5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

心形刀流について

1 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 16:34:53 ID:uEJE+rld0
メジャーなわりに情報が少ない流派のひとつ。
いろいろ知っていることをよろしく。

2 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 16:39:11 ID:FF+9hheA0
過疎るからるつぼスレででもやりんさい

3 :チンコ有害説:2007/02/15(木) 15:31:37 ID:XBRMJis60
∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕が建てたスレを応援して下さいね(^^)
  =〔〜∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                           チンコ有害説

http://ex21.2ch.net/test/read.cgi/k1/1171427661/

4 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 23:15:45 ID:CJ702LSI0
東京でやっている稽古会は、亀山では認められていない。

5 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 23:18:56 ID:ZqmpXVFU0
この流派メジャーか?

6 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 23:50:56 ID:KWWX3urcO
>>4
これはウソ

7 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 01:35:28 ID:K0Tr2whg0
↑あはは。何も知らないんだね。かわいそう。

8 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 01:40:36 ID:K0Tr2whg0
>>6 は門人かな?よくよくプロフとか読んでご覧。「学んだ」とは書いてあるが、
支部開設を認可されたとか、許可を得たとか、師範を許されたって書いてあるかな?
関東「稽古」会でしょ。甲野氏と同じスタンスなんだから。

9 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 07:21:39 ID:WuvnVXGc0
http://www.youtube.com/watch?v=ACmAlRjHVt0

10 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 18:37:10 ID:+tCmn/kaO
いやいや

カリキュラムに亀山との差異はあっても、稽古会の主催者は心形刀流の関東支部長でしょうよ。


11 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 18:43:09 ID:e42Q8N0Z0
↑まったく意味が分ってない。事情がぜんぜん飲み込めてない。

12 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 18:54:06 ID:e42Q8N0Z0
あえて客観的な証拠を挙げようか。秘伝の「全国道場ガイド」前編55ページ
見てご覧。亀山の道場の項で、支部の欄に「特になし」って書いてある。
仮に、正式に認可された道場なら「関東支部」として連絡先でも書くでしょう。
「特になし」って言われてるんだから。
どういう経緯で関東支部長って名乗っているのかは知らないが、
「亀山伝心形刀流支部長」と名乗ってはいないんだから。
亀山とは関係ないところの心形刀流支部長かもしれない。
東京の松風会?の「甲州正伝(これも怪しいが)」とか、長崎の平戸伝とか。
いずれにしても、正式な亀山では、正式な支部として認識されていない。

13 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 19:37:15 ID:+tCmn/kaO
なるほど秘伝の道場ガイドね。

詳しい人がいるもんだ。独自色を出して行く過程で亀山といろいろあったのかな。それっぽい事は聞いてたけど、それでも肩書きは関東支部長だと思っとりました。

どちらでも彼(兄)の評価は変わらないけれど。

秋の明治神宮の演武会後の直会の席で亀山の先生にでも聞いてみます。

14 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 19:41:19 ID:U09hyUQ20
風心会
http://www.fuushinkai.com/

15 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 20:06:59 ID:e42Q8N0Z0
その松風会だが…。
ttp://members2.tsukaeru.net/shyoufukan/
この説によると、伊庭家には全伝が伝わっていなかったらしい。
凄い説だね〜〜。びっくり仰天だ!

16 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 22:21:29 ID:+tCmn/kaO
知りませんでした。亀山系と平戸系以外にも伝承が存在したんだ。全国に伝播した流儀だから地方に伝系が残ってても不思議じゃないけど

江戸期、それも早い時期に「流儀の道統」まで甲州に移ったってのはどうなんだろう?

そんなものなのかな?

17 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 22:32:08 ID:e42Q8N0Z0
知らない人が見たら、「本物かな」って信じるかもしれないね。
知識がないって恐ろしい。
どうしてこうも、古武道の世界ってうそ臭いものが多いんだろう。


18 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 23:17:33 ID:+tCmn/kaO
同感です。裏事情を知らずに某流にハマってる友人がいました。もう20年以上前の話です。

彼は武術初体験。伝系が絶えた流儀の宗家を詐称してる御仁(某団体を除名処分。腕は立ちます)に心酔しちゃった。

19 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 23:19:46 ID:+tCmn/kaO
戦後に詐称で揉めた事件も地元では風化してて、事情を知らない孫くらいの若い世代が今も盛り上げてます。過去を熟知する老武術家たちも厄介だから関わりません。

私も若かったから

師匠に止められたのに(同級生のよしみで)話をしたら逆ギレされた。恋愛沙汰と同じ。他人が介入するのは難しい。習いたての彼からすると先生の言うてる事が全てなんだ。

古くて新しい問題です。

20 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 09:31:49 ID:BF2sJ9i30
なぜ亀山系は平戸系を認めないんだろ。亀山以外には残っていないと豪語してるし。
関東支部も平戸系を学んでいるみたいだし個人的にもすごく興味あるんだよね。
組太刀の内容とか同じなのかしら。

21 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 19:12:18 ID:Ixx9ApkX0
亀山は一度失伝してるやん。結構常識よ、あそこは復刻です。

22 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 19:27:58 ID:Jd67nCMJ0
↑釣り師か。あえて釣られてやろう。
何を根拠に?失伝したのをどういう風に復元した?
常識というのは、どこの誰にとって常識だ?いい加減なことは書くなよ。


23 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 19:56:12 ID:sbfXiECMO
戦時中はどこも大変だったとは思う。しかしいつであれ亀山の伝承が一度失伝したってのは初耳。言いたい放題だな。

