5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【装蹄】みんなで語ろう【2釘目】

1 :白馬に乗った名無し様:2006/08/31(木) 19:35:28 ID:ZlqszixF
前スレ 【装蹄について】
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/equestrian/1114248517/

馬の肢蹄の故障やケアに付いて皆で語り合うスレです。
時には関連事項で体躯に話が及ぶも桶。

本職装蹄師さん、○○○装蹄師さん、馬乗りさん、厩務員さん
オーナーさん、誰でも楽しく語らい知識を深めましょう。

但し、誹謗中傷、煽りや荒らしさんはお断りです。
こういう書き込みを見ても完全無視、放置推奨で。

2 :白馬に乗った名無し様:2006/08/31(木) 19:36:32 ID:ZlqszixF
☆☆☆☆☆ このスレは未稼動です ☆☆☆☆☆

前スレ 【装蹄について】

http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/equestrian/1114248517/

こちらを埋めてからお願いしまつ。

3 :白馬に乗った名無し様:2006/09/01(金) 00:10:23 ID:aP0Fo89Y
このスレは只今より営業???開始しました。

4 :素人:2006/09/01(金) 00:19:58 ID:460bCYba
あ!早いですね。
ではこちらに書き込んでいきます。

5 :白馬に乗った名無し様:2006/09/01(金) 23:47:19 ID:YABS9Za5
続行よろしくお願いしま〜す。
お世話になります!!

6 :白馬に乗った名無し様:2006/09/03(日) 17:42:27 ID:h4BuMEen
いきまり落ちそうですね。

7 :白馬に乗った名無し様:2006/09/03(日) 23:57:00 ID:CEUXmZv9
鐵の厚み、幅について・・・


8 :素人:2006/09/04(月) 00:06:54 ID:hVmN/1T0
うっ・・・アバウトな・・・。
蹄の保護をメインに考えていますので、馬が裸足でいる状態に近いような蹄鉄
が良いとおもいます。と言う事で、厚みは薄く幅は蹄負面位で除土面がついて
いれば大丈夫いいかと。あとは馬の競技次第ですね。


9 :白馬に乗った名無し様:2006/09/04(月) 19:04:04 ID:r9Oz9J6Y
ちなみに素人の本職さんは乗用馬の鉄はどこのを使ってらっしゃいますか?
4号あたりの厚み、幅は?
横着してカークハート使ってるんですが、どうも幅が広くて使いにくくて。

#面白い物見つけちゃいました。

国立国会図書館
最近簡易蹄鉄学 兵頭芳太郎著
http://www.dap.ndl.go.jp/home/modules/dasearch/dirsearch.php?id=oai%3Akindai.ndl.go.jp%3A40063106-00000&cc=06_04_00&keyword=&and_or=AND

10 :白馬に乗った名無し様:2006/09/04(月) 21:09:45 ID:P3sJPXkN
>9 カークハートが使いにくい?初耳です。どこらへんが?


11 :白馬に乗った名無し様:2006/09/04(月) 22:24:11 ID:r9Oz9J6Y
使いにくいのは主に0号。
私的意見で申し訳ないのですが
このサイズだと22MMはちょっと広すぎかと
主に後肢でそう思います。
あと、前肢で狭窄気味の蹄。
馬が主に内産軽種が多いので・・・
競走馬から転用の一発目に打つ場合特にそう感じます。
ニュームを履いてた馬は蹄壁が薄い馬が多いように思います。
これらに幅広の鉄を使おうとすると釘眼が白線より内にいってしまいます。
ということでこのサイズは3×6が使いやすいのではと。
ちなみに0号クラスはDFを使っていますが、型がいまいち。

という事なんですが、>10さんのご意見は?

12 :白馬に乗った名無し様:2006/09/04(月) 23:06:58 ID:drXhvLfu
カ−クハ−トて、蹄油のメーカーだとばかり思ってた・・・

13 :白馬に乗った名無し様:2006/09/05(火) 00:10:15 ID:8Zxn30vQ
>>12
http://www1.ocn.ne.jp/~hsimai/
この辺うろついてみると判るとおもふ。
使いやすいんだけど使いにくい部分がある。

14 :素人:2006/09/05(火) 01:39:16 ID:brPdrvEY
蹄の大きさと蹄鉄の幅を考えていない蹄鉄は使いづらいですよね。
0号(一番小さいサイズですよね)で22ミリじゃ、スライディングみたいに
なっちゃうんじゃないでしょうか?(笑)
私はおもにタイワを使っています。
今井は評判良いですね。生でも叩けますよ。それで日持ちも何故か変わらない。
でも除土面がないんじゃないかな?
カークハートは外穴ですか?外穴の蹄鉄探しているんですよ。

クライスデールの装蹄をする時に使っている蹄鉄が、カークハート製だったかな?
それの7号厚さが12ミリ、幅30ミリ位。生では動きませぬ。で合う釘が無い!?
合う釘が無い蹄鉄があるなんて!ビックりだ。
いろいろ釘を選んでみましたが、頭がかなり出てしまうマスタッドの8号という釘
しか見つからず、後ですることにし打ち込んでみるとあら不思議、叩き締めて丁度
いい感じに!外人の考える事は・・・・凄い!


15 :白馬に乗った名無し様:2006/09/05(火) 03:36:27 ID:8Zxn30vQ
お疲れ様です。
今雨の音で眼が覚めちゃいました。
昨日、夕方馬場にたっぷり散水した俺様です。orz

0号は日本サイズの4号見当ですね。
今井の鉄は仰るように使いやすいですね。
ただ釘眼がもう少し深いといいな♪

タイワはまだ使った事がないんでこんどまた機会があれば
試してみようと思います。

外穴ってどういう物をさすんですか?
今一専門用語に疎い物で。。。

16 :10です。:2006/09/05(火) 12:53:50 ID:qJZ7Ma6+
>11さん
DFだったら20mmもありますよ。
確かに、僕もカークハートは競馬上がりには
厳しい気がしなくもないです。
鉄に乗じて釘もごっつくなりますからね。
案外、平気なもんですがたま〜に蹄の敏感なタイプに
当たった時は数回、2分6で様子を見てから
尋常鉄に持っていくようにしています。


17 :11です。:2006/09/05(火) 17:14:43 ID:8Zxn30vQ
はい、DFを使ってるんですが
いまいち気に入らない部分があって・・・
SN 0号 20×8 つてのが有ると最高なんですが。

まー外産の中間種用の鉄ってことなんでしょうね。

18 :素人:2006/09/05(火) 21:32:17 ID:brPdrvEY
言い方が紛らわしかったですね。外に溝がっても穴はセンターなんとことがあるので、あえて外穴と言うように
していました。外穴と外溝は同じように解釈してください。

19 :白馬に乗った名無し様:2006/09/05(火) 22:44:12 ID:rGcfpBbm
鉄の話面白いです。
鉄屋さんのHP初めて見ました。
キレイでとても見やすいです。

20 :白馬に乗った名無し様:2006/09/05(火) 22:50:44 ID:8Zxn30vQ
【外穴】了解しました。
カークハートの通常使っている SN は釘眼は略センターです。
製品ムラで1mm+a位外穴の物も有りますが、箱を開けなければ・・・

写真なんで良く分かりませんが、
>カークハート社製蹄鉄 SX8 DFクォーター
>カークハート社製・コンケーブ(全溝蹄鉄)
http://www1.ocn.ne.jp/~hsimai/

写真で見る限り外穴に見えますが、実物は見たことないんで・・・

さっき実際の寸法を確認しようと厩舎に行って、メジャーを取ろうと
道具箱に手を突っ込んだら・・・
ガガーン、鎌様が空を向いて構えてらっしゃいました。orz
幸い指先を1センチぐらい切っただけで済みましたが。
ドンクサ。

21 :白馬に乗った名無し様:2006/09/06(水) 22:11:09 ID:rewXk4nB
気をつけてくださいよ〜。
手も大事な商売道具でしょ〜。

22 :白馬に乗った名無し様:2006/09/06(水) 22:40:08 ID:nA3Z4RIx
アリトン。

23 :素人:2006/09/06(水) 22:58:47 ID:wb+UTEQg
19さんへ
私のホームページですか?

24 :素人:2006/09/07(木) 20:32:46 ID:mci++hJl
「私」じゃ判らないですよね(笑)
www.horsecare.jp ですか?

25 :白馬に乗った名無し様:2006/09/07(木) 22:20:21 ID:2FRjd/6b
素人の本職さんのHPは前から見てますよ。
為になります。


26 :素人:2006/09/08(金) 00:52:57 ID:nnlo8A9C
最近更新してないんです。
やらなくては・・・。

27 :白馬に乗った名無し様:2006/09/08(金) 21:42:04 ID:xL9/ZZYn
お願いしますね。

28 :素人:2006/09/08(金) 22:18:58 ID:nnlo8A9C
今月の16日に宇都宮の装蹄教育センターで装蹄の競技大会があります。
全国大会の予選も兼ねた大会なので、それなりの成績も必要なのです。
私も出場する予定なのですが、残念ながらいままで練習時間が殆ど取れていません。
予選落ちする訳には行かないので、これから追い込みに入ります。
という訳で、それまではHPの更新お待ち下さいね。
競技大会は誰でも観ることができます。もちろん入場無料!
お暇な方は是非観に来てくださいね。


29 :白馬に乗った名無し様:2006/09/09(土) 23:25:14 ID:+kTNxWI2
頑張れ-!!!

30 :白馬に乗った名無し様:2006/09/09(土) 23:37:40 ID:KLwkFEmA
宇都宮・・・オレん家から約1000Km・・・orz
見に行きたいんですが・・・
頑張って良い成績を取ってくだしゃい。

31 :白馬に乗った名無し様:2006/09/10(日) 08:03:21 ID:5ip+F0at
頑張って下さい!!

32 :素人:2006/09/10(日) 18:29:12 ID:di2cJcgE
皆さん!応援ありがとうございます!
そういえば去年も皆さんに応援頂きましたね。
そのおかげで優勝できたのかもしれませんね。
でも今回は予選突破が目標です。残念ながら練習量が少な過ぎます。
予選を突破し、全国大会で上位入賞を目標に頑張ります。

思い返せば書き込み始めて1年以上が過ぎたんですね。


33 :白馬に乗った名無し様:2006/09/10(日) 23:56:02 ID:7vc236Ze
もう、そんなになりますかねぇ。

34 :素人:2006/09/11(月) 01:12:01 ID:M3pot+5i
そうなんですよね〜。1年て早いですね。
仕事中にとっていた写真が意外にたまっていました。
整理しなくては。面白そうなのがあるので、オーナーさんの許可が下りたら
UPしますね。

35 :白馬に乗った名無し様:2006/09/13(水) 23:03:03 ID:D6ajECzo
期待。

36 :白馬に乗った名無し様:2006/09/14(木) 11:44:21 ID:Y0VpZoqm
皆さんお疲れ様です。
肢もとの古傷で困っています。皆さんのお知恵をお貸しください。

状況はと言うと、入厩した時点では治りかけの傷跡見たいな感じでした。
普通ならそのまま治っちゃうのが常ですが、どんどんカサブタが隆起してくるんです。
カサブタを取り除いてみると軽く漿液が滲み出る程度です。
別に化膿したりする事もなく、またカサブタが隆起し、取り除く、
これを何年も続けています。薬も色々変えてみたがダメ、表面を軽く焼いてみたがダメ。
一度外科的に表皮を5ミリぐらいの深さで切除してみましたが、半年ほどで元の状態に
戻ってしまいました。
オナーによると怪我の原因は、放牧中に踏むか蹴るかしたんだと。
たぶん挫滅傷をそのまま包帯で巻いて治したんじゃないかと想像しています。
でこれが隆起してくると側対蹄をぶつけ、痛いもんだから片足ケンケンしちゃうんです。
競技中(一応馬場馬)にこうなっちゃうと最悪です。
もう少し時期が良くなったら、もう一度外科的に切除しようとは思っていますが、
他に何らかの良い方法等ご存知の方はありませんでしょうか?

画像をYahoo!ブリーフケースにアップしてますんで興味のある方はご覧ください。
URLは、長くなると一部のブラウザの方にはご迷惑と思い、
URL圧縮サイトttp://qrl.jp/index.phpで圧縮しました。
ファイルへのリンクアドレスは
http://qrl.jp/?232551 です。【 蹄冠上部の怪我100_FUJI.zip 】

# 蹄が伸びてるって指摘はご容赦ください。充分自己認識していますので。(笑

37 :白馬に乗った名無し様:2006/09/14(木) 12:07:28 ID:Y0VpZoqm
あれっリンクが飛んじゃったみたい。

【 蹄冠上部の怪我100_FUJI.zip 】
http://qrl.jp/?229553

これでどうかな?

38 :白馬に乗った名無し様:2006/09/14(木) 14:46:08 ID:Y0VpZoqm
やっぱ時間が経つとリンクが飛んじゃいますね。
何でだろう?

申し訳ないが直リンで長いURL貼らせてください。
http://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/bc/2e0cac70/bc/%c4%fd%b4%a7%be%e5%c9%f4%a4%ce%b2%f8%b2%e6.zip?bc35OCFBQFqqXpFk

39 :白馬に乗った名無し様:2006/09/14(木) 19:04:38 ID:z/s4U7S2
>>36
「オナー」だけ読んだ

40 :白馬に乗った名無し様:2006/09/14(木) 19:16:45 ID:Y0VpZoqm
ファイルへの直リンはダメみたいですね。
これでおねがいします。
http://briefcase.yahoo.co.jp/jyoubakurabu


41 :白馬に乗った名無し様:2006/09/14(木) 20:57:09 ID:z/s4U7S2
「オナーに」まで読んだ

42 :素人:2006/09/14(木) 23:12:47 ID:GjaTjf0b
話を聞くと肉芽みたいですけど、写真を見るとちょっと違うような気もします。
獣医師に写真を見せてみます。

43 :白馬に乗った名無し様:2006/09/14(木) 23:28:48 ID:Y0VpZoqm
>>42
お手数お掛けします。

44 :素人:2006/09/16(土) 21:19:34 ID:swF8qhn5
獣医師の返事が来る前に、競技会の報告を・・・。
結果は悪うございました。でもどうにか全国大会の出場権は取りました。
目標通りといえばそうなのでが、出来が思ったより良かったのに点数が
伸びなかったのが残念です。

審査員の好みを抑える事が重要なのだと、あらためて思い知らせれました。
競技ですからしょうがない点もあるのですが、形状Aを造れと言っておきな
がら、点数が高いのは形状Bでは、どうしようもありませんね。
形状Aは競技上の建前、形状Bは審査員の好みといったところでしょうか。

「それでは競技じゃない、好みを言わない審査員の好みに合った蹄鉄
を造った者勝ちだ」という観点から、度ある毎に物申してきました。
いままで前日打ち合わせ会場で何度も確認しました。
「造るのは形状Aですね?」って、審査員も「形状Aを造って下さい」って
ハッキリ言っているんです。でも駄目なんですね。
それでは、点数を取る事は出来ない・・・。

今回の全国大会では、反発するのを止めようかと思います。
その他大勢の出場選手がやるように、点数の取れる、審査員の好みを
調べて造る蹄鉄を造ってみようかと思います。

45 :素人:2006/09/16(土) 21:36:25 ID:swF8qhn5
「装蹄について」で話していたナビキュラーについて
レントゲンでナビキュラーが診断できるという話がありましたね。
私は診断の一つとしてしか使えないと答えたと思います。
仮にしっかりロリポップ型が写っていてとしても確定はできません。
その理由を、書いていませんでした。

確定できない理由として、ナビキュラーを発症していない馬、もしく
は全くの健康馬でも、解剖してみるとトウ骨にナビキュラーが発症
しているケースが結構あるんです。
という事は、たとえナビキュラーが疑わしく、レントゲンを撮って
しっかり写っているからと言っても、それが痛みの原因とは言え
ないという事です。

いまさらながらですが、書いておきますね。

46 :素人:2006/09/16(土) 23:23:42 ID:swF8qhn5
36さんへ

以前に問題の組織を切除した時に、組織検査はしましたか?
一度してみてはどうでしょうか?
肉芽か蹄の組織が変化したものか、はたまた腫瘍の一種なのかは組織検査する
ことではっきり答えがでる可能性があります。

47 :白馬に乗った名無し様:2006/09/16(土) 23:45:33 ID:XTJvPawM
>>44-45
競技会お疲れ様でした。
なんかレポート見てると、我々馬場馬術と同じですね。
審判員の好みを抑えてそれなりの演技をする。
朝の審判割り振りを見て今日の演技を考える。
同じ感覚だと思いますよ。
馬術会の審判でも昔馬に乗った事があるみたいな審判も沢山います。
師が今勝つために真意じゃない鐵を作るのも手
今負けてもいいが自分が思った鐵を作るのも手
要は判ってやってるか、判らずにそれが正しいと
信じてやってるかの違いだと思います。
と、ここまで。
ホントに見に行けりゃ見に行きたいです。田舎物としては

48 :白馬に乗った名無し様:2006/09/16(土) 23:58:07 ID:XTJvPawM
>>46
組織検査まではしていません。
ただ、普通の肉芽?と違って
切除時の感触がジャリジャリ、ゴリゴリ、
ちょっと上手く表現できませんが
普通の組織とは違う感覚でした。
先日の画像はカサブタが隆起した状態のもので
蹄の組織が変化したものか=蹄冠部の損傷
これはまず無いと思っています。

49 :白馬に乗った名無し様:2006/09/17(日) 19:19:02 ID:rITOoazy
あれ?競技会って10月30日じゃないんですか?

