旋で振る動作は>>7に似てる気がする。

昔「たばこを足でねじ消すつもりで」って話を聞いたけど
あれはやはり母子球を中心にまわせって意味だったんだろか?

10 :名無しさん@ゲレンデいっぱい。:2007/03/10(土) 02:37:15
踏み込めってことだろw

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)