24 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 22:16:32 ID:Ixx9ApkX0
>>22
どこの誰にって心形刀流関係者に決まってる。
そもそもが中途半端にしか伝承されてなかったのよ、こっちの方は…。
どうやって復元したかっていうのは普通に形合わせですけどね、文化保存的
意味合いが大きかったからできたことでしょう。

もっとスレが伸びてきたら詳しく書くやつがでてくるかもね、そんな昔の話じゃないし。
ども、わたしからはこれ以上は憚りがあるのであしからず。

25 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/20(火) 00:12:39 ID:6KX5ayDA0
>亀山は一度失伝してるやん。
>そもそもが中途半端にしか伝承されてなかったのよ

最初は「失伝している」、次は「中途半端に伝承」ってトーンダウンしてるが。

>こっちの方は…。

っていうことは、「あっちの方」は関東稽古会のことか(あり得ないけどね)?
それとも平戸か?形合わせをしたという「あっち」というのが残っているのなら、
なぜ「あっち」は古武道協会など公的な協会に加盟していないのだ?
ちなみに、形合わせをしたのなら、「復元」とは言わないから。

それを言うなら、宝蔵院流だって、東京の一校から奈良に移っていて、現在は継承者として
認められている。それを以って失伝と言うか?
それに匹敵するものが心形刀流にもあるってことか?
それを証明できなければ、ただの妄言に過ぎない。いたずらに、心形刀流関係者を上げたとしたって、
それを説明できる客観的な証拠がなければ、ただの噂に過ぎない。


26 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/20(火) 10:30:35 ID:RbwynBk0O
>>24
知ってる範囲でよろしくです

27 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/20(火) 13:58:53 ID:Kt0tu3aR0
24は妄言

28 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/20(火) 15:33:53 ID:E55wfH8+0
関係者じゃないのでわかりませんが、伝書、書籍からなりの根拠が欲しいっすね。

29 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/20(火) 15:59:49 ID:Kt0tu3aR0
分かった!24は甲州なんとかのヤツだろう。それにしたって、一応「心形刀流関係者」
(自称)ではあるわけだし。全く自分のところが無視されてるから、歴史的にも由緒の正しい
亀山の方をああいう嘘っぱちが書けるんだ。あー納得した。

30 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/20(火) 16:59:26 ID:uEIagwxA0
甲州なんとかは論外として、亀山の疑問なんですが
伝書の上で心形刀流は、例えば花車刀は4本の形が合わさって構成されているように思います。
でも亀山の花車刀を見ても4本合わさっているようには見えません、この辺について詳しい方いませんか?

31 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/24(土) 17:16:29 ID:N6vJYcow0
甲州なんとかとか風心会とか荒川古武道は論外

32 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/24(土) 19:39:01 ID:lMp/KhuW0
ビデオ日本の古武道では、枕刀の使い方は現在伝わっていないとなっていたな。

33 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/24(土) 19:42:15 ID:00LxupYs0
そんな言わずもがなで論外なんだ。
単純に興味あるけどな、甲州とかネットじゃ情報拾えないけど
演武とかしてたみたいだし、柔術も残ってるみたいだし、まぁ本物かどうかの判断は
できないけど、誰か詳しい人いないのかな?

古武道協会、振興会に所属してないっていう眠たい理由は抜きでおねがいします。
あと甲州の人書き込んだください。

34 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/24(土) 21:25:09 ID:FmeD/P+f0
無限の住人のやつか?

35 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/24(土) 21:33:49 ID:URTV10Iz0
松浦静山は年喰ってから、辻斬りが流行っているのが許せず夜な夜な辻斬り
退治に江戸の街を歩き回ったってのは本当かね?何人か倒したらしいが。
本当ならじいさんでも強かった心形刀流は凄いね。

36 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/24(土) 21:56:56 ID:h9lQuDN40
>>33
あそこは論外だよ。
宗家だっていってるやつは剣術は奥義から習っただとか、組太刀は習わず
エッセンスの部分だけ習ったとか、わけわかんない事言ってて
今は知らんけど見てると初期の頃に教えてたのは松浦静山が書き残したものから
パクったものだけ。

柔術だって、合気道のI先生(種村刀匠から柔術も習ってた)のところに習いにいってから
急に柔術も伝わってるとか言い出して始めたし

問題外でしょ


37 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/24(土) 22:25:32 ID:00LxupYs0
>>36
thx それどこ情報ですか?もと関係者の方とか?
本当だとしたらヒドい捏造だし、分派なのに宗家を名乗ってる時点でちょっと…。

38 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/24(土) 23:38:38 ID:gIueJvsU0
まあ、HPみる限りうそ臭いよね。大体、正しく伝わっている流派は伝系を書いているし。
あそこは一般論しか書いていない。しかも、知らない人が騙されそうな表現で。
心形刀流の柔術ったって、知っている人の方が珍しいぐらいだからね。
分らないから、「こんなものかなあ」って信じてしまうかもね。
まっとうに一刀流とかやっている人もあんな「一刀流兵法」なんて、聞いたこと無い流儀やらないもんね。
おれは、騙されて一回行ってしまったが、「どこの一刀流」ですかって説明求めたけど、
「一刀流は一刀流です。一刀流兵法です」だって。こりゃ駄目だ〜と思ってそれ以上は聞かなかったけど。
捏造スレでも、Z源流、S郷派大東流、終身武道会、ここと、捏造四天王扱いだ。

39 :gunnyori ◆8UBpyRB3Jg :2007/02/25(日) 00:05:49 ID:byOzVSKdO
一応、忠弥派のつもりみたいだね。無楽流も英信流ぽいな。>○風館

心形刀流じゃないけど、支流の柳剛流なら三重、埼玉、東京、神戸、東北等数か所で残ってるみたい。全部残ってるのは三重なのかな?