50 :素人:2006/09/17(日) 21:31:35 ID:I+USStfQ
それは全国大会ですね。

51 :素人:2006/09/17(日) 21:50:35 ID:I+USStfQ
47さん
ホントにそうですよね。そこをずっと戦ってきました。
皆さんに頑固といわれながら・・・。

私は両方の注文に対応出来るように練習しています。
でも、その注文が嘘なんじゃね・・・
嘘と判っていながら、今回こそはと信じて造っていましたが(微妙な言い回しだ)
もう今度は信用しません。その他大勢が造る蹄鉄を造ろうと思います。



52 :白馬に乗った名無し様:2006/09/18(月) 00:18:34 ID:ruv3y/GK
その様な事も時には必要なのかも。
話がずれるかもしれないけど。
私の友人が美大を受験するとき、
予備校の講師から、「試験管好みの作品を作れ。でないと受からない」
と言われたそうな。

53 :素人:2006/09/18(月) 20:59:23 ID:i8KYClgM
書き忘れた事が一つ。
競技で造る蹄鉄の形状にはサイズの指定があります。
縦135ミリ、横125ミリ、穴の位置、溝の位置・深さ、釘穴の数・深さ
斜面の大きさ・位置などなど全てに指定があるのです。

その点が少し違うかな?と思いました。
基本的に試験官の好みが入る余地は無いはずです。
どこをとっても同点の場合は、試験官の好みでいいと私も思います。



54 : ◆GhtddV/I1g :2006/09/18(月) 21:46:43 ID:Jn7ZeD5x
ku

55 :素人:2006/09/21(木) 00:39:56 ID:YT/DJA1x
屈腱炎の馬にロッカーシューを履かせました。
肝細胞の移植をするほどの馬です。
熱がいまいち引かず、もやっとしている状態でしたが、ロッカーを履かせ
2週間後に診た時には、熱も腫れも引いていました。
責任者によれば、ロッカーを履かせてから徐々に熱、腫れ共に無くなっていった
そうです。

現在ウォーキングマシンを15分位するようにまでなりました。
(完全休養させると屈腱自体が癒着をしやすいため、少しの運動をしたほうが
予後の経過がいいとのデータがあります。)
屈腱炎の熱や腫れが引いても、腱が切れていることには変わりはありませんので
きちっと回復が確認できるまで(エコーなどで)動かしたい気持ちを辛抱しない
といけませんね。



56 :白馬に乗った名無し様:2006/09/21(木) 10:14:24 ID:TkUJWTlv
ロッカーのまま運動したら肩にくるって書かれてましたよね?
WM程度なら平気ってことですか?


57 :素人:2006/09/21(木) 19:12:00 ID:YT/DJA1x
ロッカーのままでハロン17位までやるところもあるそうです。
ロッカーの意味や目的、履かざるをえない肢の状態を踏まえると・・・?
なんて思ったりもしますね。

肩にくる理由として、蹄鉄の重さや上湾が大きいため腱のテンションがかかる前に
反回してしまう為に、肩を使わないと肢が出にくいなどの理由があります。
どの程度の運動をさせるかの判断が難しい所ですね。
うちではエコーで判断します。

58 :白馬に乗った名無し様:2006/09/21(木) 19:27:48 ID:TkUJWTlv
既製品をそのままとっつけてたら、?かもしれませんが、
名前はロッカーでも作り方によってレールバーの効果も出せたりするし
要はさじ加減では?
鉄の呼び名なんてぶっちゃけ、どうでもいいですよね。馬が良くなりゃ。

59 :素人:2006/09/22(金) 02:11:28 ID:FIIHPOhX
加工すればレールの効果をだせるロッカー?
意味がないのでは?
もともと効果は間逆に近いものと思っていますが・・・。
(全ての効果ではありませんよ。部分的にです。)

程度によりますが、蹄葉炎にロッカーを履かせたら大変な事になると思います。
逆にナビキュラーなどにレールを履かせたら、これもまた大変な事になりますよ。

あの〜蹄鉄に呼び名がないとと言うか、物事には呼び名がないと何かを伝えるのが
大変な作業になってしまいますよ。

馬がよくなれば良いには賛成です。

60 :素人:2006/09/24(日) 21:38:15 ID:ZV+dx/Zk
レールバーやロッカーシューを使うより、ファーストで加工した方が、オーナーさんの
負担は少なくなりますね。
蹄葉炎の時などは、釘を使わない分安全ですしね。
リフト量も自由に変えることが出来ます。

2ヶ月前には蹄葉炎で跛行の酷かった馬が、今ではすっかり安定しました。
レントゲンをみても、かなりの改善が見てとれました。
あんなに酷かったのに・・・
オーナーさんや牧場の方の管理の賜物だと思います。

ちなみに処置は、ファーストで4ポイントを作り、ASCなどは使用していませんが
ファーストで簡易的にACSの効果を狙った処置をしました。

61 :白馬に乗った名無し様:2006/09/27(水) 22:42:31 ID:mbU+95xe
皆さんお忙しそうですね。

62 :素人:2006/09/28(木) 23:31:51 ID:UUJ54Smn
競技会の練習の日々ですだ。

63 :白馬に乗った名無し様:2006/09/28(木) 23:43:20 ID:pNYSk8Rl
馬事公苑でクランポンはどんなのを使ったらいいでしょうか?小さいのを使おうかと考えていますが、一般的にみなさんどれくらいのを使用するのでしょうか?馬は大きな馬で脚捌きが悪いです。

64 :白馬に乗った名無し様:2006/09/29(金) 19:45:02 ID:iuYi2FiK
>>63
私はでかいサラ(ただし踏み込みはあまり良くない)で
普通のやつ(1センチ強くらいのオーソドックスな四角形の)を
使いました。芝馬場ではなくメインアリーナですが。
長いのを使おうと思っていたのですが、知り合いがそこまでしなくても
いいというので普通でいきました。

>>62
練習お疲れ様です、応援してます!
1つ質問させていただきたいのですが、養老馬で、でも
まだまだ元気なので鉄を取ってから1ヶ月くらい乗っています
(2日に1度1時間くらい常歩30分フラットワーク30分)
コンクリなど硬いところは乗ったままは絶対歩かないようにしているのですが
鉄をとって間もないので減りが気になります。
とある本に鉄を取って1年くらいはホースシューズをつけるのが良いと
書いてあり、ホースシューズを履かせて運動しようかと考えているのですが、
実際のところはどうなんでしょうか。もう鉄をつける気はないのですが・・・
やっぱり素足(?)だと運動するのは厳しいですか?

65 :白馬に乗った名無し様:2006/09/29(金) 21:29:28 ID:G1x5Pd6H
乗るなら履かせる
履かせないなら乗るな
そういうモンじゃねーの?
野性馬じゃあるまいに。

66 :白馬に乗った名無し様:2006/09/29(金) 21:46:50 ID:4H0VJ4TA
鉄なしで運動することを全面的に否定するのも
どうかと思うけど。いいこともたくさんあるんじゃない?

67 :素人:2006/09/29(金) 22:28:04 ID:No82g5hI
蹄鉄は運動量と蹄の状態に応じて、つけるべきかどうか、考えるのがいいと思います。
裸足と言う事なのでネックは運動量になりますが、その馬の蹄の成長速度も重要ですね。
同じ運動量でも蹄の伸び潰れには個体差があるので、残念ながら何とも言えないです。
基本的にどのような状態でも、蹄は伸びますし潰れていきます。
つまりバランスは崩れていくので、直し(削蹄)は必要となりますね。

蹄鉄を外してから、蹄は徐々に頑丈になっていくと思います。
頑丈になるならないなどは個体差によります。
残念ながら頑丈にならない馬もいますのでご注意ください。



68 :白馬に乗った名無し様:2006/09/30(土) 00:37:46 ID:oJkpAVaJ
64です。アドバイスありがとうございました。
伸びるのは早く同時期に装蹄した馬よりまだ
長い状態です。ただ装蹄していたとき蹄が長めだったので
ちょっと心配です。今のところ鉄を付けていたときと
歩様に変わりは無いですし楽そう(に見える)です。

もしホースシューズを履かせるとしたら、削蹄後すぐのツメのサイズの
シューズを選ぶべきなのか、ある程度経ってからのサイズを選ぶべきなのか
どちらが正しいのでしょうか。
・・・専門外になってしまうかもしれませんね。
ご意見をお聞かせいただけたらうれしいです。


69 :素人:2006/09/30(土) 01:14:54 ID:b+EjERot
「ホースシューズ」がいまいち判りません。
蹄に丸ごとかぶせるゴムの靴みたいなやつでしょうか?
ワイヤーで止めるかバンドで止めるようなもの。




70 :白馬に乗った名無し様:2006/09/30(土) 20:14:37 ID:dNXr989j
すみません。「ホースブーツ」の間違いでした。
馬事普及のHPなどに出てるもので、治療用ではなく
蹄鉄をつけていない馬の運動用や放牧時などの怪我防止用、
というヤツです。うまく説明できないのですが、治療用の
ものより分厚くてごつい感じで蹄に丸ごと被せ、バンドで締めるものです。

71 :白馬に乗った名無し様:2006/09/30(土) 22:15:41 ID:XM/kqf07
今進路迷ってるんですけど装蹄師ってどうなんですか?
体力ないと駄目なんですよね?どの程度あればいいですかね?利点欠点教えて下さい

72 :素人:2006/10/01(日) 00:04:04 ID:Uc7JdUxi
70さんへ
すいません。ホースブーツは使った事はないです。
あれ高いですよね。何か特別な事情がないのであればいらないんじゃないかと・・・
ホースブーツ履いているからと言って、削蹄いらない訳じゃないですしね。

71さんへ
やる気次第でどうとでもなると思いますよ。
身長155センチ体重50キロない女性の方でも、競走馬の装蹄やっていますよ。
利点・・・・う・・・難しい。
専門的な知識と技術が身につきます!免許をとってからでも、最低5年以上は
黙って修行ですけどね。
欠点
専門的な知識のせいで、現場とのギャップに苦しみます。
非常に苦しみます。古株の装蹄師(親方衆)との意見の違いなど。
いかにおかしい治療法を彼らがおこなっても、それを正す事が出来ません。
実績のない新人の意見などだれも聞いてくれませんよ。
独立できるまで、ただ黙って仕事をするしかありません。
親方衆に気が付かれないように、厩務員さんに説明していき、少しずつ味方を
増やしていくしかないですね。
それに耐えられるか?が問題ですね。

73 :白馬に乗った名無し様:2006/10/01(日) 11:13:44 ID:4nkxjCGB
ホースシューズに付いて一言
装蹄に行った大学馬術部で、三日程前に落鐵したという馬が
ホースシューズ(細いワイヤーで締めるタイプの)を履いていましたが
蹄底は蒸れてボロボロ、蹄球は圧迫されて黄色く変色して
ブーツの後縁が蹄球上部の皮膚に食い込んでいました。
部員の判断で履かせたという事ですが、状態のチェックもせずに
ほったらかしていたようです。

蹄形、角度等馬によって様々です。しかしこのブーツは標準蹄形に
合わせて作られていると思いますので適合する馬は限られてくると思います。
余程特別な事情がない限り使わない方がよいと思いますよ。
どうしても使うならサイズ、形などをちゃんとチェックして
必要なら形を加工する位の注意が必要と思います。

74 :白馬に乗った名無し様:2006/10/01(日) 16:49:48 ID:astUd2jM
>>72
貴兄の元親方じゃ苦労するわな(w

75 :白馬に乗った名無し様:2006/10/01(日) 19:41:57 ID:1jpVFpqh
>>72,73
アドバイスありがとうございます。
24時間以上履かせ続けてはいけないと
本には書いてあったのですが、その馬は3日間付けていたと
いうことでしょうか?
乗るとき以外ははずしておくつもりですが
乗り終わったらブーツの後縁が食い込んで・・・
しまったら怖いです。
なんかヨーロッパの選手が鉄を付けず1年間ホースブーツで乗り
試合でよい結果を出したという記事を読んだので
ホースブーツだ!と熱くなっているのですが・・・
もちろん削蹄は定期的にお願いするつもりです。
でも、ホースブーツ、1ペア3万以上するみたいで・・・

76 :一応装蹄師:2006/10/01(日) 21:26:32 ID:RoKltjp8
茨城からです。今夜ディープインパクトをみんなで応援しませんか?土浦駅裏のTAKEOに集合!

77 :73:2006/10/01(日) 23:07:49 ID:4nkxjCGB
>>75
問題は蹄壁や負面、蹄底以外の所に力が加わるという事ではないでしょうか。
着地時は問題なくても離地中はブーツの重みを振り回す事になります。
ブーツの構造上、蹄前壁と蹄球を前後から挟み込んで固定するように
なっていると思います。
という事は弱い方の蹄球に負担が来やすいのではと思います。

以前、馬具の中古屋(コルトだったかな?)で見たことがあります。
サイズが合えばですが、一度そういうので試してみてはどうですか?


ディープ、勝てるといいですね。


78 :素人:2006/10/02(月) 01:25:21 ID:zD/68AFL
ディープ、残念でしたね。でも無事なら良しです。

ホースブーツ、ちょっと調べてみますね。


79 :白馬に乗った名無し様:2006/10/02(月) 18:54:54 ID:4CpKSiqr
馬に鉄を履かせるか、どうかですが。裸足でぜんぜん大丈夫ですよ。
私の担当馬にも削蹄だけの裸足馬がいます。3年間以上見てますが状態は、すごくいいです。運動量は2日か、3日に一鞍乗る程度で、あとは放牧だそうです。
鉄を外して半年ぐらいは、まだ軟らかいので運動量は減らしたほうがいいですね。
だいたい月一でバランスを取りにいつてます。

80 :白馬に乗った名無し様:2006/10/02(月) 19:40:32 ID:l8p6nvl1
>>77,78,79
みなさんありがとうございます。
勉強になります!

ディープ、無事日本に帰ってきて欲しいです。


81 :白馬に乗った名無し様:2006/10/03(火) 22:12:23 ID:cwdQhoRw
test

82 :飼い猫:2006/10/04(水) 17:03:12 ID:7GOAFYI+
土浦出身の石田くん♂57年10月生まれ24才・ロイヤルホームセンター小山店に勤務で小山に一人暮らし・ペット白のロップイヤーラビット葬mってる方いませんか?

83 :素人:2006/10/04(水) 21:20:20 ID:0MUdjw6r
やはりと言うか・・・まぁ〜しょうがないんですけどね。
テレビの影響は大きいですね。
私の周りで、早速勘違いしている方がちらほら見受けられました。
あの放送の内容は微妙な点がありますね。(大まかにはOKですが)

接着装蹄は、彼しか出来ないと言われていましたが、そんなことはありません。
きちんと勉強している方なら皆さんできます。
製作者側に「全てを理解して放送してください」と言うのは無理な話で、どうしても
勘違いが生まれてしまいます。装蹄師の方が言っている事を疑うのは難しいと思いますし。
過去に装蹄師の神様の特集をやっていたことがありますが、あの内容もかなり偏ったもの
だと感じました。

神様が装蹄した馬の屈腱炎が短期間で完治していました。
本当なら確かに凄いです。
ですが、屈腱炎は腱断裂です。
再生の遅い腱は短期間に治りませんし、必ずしこりが残ります。

それが治ってしまうと言う事は・・・・屈腱炎ではなかったのではないか?
などという疑問がでてきてしまいます。
テレビ関係者にそれを見抜けというのは、やはり無理でしょう。
テレビで放送したから、本や雑誌に載っていたからと安易に信じるのでなく、
まず本当にそうなのか?と考えてみてはいかがでしょうか?


