5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【真】科学的に疑問に思う卓球理論Part4

175 :グレート東條 ◆0gE85SI5tw :2006/07/29(土) 12:30:32 ID:MdamXhbf
>140

残念ながら、あなたの考えに私の知らないことはありませんでした。
あなたが私を「レベルが低い」と書いた根拠らしき部分は

>「腕を伸ばしたとき上腕の内旋は運動を生じない」という発言からも、前腕回内運動の威力への貢献を分かっていないと判断した。

の部分ですかね。
腕を伸ばしたときの上腕内旋がどうやってボールの回転やスピードを
生み出すのかご説明ください。ブレードの上側に当たればスピードが増しますが
下側に当たりでもしたらラケットは逃げる方向なのでスピードは逆に落ちます。
また、ラケットヘッドを極端に立てて握っているシェークなら上腕内旋によって
回転をかけられますが、それは極端なシュートドライブをする場合だけであり、
スピードにできるような場合は面の角度が急激に変るのでちっとも有効ではありません。
ラケットヘッドが下がったペンでは逆に前腕内回はブレードのどこに当たっても
スピードが落ちる方向です。

いかがでしょうか。



208 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)