40 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 01:37:25 ID:A0j3ZLhE0
>38
こういう連中には先ず恥というものを教えてやらんとなあw

41 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 10:50:19 ID:aSfmqG6p0
甲州派は基本のうちは形稽古しませんって書いてあるけど、
その基本課程が10年も20年も続いて形教えてもらえないのかもね。
もしそうなら門弟にも形があるのかないのかわからないし。

>>38
一刀流の方は形やってました?名称としては「どこどこ派一刀流」というのは
俗称で、本来はシンプルに「一刀流兵法」とか「一刀流剣術」というらしいけど、
忠也の方だとしたら形は五点からやるはずですけど、形は稽古しているのでしょうか?

一刀流も心形刀流も微妙に他とは違う伝系を名乗っている所がミソなのね。

42 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 11:01:43 ID:KxKoQSrA0
↑些細な話で恐縮だが、仮に「一刀流兵法」が正式名称で、〜派一刀流が俗称だとしても、
一刀流兵法の方は、分派が多いからほとんど誰も使わない気がするけど。
TBSの正式名称だって「東京放送」だけど、誰も使わないみたいな。普通は、〜派を名乗っているよね。

不思議なのは、ここで習っている人がその流派の真偽を疑ってないところ。
こういう図式って、新興宗教に似てるよなー。宗教の正しい歴史や教義を知らない人が、新興宗教にはまるみたいな。
古武道を知らない人が、捏造流派にはまるって言うのも似てる。


43 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 11:12:06 ID:1Pwqy7jQ0
>>41
昔、一刀流は完全に小野派の形だったですね、一つ勝からやってましたよ!
笹森順造から免許もらったとか言ってましたね
その後、唯心が伝わってるとか、神武が伝わってるとか・・・

>>38
辞めてよかったですね、本当にそう思います。

>>42
疑っている人は、みんな辞めてます


44 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 13:03:24 ID:bBGoyrIL0
自顕流のI谷と同じ臭いガス

45 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 13:12:58 ID:cslqQsFY0
>39
柳剛流は残っていないと思いますよ。
三重では居合で有名な先生が抜いていたりするけどどこまで真伝かは定かではありません。
あれは田丸伝が残っているということなのでしょうか。
埼玉のほうは昨秋の伝統武術演武会に出演していたようですが単に剣道高段者が演武して
いただけのようでした。伝系も定かでないですしね。
東京にいたっては聞いたこともありませんが、何か知っていましたら教えて下さい。

46 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 13:13:51 ID:aSfmqG6p0
その一刀流の小野派、唯心、神武(これが忠也派か)甲州派心形刀流
と無楽流を教えてる先生ってどんな人なんでしょうか?

これだけの流儀を修めてるとしたらとんでもない武術家ですな。

47 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 13:19:07 ID:KxKoQSrA0
↑別の意味でとんでもないヤツかもね。その師範とやらの経歴も、非公開なんだから。

48 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 13:28:44 ID:A0j3ZLhE0
うん、とんでもない武術家だw

49 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 14:15:17 ID:1Pwqy7jQ0
>>45
三重の柳剛流は田丸伝で間違いないです、組太刀も残っています。
常時稽古しているかは判りませんが

埼玉のはかっての柳剛流の師範家のO氏が中心になって、宮城の沼倉伝の師範に習いに行き
その際ビデオ撮影したものを幸手の剣道高段者が研究・稽古しているものだそうです。
宮城の師範はだいぶ昔の剣道日本に出ていました。

東京・神戸は害だらけの無外流の故中川師範が伝えた柳剛流の杖術の事ではないでしょうか?

>>46
一刀流・無楽流と心形刀流では教えている人が違います。
一刀流のS氏は唯心・神武は家伝で、笹森伝の他に東武館の北辰・高野伝の中西派もならったそうです(笑い)

心形刀流はバカ息子の方で、完全に違う世界に生息しているようです。



50 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 14:50:31 ID:stmbEgD80
S氏は自分は現代剣道の人間だと言っていたんだけどなあ。

51 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 14:51:27 ID:KxKoQSrA0
↑良くご存知ですね。
ひょっとして、心形刀流の方のって、根暗そうな感じのヤツ?
違う世界に生息って、そりゃ全くの捏造ってことですか?

52 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 14:59:09 ID:1Pwqy7jQ0
根暗いです
だって高校生の頃から捏造してんだから、普通じゃないでしょ

53 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 15:02:24 ID:A0j3ZLhE0
で、結局心身学道てのは?w

54 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 16:08:14 ID:KxKoQSrA0
>>52 へえ、そうだったんですか。隅っこの方にいて、偉そうにしていたけど。
技を見せるでも、指導するでもなく…。高校のころから捏造って、ある意味すごいなあ。
あそこの心形刀流の技って、どんな感じですか?

>>53 心身学童?捏造をしても、心も身体も何の後ろめたさも感じずにいられる
鈍感力を身に付けることかな?