84 :白馬に乗った名無し様:2006/10/05(木) 00:13:16 ID:3zd4eSit
【漢字】馬関係用語【読み】
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/equestrian/1159183165/

85 :素人:2006/10/05(木) 00:57:45 ID:Bgt9Ey1l
何か間違ってました・・・(汗)

よくやるんです。漢字の間違い・・・。
この前もSAMMYに指摘されました・・・。

まさか・・・!SAMMYなの?

こんなことは無理か。

86 :白馬に乗った名無し様:2006/10/05(木) 01:34:34 ID:O27r6pCv
カネヒキリが屈腱炎で手術すると聞いたのですが、
どんな手術だかわかりますか?
屈腱炎って何が原因でなるんでしょうか?

87 :白馬に乗った名無し様:2006/10/05(木) 12:31:27 ID:3zd4eSit
原因は主に過度な運動
特に屈腱が熱を持つと組織が壊れ、炎症を起こしやすくなる
なりやすい要因は他にも複数あるだろうが

88 :素人:2006/10/05(木) 20:44:35 ID:Bgt9Ey1l
手術の内容はちょっとわかりませんが、幹細胞の移植手術などを
おこなったりしますね。

屈腱炎の原因ですが、87さんの言う通り過剰な運動です。

普通に運動しているだけでも、腱の温度は42度以上にもなります。
体温計を思い出してください。42度までしかないですよね。
タンパク質が変成してしまい生きていけなくなるからです。
腱も同じですね。変成を起こしてしまいます。

他にも運動をすることで、筋繊維が細くなっていきます。
仮に1センチの筋繊維1本があったとしましょう。
これが1ミリの筋繊維が10本になってしまうような感じです。
1本の耐久性が落ちるためにダメージを受けやすくなってしまいます。

遅いスピードで長距離の方が、速いスピードで短距離より腱に負担をかけます。
運動をした後、なるべく早くバンテージなどを取るだけでも違いはあるでしょう。
肢に問題が無くても日常的に冷やすのが効果的ですよ。

89 :白馬に乗った名無し様:2006/10/10(火) 00:08:53 ID:HlEQ8ltb
皆さんお仕事ご苦労さまです。
体調崩さないで下さいね。

90 :白馬に乗った名無し様:2006/10/11(水) 00:55:16 ID:jBb+QfLU
突然でスイマセン。
裂蹄になってしまった場合の対処法と、どんな蹄油を使えば今後、再発等を防げるか助言して頂ければ幸いです。

91 :白馬に乗った名無し様:2006/10/11(水) 01:25:34 ID:KpYknLdH
裂蹄はこの蹄油使えば大丈夫ってもんでもない希ガス

92 :素人:2006/10/11(水) 21:33:19 ID:Pi22rldD
どこが裂蹄になってしまったのですか?
大きさと向きを教えてください。

93 :白馬に乗った名無し様:2006/10/12(木) 01:18:29 ID:ookofwj0
左前肢で、蹄の真ン真ん中の下から一本、蹄の1/3まで亀裂のように入っております…。


94 :白馬に乗った名無し様:2006/10/12(木) 11:38:26 ID:cYO0SRQl
>>93
そのパターンは蟻道って可能性も有るかと・・・
負面側はどうなっていますか?
白線と蹄壁の状態、亀裂の深さは?

(メ欄見て笑っちゃいました。)

95 :白馬に乗った名無し様:2006/10/12(木) 22:51:04 ID:ookofwj0
蟻洞ですか…ね

乗る前は蹄にはなんの傷もなかったンですが、ハイキングに行って帰って来て蹄を洗っている時に気が付きますた。
蹄壁…と言うンでしょうか、サクっと入っています。負面までは分かりませんが…(;^_^A

メ欄、喜んで頂けて嬉しいデス(≧∀≦)これからもがんがります☆

96 :素人:2006/10/13(金) 00:41:20 ID:oXbPqih+
裸足なんですか?

メ爛てなんですか?知りたい・・・。

97 :白馬に乗った名無し様:2006/10/13(金) 01:13:03 ID:Wwy0sMiJ
メール欄

98 :白馬に乗った名無し様:2006/10/13(金) 08:01:27 ID:KNViZBQQ
メ爛=メール欄=E-mail (省略可) : の欄に文字を書き込むと

書き込みの名前「白馬に乗った名無し様」上にカーソルを持って行くと

書き込んだ文字がステータスバーに表示されるしくみ。

99 :白馬に乗った名無し様:2006/10/13(金) 15:50:06 ID:Wwy0sMiJ
>>96
ここどうぞ
ttp://www.media-k.co.jp/jiten/

100 :素人:2006/10/13(金) 20:13:40 ID:oXbPqih+
どうもご丁寧にありがとうございます。


101 :素人:2006/10/13(金) 20:39:34 ID:oXbPqih+
>>90
ロンブトーになっていませんか?


102 :素人:2006/10/13(金) 22:23:53 ID:oXbPqih+
ロンブトーもといロングトー。
です。

103 :白馬に乗った名無し様:2006/10/14(土) 01:00:25 ID:KwbUQnZL
蹄鉄、履いています。
ただ、てっしんが左右にあります。
ロングトー…ではない気がします。

104 :白馬に乗った名無し様:2006/10/14(土) 11:07:14 ID:tklg4Wnx
鉄唇が左右・・・
側鉄唇という事でしょうね。
他の馬も皆前肢は側鉄唇ですか?
貴方の馬だけとかという事でしたら
担当の装蹄師さんは既に気付いていたか
その気配を感じて側鉄唇にしたものと想像します。
であればその方に相談するのが一番よいかと。

蹄先下部の裂蹄といっても原因は色々有ると思います。
縦径の長い蹄、角度が寝すぎた蹄、伸び過ぎた蹄
強い衝撃、蹄の急激な乾燥、蹄質の悪い蹄・・・等等、
内部的なものは白線裂や蟻道など・・・
これらの原因が複合したりして裂蹄が起きます。

治療法としては原因を取り除く事が一番ですね。
これが症状を悪化させない、再発させない予防にもなります。

ハイキング(外乗)ということですから
乾いた硬い馬場同様、運動前にも蹄油を塗って
蹄の乾燥を防いで柔軟性を保つ・・・これは自分で出来る予防なり。


105 :白馬に乗った名無し様:2006/10/14(土) 23:18:48 ID:Zw6k/sBM
装蹄師さんは何の説明もしてくれなかったんですか?

106 :白馬に乗った名無し様:2006/10/15(日) 00:32:54 ID:CnQdly1i
>105さん江
『説明』と言うのは『何故、側鉄唇なのか?』と言うコトですか??

107 :白馬に乗った名無し様:2006/10/15(日) 00:39:49 ID:CnQdly1i
書き忘れますた…

[ronge]さん江
私の馬の他にも、多数いる様です。
運動前の蹄油、やってみますね☆
ありがとうございますッ(^ー゚)b

108 :白馬に乗った名無し様:2006/10/15(日) 21:17:05 ID:6hB1EAvU
え〜と・・・それ以前の話なんです。
馬の状態がこうで、蹄の状態はこうで、だから今回はこういう方針でやっていこう
と言うような話は無かったのですか?





109 :白馬に乗った名無し様:2006/10/16(月) 02:24:28 ID:KdOsbbsY
相手側からそんな話するところそんなに無いよ
説明が欲しいって言えばやってくれる人はいてもね

110 :白馬に乗った名無し様:2006/10/16(月) 15:45:41 ID:myeV+CGz
>>109
蹄の状態が良い場合は何か聞かれない限り
説明する事は無いですね。

しかし状態が悪い場合は殆どの鉄屋は説明するんじゃないかな?
運動や外見では判らなくてもこの後なんか出そうな場合や
蹄叉腐乱や白線裂などで多削しなければならない場合など・・・
逆に説明しとかなきゃ装蹄が悪くて跛行したって言われかねませんから。(笑


蹄油の話が出かけてたんで・・・
Shur Hoof Dressing
http://www.allivet.com/Shur-Hoof-Dressing-p/10078.htm

これ蹄質の悪い馬には結構いいですよ。
皮膜が長持ちするんで、乾いてポロポロする蹄には。


111 :白馬に乗った名無し様:2006/10/16(月) 17:12:03 ID:qGx3gXWN
>>110 namahageさん、
フィッシュオイルの蹄油ですね。
少し臭いですが、蹄がとてもしっとりしますよね。

112 :白馬に乗った名無し様:2006/10/16(月) 19:20:12 ID:KdOsbbsY
>>110
蹄叉腐爛とかならその場に立ち会っていれば一言言ったりはするでしょうが
基本的には装蹄師さんは肢元を見てバランスとった削蹄と装蹄をして
蹄そのものに異常があって対処が必要ならそれをするだけかと

跛行が出れば基本的には獣医師の仕事と思っているはず
実際、馬体全体の問題として捉えるなら獣医の仕事
その獣医師が蹄・装蹄の問題を指摘して初めて出番になる
なら、獣医師に伝える過程で話捻じ曲がりかねないような危険を
自分から犯して余計な説明加える人が大勢いると思うかい?

それに、装蹄の場に立ち会う人が誰かにもよるだろうし
装蹄師さんが相手選んで説明するなんてあってもおかしくない
会話とかやり取りの中で説明されることは普通にあるはず
でも、こっちが黙ってやってもらって知りたいそぶりも見えなければ
別にわざわざ説明することもないだろう

このスレに来るような説明欲しい側としては説明くれた方がいいだろうけど
そういうのをめんどくさいとかんじる人=客だっている

だから、>>108の>それ以前の話
とかそういう言い方はよくないんじゃなかろうか?
細かい説明なんてしないのは普通だと思うが

113 :白馬に乗った名無し様:2006/10/16(月) 20:51:35 ID:AvlojWDi
装蹄=手術という認識があったもので・・・。
手術の場合は、こういう手術をしますよ。
手術中にさらに細かい対応を(もしくは方針変更)し、それを手術後に報告。
さらに今後の対応を説明する。
と言う順番だと思うんです。

そうなんですか・・・いろんな人がいて、中には装蹄に無関心な人もいるということですね。
細かな説明を煙たがる人もいる。わかりました。勉強になります。


114 :白馬に乗った名無し様:2006/10/16(月) 21:17:06 ID:KdOsbbsY
蹄鉄は飽くまで靴、されど靴

アスリートなら靴にも足元などにも気を使う
そういう意味では重要だし肢元の狂いによって
馬体に異常が現れることがあるのも確かだから
そして、肢元は馬の命ともいえるから手術と考えても
あながち間違えじゃないだろう・・・けど

馬に限らず、人だって普通の人なら
自分・身内の手術なら説明をきちんと受けるだろうけど
ちょっと風邪引いてもらった薬についての細かい説明とかなら
あまりよく聞かず処方されたのを言われたままに飲んだりする
靴を買うときだってデザインがよければ多少合わなくても履いたりする
怪我への対応だって最新の治療法ではなく古くて間違った方法を平気で取る

自分だってそうだけど、社会全体がそういう体質
ただ、馬術として馬のウェルフェアを本当に考えるんだったら気を使うべきってのは正しい
経営者・オーナー・装蹄師・獣医をしての責任だとは思う
けど、なんでも説明してくれて当然と思うのはちょっと違うかなと

それに、装蹄師さんは誰がオーナーか把握しているとは限らないですしね
そうなればクラブに説明するしかないけど、それが伝わるとは限らない
となれば、まずはオーナーさんから直接コンタクトとるしかないでしょう
そうすれば説明してくれる方はいると思いますが・・・
ここで嫌な顔されるとちょっとアレですけどね

115 :白馬に乗った名無し様:2006/10/16(月) 23:59:42 ID:AvlojWDi
オーナーではなくクラブが装蹄師を決めているのですか?

116 :白馬に乗った名無し様:2006/10/17(火) 00:38:03 ID:bBixxK1l
>>106です。
説明と言う説明はなかった気がします…。お願いしている装蹄師さんが親切な方なので、殆どが『お任せ』しております(;^_^A結構、色々装蹄で工夫しているみたいで、助かりますo(^-^)o
…で、私の馬は左前に蟻道か何かの為パッドが入っているので、左右の鉄唇が付いている蹄鉄になったのかなぁ〜と思います。(素人の憶測ですが、、、もう1年くらい前のコトで、記憶がさだかではありません…スマソ)

117 :白馬に乗った名無し様:2006/10/18(水) 00:46:49 ID:bRvinVP+
>>112さんへ
>>108さんは今回なんで説明が無かったのかを言っているんじゃないでしょうか?
説明さえされていれば>>90さんのように心配する必要は無かったんですよね。
その後の対応もすぐに出来ますしね。
ちょっと気になったので書き込んでしまいました。



118 :白馬に乗った名無し様:2006/10/18(水) 01:11:46 ID:1DvVqCzU
>>117
そう解釈してレスしたつもりですがどっか話食い違ってます?
そりゃ、自分も含めここに情報を得にこようとする人にとっちゃ説明されるのを望むでしょう
でも、現状、装蹄に立ち会って直接聞こうとするかなんかしない限り必ずしも説明されるとは限らない
説明されて当然とするのはどうかと思う
聞きたくもない説明されて嫌な顔する人だっていないわけじゃないから
必ずしも装蹄師の方を一方的に責めるわけには行かない
>>113では不承不承ながらも理解してもらえたように思うが…

勘違いのないよう言っとくが自分や身近な人が装蹄師だから擁護してるわけじゃない
上の時点じゃどうだかわからなかったわけだが、もし完全お任せ状態なら説明が届かなくてもおかしくないから
>それ以前の話
みたいな表現で装蹄師の方が悪いかのように扱うのはどうなのかということ

で書いてたつもりだがなんか変なこと言ってるかな?

119 :白馬に乗った名無し様:2006/10/18(水) 08:34:02 ID:bRvinVP+
私の方の誤解でした。すいません。

120 :白馬に乗った名無し様:2006/10/19(木) 00:04:26 ID:pRGlRy4N
>>104さんへでいいのかな?
104で裂蹄について説明されているのですが、一般の方には判り難いかと思います。
馬に関わる方の、知りたい気持ちに答えるために書き込んでいる訳ではないのですか?
現場では相手に知識が無い事をいい事に、いい加減な対応をする装蹄師がいます。
その治療法があっているのか?こういう時はどう対処したらいいのか?
装蹄師を信頼していいのか?と言う不安を抱えている方は少なくありません。
肢や蹄に問題があっても装蹄師の言う事を疑いもせず、信じている人も多いです。

今回の例と同じ症状を抱えている方もいると思います。
その方の為にも、蹄尖壁の裂蹄の理由を判りやすく説明してあげてはどうでしょうか?
基本的なメカニズムが判れば個々に判断していけるでしょう。
・側鉄唇の理由
・縦径の長い蹄、角度が寝すぎた蹄、伸び過ぎた蹄
・強い衝撃
・蹄の急激な乾燥
・蹄質の悪い蹄
・等等、
・白線裂や蟻道など・・・

なにも一気に説明する必要はありません。時間が空いたら書き込めばいいのです。
なるべく専門用語を使わない様に説明していただければ幸いです。

ここに書いてある説明を読んでいる方へ
いま頼んでいる装蹄師さんが、ここに書いてある事とは違う事をして、「おかしいな?」
と思うようでしたら、必ず一度装蹄師さんから、納得できるまで説明を受けてください。


121 :白馬に乗った名無し様:2006/10/20(金) 10:22:43 ID:zPTPFUTh
なんか約一名、燃えてる方がいらっしゃいますね。w

122 :白馬に乗った名無し様:2006/10/21(土) 00:34:13 ID:iLIyTP5K
良いですねえ-。
熱い思いは原動力です。

123 :白馬に乗った名無し様:2006/10/21(土) 14:19:07 ID:HBekxKwD
いうか、素人さんはどうしたの?
一番出てくるべきところで見なくなったが

124 :素人:2006/10/21(土) 15:03:25 ID:bqJg4V41
すいません。名前書いていなかったです。


125 :白馬に乗った名無し様:2006/10/21(土) 15:22:45 ID:HBekxKwD
どれがどれさ?

