5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【真】科学的に疑問に思う卓球理論Part4

58 :名無しQ(・∀・)ノ゜サァン!!:2006/07/24(月) 00:37:09 ID:zmZuYZ4z
>>56
> ヨーロッパ選手によく見られる、バックハンドドライブ時の
> 「のけぞり」は、
> @平行足で強烈に前方に腕を振り出すことのバランスをとるため
> A強烈に背筋群を収縮させるため
> によるものです(のはずだと思っています)。

1.は確かに分かるように思います。
ただ、それもフォームが円運動ではなく、直線運動に必要な場合に限るのでないでしょうか。
身体を回転させてバックハンドを打つ場合にはのけぞる必要性を感じません。

2に関してはよく分かりませんのでもう少し詳しい説明をしていただきたいです。
背筋群を強烈に収縮させることによりスイングにどう影響するのですか?

> 軽い腕を速く前方に撃ちだす反動を相殺するためには、重い胴体は
> ゆっくり後ろに撃ち出されるだけでよいわけです。

この根拠でいうと、上回転のボールに対しても、早く打ち出すためにのけぞる必要があるということですか?

208 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)