55 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 16:51:13 ID:A0j3ZLhE0
>技を見せるでも、指導するでもなく…。
楽な商売ですな。

甲州正伝とか、ネーミングは流石というべきかw
しかしあらゆる流儀が捏造の松風カン道場とは?
古武道ゴッコはいいが騙されてる連中は可哀想だ。
そのうち段位取らされて師範とか煽てられて似非武道を再生産するという図式か。

56 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 18:16:50 ID:1Pwqy7jQ0
>>54
香取神道流に凝ってたらしく、早い動きで飛んだり跳ねたり、
チャンチャンバラバラやってましたよ
内容的には元ネタがないらしく亀山に似てたですね

>>53
心身学道って、結局各流派に入る前に基本を学びましょうって事みたいね
居合刀使った刀法基本とか、木刀で剣術基本とかやってるみたい・・・


57 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 20:00:24 ID:a7jyyrqg0
>49
お詳しいですね。柳剛流の演武者は幸手の方でした。
ただし伝承のことについては全く説明がなかったので分かりませんでしたけど。
宮城にも残っていると聞いたことはあるのですが、現在でも師範の方が健在なのですか?
三重の先生は京都大会で演武されたくらいですから技も確かなのでしょう。
杖術に関してはお話になりませんのであえて触れませんでした。

58 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 20:17:35 ID:1Pwqy7jQ0
>>57
幸手のほうは、習ったとは言い切れないところが微妙かなと
宮城の師範は健在のようです。

59 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 21:28:20 ID:a7jyyrqg0
宮城では演武や稽古など活動されているのでしょうか?
三重のように例えば居合としてとか、活動されたことはないと思います。
ちなみにいつ頃の剣道日本に載っていたか覚えていたら教えて下さい。


60 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 21:43:52 ID:1Pwqy7jQ0
剣道日本は10年以上前のです、正確な号数は判らないです、
国会図書館で創刊号から読んでて、比較的早目の方で出てきた覚えがあります。

演武はやってないでしょうね、確か結構な田舎の農家の方で、このままでは失伝するからと
若い人に伝えてるという趣旨の記事でした。
組太刀だけでなく竹刀稽古もしてるようでした、脛当てと防具をつけた写真もありました。
打太刀の脛に切り込み、空いた面を打太刀が打ってくるのを受け流し、袈裟に斬るというような
解説をしていたのを覚えてます。


61 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 22:54:59 ID:OWCWZpHQ0
ありがとうございました。
今となっては貴重な流派だけに次世代に継承されてほしいですね。

62 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 23:23:26 ID:rWqQ3gvGO
>>57
仙南に残ってるよ
10年以上前だけど
中学生に剣道を教えておられたような


63 :gunnyori ◆8UBpyRB3Jg :2007/02/25(日) 23:24:30 ID:vu63mFud0
東京の柳剛流は、空手の藤本師範がやっていたと思う。
http://72.14.235.104/search?q=cache:ofOMBTVPXewJ:www.shoubukai.com/about/fujimoto.html+%E8%97%A4%E6%9C%AC%E8%B2%9E%E6%B2%BB&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp

昔、極意って雑誌で藤本師範が青年時代に、
古武道の組織(各流派の師範の集まりみたいな会みたい)で習った、
制剛流のヤワラと疋田陰流剣術、柳剛流薙刀(長巻?)の記事があった。

疋田陰流は、竹刀剣術的だったけど、制剛流と柳剛流は古そうな感じだったなぁ。
藤本師範が教えているかどうかは定かじゃないですけど。

64 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 23:53:58 ID:aSfmqG6p0
>>49
結局そのS氏の息子という人はどっから甲州派習ったの?
それともなんの元も無く捏造したんでしょうか?

違う世界の住人というのもどういうことなんだろ。

65 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/26(月) 00:05:58 ID:vlRF52/J0
違う世界の住人ていうのは凄いよねw
ま、アレな感じがよく分かるけどさ。
インチキ流派ってそんなに儲かるのかなあ?
俺も「甲州正伝香取神道流」とか立ち上げてみようかな?
って、香取は総州だよw

66 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/26(月) 01:51:49 ID:DZpytc3o0
>>64
一応はS氏の行ってた小学校の先生が心形刀流を継いでたとか言ってました
で、S氏は家伝の一刀流があるからバカ息子が継いだと(笑い)
伝承した証として(なんとかの木刀)とかって見せびらかしてたけど、
小学生が彫刻等で彫ったような名前が書いてあって、反りの深い木刀で
心形刀流は野太刀の流れだから反りの深い長い木刀を使うんだと・・
でも、亀山でも、残された資料でも無反りの木刀使ってるんだけどね

そうそう、平上氏が影流の大太刀とかってやってるころ
いきなり真似して心形刀流の大太刀とかって長い木刀頼んでたみたいよ


67 :gunnyori ◆8UBpyRB3Jg :2007/02/26(月) 03:53:22 ID:4XIj70M7O
甲州の話、ほんとだとしたらひどいもんやな。

柳剛流、もう一つ、埼玉にあるのは居合、杖、体術のものです。たぶん師範家のO氏とは関係ないかと。
某自動車メーカーの役員さんが出来るらしいですけど詳細不明です。

68 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/26(月) 10:36:20 ID:DZpytc3o0
>>67

>柳剛流、もう一つ、埼玉にあるのは居合、杖、体術のものです。
確か武道放談のY峰氏が居合を習ったと言ってたが、伝書類とは一致せず。
伝系もはっきりしないと言ってましたね

69 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/26(月) 14:18:18 ID:e2aQgMnx0
>>65
案外儲からないんじゃない。これだけ叩かれてて擁護レスつかないんだから、
狂信的な門弟すらいないのかも。

それよかその小学校の先生はもう教えてないのですかね。

70 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/26(月) 15:13:39 ID:DZpytc3o0
>>69
その小学校の先生の存在すら疑問なんですが・・・

71 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/26(月) 15:18:18 ID:5xDpiOXu0
Sさんは確か剣道ではちゃんと高段者なのだから、普通に剣道を教えていればいいのに
変に古武道に憧れなのか思い入れがあるから変な事になっちゃっているんでしょう。

まあ古武道だから儲かって、剣道だから儲からないと言う問題じゃあないと思うのだが。
あとSさんとこは二天一流の先生も担ぎ上げていた筈。もう亡くなられたのかな?