126 :素人:2006/10/21(土) 15:24:58 ID:bqJg4V41
105からずっと書き込んでますよ。


127 :白馬に乗った名無し様:2006/10/21(土) 21:11:40 ID:NT4utmd4
ちょくちょくHN抜きで書き込んでたってことか
クッキーに残ってりゃ名前入れ忘れなんてないもんな

128 :素人:2006/10/21(土) 21:51:33 ID:bqJg4V41
ノートンのワンボタン検査をすると消えちゃうんですよね。
忘れててそのまま書いていたんですがね。
何かまずいんですか?
ハンドル書いている人なんて殆どみませんけど・・・

129 :白馬に乗った名無し様:2006/10/21(土) 22:47:44 ID:RQbfqPje
レス読んでいればだいたい解りますよ。
これ素人の本職さんのレスだなあって。

130 :素人:2006/10/21(土) 23:34:56 ID:bqJg4V41
癖でまくってますよね。(笑)


131 :前スレ335:2006/10/22(日) 00:37:08 ID:DqUZkr6x
おひさでございます。

いつのまにかコテが変わってて笑わしていただきましたが>>素人の本職さん、
まあ「あ、また書き忘れてる」くらいにしか思わなかったもんで。

ノートン先生のワンボタンチェックですが、たしか設定で処理のパスは
できなくてもダイアログで選択させるようにすることはできたよーな。。。

あ、で例の外用薬の値段ですがちょっと待っててくださいね。
単体の価格ならすぐに出るんですけど・・・


132 :素人:2006/10/22(日) 01:26:31 ID:fnWFfyPD
335さんおひさしぶり!・・・?ですね。

慌てませんのでごゆっくりどうぞ。


133 :白馬に乗った名無し様:2006/10/22(日) 11:25:01 ID:TYo3HwtU
    _、―-、/└ ''Z__            おまえらはベンツや豪邸を見て欲しいと思っても
  _.ニ‐          `ゝ         真っ直ぐ自分の「もの」にしようと考えられない…
  フ                ヽ        ハナっからあきらめて…あげく…
  7 /|ハ/^)ノヽ八ト、      !         ケチな悪戯をして回る
  7イー ,,_ー---‐_,,. -ヽ   |         今回の祭りだってそうだ
   」ニ::-_'l___l''__-=二.| r-、 |    オレは募金ビジネスで1億2億入ると言ってるのに
   .|::::::....,ゝー|:::::::::::::...||コ | |       おまえらはそっちには関心を示さない…
   `iー‐|  _`ー―‐' | ト.| | ト、        負け癖が染み付いてる証拠
     | /L - ' ー-、  V,,ン | \_   この祭りはそんなおまえらの負け癖を
    /| ⊂ニニ⊃ | ∧  |   \ `ー 、_  一掃するいいチャンスだ
_ -‐/  |   ≡    /  ヽ.|    | ̄`―、    さあやれっウスノロども…!
.-‐/   └┼┴┴┴ ′ /l|      |     募金ビジネスで大金を掴め…!
 /     /l|\     /  |:|      |      人生を変えろっ…!
【 "心臓移植必要"と2億円超集め渡米のまなちゃん、診断違うことが判明→バイパス手術受け帰国】
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1161480727/
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1161437668/
http://news.80.kg/index.php?%BB%E0%A4%CC%BB%E0%A4%CC%BA%BE%B5%BD
http://sinu-sinu.info/
http://www18.atwiki.jp/sinusinu/

134 :白馬に乗った名無し様:2006/10/23(月) 20:37:38 ID:vVfWCMUE
乗馬・馬術 初心者スレッド4
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/equestrian/1159670416/
【漢字】馬関係用語【読み】
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/equestrian/1159183165/

135 :素人:2006/10/23(月) 21:54:49 ID:qCs+xWLx
・側鉄唇の理由
 縦径の長い蹄・角度が寝すぎた蹄・伸び過ぎた蹄の矯正が目的の場合です。
 上に挙げた蹄は全て蹄尖部が長いのです。ロングトーですね。
 蹄尖部とは蹄の前の方の事をいいます。ここが長いと歩く時(反回時)に
 非常に抵抗を受けます。蹄自体の強度が無い場合、あっても抵抗が大きすぎる
 場合などに割れてしまいます。
 側鉄唇は前に鉄唇が付いている時よりも蹄鉄を後にさげる事が出来ます。
 蹄鉄が後にさがると蹄尖の長さを短くすることが出来ます。
 でも、ただ単に側鉄唇にしたらその効果が得られる訳ではありません。
 十分に蹄壁の前面にヤスリをかけ、反り返った部分を削ぎ落としたうえで行わ
 ないといけませんね。

・強い衝撃の場合
 主に荷重がかかりすぎて割れますね。
 強い荷重で割れる場合は主に蹄踵部ですね。蹄尖部の裂蹄の場合は主に
 反回時の抵抗の大きい場合に多いです。

・蹄の急激な乾燥の場合
 蹄の表面が濡れて乾燥してという状況が何度も繰り返されると、内部との度重なる
 湿度の変化に対応できずに、蹄が割れてしまいます。
 何度も手を洗っているとあかぎれになるのと似ていますね。

・蹄質の悪い蹄の場合
 栄養状態が悪くしっかりとした蹄が生えてこないとか、生まれつき場合も多いで
 すね。生まれつきはいかんともしがたいですね。

・白線裂や蟻道など・・・の場合
 蹄の病気が原因で蹄の強度が落ちている場合ですね。

・等等の場合
 ?

136 :白馬に乗った名無し様:2006/10/26(木) 01:19:13 ID:pDU3kHzZ
今晩は。
>>90です。丁寧な解説(?)ありがとうございます。
一つ質問なんですが、かなり急な斜面を下ったりすると、割れたりする可能性はあるのでしょうか??
やはり、心あたりはコレくらいなんですよね…

137 :素人:2006/10/26(木) 21:35:19 ID:0y33kWWj
急な斜面が原因なのかはちょっとわかりません。
104さんも言っている通り、割れる原因がいろいろあるからです。
表層が割れただけなのか?深い亀裂なのか?
せめて写真などがあれば何とかアドバイスができると思うのですが。

138 :白馬に乗った名無し様:2006/10/27(金) 20:15:52 ID:wNdhzdYW
普段どういう使い方をしている馬なんですか?
ここまでの話ではウエスタンぽいんですが・・・


139 :白馬に乗った名無し様:2006/10/27(金) 20:28:23 ID:Z0iKbUjk
ウェスタン?
外乗に出ただけかと思ってた
ウェスタンだったら普通は蹄強い馬使うだろうと思ったが
最近はそうでもないのかね?

140 :素人:2006/10/29(日) 00:00:24 ID:yl1S0g8n
全国大会に行ってきます。
参加する事に意味がある・・・かな?
お暇な方はどうぞ!
宇都宮装蹄センターで10月30日開催です。

141 :白馬に乗った名無し様:2006/10/29(日) 21:57:51 ID:Cnawky3S
がんばってく-ださ-い。て、このレス見ている暇などないでしょうね。
無意味な事などあるものですか!

142 :白馬に乗った名無し様:2006/10/30(月) 22:04:27 ID:tvIMlO0O
>>本職さん
全国大会お疲れ様でした〜

143 :白馬に乗った名無し様:2006/10/31(火) 00:10:02 ID:fy0ud4Vr
どこに質問したらいいのか良くわからなかったのですが肢元ということで
肢巻の巻き方を教えてください

普通に巻くのはわかるんですが、運動用・厩舎肢巻・輸送用など
目的にあわせた巻き方の違いがわかりません

144 :白馬に乗った名無し様:2006/10/31(火) 17:48:24 ID:FPhNLn44
クラブや厩舎によって色々やり方(風習)が有ると思います。
良く知っている方に実技指導を受けた方が良いのでは?
巻き方の強さや感じは文字では上手く伝わらないと思います。

たかが肢巻、されど巻き方によっては思わぬ事故や怪我に繋がる事も・・・


145 :白馬に乗った名無し様:2006/10/31(火) 18:22:07 ID:e71DleNt
普通の運動肢巻なら割合よく巻いていて綺麗に巻ける方なのですが
巻き方の使い分けなど周りに知っている人がいないので…
どこかのサイトでそれぞれの巻き方の違いを見掛けたこともあるのですが見失ってしまいどうしようかと
輸送の時は繋ぎまで保護するようにだとか(うろ覚え)
そういったポイントが載っていた覚えがあるので違い・目的・ポイントを知りたいのです


146 :素人:2006/10/31(火) 22:09:43 ID:gPgGyxat
全国大会からただいま帰りました!
成績の方ですが・・・・31人中9位と言う結果でした。
ちなみに入賞は6位まで、順位がもらえるのは12位までです。

肢巻きですか・・・これは非常に微妙なのです。
巻き方一つで肢は腫れてしまいます。
HPに書こうと思ってはいるのですが、本当に微妙なので迷っています。
肢巻きの種類によって強さや巻き方などいろいろあるのです。
腱に肢巻きの固い部位が当たらないように、強く締めすぎないように、伸縮性のあるものは
その伸縮性を十分考慮してくださいね。

ということで、ここからは装蹄師からということで!
運動終了後はすぐに取り外してください。
運動を行うと腱は非常に熱を持ちます。その発生する熱は腱を痛めてしまいます。
出来ればすぐに冷やしてあげてください。(流水で15分前後位)

肢が腫れると言う理由で巻く場合は、何で巻くのかご存知でしょうか?
大まかに説明しますと、
腫れる原因は、関節内の袋に水がたまる為です。
水がたまる原因は、過剰な刺激を防ぐために関節がすべりを良くしようとする為です。
ですが、水がたまりすぎるとその水の圧力が袋にかかる為に、それが刺激となりさらに
水が出てきてしまいます。
この水を強引に引っ込めるために、外側から圧力をかけるのです。
その為に肢巻きを巻くのです。
でも、肢巻きを外すとすぐに水はたまり始めますし、肢巻きで水を引っ込めてると
言っても圧がかかっているのは変わりありませんね。

力になれなくてすいません。

147 :白馬に乗った名無し様:2006/10/31(火) 22:37:51 ID:poCc1gUh
145さんではありませんが、
また一つ勉強になりました。ありがとうございます。

148 :素人:2006/11/01(水) 23:10:39 ID:8ZuWpaFw
147さん、いえいえどう致しまして。

装蹄の理論と経験について書いていきたいと思います。
さて、理論と経験どちらが重要なのでしょうか?
理論は、構造などをを理解した上で、筋道の通った、理にかなった処置などです。
欠点としては経験していない事です。あくまでも頭で覚えた知識であり、まだ生きた情報には
なっていません。
対して経験は、その人の体験した事例などによる処置などです。
欠点は理論が伴っていない場合が多く、体験したものが特異な症例であってもそれを、
特異な症例だと気が付かず、偏った治療法が身についてしまう事です。

両方そろっていれば何も問題は無いのですが、現実的には難しいですよね。
でもここでふと思う事があります。
理論はいつ出来たのだろう?って。
答は経験にありました。
どの世界でも通じることなのですが、いきなり理論は出来ませんよね。
ちょっと長くなりそうなので今回はこの辺で。


149 :白馬に乗った名無し様:2006/11/02(木) 01:06:47 ID:Fvxd46Tl
理論的方法=(経験+知識)から論理的に一般化した方法
だから、経験による治療でも基礎的な知識、および
正しい考察が可能ならば理論となりうる
勿論、多くの場合に他者の経験の共有を必要とする

150 :素人:2006/11/02(木) 20:43:27 ID:P63EoGB1
149さん、確かにそうなんですけどね。

昔の装蹄は解剖的な知識が乏しく、手探り状態でした。
でも、月日が経つうちにいろんな装蹄法が開発されていきました。
解剖学的な知識も、それなりに普及しました。
いろんな疾病に対しての装蹄法が確立されはじめたころ、学者さん達が
「なぜあう言う装蹄をすると治るんだろう?」
と研究を始めたのです。

研究はなかなかうまくいきませんでした。
解剖をし構造をいくら調べても本当の動きは判らなかったからです。
死んだ馬の体をいくら解剖しても、生きている時の動きは全く別物だったからです。
研究がうまくいき始め、バイオメカニクスが確立し始め、馬の体の仕組みをきちんと
理解出来るようになったのはまだ最近のことです。
バイオメカニクスで、装蹄師が行っている治療法の裏付けが出来るようになったのです。
バイオメカニクスを基本の知識とし、個人の経験を他者と共有する事が出来るといろんな
症例に対応する事が出来るんですけどね。バイメカだけでは、やっぱり駄目なんです。

悲しいかな最近の装蹄師さんは、バイメカ先行型で頭でっかちになりがちですね。
怒らないでね。頭でっかち気味の素人でした。

151 :白馬に乗った名無し様:2006/11/02(木) 22:35:43 ID:q98q3lL1
装蹄師さん達の横の繋がりってどんなカンジなんでしょう。

152 :白馬に乗った名無し様:2006/11/02(木) 22:40:36 ID:Fvxd46Tl
知識無ければ勘違いを正せず
もちろん、知識が知識でしかなく思考できぬなら
それもまた無意味

153 :素人:2006/11/03(金) 21:31:44 ID:8U6nm6tW
地方ごとに装蹄師の会があります。交流がある会同士は仲がいいですね。
あとは、全国大会によく出場する選手や装蹄師会などは、大会を通じて交流を深めていきますね。
乗馬関係はちょっと良くわかりませんが、会に属さない方もいる為に横のつながりは微妙でしょうね。
いま個人的にですが、横のつながりのネットワークを広げていこうと思っています。
装蹄師同士の情報交換やバックアップができれば、お互い助かりますからね。

154 :素人:2006/11/07(火) 01:25:44 ID:HncqA7wh
前肢の内蹄踵から出血が・・・・
早いとこ行くと出血することと、蹄が伸びてくると出血することは判った。

はて原因は?

挙踵は確かに起きているので、突き上げの可能性もある。
蹄冠部の腫れもあり、触ると飛んでいく、ぶつけの可能性もあり。
伸びてくると前に伸びるので、非常にバランスが悪くなる傾向があるので、速いとこ
いかなくても肢をコントロールする事が出来にくく、ぶつけている可能性がある。

現在、蹄踵への圧がかかりにくくする処置をしています。
1日休み、次の日軽く乗りましたが、跛行は感じられませんでした。
ぶつけの一時的な痛みの方が濃そうですが、経過は観察しないといけませんね。

155 :白馬に乗った名無し様:2006/11/09(木) 13:00:07 ID:SwS77oao
蹄に熱があるのはどんな事が原因?
ちなみに毎日肢と蹄(蹄叉も)水洗い。水洗いは全体的に悪くなる?

156 :白馬に乗った名無し様:2006/11/09(木) 13:34:30 ID:+kvPIBH+
いや、肢と蹄は水洗いが基本だから
状態・蹄の質によって蹄油を塗るタイミング・塗り方の工夫くらいはあるが

たいしたことが無いか、なんらかの病気の可能性がある

157 :白馬に乗った名無し様:2006/11/09(木) 19:57:34 ID:SwS77oao
>156
いや、蹄が熱持ち始めたのが一年半くらい前(最初のうちはほんのり温かかったりどれかの肢だけで全肢熱持つという日が少なかった程度が今は四肢全部、触れればすぐ分かる程度)からなんだけど。
最近後肢に腫れもみられるように…
ちなみに馬ぼうおがくず。
最近は蹄叉角にエタノールで消毒、蹄油塗らないんですがどうでしょう。
長文スマソ

158 :白馬に乗った名無し様:2006/11/09(木) 20:18:16 ID:+kvPIBH+
それはまず、獣医師に直接見てもらったほうがいいのでは?
蹄がなんかの病気なら四肢全部一緒にってのはなかなか無いだろうし
かといって、あからさまに前と違って熱持つってことは
なんらかの異常があるってことだろうから
直接見てもらわないことにはわからないけど洗い方とかではなく
運動の負荷が原因かもしれないし、摂取栄養素に問題があるのかもしれない

蹄油の目的は
・水分・油脂が過剰に奪われるのを防ぐ
・糞尿などの老廃物から蹄を守る
・草原であれば蹄から取り入れられる分の栄養素を補う
あたりで、
・蹄壁は蒸発面
・蹄底は吸収面
・蹄冠は保湿する必要アリ
だったと思うから、ここを押さえて
あとは個体の特徴・気候・環境に合わせて使えばいいかと

159 :白馬に乗った名無し様:2006/11/09(木) 21:15:49 ID:Ni9l835i
>>155
>蹄に熱があるのはどんな事が原因?

蹄が炎症を起こしてる訳で・・・
何か原因が有る筈なので詳しく見て貰ってください。


160 :白馬に乗った名無し様:2006/11/09(木) 22:24:35 ID:LQl9xK1R
ここで質問している場合ではないと思うよ。急いで!

161 :白馬に乗った名無し様:2006/11/09(木) 23:24:21 ID:+kvPIBH+
スポーツ装蹄
ttp://72.14.235.104/search?q=cache:tncX6XwRgukJ:www.equinst.go.jp/JSES/hphile/h20-r1.pdf+%E5%89%B0%E7%B8%81&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=2
経験則とバイオメカニクス/競走馬・乗用馬それぞれのスポーツ装蹄

162 :素人:2006/11/09(木) 23:31:24 ID:1X71Lzg0
1年半という期間が気になりますね。
跛行は出ていますか?
運動量はどうでしょうか?
蹄の変形はありますか?
蹄輪は綺麗ですか?
どこかを気にしてはいませんか?

可能性の話ですが。
熱の度合いにもよるのですが、ただ疲れがたまっている可能性もありますね。
疲れてくると熱を持ち、血管が張り、浮腫みそして腫れます。


163 :白馬に乗った名無し様:2006/11/11(土) 16:08:44 ID:umaCiaNP
破行は多々あります。
運動量は少ない方です。今は休馬がほとんどです。
蹄の形はそうですね…伸びて来ましたがそろそろ装蹄するので大丈夫だと思います。
前獣医さんに診てもらった時一頭ダセキ(左前肢)と言われた事もあります。

164 :白馬に乗った名無し様:2006/11/11(土) 16:39:33 ID:Lmittt6k
ザセキ
挫跖=人で言う血豆

運動量少なくて蹄に熱持ってて
跛行がよくあるってことは確実にどっか悪くしてるな

165 :素人:2006/11/11(土) 19:21:39 ID:HFNcdAJH
運動量は少なく、休養が多いのに跛行は治らない・・・。
いろんな疾病がありますが、一番の薬は休養なんです。
でも改善しない・・・・。
飼葉はどのようなメニューでしょうか?

挫跖は164さんの言う通り血豆です。
ですから、いきなり跛行を起こし、数日で跛行は消えていきます。


166 :素人:2006/11/11(土) 21:44:19 ID:HFNcdAJH
業務連絡
エクイロックス系のパテをお使いの皆様
アセトンで飛ばすよりも、焼き焦がした方が接着します。
想像ですが
アセトンはその場で脱脂出来ますが、時間が経てば内部から新たに油分が出てきてしまいます。
その点焼き焦がしてしまえば、蹄の表面が変成し内部からの油分がでてきません。
多分これが、長い期間接着できる理由だと思います。

167 :白馬に乗った名無し様:2006/11/12(日) 23:00:29 ID:UdOiNtoJ
飼葉は
ヘイ    1.0
フスマ 1.0
圧ペン 1.0
AT    1.5
チモシー 多め

一握りの三分の一程度
ミネゲン
ひとつまみあたり

ダセキは蹄底に石など尖ったものが当たって血豆が出来ることでいいのかな?
今蹄底に塩詰めてますが

168 :白馬に乗った名無し様:2006/11/12(日) 23:40:48 ID:nYquJ5TC
ざせきだってばザセキ
1.0がどれくらいかわからないがフスマが多すぎると
リン?かなんかが過剰摂取になるようなこときいたが

169 :素人:2006/11/14(火) 17:30:55 ID:YB6KUmmS
ざせきの原因はその通りです。
飼葉についてはしばしお待ちを。

170 :白馬に乗った名無し様:2006/11/14(火) 21:55:14 ID:A6QKQ2MD
ザセキですね。(´・ω・`)スマン

でも調子良かった頃と同じメニュ―(飼料も手入れも)なのにな〜
おがくずが変わったからかな〜

171 :白馬に乗った名無し様:2006/11/14(火) 23:15:04 ID:Yf6LQGCd
飼い葉多くない?1ってのが一升なら
蹄底用のアニマルあるから使えば?

172 :白馬に乗った名無し様:2006/11/15(水) 03:11:29 ID:wp0GYyxY
もし、調子良くて運動してるときと、運動しないでいるとき
飼の量は減らしてるんだろうか?

173 :白馬に乗った名無し様:2006/11/15(水) 09:11:20 ID:LJRzsJxF
多いですか〜?
スコップ(家畜用なのかな?普通のヤツだと思うけど…スチールだか銀色の)

いやいや運動してないときは半飼いにしてるけどな…

174 :白馬に乗った名無し様:2006/11/15(水) 09:36:13 ID:wp0GYyxY
スコップじゃ量はわからんわな

175 :白馬に乗った名無し様:2006/11/15(水) 11:55:44 ID:KUSXsv64
牛じゃないんだからスコップって

176 :白馬に乗った名無し様:2006/11/15(水) 20:07:30 ID:LJRzsJxF
(´・ω・`)エー

177 :素人:2006/11/16(木) 00:04:40 ID:Z2ld0OYG
運動を制限しているのであれば、飼葉は減らした方がいいですね。
特に燕麦なんかは減らした方がいいです。
極端な例ですが、馬房に入れっぱなしで運動無しなら、乾草なんかだけで
いいと思います。
馬は太っていますか?
馬体の重さも重要な要因の一つです。


178 :白馬に乗った名無し様:2006/11/16(木) 10:23:30 ID:oC3xwXhc
そうですか…
少し減らして様子看てみます。
馬は太っては居ないですけど寄生虫が腹に居て実があまりつかないんです。
虫下しはやってるんですが…

179 :素人:2006/11/19(日) 21:21:31 ID:MYr/ZFc7
落ちそうなので、ヒールリフトについて書いてみます。
大体2年位前から出回った商品で結構使えます。
まず、「ヒールリフトとは何か?」ですよね。
蹄鉄と蹄の間(蹄踵部)に挟み込む樹脂です。
挟む事により、ヒール(踵)をリフト(あげる)します。
感触はウレタンより固く、プラスチックより柔らかいです。
蹄と同じくらいの固さだと考えてもらって構いません。
厚さと大きさが3種類あり、リフト量を調節する事が出来ます。
とまあ、そういうものだと判った所で、その効果ですが
これはいろいろあるんです。

1・基準より蹄踵が低い状態の改善
  基準よりも踵が低いということは、蹄尖が持ち上げらている状態という
  ことになります。この状態は肢に負担がかかってしまいます。
  基準よりも低いということは、蹄踵が潰れている可能性が非常に高い
  です。ヒールリフトで改善されますが、「なんで潰れたか?」の原因を
  探さなくては根本的な解決にはなりませんね。
  蹄が潰れる理由は、単純に力がかかっているからですね。
  肢4本、蹄の内外バランスを全て見比べ、どこに負担がかかっている
  かを見極めていきます。
  右後肢は潰れないのに左後肢は潰れる状況。
  右後肢に体重をかけていないのでは?
  それを左後肢が庇っているために、左後肢が通常異常に潰れる。
  簡単に言えばこういうことになります。
  でも、装蹄師のみですとここまでしかできません。
  ここから先は獣医師の力が必要になってきます。
  触診による場所の特定や治療などは、装蹄師にはまず出来ません
  からね。

2・あえて高くする場合
  これは、大まかに2種類あります。
  ・蹄の病気の治療の為
   これは説明が非常に長くなるので省略いたします。
  ・関節への負担の緩和
   蹄の反回(はんかい)を良好にします。
   反回が楽になると、関節への負担が減ります。
   軟腫(なんしゅ・関節に起きる腫れ)や腰が疲れている時などにも
   使います。皆さんも、平べったい靴を履くよりも、少し踵が高い靴
   のほうが歩き易いでしょう。

厚尾蹄鉄という蹄鉄。
昔からある蹄鉄で治療鉄という部類に入り、ヒールリフトと同じ効果を
得られます。1〜2ヶ月の短期集中で使います。(理由はまたの機会に)
ヒールリフトと同じ効果を得られますが、蹄へのダメージが全然違いま
す。先ほど「潰れる理由」について書きましたが、潰れると言うのは力が
かかるのと、蹄鉄と蹄が蹄機(ていき)の作用で擦りあう為に起きます。

力がかかり、蹄が擦りあう相手が樹脂か鉄かの違いです。
蹄は鉄には勝てませんが、樹脂とは同等の固さを持っています。
ということは、厚尾蹄鉄よりもヒールリフトの方が、潰れを防ぐ事ができ
るんです。潰れを防ぐどころか、蹄を成長させる事も出来ます。

注意点
今まで書いた目的で使用しますが、踵のリフトのし過ぎは良く
ありませんので、ご注意ください。


180 :白馬に乗った名無し様:2006/11/24(金) 21:01:58 ID:Hon1sQrX
週末age

181 :素人:2006/12/04(月) 18:01:20 ID:dJwv8Gkw
おっ!まだ落ちてませんね。

182 :白馬に乗った名無し様:2006/12/04(月) 22:41:38 ID:uhXibs1A
素人の本職さん、気を使っていただいてありがとうございます。

183 :白馬に乗った名無し様:2006/12/06(水) 10:56:57 ID:hDwM2SXb
前肢の右の内側の蹄球だけがいつも熱っぽいんですが・・・

184 :白馬に乗った名無し様:2006/12/06(水) 18:00:33 ID:CXelB+po
膿溜まってない?

185 :素人:2006/12/06(水) 23:03:46 ID:l1ktXX//
原因の特定と症状に対する処置が知りたいんですよね。
でもそれは馬を診ないと難しいんです。
ということで現在の症状の確認をしていきましょう。
熱の範囲と軟腫(水が溜まっているような感じ)の有無。
熱を持ち始めた時期や運動前後の違い。
体を庇っているような感じの有無などはどうでしょうか?

丁度、近況を書こうかなと思っていたとこなのでそちらも少し。
トータルケアの依頼では、肢の問題がある馬が殆どです。
ここ数年治らない軟腫や、蹄葉炎の治療も数件ありました。
なんか、トータルケアは「治療がメインの感じが多いな〜」と感じています。
装蹄も治療の一環としてのウエイトが多いですね。
これはかなりやりがいがありますね。


186 :白馬に乗った名無し様:2006/12/08(金) 09:02:50 ID:Cxgg5an7
183です。

水が溜まっているようなぶよぶよした感じは無いようです。
触った感じは熱意外は左右同じ感じです。
時期は何時からかは分りませんが半年前ごろ気付きました。
運動後のほうが少し熱が引いているような感じです。
速歩で動きが悪いです。

187 :素人:2006/12/08(金) 21:25:05 ID:BnuxgLFl
あっ蹄球!・・・球節じゃない・・・ですね・・・すいませんでした。

蹄球の色はどうでしょうか?
蹄球の高さに違いがありますか?(バランスが悪いとか)
内の蹄壁が地面に対して立ってきていませんか?(外側より垂直ぎみとか)
蹄底からみて内側が(特に蹄踵の辺り)が狭くなってないですか?



188 :素人:2006/12/15(金) 00:23:58 ID:eqQUcnGI
スポーツ装蹄って・・・・

189 :183:2006/12/18(月) 10:37:02 ID:5c9v8nYk
返事が遅くなってスミマセン。

蹄球の色は普通の感じなんですが
高さは内側の方が2センチ位高いようです。
外側の蹄球の上によりかかっている感じです。

190 :白馬に乗った名無し様:2006/12/18(月) 18:10:17 ID:c9Fg+si3
2cmって相当じゃないか?

191 :白馬に乗った名無し様:2006/12/18(月) 20:14:18 ID:s7Ro3TQi
相当なんてもんじゃないよ異常すぎ

192 :素人:2006/12/18(月) 23:09:37 ID:d1J3VKzx
挙踵と言う疾病が想像されますね。
判りやすく言うと蹄が捻れている状態です。
何かしらの原因で内側に力がかかり続けた為に起きたと思われます。
装蹄師の癖、馬体の異常、乗り役の癖、偏った運動なども原因になります。

装蹄療法としては、蹄に逆の捻りを懸けるわけですが加減が難しいですね。
長い時間をかけて少しずつ悪化していったので、治療も少しずつ直して行って
ください。装蹄療法を続けていけば改善されると思いますよ。

193 :素人:2006/12/20(水) 22:19:17 ID:GzozOZa0
すいません・・・度忘れしていました。
逆の捻りなどより簡単な方法がありました。
鉄尾をつなげて連尾蹄鉄にしましょう。
片方の鉄尾に懸かった負重を反対側の鉄尾に伝え、偏りを少なく蹄に負重
させる事が出来ます。スタビライザーみたいのものですね。


194 :白馬に乗った名無し様:2006/12/27(水) 20:21:21 ID:pskbNDkh
セーフ?

195 :白馬に乗った名無し様:2006/12/27(水) 23:10:41 ID:zQNCzRyx
はい

196 :白馬に乗った名無し様:2007/01/02(火) 10:39:35 ID:gLo6F9CH
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いしますね。

197 :白馬に乗った名無し様:2007/01/07(日) 08:09:55 ID:hKGhm7ev
ttp://www.hippia.co.jp/modules/xeblog/?action_xeblog_index=1&cat_id=8

198 :白馬に乗った名無し様:2007/01/08(月) 13:47:35 ID:oQH06s7X
異常に早い落鉄の原因ってどういうことが考えられますか?

199 :素人:2007/01/09(火) 00:28:50 ID:BN8AAiIK
どんな時に落鉄しました?
いつも決まってという条件的なものもあれば参考になります。

とりあえず、思いつく事を挙げておきます。
・蹄鉄の適合ミス
・乗縁、乗尾の過剰設置
・馬房内の問題
・騎乗者のミス
・馬の癖
・不慮の事故(暴れるなど)

200 :白馬に乗った名無し様:2007/01/09(火) 17:02:58 ID:E6ltFAdk
有難うございます
放牧時や馬房でなのですが、急に特定肢の落鉄頻度が上がり(一週間程度で落鉄)
装蹄師さんも変わっていないので、どこをチェックしようかと思ったので

201 :素人:2007/01/09(火) 18:24:58 ID:BN8AAiIK
内側と外側どちらが曲がっていますか?

内側の場合、狭く踏まなくてはならない状況が考えられますね。
体の問題(疲れなど)や蹄の内側が高い事など。
蹄の内側に何か擦れた後はないですか?

外側の場合、馬房や放牧地で引っ掛ける場所があるなどが考えられますね。

う〜ん・・・でも、1週間程度というのが引っ掛かりますね。
普通落鉄するなら遅くても2〜3日以内なんですけどね。


202 :白馬に乗った名無し様:2007/01/09(火) 18:43:23 ID:E6ltFAdk
曲がっているというのは蹄鉄の話でしょうか?
遅くても2〜3日というのは蹄鉄に原因があるときの話ですか?
すぐには見にいけないので次回見に行ったとき確認してみます。

おそらく、馬房や放牧場で引っ掛けたのかとも思いますが
必ず同じ肢で、その肢のみ打ち直ししても
他の肢が落鉄する前に落鉄したりということもあり
原因を探すための参考にさせていただきたくてお聞きしました。
自分では確認していないのですが、落鉄する前に
蹄鉄が緩んでいたりといったことは無かったと思います。

もし、何か他に可能性あることがあればお教え下さい。

203 :素人:2007/01/10(水) 01:05:46 ID:7XyBMmhK
すいません。説明が足りませんでした。
曲がっているというのは蹄鉄のことです。

遅くても2〜3日と言うのは、落鉄の原因の殆どが日常の行動の中に原因があるからです。
言い換えれば2〜3日中に落鉄起きるのであれば日常の行動の中に原因がある。
もしくは装蹄に問題があるという事になります。

装蹄後2〜3日以内に落鉄をしないということは、日常的な行動の中には原因が
あるとは考えにくいという事になります。
臆病でありたまに暴れる馬や馬を強引に扱うなどした時といった事が原因かも
しれませんね。

蹄には問題はなさそうですか?
釘の位置が浅い、欠けている部分があるなど。
何か競技をしていますか?
ちょっと読み直してみましたら、「最近多い」と言う点が気になりました。
馬が疲れている事も考えた方がよさそうですね。

204 :白馬に乗った名無し様:2007/01/10(水) 09:37:00 ID:+9XggPH9
以前は、早い落鉄でもほとんど一月以上は持っていたのですが
このところ、特定の肢がこれまでと比べて早く落鉄してしまうという状態です。
早いのでその肢のみ打ち直ししても他の肢より先に落鉄してしまいます。

日常的な行動というのはどのような範囲の行動のことを言うのでしょうか?

蹄の方はいまは見れないのでなんともいえませんが以前と比べて
特にどうこうといったことは無いと思います。
競技は行っておりませんし、最近はむしろ運動量もやや減っているのですが
加齢によって疲れやすくなっているのかもしれません

ちなみに、疲れていることによる落鉄というのはなぜですか?