72 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/26(月) 15:24:32 ID:DZpytc3o0
二天一流のI先生も見切りをつけたんじゃ?


73 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/26(月) 15:55:17 ID:e2aQgMnx0
HPの流儀紹介とかの写真にその捏造親子って出てないんですか?
やはりネットでさらされるのを警戒してるんでしょうかね。
だとしたら、後ろめたいやましいことを認めていることになりますね。

完全に捏造でFAならこのスレを通じていちおう注意の呼びかけをしといたほうがいいですね。

74 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/26(月) 17:13:31 ID:DZpytc3o0
バカ息子の写真は無いですね

75 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/02(金) 12:03:29 ID:5LUCjER20
柳剛流、興味あって習いたかったんですけど、どこにも残ってないんですか。

とても残念。


76 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/02(金) 18:37:05 ID:r8deRTy50
甲州正伝あげ

77 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/02(金) 19:09:38 ID:HZM5qV8B0
>>75
柳剛流は結構残ってますが・・・

78 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/02(金) 23:42:07 ID:1TAQKGKu0
↑こういう書き込みは、誤解を生むだけなので、正確にしてください。
どこに、どういう形で残っているのか。根拠も挙げて。

79 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/03(土) 06:27:30 ID:DPtdZrlS0
前のほうで結構書いてるので、ちゃんと見てください
ついでに書いておきますが、三重のM師範は田丸伝で清水誓一郎師範から受け継いだ
もので、森田栄氏の日本剣道史の柳剛流の回で取り上げられているので御参照を

宮城のほうは沼倉伝だったと思うが、地元では伝承されているのは結構有名だったみたいですね
剣道日本の形の写真を見たんですがM師範の形とほぼ同じでした。

この2ヶ所は100%本物だとは断言できないにしても、まず本物といっていい位の確率はあるのではないでしょうか

80 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/03(土) 10:33:22 ID:ImNTeFP00
剣道日本で柳剛流の特集があったのでしょうか? それとも演武大会の写真?

しかし、どっちも遠いなあ。


81 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/03(土) 11:12:21 ID:YMPOGsMv0
↑古武道を学ぶのは、本当に大変なことだと思う。まず、偽者が多いから、本物を探すのが難しい。
そして、本物であっても場所が不便な所にある場合が多い。柳剛流も確か三重の地方都市。
東京から日帰りで行くとか、ほとんど不可能。
自分の学びたいものを学べるという環境は、その道場近くにたまたま生まれるという偶然がないと
ほとんど不可能。

苦労して学ぶのが古武道、遠くまでお金と労力をかけて通う根気と熱意がなければ
できないでしょうね。

82 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/03(土) 12:05:03 ID:3W3T8wm90
引っ越して弟子にしてもらえばいい。
三重とか住んでて気持ち良さそうだし。
仕事も家族も捨ててしまえば先は極楽。

83 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/03(土) 16:40:01 ID:DPtdZrlS0
今日、国会図書館に行って確認してきたけど
剣道日本で1977〜1978年に剣脈風土記という連載があって、
その11回目に宮城の柳剛流が取り上げられています。
伊具郡のS師範は沼倉伝ではなかったようで佐藤右膳・佐藤金三郎から伝授されたということです。
組太刀だけでなく突杖(三尺棒)術や竹刀稽古(臑当てをつけて)もあるようです。


84 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/03(土) 19:57:44 ID:ImNTeFP00
>>83

わざわざありがとうございます。
剣道日本のその号探して読んでみます。

30年前か。今もちゃんと継承されているのかな。

で、埼玉はだめなんですよね?



85 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/03(土) 20:09:42 ID:hp22jzlb0
埼玉だったら戸賀崎伝の神道無念流剣術なんてどうですか?
詳しい場所とかは忘れてしまいましたが今も宗家が代々いますよ。
伝も一般には公開してないけど伝えているし。
剣道をある程度収めた人になら教えてくれると思いますよ。

86 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/03(土) 20:13:19 ID:3W3T8wm90
神道無念流って柳剛流とどういうつながりなんですか?

87 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/03(土) 20:16:34 ID:hp22jzlb0
柳剛流とは直接には繋がりはないけど幕末に栄えた名門流派だから無理に柳剛流に
拘らなくても地元埼玉にある流派の伝承に尽くされてはいかがですか?

88 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/03(土) 20:21:06 ID:DPtdZrlS0
>>84
埼玉の幸手については宮城のS師範から習った、
というか師範の所を訪ねてビデオに撮ってきて研究しているという感じなので
微妙かも知れません・・・

上尾のほうは形が残っているのですが、伝書類と一致しないという、
これまた微妙・・・

という感じです。

>>85
神道無念流、以前問い合わせたところ、今は剣連の役員をしていて忙しいので
無理です、と言われました。
数年後には役員を引退して無念流を指導できればとも言ってました。

埼玉なら、甲源一刀流はどうですか?

89 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/04(日) 08:12:52 ID:sTqfuf9/0
甲源一刀流、以前知り合いに演武大会の映像みせてもらったときにみましたが
その師範の演武、個人的にはちょっと…。


90 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/04(日) 17:04:48 ID:9UyzXwWb0
>>88
上尾のほうの伝系をご存知でしたら教えて下さい。
伝書と一致しないというのは伝系によって多少異なることもありえますよね。
ただし継承者自らの伝系における伝書と一致しないなら問題ですが・・・

>>89
某柔術流派の宗家でもあるS師範のことですか?
それであれば昨秋の演武大会で見ましたが確かに・・・

91 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/04(日) 17:41:52 ID:ND8yTkMj0
>>90
上尾のほうは伝系も不明なんです、自動車会社の重役で某流派の空手師範が
浦和あたりで習っただけという、微妙なとこで・・・

天○真○流のS師範のは、ちょっといただけませんが
秩父の宗家の系列の道場は結構ありますよ
実際、自分も習ってますが、いい流派ではあると思います
好みの問題もありますが・・・


捏造の宝庫、偽心形刀流の松○館のHP閉鎖したのかな?
もしかして天罰・・・

92 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/04(日) 19:02:38 ID:W2wtA0Aq0
上尾のほうはちょっとアヤシイですね・・・

秩父の宗家系列道場というのはどちらにありますかね?
宗家系ではなく、さいたま市のF師範や居合で高名なY師範のいわゆる師範家系は
県内に数箇所あるのは知っていましたけど。
師範家系の方たちが年に数回、秩父の宗家のもとへ出稽古に行くと聞いたことがあり
そういった意味で宗家系列道場という意味なのでしょうか。
あるいは、宗家直門の方がやっている道場ということでしょうか?

93 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/04(日) 21:32:12 ID:ND8yTkMj0
>>92
ただ、上尾の方も道場を開いて教えてるというわけでもなく、
その師範が興味があって習っただけということのようですね

自分はY師範のところです、各師範家系の道場で会を作って宗家道場にも伺ってます。
ですから、普段は師範家の形を中心に稽古しますが、宗家の形も稽古します。
正月も宗家道場に伺って稽古しました、甲源はいい意味で交流してるんです。
ただ、常時稽古してるのは宗家の所と、Y先生の所だけですね
他の師範家系の先生方は稽古相手がいないと言ってました

94 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/04(日) 22:04:24 ID:3qkItUbM0
>>93 自分も甲源一刀流に興味があるのですが、どこに行けば見学または
体験等できますか?遠方なので、すぐには無理ですが、いずれ行きたいと思います。
HPなどは無いでしょうか?

>>91 関連道場のHPは生きてます。
ttp://www.geocities.jp/koryukendo_kokubunji/

95 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/04(日) 22:27:23 ID:ND8yTkMj0
埼玉の剣道連盟に問い合わせてみてはいかがでしょうか?
さすがにここで個人情報は載せられませんし・・・

96 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/04(日) 22:33:00 ID:X2Oz3JpM0
>>93
そうでしたか。ちなみにY師範のほうでは組太刀だけでも習わせていただけるのでしょうか?
居合で高名な先生ですので、門下の方も居合の高段者を中心に居合を学ぶ方が多い印象があります。



97 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/04(日) 23:06:04 ID:ND8yTkMj0
>>96
隔週ですけど、居合の時間の後、甲源の稽古時間があります。
自分も組太刀だけですよ

98 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/04(日) 23:23:24 ID:X2Oz3JpM0
>>97
たびたびすみません。大変参考になりました。
今後も頑張って下さい!

99 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/07(水) 15:21:50 ID:yvTbBEQf0
自称心形刀流関東支部長さんの方は、どんな感じですかね?
亀山の本当の支部ではないようだし、ほとんど独自の内容みたいだし。
封深海というのも、良く分からない組織だし…。


100 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/07(水) 16:15:06 ID:b6PV+wF1O
かなりええんじゃないですかね

101 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/07(水) 17:21:43 ID:yvTbBEQf0
↑どのあたりがええんですかね?

102 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/07(水) 17:43:03 ID:3t+3ji+f0
電脳空間には色々な人がいて、皆さんそれぞれに想いや拘りがあると思い
ます。足を引っ張るのが好きな人、粘着な人、ストレスの溜まってる人、
博識な人、正統にうるさい人、投書魔みたいな人、剣の実践者。

私は「どのあたりがええの?」と聞かれたら、非常に錬度の高い剣を遣わ
れるトコかな。居合も立合も。抜いて良し、斬って良し、打って良し。大
したものだと思います。

露出しない人なんで演武を観ても分かりにくいけど、実際に剣を交えれば
痛感すると思いますよ。弟さんの方は分かりません。

支部がどうとか正統がどうとか、そういうのは私には分からないし関心も
ありません。

 

103 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/07(水) 18:58:17 ID:yvTbBEQf0
↑会員ですか?

104 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/07(水) 19:38:18 ID:UbBsX8ew0
>>102
そう思うなら、ここには書き込まないのがいいんじゃないの。
結局腕前がどうとかってことは議論されないし。

105 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/07(水) 20:42:59 ID:b6PV+wF1O
>>103
違いますよ

>>104
アドバイスありがとう。気をつけます。


106 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/07(水) 22:04:28 ID:A05oKUI10
>非常に錬度の高い剣
俺にはそうは見えなかった。
>自称心形刀流関東支部
会員のレベルを見ても絶望的。
わざわざ亀山まで通ってたそうだけど、あのレベルじゃ勝手に独立するしかない罠。
いつもお決まりの居合ばかり見せびらかしてるみたいだし。
速けりゃいいってもんじゃないでしょ。

107 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/07(水) 22:52:24 ID:b6PV+wF1O
縁がない。それだけの事ですよw

108 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 00:26:20 ID:O46GeY1U0
>>106 同意。K野氏のところにいただけあって、それに非常に影響されている
感じがする。ただ、やたら早いことを強調している。言っていることは、K野
氏とほとんど同じだし。袋竹刀作ったり、心形刀流じゃないし。

独自路線に走ってるから、亀山で認められないんでしょ。

109 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 00:53:24 ID:VpejjUmYO
彼が早い事にこだわってるの?