205 :素人:2007/01/10(水) 17:57:14 ID:7XyBMmhK
日常的な行動というのは・・・・、別にこれといってないんですけど。
馬房からでて、運動して、洗い場に入って、また馬房に戻るといったような
普通の事です。
同じような行動パターンを2〜3日繰り返しているのに落鉄をしないと言う事は
「日常的な動きの中に、落鉄の原因はなさそうだな。」と言う事になります。

疲れていると落鉄と言うのは
馬が自分の肢をちゃんとコントロールできないといった状態です。
ちょっとした事なのですが、躓きが多くなったり、自分で自分の蹄を踏むような
事が起きてきます。
疲れている肢を投げ出すような(休めの姿勢)姿勢をとったりします。間片足で立つ事を嫌がります。
尾を持って横に引っ張って見て下さい。自分の体重をかけて、強く引っ張って
構いません。引っ張りに負けてぐらつくようであれば、腰は疲れています。

ここに書いた姿勢の変化や検査の仕方はあくまでも1例です。
「原因は何か?」を特定する事は出来ませんのでご理解下さい。

206 :白馬に乗った名無し様:2007/01/14(日) 12:30:48 ID:pN0cx+lU
とすると日常的な動きの中ではない=(外部的要因を含む)何らかのアクシデント/偶発性の何かである可能性が高いということでしょうか?

つまり疲れているときは、落鉄しやすくなる要因が増えるということですか
とすると、出した日数・時間による体力的疲労ばかりでなく、
運動内容や騎手のミスによる特定肢への負担、背・腰部へのダメージによる動きへの影響なども
同じように落鉄の要因として考えられるということですね?

207 :素人:2007/01/15(月) 23:18:24 ID:Dh6/jdti
そう考えていいと思います。
でも、装蹄の1週間後というのが引っ掛かりはしますね。

別の方向で考えてみると・・・
常日頃から落鉄の原因となるような事はしている。
でも装蹄直後はそれに耐える事ができる。
しかし、その原因となるような行為を1週間程度続けられてしまうと落鉄してしまう。
壁をよく蹴る馬は、蹄鉄が内側にどうしてもずれ易いです。
一定以上ずれてしまい、踏み掛ける位でてしまうと落鉄してしまうでしょう。

落鉄する肢は前肢ですか後足ですか?内側と外側どちらを曲げていますか?

内側を曲げている場合は、主に自分の蹄で踏み掛けています。
外側を曲げている場合は、主に壁や馬房の縁など何か引っ掛け易い所などで引っ掛けています。
前肢の外側は自分の後肢でも踏みかけることもあります。
よく踏みかける馬は、蹄鉄に変な磨耗が残っていますし、蹄にも擦れた後があります。





208 :白馬に乗った名無し様:2007/01/16(火) 00:27:23 ID:Tm73d4AU
装丁してもらうのはいつも同じ装丁師サンの方がいいんですか?

209 :素人:2007/01/16(火) 00:55:19 ID:FjnUPn6D
それはなんとも言えないですね。
別の装蹄師さんにする理由が問題ですよね。
なにせ、その装蹄方法が良いのか?悪いのか?の判断が一般の人には難しいと
思います。(判らないのをいいことに、甘えている装蹄師もいる訳で・・・。)
現在何も問題が無い馬でも、その状態を続けていると問題が起きる状態と言う
事もあります。なにか肢元や蹄に問題が起きた時に、ちゃんと説明して対処を
してくれる装蹄師さんなら問題ないと思います。



210 :白馬に乗った名無し様:2007/01/26(金) 00:32:12 ID:KcK359EI
人大杉では入れなかったら、落ちてしまいましたね。でも携帯からなら書き込めるんですか?

211 :白馬に乗った名無し様:2007/01/26(金) 00:35:30 ID:8hjmIWR1
あ・・・書き込めた?
何でだろう?

212 :素人:2007/01/26(金) 00:51:16 ID:8hjmIWR1
ちょっとショックなことが事が・・・・
飛節後腫という疾病が発症した馬がいます。
珍しく獣医師が「腰が原因かもしれない」とまともな事を言い、治療をしていました。
治療を終えた獣医師がいなくなった後に、調教師がこんなことをいいました。

「飛節が腫れているのに、あいつは腰を治療していった。飛節が腫れているのに・・・」
彼は「飛節後腫」がなんなのかは知りません。(プロなら知っていて欲しかったけど)
もちろん何が原因でそうなったのかも理解していないでしょう。
それなのに、治療法に指示をだします。これでは馬を治す事ができませんよ。
もしかしたら、腰を治療した獣医師は首かもしれません。
獣医師の説明不足もいけないとは思いますが・・・・。

213 :素人:2007/01/26(金) 00:53:25 ID:8hjmIWR1
どうでもいいかもしれませんが、一応書いておきますね。
>>210>>211も私ですよ。

214 :白馬に乗った名無し様:2007/01/27(土) 10:02:23 ID:DOPKMRuH
お久しぶりです。

なんかよく耳にしそうな話ですね。

治療の成果で すっと腫れが引いて快方に向かったとしても
その調教師は当たり前の顔をして何も言わないでしょうし
逆に少しでも治癒が長引いたりするとボコボコに言うんでしょうね。

自分で原因や治療法が判らないのであれば専門家を信頼して任せるべきですね。
半信半疑では治療効果にも少なからず影響を及ぼすと思います。

素人の本職さん、これからも色々な話題や情報をよろしくお願いしますね。(^^♪

余談ですが・・・2ちゃんねる専用ブラウザを使うと人大杉でもは入れますよ。


215 :素人:2007/01/27(土) 14:17:52 ID:3EFi6CTx
人大杉でも入れる・・・それは有料のやつですよね?



216 :335:2007/01/27(土) 16:57:11 ID:0bLcN0cY
おひさです。
私はギコナビを使ってます。当然、無料です。

過去ログ検索なんかは有料サービスもありますが、ブラウザで
スレを見るだけならたいてい無料です。

217 :素人:2007/01/28(日) 10:36:03 ID:oinYf/SB
ありがとうございます。自分でも調べてみますね。

218 :素人:2007/01/30(火) 23:38:12 ID:25LeGLU/

蟻洞で困っている馬の多いクラブがあり、そこに新しく入った装蹄師さんが短期間の内に
殆ど治したと言う話を聞きました。
私としてはそんな事が本当にあるのか?という疑問を抱きました。
というのも、蟻洞と言う病気の性格上そう短期間に治るものではないからです。

もし治ったのであれば
1・そもそも蟻洞ではなかった。
2・手入れや馬房の状態が酷かった。
3・栄養状態が偏っていた。
4・運動不足。
などが考えられます。

その状況を見た訳ではないので何とも(装蹄が原因ではない)といいませんが、普通に
考えれば蟻洞が多発している時点で、なにか大きな原因があると思った方が素直だと思います。

219 :白馬に乗った名無し様:2007/01/31(水) 00:29:11 ID:9DGJuDu1
>>218
蟻洞が多発する大きな原因があっただろうけど、
新しい装蹄師さんが、とりあえず適切な処置をした。
と言ったところではないでしょうか。
私も経験上簡単に治るとは思いません。

220 :素人:2007/01/31(水) 01:38:52 ID:VAYVPw68
>>219
私もそうだと思います。
新しい装蹄師さんが特別なのでは無く、いままでの装蹄師さんが処置を怠っていた
と考えた方がいいでしょうね。

でもよく勘違いする方がいます。
「新しい装蹄師さんは特別な存在だ!」「彼だから治せたんだ」と・・・。
これを言いたくて>>218を書いたのですが上手く書けませんでした。
219さん合いの手ありがとう!

221 :白馬に乗った名無し様:2007/01/31(水) 15:00:23 ID:Ncj9xbni
まず問題点を書くなら初めにその装蹄師の処置を評価すべきでは?
素人さんの書き方は悪意的な捉え方にもなりますよ。
基本的には応援してますが。

222 :素人:2007/01/31(水) 18:02:11 ID:VAYVPw68
221さん
なるほど。誤解を生んではしょうがありませんね。
書きたいことはあるのですが、問題点がどこにあるのか?自分は何を言いたいのか?を
もう少し練ってから書き込むべきでした。

今回の場合、書きたかったことは装蹄師さんの批判ではなく、装蹄が全ての原因ではないよ、
装蹄だけで治るという事はまずないよ、ということでした。

いまになって考えが纏まってきているようでは駄目ですね。
以後気をつけます。指摘ありがとうございます。





223 :白馬に乗った名無し様:2007/02/01(木) 02:03:25 ID:y/I+tEf2
素人さんへ

先日、NHK番組『生きる』で装蹄師さんの話が取り上げられていました。
飛節外腫と装蹄の関係について教えてください。後肢を捻って歩くことと
関係があるのですか?

224 :素人:2007/02/02(金) 01:04:46 ID:OJZRBOxD
飛節外腫ではなく飛節軟種だと思いますよ。見ていないので何ともいえませんが・・・。
後肢を捻って歩く=蹄が回転しているという事です。
ということは、地面に接している蹄と肢の付け根の間で捻じれが生じてしまいます。
肢に捻じれが生じる=関節に負担がかかるとなります。
負担のかかった関節は滑りをよくしようと潤滑液を出します。
この潤滑液が軟腫です。

捻じれの事を捻転といいます。(いまさらながらですが・笑)
捻転を装蹄で防ぐ方法はありますが、あまりお勧めはできません。
理由としては、
捻転している=滑っているので抵抗は少ない
捻転を止める=滑りを止める訳ですから、今まで以上に肢は捻れてしまいます。

ではどうするか?
主に原因は疲れかもって生まれたものかのどちらかだと思います。
疲れが原因ならば、腰の負担を軽減するような装蹄法が必要です。
体重を綺麗に乗せられるようにすることも重要ですね。
同時に獣医師の治療もすればなおいいでしょう。
人の場合、腰が疲れたらどうします?
たぶん腰の治療をするでしょう。
馬の場合、筋肉の治療自体が軽視されていますが、ただ休んで回復を待つより
遥かに早く馬の回復を図る事が出来ます。

話が少し膨らんでしまいましたが、こんな感じでいいですか?



225 :白馬に乗った名無し様:2007/02/02(金) 02:18:46 ID:52BsbwwT
ありがとうございます。捻じれのイメージが掴めませんが、
馬が真後ろに蹴りだせずに逃がしているのは分かります。

踵骨とアキレス腱と下腿骨に挟まれた外側のくぼみの部分に
ぽっこり軟腫ができていました。ここの軟腫が飛節軟腫ですか?
外腫との区別がつきません。

あと、体重をキレイに乗せるときに、多少前肢のほうに持っていく
ということはされるのでしょうか?

筋肉の疲れを取る治療、人であれば当たり前のことなのに
確かに軽視されていますね。SSP、笹針以外になにか
あるかなぁ。

226 :素人:2007/02/02(金) 09:24:53 ID:OJZRBOxD
飛節外腫と言っていたのですか?
すいません。飛節外腫というのを聞いたことがありません。
軟腫が外に出ているから外腫と言っているのでしょうかね?

捻じれのイメージですか・・・う〜ん・・・
肢がありますよね。片側は腰についていて、筋肉でしっかり固定されています。
もう片側は蹄です。こっち側は固定されておらず(相手は地面ですからね・笑)、
体重圧と地面のグリップ力で固定されています。(表現が微妙かな?)
固定はされていますが、もちろん滑ります。この滑りを故意に止めてしまうと危険
なのですが・・・・。
滑りを説明すると、肢が地面に着き、肢の付け根の真下まで移動しますよね。
そこから後、肢の付け根の真下から後方に移動する時に肢が外方に捻れようとします。
その動きは蹄にも係り、蹄が外側に回転する訳です。(大まかな動きです。)
残りはのちほど。


227 :素人:2007/02/02(金) 10:44:05 ID:OJZRBOxD
復活!

体重をきれいに乗せる。というのはそういうことではないんですよ。
馬は長く細い足で体重を支えています。肢には関節があり、曲がっていたりもします。
体重はそういう肢で支えられています。
その肢の先端に蹄がついています。蹄は肢のバランスを人為的に治せる場所です。
蹄が歪んでしまうと、普段立っている時でさえ負担がかかってしまいます。

恥ずかしながら「SSP」はなんの略ですか?
笹針はあまりお勧めしません。笹針が効くというよりも、その後の舎飼いで回復していると
思っています。

筋注・揉み張り・お灸・ショックウェーブ・レーザーなどがありますね。
専門ではないので細かな効果までは、ちょっとわかりませんが、一緒に行動して
いる獣医師は使い分けていますね。
馬体を診察し筋肉の固さ(質)や、触診の感覚、馬の年齢、運動の内容、過去の病歴、
などを参考にしているようです。(専門ではないので大きな事は言えないです・・。)

228 :白馬に乗った名無し様:2007/02/02(金) 12:39:53 ID:Woo50Sji
たくさん説明していただきありがとうございます。

肢を捻って歩くイメージは分かりました。体重を乗せられない、
肢を大きく後ろに引けない要因があるために、ネジって後ろに
引いているような感じなのかな、と思いました。


「SSP」とは電気的刺激療法なので、原理は揉み針と同じ
です。が、針ではなく吸盤みたいなものを貼り付けて電気を流して
筋肉を強制的に動かしているようです。

笹針は同感です。精神衛生上も良くない結果に終わる馬がいて
その後の対処に困ります。
マッサージは治療ではないですが、最近いろんなところで
取り上げられているのを見かけます。私たちが自分で
馬のために出来る良いことの一つで、好感を持っています。


体重のバランスは私には全然見えません。見るポイントが
あったら教えてください。これも球節の沈下ですか?


229 :素人:2007/02/02(金) 18:42:06 ID:OJZRBOxD
電気的刺激療法ですか。そう言えば最近見ないですね。

体重のバランスのポイント
そうですね。球節の沈下は大きいと思います。
真下に落ちるのがベストと言えますが、私は馬の状態に多少左右されると思っています。
馬体になんの問題も無ければよいのですが、問題がある場合きちんと装蹄しても真下に
落ちるとは限らないと思います。

どこを見ればいいのか?
私は肢軸を基本に見ています。前肢なら膝下、後肢なら飛節から下を挙肢検査時に
一緒に見ます。そして肢の流れに合った蹄角度・内外バランスを決めます。
骨の流れを見る訳ですね。(経験と勘ですが・・・。)
体重を支えるのは骨ですから、特に関節面が綺麗に合わさるようなイメージをもって
装蹄します。



230 :白馬に乗った名無し様:2007/02/02(金) 19:17:28 ID:Woo50Sji
SSP、競走馬は頻繁に使っています。

分かりやすいご説明をありがとうございます。

これから馬の足、体をよく見て触ってみます。
バランスが分かるようになれば、曲がりにくい馬、歪む馬
など、騎乗にも応用できそうな気がします。



231 :素人:2007/02/02(金) 23:42:04 ID:OJZRBOxD
私のいる所ではショックウェーブが流行っていますよ。
電磁波式のやつです。(あってるかな?)
私の知るショックウェーブの使い方は
1・1回800〜1200発
2・治療後は2週間休養
3・2〜3回に分けて行う
そして効果は自然治癒能力の向上と言う事だそうです。

ですが、現状では
1・1回300〜500発
2・治療後は2日後から調教OK
3・一回でもOK
なんでしょう?この使い方は・・・。これじゃ効かんでしょ?

こうなってしまった問題はショックウェーブの副作用の鎮痛効果にあると思います。
鎮痛効果を狙っていて、本来の自然治癒能力の向上は全く無視されています。
鎮痛効果が高いために、中央ではショックウェーブを使用した馬は、確か2週間は
レースにでる事が出来ません。(自主的にかもしれませんが、競馬法が追いついて
いないためかな?ちょっとあやふやですみません。)
鎮痛剤をうってレースに使うのと変わりませんからね。

このような使い方をしていて
「ショックウェーブは効かねえな。」
なんて言われるようになってしまったら、もったいないですね。


232 :.335:2007/02/03(土) 01:23:52 ID:JU2Q7tTC
えと、ちょっと割り込みさせてください。

SSPって、俗に言う電気鍼のことでしょうか?

で、ショックウェーブですがあれは電磁波ではなく物理的な衝撃波です。
自分に撃ち込んでみた感想ですが、人間用の療法からいうとオーバーワークでうっ血した筋肉に対して行う
マッサージに近い感覚です。マッサージと違うのは圧力を「重さ」として使うのではなくパルス状にすることで
「力」としての成分だけを取り出して叩くように格好で使うためにマッサージでは効果が期待できない軟骨や
腱のような比較的硬い組織に対しても一定の効果が期待できるというものだと思われます。

副作用としての鎮痛効果ですが結論から言うと「違うものだが鎮痛とみなしても良い」というあたりです。

これも自分に打ち込んだ感想なのですが「痛みの閾値が上がる」感じです。
打っている最中はかなり痛いです。特に骨に直接当たったり軟骨の付着面に対して垂直に近い方向から当てると
機械を蹴り飛ばしたくなるくらい痛いです。高いからできないけどwww

100発程度でも2〜3日は痛みや痺れが残るくらいの刺激なので、こいつを2000発も掛けちゃった日にはもう、
痛みを感じ取る受容体の感度が鈍るのも当たり前くらいのもんです。
ただ、これも使いようでして。 腱や間接の故障にはありがちなのですが故障そのものは治っているのに、
故障している状態の記憶みたいなものが体の感覚として残ってしまっている場合があります。この状態で動かすと
故障していないにもかかわらず痛みを感じるとか、そこまでいかなくでも無意識に患部を庇うようにしてしまったりします。
こうした現象に対してはショックウェーブは劇的に効きます。

それ以外の効果に対してはちょっと疑問を感じています。
個人的には一種のマッサージ器として、特に関節や骨への付着部近くの筋肉に対して使うのが正統的なものではないかと。

233 :白馬に乗った名無し様:2007/02/03(土) 01:45:01 ID:0Roa1MTz
レーザーの細胞の分化速度の向上は聞いたことがありますが、
ショックウェーブが筋肉に効くとは初めて聞きました。T型
コラーゲンに効くからかなぁ?すると筋肉というよりも微細な
靭帯ですよね。

弾道型衝撃波のものは表層が痛むとは聞きますけど、
原理から言えば筋肉は透過してしまうような気がするんですが。
血流が良くなると聞きますので、その効果なのでしょうか?

骨膜炎などに対して鎮痛効果を狙うのはよいと思うのですが、
かつてレーザーが鎮痛効果だけがクロースアップされた弊害で
無理から故障箇所を悪化させるようでは、こちらの機械の
使い方がまずいといわざるを得ませんね。

素人さんに同感です。物は使いよう。ちょっと使ってみてうまく
いかないのを物のせいにするのは、もったいないことです。

すみません、だいぶ話がずれてしまいました。

234 :白馬に乗った名無し様:2007/02/03(土) 01:51:47 ID:0Roa1MTz
335さんのコメントを読まずに投稿してしまいました。

骨には収束型が良いとなると、弾道型はそれ以外に
使っていくようになるのかもしれませんね。
高い治療ですけど、効果があるなら安いものです。

235 :白馬に乗った名無し様:2007/02/03(土) 08:54:15 ID:OC9/Geb9
ショックウェーブを自分に打つって・・・・
すごい職人の心意気ですね。

乗馬界にももっと真面目な方が欲しいです。

236 :335:2007/02/03(土) 15:03:16 ID:JU2Q7tTC
えーと、、、わたくし、素人さんじゃないんですがw

237 :素人:2007/02/03(土) 17:31:34 ID:/H7MMcnp
ショックウエーブ私も打ちましたよ(笑)
直接骨をコンコン叩かれた感じでしたよ。
あまり痛くは無かったですが、変な感じでした。

えっとですね、ショックウエーブは2種類あるんです。
確か、コンプレッサータイプ(200万円位)と電磁波タイプ(600万円位)。
コンプタイプは外的な刺激が内部まで浸透、電磁波タイプは内部にエネルギーを
発生させる(胆石破壊の機械みたいな感じ)だと記憶しています。



238 :白馬に乗った名無し様:2007/02/03(土) 20:53:27 ID:RQlprnIl
ttp://blog.goo.ne.jp/syoubara-trf/e/2184634b56d6d56c18c25324d7b807e3

239 :素人:2007/02/04(日) 01:44:28 ID:hwIaV74T
238
見させていただきました。
よいのではないでしょうか?問題は起きてないみたいですし。
といいながら、気になった点を一つ
「私はサラダオイルとモクタールを5:1くらいの割合でミックスして使っています。
かれこれ10年になりますが、蹄叉腐乱が起きたことは一度もないし、蟻道などの
トラブルも皆無です。」
とありましたが、蹄油の使用と蹄叉腐爛・蟻洞の関係はあまり無いかと思います。

むしろ関係あるのは
「ヘイキューブは水又は湯で完全にふやかして与える。」
「ボロ掃除は完璧に。基本は1日3回+ボロを見たとき。」
の方だと思います。

いいのかな、勝手に引用して。

240 :白馬に乗った名無し様:2007/02/04(日) 19:26:53 ID:ZsWYKLnK
素人目から見ると
>ボロ掃除は完璧に。基本は1日3回+ボロを見たとき。
が蹄叉腐爛など蹄の質病に対してはとにかく効果的で
それが出来ない状況であればそれ以外の管理で対策を考えるとか・・・?

冬も馬の肢は湯で洗ってはいけないってのは守るべきな気がしますが
問題がおきていないからいいのでしょうが、馬の蹄質によっては問題がおきそう
流れた蹄壁面の油脂って蹄油で補えましたっけ?
流れ去ることはあっても吸収はされないと聞いたような・・・
>気温が低い日は速攻で湯も冷えます
ってのはだからダメってことなのでは?
蹄油自体は状況・環境によって塗らなくてもいいとも聞くのでそれでいい気がしますけど

241 :素人:2007/02/04(日) 23:59:39 ID:hwIaV74T
それ以外の対策で意外に効果的なのが
「人の靴下」を履かせる事ですね。蹄底にオガやボロが詰まるのを防ぐ事が出来ます。

私も吸収はされないと思います。
それ以上乾燥させないためのものでしょうね。

>気温が低い日は速攻で湯も冷えます
あそこの所はいまいち良くわかりません。
でもまあ問題なくやってきているのですから。

絵で書き身振り手振りをを加えながら説明するのと、書いて説明するのは全然違います。
あのブログの方も軽く触れているだけかもしれませんね。



242 :335:2007/02/05(月) 00:32:52 ID:pxF6somr
おぉ、ショックウェーブ治療器に種類があるとは知りませなんだ。お恥ずかしい。それと、弾道型と収束型の違いがいまいちイメージできません。
調べ直して出なおしてきます。

蹄油については私はかなり乱暴な取り扱いですので語る資格がありません。
ただあのブログで紹介されているブレンドは安易に真似しないほうがいいかも知れません。油の「伸び」がかなり悪くなりますし
ゴミの付着も多めになりそうです。塗る前の下準備がいい加減だと逆効果になる場合もありそうに思えます。
個人的なやり方ですが、濡れた蹄には蹄油を塗らず、なるべく水気が切れてから塗るようにしてます。作業を急ぐような場合には洗っただけで
しばらく放置してから塗ることもあります。はっきりとした分類を提示できないので恐縮ですが特定の蹄質に限っては余分の水気を非常に嫌う
場合があるように思われます。ボロや小便がかかった上から塗るのは論外ですが着いてすぐなら塗る前に拭くだけで良しとしてます。
油もそこらのですが、油膜が厚くなりすぎないものを選んでますね。

243 :335:2007/02/05(月) 00:45:14 ID:pxF6somr
とか言いながら自分の担当馬にはほとんど蹄油を塗らなかったりしてます(^^ゞ
ごめんなさいね>装蹄師さん

まあ少なくとも泥詰まりや砂は当たり前に落としてますが。
詳しく書いちゃうと自分の名前を公表してるのと同じになってしまうので書けませんが、馬を手元に置く目的が、
ベストの健康状態を追求することだけには留まらない以上は致し方ない面もあると思ってます。
とりあえずは蹄叉腐乱なおさなきゃ(^^;;;;;

244 :素人:2007/02/05(月) 01:10:25 ID:SE4txvKu
治してくださいまし〜蹄油もお願いしますよ〜


245 :白馬に乗った名無し様:2007/02/06(火) 12:17:53 ID:ADaPS00W
業者の一員として書き込みをしてみるのも面白いだろうか?

246 :335:2007/02/06(火) 12:35:34 ID:6CFOczXi
個人的にはありでし

247 :素人:2007/02/06(火) 18:46:26 ID:8mc6jeQW
さあどぞ


248 :白馬に乗った名無し様:2007/02/06(火) 18:54:45 ID:ciHA6Koq
ハリーハリー○替さん

249 :素人:2007/02/07(水) 00:20:54 ID:AAWwwfqg
248
hari-さんがどうかしましたか?

250 :個人:2007/02/07(水) 08:18:57 ID:HZI1SIND
じゃ、個人的に。


251 :素人:2007/02/11(日) 20:52:08 ID:hMnreVfy
高い所が潰れるのか?
高いから潰れるのか?
潰れるから高いのか?

252 :素人:2007/02/15(木) 00:37:05 ID:VOgWkyic
投げっぱなしでした。
「高い所が潰れる。」ということは、高い個所が潰れるのですから常に平坦に近い
状態であるという事になります。

「高いから潰れる。」というのは、その場所が標準値より飛びぬけているか、平坦
なのにもかかわらず、その馬にとっては高い時と同じ状況ということになります。

「潰れるから高い」これは勢いで書いてしまいました。
よくよく考えると重複していますね。


253 :白馬に乗った名無し様:2007/02/15(木) 08:15:10 ID:zF7sN8V1
質問です。
馬が大暴れして1つの蹄鉄が少しずれてしまった気がします。
何ミリかなのですが直してもらったほうがいいでしょうか。

254 :白馬に乗った名無し様:2007/02/15(木) 08:40:06 ID:8x6ZZB5g
そらそーだろ

255 :素人:2007/02/15(木) 19:43:00 ID:VOgWkyic
基本的には254さんの言う通りですが、それだけで装蹄師さんを呼ぶべきか?
迷っていそうなので参考までに書きますね。

チェックポイントを挙げます。
・蹄鉄は内側・外側どちらにずれているか?
 ずれ方の度合いなのですが、仮に内側にずれていると今後踏みかけを起こす
 可能性はどうしても高くなります。踏みかけを起こし落鉄してしまうと、蹄が
 欠けてしまうかもしれません。
 対処法としては、踏み掛けないように鑢などでずれた分を削り落としてしまう方法も
 あります。

・蹄鉄のうえに蹄が乗っているか?
 ずれ方が大きいと蹄鉄に蹄が乗らなくなります。こうなってしまっては一度蹄鉄
 を外し打ち直さないといけません。打ち直すだけならば素人さんでも出来ると
 思います。
 釘を打つ時のポイントは、釘の頭に付いている印を内側にして、元の穴に打つ事
 です。いきなりトンカチを使ってはいけません。元の穴に手で探りながら釘をしっかり
 入れてください。(蹄鉄が合っていれば必ず入ります。)
 ある程度入ってから軽くトンカチを使ってください。
 元の穴に入っていれば、殆ど手応え無く刺さっていきます。
 蹄壁から釘が出たら叩き締めて完了です。
 後は少し長めに切って折り曲げておいてください。

・蹄鉄は曲がっていないか?(蹄との間に隙間が空いていないか?)
 曲がっていたら素人さんにはちょっと難しいかもしれません。
 (蹄鉄が曲がっていなくても隙間が空く場合があるのでご注意ください。)





256 :白馬に乗った名無し様:2007/02/16(金) 07:41:05 ID:rn2w4AYa
ありがとうございます。
蹄鉄は曲がったり浮いたりしていません。釘はしっかり付いているのですが、外に1-2mmぐらいずれています。
なので誤差の範囲なのかどうかで迷っています。指導員に見せたのですが、「どおってことないよ」と言われましたが気になったので…

257 :白馬に乗った名無し様:2007/02/16(金) 14:26:25 ID:J5ziB9ar
蹄鉄があまりずれると釘節が起きてきます。現在釘はしっかりしているとのことなので大丈夫かと思いますよ。写真があればもう少しアドバイスできるのですが。よろしければホームページに送ってもらっても構いませんよ。

258 :素人:2007/02/19(月) 01:21:58 ID:h069SWu5
HPに用語辞典なるものを作ろうと思います。

用語、読み方、写真、意味や効果などの説明が付いたものを目指します。
ここで問題が一つ 、は行にブルノーズと書いても何だか判らない方が多いと
思います。そこで、ブルノーズと書いた横に写真を置き、画像からの逆引きと
いう性格も持たせたいと思っています。(理想が高いか・・)

問題はそこまで写真が揃っていない事です。現在装蹄学校に画像の協力を求めています。
自分でも写真をできる限り撮るようにはしています。

協力というのは、馬の写真を送って欲しいのです。(注・愛馬のスナップではありませんよ(笑)
皮膚・肢・蹄・外傷などなど・・・・。何かおかしいかな?と思われるようなもので構いません。
肢や球節・蹄・蹄底などは異常が無いと思っても送っていただければ助かります。


259 :素人:2007/02/21(水) 23:56:07 ID:KKMrFitV
誰もここに書き込んでくれないけれど、一人書き込み続けたりしています。
過去に何度か触れた話なので、わかっている方は飛ばしてください。

とある獣医師からこんな話を聞きました。
「なんでもかんでも蹄葉炎だと言う装蹄師がいる。蹄葉炎だと言っておきながらたいした説明もしないし
処置もしないので、オーナーはただ不安になってしまう。」
話をしてくれた獣医師は、「あれでは言った者勝ちだ」とも言っていました。

蹄葉炎・・・・装蹄師にとって非常にいやな病気です。オーナーさんにとってもそうだと思います。
ちょっと前までは蹄葉炎になってしまったら最後という認識しかありませんでしたが、最近では
認識が変わってきましたので少し説明しておきます。

蹄葉炎とはそのまま蹄葉の炎症です。
蹄葉は葉状層のことを指します。
葉状層は・・・・
え〜と・・・人で例えると爪のしたの組織、爪とお肉がくっ付いている層と思ってください。
ちょっと乱暴な表現になりますが、
トンカチなどで指を叩き(もしくはドアなどで挟み)爪の下に血豆を作ったことは無いですか?
血豆が起きている範囲は、爪とお肉が剥がれています。
その剥がれている状態が蹄葉炎です。(一度剥がれると生え変わらない限りくっ付きません。)
範囲が小さければたいした事はありませんが、大きければ爪は取れてしまいますよね。
今までは広範囲で剥がれた状態の事を蹄葉炎だといっていましたが、現在ほんの一部分が
剥がれても蹄葉炎なんだと言うことがわかってきました。

範囲が小さくてももし蹄葉炎だということがわかったら?
過剰に心配する事はありません。多かれ少なかれ殆どの馬が持っているものです。
「蹄葉炎の素質を持っているんだな」と思い、日頃の変化を観察してください。
飼葉を見直すのもいいと思います。

260 :白馬に乗った名無し様:2007/02/22(木) 09:30:26 ID:/LceHUYx
いつもどうも。
そのような場合の、具体的な見直し方は?

261 :白馬に乗った名無し様:2007/02/22(木) 20:53:51 ID:49njEf+q
麦等、穀類の過剰な摂取から蹄葉炎を発症したと聞いた事がある

262 :素人:2007/02/24(土) 11:19:35 ID:zSbxzbs/
すいません。ちょっと仕事が立て込んでいまして・・・・。
月末までは長々書き込むのはちょいときつそうです。

で、対処方なのですが
剥がれた場所は(変色)ラメラーウエッジという代用の蹄が詰まっています。
これにカビが感染すると面倒な事になるので、カビの感染を予防する事が
メインになります。

残念ながら発生自体を防ぐ事は出来ません。
飼葉で注意するのは、運動量に見合った飼葉内容か?ということです。
飼葉量が多いのが殆どです。濃厚資料のあげ過ぎは特に注意しなくてはいけないでしょうね。


263 :白馬に乗った名無し様:2007/02/24(土) 22:17:40 ID:XEMNubep
装蹄用語関係の検索してもたいして出てこないもんだな

264 :素人:2007/02/25(日) 01:29:29 ID:v3tnZXjk
用語事典はとりあえず写真抜きで作っていきます。

265 :白馬に乗った名無し様:2007/02/25(日) 18:52:45 ID:QFviYlp0
具体的に、今欲しい画像(症例)を教えて。

266 :白馬に乗った名無し様:2007/02/25(日) 19:18:27 ID:QFviYlp0
ブルノーズ、ぶっちゃけ蹄尖壁摩滅の事とは違うんですか?逆になぜ、ブルノーズという言い方をみんなが知る必要があるとお思いですか?

267 :白馬に乗った名無し様:2007/02/25(日) 19:40:05 ID:9hF3OONk
辞典を作る・・・ってんなら、みんなが知る必要あるかどうかより
単に表記しておく必要があるというのも事実
だから、あくまで例で挙げた単語であり、
みんなが知る必要があると思っているという発言がない以上
後者の質問は妥当じゃないかと思われ

268 :白馬に乗った名無し様:2007/02/25(日) 20:08:53 ID:QFviYlp0
>267さん
おっしゃる通りでした。すいませーん。


269 :素人:2007/02/25(日) 20:12:24 ID:v3tnZXjk
おぉ〜あっという間にレスが!
267さん、どうもありがとうございます。
262さん、そういうことですので、ご了承くださいね。

270 :白馬に乗った名無し様:2007/02/25(日) 23:22:06 ID:bb3HaEDI
あれ?自分で自分に?