正逆ですよ。

横スレになるから止めときますな。支部云々の話は明治神宮の演武の後の直会の席で亀山の代表者に尋ねてみます。

個人的にはどっちでも評価は変わりません。

ところで心形刀流から派生した柳剛流に関してですが、流儀の特色と形容される程の臑斬りの技法群が組太刀に編纂されているのでしょうか?

大昔の剣道日本で読んだだけで、実際に観た事が皆無なんです。

110 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 00:59:57 ID:69AmhOC+0
住建来診の酷い動画や写真を見ればすぐに分かることなんだがね。
>直会の席で
オマエは何を見ても無駄だ。住建来診や風疹会で十分だよ。

111 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 01:13:50 ID:VpejjUmYO
そうかも知れませんね(^^ゞ

112 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 10:06:00 ID:O46GeY1U0
亀山の代表に関東支部長のこと聞くなんて恥ずかしいまね
やめたほうがいいぞ。認められて無いのは1000%間違いないんだから。
聞く事自体、失礼なことだし。もう一度、秘伝の別冊見てみれば?

あの居合とか、早いとか言ってもくるくる廻して、J源流みたいだし。
ま、自己満足には適してるんじゃないかな。

113 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 12:10:02 ID:UUROQtcV0
素朴な疑問。
正式な関東支部と認められていないのなら、ホームページに明記していることを
咎められないのかな。
それと平戸伝ってどうなのよ。
具体的に師範名も書いてあるから信用できそうな気もするけど。

114 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 13:25:21 ID:VpejjUmYO
みんな足を引っ張りたいんですよ。的になる人がいれば。

他人への要求はとにかく厳しいし、しつこい。ネットだから何でも書ける。口うるさい姑や朝〇新聞みたい。

そろそろ引き揚げますw

115 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 13:52:52 ID:69AmhOC+0
インチキが許せないだけ。
ああいう連中に騙されて金を毟り取られてるなんて可哀想だな、と。
キミんとこの口うるさい姑とかキミが愛読してる朝日新聞とは違うんだよ。

116 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 13:56:07 ID:8LnaBWPo0
ここのスレは失礼な叩きばかりだな。
関東支部とか甲州派とか良く知らんけど、叩くやつのレスを読むと
最初から罵るのに必死でアホくさい、「会員のレベル見ても『絶望的』」
とか、そこまでいいきれるほど本当に知ってんのか?と思う。

甲州をやってるって人にもバカだとか違う世界の住人だとか言ってるけど、
そうやって余計な言葉使ってまで、叩くなんてよっぽどヒドいやつなのか、
それとも、個人的に恨みでもあるとしか思えん。




117 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 15:47:01 ID:rwcYWNFE0
↑捏造、創作、勝手名乗りなど、許されてもいいと考えているんだね。
貴方こそ、「良く知らんが」と告白しておきながら、間違っていることを
指摘する人たちを罵るとは、何の権利があるのかね?

捏造流派を一生懸命やって、日本の古武道を穢す不届き者、歴史の改竄、捏造者
を暴き、批判しなければ、正統なものが被害を受けるんでね。
それとも、貴方は日本の歴史や古武道が捻じ曲げられ、嘘偽りが横行する世の中になっても
良いというのかい?そりゃ、捏造の片棒担ぐ共犯者だね。
その神経を疑うわ。

118 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 15:51:57 ID:fdYr1CXV0
系譜だけが正統でもどうしようもない罠。
例え亜流でも支流でも受け継ぐもんは受け継いでいるのに
正統云々で被害を受けている道場も多い。

知ってた?

119 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 15:54:49 ID:rwcYWNFE0
↑おっしゃる意味が良く分かりません。
平易で分かりやすい日本語でお願いします。

120 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 16:36:43 ID:69AmhOC+0
正統とか亜流の問題じゃない。
インチキはダメだと言ってる。
住建来診は見たことあるけど本当にダメだったよ。どうしようもなくね。

121 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 16:43:56 ID:HGSADpVo0
剣術はののしりあいばかりでだめだね

122 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 16:51:33 ID:rwcYWNFE0
>>120 住建来診の方は、同意します。ちなみに、どのへんが一番ダメですか?
コスプレ集団の古武道遊び、といったところでしょう。
色んなものを齧って引っ付けて、独自の稽古体系とやらを確立したとか。

そもそも、あれを学んで古武道といえるか?あそこで言う古武道とは何?
河野氏のものと、そんなに変わらない気もするし。
多人数取りといいつつ、一人一人掛かっていくのも疑問。
多人数相手だったらいっぺんに掛からなきゃ。

123 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 17:46:07 ID:69AmhOC+0
WEBで公開されてる画像映像と俺が見た演舞はほぼ同じ。全然進歩なし。
基本組太刀を見れば彼らがいかに速さにこだわっているかがよく表れてる。
あと、指導者のレベルもね。最低なのが。あの団体はもう何年も活動してるんだろうけど、
指導者を含めて全員ダメ。そりゃそうだ、指導者がダメなんだから。
刀の持ち方、構え方、全然ダメ。そんな連中が組太刀やっても無駄でしかないでしょ。
映像の会場がダンスホールってんだから、笑わせてくれるよ。
オススメは杖の映像かな。誰に習ったのか、我流なのかしらんが、3流カンフーアクションの見過ぎ。
あのオッサンはマジで笑えるわ。