271 :素人:2007/02/26(月) 22:49:17 ID:RVzWzb4t
265さん
症例に限らずなんでも構いません。
ここを見ていただいている方達数人と会うことが出来ましたが、部位や読み方が
わからないという声をよく聞きます。

蹄尖壁摩滅=ていせんへきまめつ と読めない方もいます。(摩滅は読めると思いますが)
ていせんへきとはどこか?といった感じです。
このあたりの写真は、私でも取れますしセンターの方に協力を呼びかけています。

あとは、同じ疾病でもこういう場合もあるといったような写真が欲しいのです。
いろんな症例の写真、協力していただければいろんなものが集まるかと思います。

270さん
「あれ?自分で自分に? 」とは?



272 :白馬に乗った名無し様:2007/02/26(月) 23:53:49 ID:49iPqM9W
ttp://s0ze.tripod.com/soutei/top.htm
ttp://blog.livedoor.jp/girico81/archives/cat_1004601.html
ttp://blog.livedoor.jp/teitetuya/
ttp://blogs.yahoo.co.jp/teitetuya
ttp://teitetuya.way-nifty.com/maesitu/
ttp://f43.aaa.livedoor.jp/~tibajutu/i/soutei/soutei.html

273 :白馬に乗った名無し様:2007/02/27(火) 20:04:20 ID:1tGaeO4C
ttp://www.hippia.co.jp/modules/xhnewbb/viewtopic.php?topic_id=34&post_id=164#forumpost164
フーフグリースってフーフ=蹄、グリース=油で蹄油と同じじゃないの?

274 :白馬に乗った名無し様:2007/02/27(火) 20:54:49 ID:1tGaeO4C
ttp://drhig.blogzine.jp/equine/2006/07/__2a88.html

275 :白馬に乗った名無し様:2007/02/28(水) 00:06:44 ID:g7SBwNy6
262も269も素人さんですよ・・ね・・?

276 :素人:2007/02/28(水) 00:16:01 ID:e8qyU41r
あーー!そうですね!
262ではなくて266でした。
どもありがとう。

277 :素人:2007/02/28(水) 23:56:29 ID:e8qyU41r
272の
1個目は特にこめんとはありません。
2個目の笹針の解釈はこわい。
3・4・5個目は先輩のとこ

278 :素人:2007/03/03(土) 22:55:05 ID:vVoOrRFz
最近行ったクラブで、蹄鉄を広く打ってくれとリクエストされた。
そして蹄鉄はできるだけ厚く幅のあるもの。
ただ単に日にちを伸ばしたいみたいだ。
馬はなんのケアもされてないようでグタグタ。
しんどそうに歩いている。
インストラクターに聞くと装蹄は2〜3ヶ月に一度だそうだ。
予想通りなんのケアもしていない。

噂では聞いていたが、やはりこんなクラブはざらなのであろうか?
いままでそんなオーナーに会った事はなかったのでいささか驚いた。





279 :白馬に乗った名無し様:2007/03/03(土) 23:22:35 ID:zsaCOv1m
決して多くはないと思います。
でも残念ながら実在します。

280 :素人:2007/03/03(土) 23:51:55 ID:vVoOrRFz
多くはない?それは良かった。
個人のオーナーさんはどうにかしようと頑張るの人が多いのだけれども、クラブに
とっては完全な経済動物でしかないように感じてしまったので・・・。

私は装蹄師という職業病か、馬の管理に高い水準を求めてしまっているようです。
求めておいてそこを食い物にしている・・・・そこまで言うのであれば、値段を
下げるべきであろうと思ったりもする。さげればもっとまめに装蹄をしてくれる
のであろうか?

「手術をすれば助かりますよ。でもお金がないんじゃね〜」
なんていう医者に似てたりするのはいやだな。

でも自馬を持つ以上、最低限の出費と覚悟しなくてはならないんじゃないのでは
ないだろうか?

ああ〜葛藤が・・・

気分を変えて、さっきの続きを少し
グダグダの状態ながら、前を通ると噛みに来るのだが・・・・
思いっきり避けられるくらい遅い。
からぶった勢いでよろけたりしているが、明日も乗られるのであろうな。

281 :白馬に乗った名無し様:2007/03/05(月) 13:13:14 ID:we+xWKzw
クラブにとっては経済動物でしょう。でも、クラブのオーナーだって最初はみんな、自分こそは馬にもやさしく、乗りにくるお客さんにも十分満足してもらえるクラブを、我こそは作ってみせる!と思って立ち上げたんだと思うんですよ。
出来ればコンスタントに装蹄師を呼びたいのは皆同じだと思います。
ただ、オーナーさんたちには今は装蹄よりも優先されるべきお金の使い道があるのでしょう。だから、料金を下げるとかでなく、装蹄の重要性を毎日の仕事の中で地道にアピールしていくしかないと思います。


282 :白馬に乗った名無し様:2007/03/05(月) 14:35:20 ID:BKXyfh9o
従業員がバカすぎたら? 馬の事を知らないにも限度があると思うけど、その限度を越えていたら?   ありえないクラブなんて沢山ある。

283 :素人:2007/03/05(月) 21:19:31 ID:I/mMGZnW
そうですよね。
誰もあんな状態を望んではいないとは、私も思うのですよ。
装蹄や馬体のケアの重要性をできるだけアピールしていっています。
あまりやると煙たがれますので、あくまでも徐々にね。
お馬鹿な従業員にもわかるように頑張っていきますよ。




284 :白馬に乗った名無し様:2007/03/05(月) 22:23:28 ID:LfZvEwtX
一度痛い目に会ったから装蹄の重要さが
身に染みてます。


285 :素人:2007/03/09(金) 18:20:03 ID:h3vj6Uln
月に数度の長距離出張に行って参りました。
行く前日は体づくり、行った日はバタンキュ〜なので書き込みが遅れました。

>>284
何があったかはわかりませんが、痛い目に会いましたか・・・大変でしたね。

他のクラブではこんな事もありました。
装蹄の改装期間が長いためにかなり蹄が伸びてしまい、あまりの歩き難さに伸びた
蹄をどうにかしてあげたいと思ったインストラクターが、自ら装蹄をしたそうです。
削蹄中に出血し、残念ながら跛行してしまったそうですが・・・・

装蹄をするのであれば、やはりある程度の知識は必要です。
もちろんインストさんもそういうことも十分わかっていて、装蹄したと思います
が・・・。そうせざるをえなかった状況、もしくは経営体制に疑問を感じますね。

286 :白馬に乗った名無し様:2007/03/09(金) 23:21:03 ID:1Cw24zOB
そのイントラがある意味気の毒です。

287 :素人:2007/03/10(土) 23:24:21 ID:BVEgWx0Z
なんか、残念な事に一生懸命やるほど報われない感がありますね。

288 :白馬に乗った名無し様:2007/03/12(月) 21:30:56 ID:W97o9kDI
>自民・佐藤ゆかり議員らに脅迫電話、削蹄師の男逮捕

これって装蹄士とは別の職業?



289 :白馬に乗った名無し様:2007/03/12(月) 21:52:11 ID:xwWobby+
馬は装蹄、牛は削蹄でしょ。

290 :素人:2007/03/14(水) 22:29:23 ID:hbjSsymb
個人的なネタですが。(愚痴です。)
数ヶ月前に来た競走馬。
右前に屈腱炎既往(くすぶっています)。左前は蹄壁欠損、挙踵・狭窄が酷い。
右前は5号サイズなのに、左前は3号サイズ。
「駄目元でいいから」ということで頼まれました。

右前はリフトし上湾。左前は菌への対策をしたうえで、パテを使い4.5号までサイズアップし
左右のバランスをどうにか直しました。
いままで、何とか4回使い徐々に成績、馬の状態とも良くなってきました。
蹄も回復していき、パテ無しでも打てる状態になったのですが、それでもサイズ差が
でてしまうので、パテを使い同じサイズ(左右とも5号)にしていました。
馬の状態が良くなるとともに、屈腱炎は徐々に元気になってきましたが・・・・
徐々にといっても、朝冷やせば完全に熱が取れる程度です。(夕方はすっきり)

そんなこんなやりながらも、めでたく4回目で勝つ事が出来ました。グッ!
そして先日、五回目のレース。
1番人気を背負いましたが、残念ながら着外。
それでも厩務員は納得していました。
「あがりも問題ないし、展開も悪かった。歩様も大丈夫、まだチャンスあるよ。」

レース明けて翌日。
残念ながらエビさんがでてしまいました。
歩様には見せていませんが、エビさんです。
エビと言うには軟らかい腫れが多少気にはなりましたが、まあしょうがない。
厩務員も腑に落ちないけど、しょうがないというてました。

しかし怒ってしまった人が約一名。
あっという間に、担当を外されました。
どうせ何も聞いてくれないので(話すだけ怒りを買いそう・・・)
「わかりました」とだけいいました。

良くある話なのですが、持って来た時は
「一回でもいいからレースに使いたい」
と言っておきながら、状態がよくなると夢を見すぎてしまう。
しかも、馬の状態を把握していないので太刀が悪い。
厩務員さんは一緒にどうにかしようと頑張ってきたので、納得してくれるんですけど。

291 :白馬に乗った名無し様:2007/03/15(木) 06:48:06 ID:6XOqinxC
現場にいない人は結果が全てですからね。そんなもんですよね。

292 :白馬に乗った名無し様:2007/03/15(木) 15:14:04 ID:u2kCXS3z
所詮、経済動物
特に競走馬なんか、馬主などから見るとそんなもんだからな
全員が全員とは言わないけれど

関わりが近い人でないとわからないことなんて山ほど
でも、判断するのは他所の人

どうでもいいが、たち
○性質
×太刀

293 :素人:2007/03/15(木) 17:13:22 ID:ZoYKA2GS
あ〜!変換ミスでした。

294 :白馬に乗った名無し様:2007/03/15(木) 22:32:23 ID:ee4WDovp
だんだん欲が出てくるんでしょうね。

295 :素人:2007/03/15(木) 23:09:19 ID:ZoYKA2GS
そうなのでしょうね・・・。
いつのまにか、爆弾持ちだった事を忘れてしまうのも大きいですね。

296 :素人:2007/03/19(月) 17:46:37 ID:ZN/1Tw54
近況報告。最近、動物園の仕事が入ってきました。
ポニーが多いですね〜非常に切りづらいです。
ペルシロンもいました。あれはどでかいですね〜。
幸いにも、全て削蹄だけなので助かっています。

えっ!報告はいらない?


297 :白馬に乗った名無し様:2007/03/19(月) 22:46:49 ID:awI4CDKh
へえ〜なるほど、そう言う仕事もありなんですねえ。
動物園のポニ−て伸びっぱなし、反り返った蹄してるコばっかり
だけどその動物園は削蹄してあげてるんですね。
重種の装蹄て興味あります。削蹄とかは基本的に同じだと
思いますが、蹄鉄は・・・違いますよね?

298 :素人:2007/03/20(火) 01:00:30 ID:CxLTeAMq
蹄鉄は厚さが12ミリ、幅は3〜4センチ位ありますね。
釘は8号です。
焼かないと蹄鉄は動きませんね。
焼いたら焼いたで、放射熱がまあ熱いこと。
あとは蹄鉄が重いことですかね。火箸で持っているだけで疲れたりします(笑)

あの重量を支えるだけあって、蹄の伸びはいいんです。
それなのに蹄鉄を履かせるもんだから、一ヶ月で4センチ近く伸びます。
蹄鉄を履かせた重種の削蹄で一番大変なのが、蹄叉と蹄底なんです。
負面を切る時間の倍以上はかかります。バーナーで炙っては切る、炙っては切る
の繰り返しで作業がすすみません。



299 :335:2007/03/20(火) 22:55:01 ID:IasZh7Gp
う、そ、それってば・・・w

300 :335:2007/03/21(水) 00:07:41 ID:1IRxcLOI
そういえば、前に既製品の鉄で 40x15 釘穴無、鉄唇無なんてとてつもないのを見たことがありました。カタログだけでですけどね。
どんな馬が履くんだと笑いつつ、これを打たされる装蹄師からどんだけ苦情があるのかとさらに笑いましたねw

301 :素人:2007/03/22(木) 21:47:20 ID:nIhEJIHb
久しぶりに凄い診断を聞きましたので書いときます。

事の発端は、乗り役の「右前がなんかおかしい」でした。
固い地面では問題ないのですが、馬場が深くなるとおさえると言うのです。
蹄の熱無し・脈無し・蹄カンシでの反応無しといった感じでした。
実際歩かせてみると(厩舎前)、痛いというより足が出ない印象を受けました。
肩が出ず肢が上がらないために、馬場が深くなると蹄が砂を強く受けることで
歩きにくいのではないか?という仮説を立てました。

午後馬場に出すと言うので、それを見に行きました。
馬場に行くと、運動をしており、右前が出ないような歩きをしていました。
想像通り、馬場の深いとこではより肩が出なくなります。
でも、「蹄が原因ではなく上の問題だな」までしか突き止められません。

そこにたまたま担当獣医が現れ、歩様を見るなり言ったこう言いました。

「これはね、左前のトウ嚢炎だね!橋かけよう。鉄尾に鉄唇もつけてね。」

※注意 獣医師はどちらの肢がおかしいのか知りませんので、自分の判断で
     言っています。そして問診も触診もしていません。

おいおい!どう見ても右前だろ!?何故に橋をかける?でたな鉄尾鉄唇!
何処まで語るのか聞いてみたくなり、ついつい質問してみました。

素人「へ〜橋とか鉄唇とか良いんですか?」
獣医「いいね〜!すぐ良くなるよ。すぐにやった方がいいよ。」
素人「でも蹄、挟んでも痛くないんですよ。橋の意味はあまりないんじゃないんですか?」
獣医「トウ嚢炎の原因の8割は、追突なんだよね。だからさ、ぶつかるのを防ぐんだよ。」
素人「えっ!そうなんですか!」
獣医「じゃ頼んだよ」

残された私と厩務員。
厩務員さんは、まさか左がおかしいと言われるとは思っていなかったのでしょうね。
呆然としていました。
まあ、仮に100歩譲ってトウ嚢炎のだとしても、処置は間違っています。



302 :素人:2007/03/22(木) 22:06:05 ID:nIhEJIHb
久しぶりに凄い診断を聞きましたので書いときます。

事の発端は、乗り役の「右前がなんかおかしい」でした。
固い地面では問題ないのですが、馬場が深くなるとおさえると言うのです。
蹄の熱無し・脈無し・蹄カンシでの反応無しといった感じでした。
実際歩かせてみると(厩舎前)、痛いというより足が出ない印象を受けました。
肩が出ず肢が上がらないために、馬場が深くなると蹄が砂を強く受けることで
歩きにくいのではないか?という仮説を立てました。

午後馬場に出すと言うので、それを見に行きました。
馬場に行くと、運動をしており、右前が出ないような歩きをしていました。
想像通り、馬場の深いとこではより肩が出なくなります。
でも、「蹄が原因ではなく上の問題だな」までしか突き止められません。

そこにたまたま担当獣医が現れ、歩様を見るなり言ったこう言いました。

「これはね、左前のトウ嚢炎だね!橋かけよう。鉄尾に鉄唇もつけてね。」

※注意 獣医師はどちらの肢がおかしいのか知りませんので、自分の判断で
     言っています。そして問診も触診もしていません。

おいおい!どう見ても右前だろ!?何故に橋をかける?でたな鉄尾鉄唇!
何処まで語るのか聞いてみたくなり、ついつい質問してみました。

素人「へ〜橋とか鉄唇とか良いんですか?」
獣医「いいね〜!すぐ良くなるよ。すぐにやった方がいいよ。」
素人「でも蹄、挟んでも痛くないんですよ。橋の意味はあまりないんじゃないんですか?」
獣医「トウ嚢炎の原因の8割は、追突なんだよね。だからさ、ぶつかるのを防ぐんだよ。」
素人「えっ!そうなんですか!」
獣医「じゃ頼んだよ」

残された私と厩務員。
厩務員さんは、まさか左がおかしいと言われるとは思っていなかったのでしょうね。
呆然としていました。
まあ、仮に100歩譲ってトウ嚢炎のだとしても、処置は間違っています。

303 :白馬に乗った名無し様:2007/03/22(木) 22:10:39 ID:3gSrBZQV
久しぶりに凄い診断を

まで読んだ

112 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)