古武道かぶれの連中は居合の抜き差しばかりカッコいいけどね。抜刀納刀にあれこれ理屈ばかりつけるのも
どうかと思うが。


124 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 18:54:49 ID:rwcYWNFE0
↑特にこだわるのが、「壁抜き」だと思われ。指導者のどこが特にダメですか?
あの振り回し方はチャンバラにしか見えないですけど。
というか、あれは古武道じゃないですよね。だって流派が名乗れないんだから。
受身だって、黒田さんの影響受けすぎで、その場でくるくる回れるのがすごいことみたいな。
受身の本来の目的は、怪我をしないことなのにね。


125 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/08(木) 23:48:05 ID:sGKjvlR+0
速いということの意味を良く考えた方が、良いですね。
自分は演武を生で観て、鳥肌が立ちましたけど。
伝統に拘って、そこで硬直している方々より良いと思いますよ。
型が正当だろうと偽者だろうと、動ける体があればどうでも良いのです。
 
遅ければ、斬られるのが世の常です。

126 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 00:04:52 ID:3s5hLd9b0
>>125は、全くの素人意見。
遅ければ斬られるのではなくて、下手糞だったら斬られる
が、正しいだろ?
まあ、無駄のない動きや練磨された動きとかになってきたら
早さも重要だとは思うが、
おいらは、速さよりも柔らかさと正確さを追及するけどな。
それに、一見遅く見えても無駄がなく柔らかい型ってのは
本質的?には早いものだと思うぞ。

127 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 00:11:47 ID:TCy0+DYk0
>>125
貴方の言う、速さとは何ですか?やたらと刀を振り回すこと?貴方の目は、恐らく
肥えていないのでしょうね。気をつけたほうが良いですよ。
自源流も似たようなことやって、神速とか言ってますけれど。あそこは捏造ですよね。
あれを見ても、鳥肌が立ちますか?

古武道において、伝統にこだわらず、何にこだわるんですか?
古武道は、武道でもありながら日本の文化遺産でもあるんです。文化遺産
というのは、現状維持が絶対条件。勝手に帰ることは許されないんです。その当たり、
ご存じないですか?ご存じないとすれば、知識と勉強不足でしょう。

だから、勝手に変えていくのは現代武道。古武道じゃない。だから荒川が古武道を名乗るのは、
間違っている。現代人が創意工夫したのは、現代武道。
動ける体があればどうでも良いとおっしゃるのは結構。勝手に型を変えていくのも良いでしょう。
だったら、心形刀流や古武道を名乗ってはいけない。これは、議論する余地が無いので。
型を変えることは慎むべし、と黒田先生もおっしゃっている。

あと、今の世の中、普通に生きていれば斬られる事はありません。
それ考えて生活していたら、社会生活はしんどいですね。

128 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 00:20:09 ID:CE6YfETKO
荒川の方針は風心会のノリとは違うでしょう。だから独立した。

運と縁があれば起動修正できるんじゃないかな。だんだん丸くなりますよ。。。

まだまだこれからでしょう。

129 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 00:23:56 ID:9Y6Krukj0
>>127
の、九行目からは俺も同感だ。
型を作るのはいいとは、思う
だけどその流派の型を変えちまうのはよくないだろう。



130 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 00:35:35 ID:CE6YfETKO
>>127
後半の書き込みには頷けました。その通りですね。

荒川の看板にはK野師範が語る「古武道」に似たものを感じます。今風なのかな。

紆余曲折しながら時を重ねて行くのでしょう。成熟する過程で玄人が頷ける術者に育つとええですな。

131 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 00:45:46 ID:TCy0+DYk0
おお!みなさん、応援ありがとう!
古武道の価値は、文化財の価値と同じものがあります。
だから、「保存」が重要です。我々の世代は、それを誤りなく後世に
伝えていくことが重要かと。

だから、自分で稽古法を色々考えたりする荒川の姿勢は、古武道の理念とはかけ離れているものです。
だから、あれが古武道と思われるのは世間で誤解を招くもと。
荒川は、河野氏に非常に影響を受けていて、河野氏+兄=荒川という形
なんですね。河野流武道荒川派というのが正式名称でしょうね。

「新しい武道を創始した」というこれまでのパッケージに対し、「古武道で動き改善」
と看板が変わっただけで、本質は「日野」「心道」「新胎動」などとは変わりないです。
これまで、新武道に流れていた人間が古武道という名の新武道に流れた、というだけのことです。
わが国の文化遺産の古武道とは、全く関係が無い世界です。

132 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 01:09:34 ID:CE6YfETKO
そんな当たり前の事を一生懸命書き込んでるのも痛いぞ。

伝統の保存は形だけじゃないと思う。みんな様々な道程を辿って剣に息吹きを吹き込んでいる。

いつの時代もそう。みんながみんな伝統芸能の継承に専念してたら枯れてしまう。

他人はいいから自分の修行を熱心にしようや。

133 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 01:35:35 ID:hE/n9I3O0
理心・北辰・心形

全部失伝してるのな・・・

134 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 01:44:06 ID:TCy0+DYk0
>>132 何か、言っている意味がよく分かりません。無意味な中傷はやめてください。

当たり前の事を分らない人が多いんでね。改めて書いているわけですよ。
他人はいいから自分の修行っていう考え方も、感心できませんね。
自分さえ良ければって言う考え方はどうも。他人があって、自分がある。
教えてくれる人がいて、教われるんですから。
私は、いつも教えてくださる方、一緒に稽古してくれる方に感謝しております。

135 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 07:05:37 ID:rRBy+nqu0
一つだけいっとくと、伝統と保存は別物だぞ。
保存だけなら形骸化する。

136 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 09:41:19 ID:TCy0+DYk0
↑貴方は、保存の意味がよく分かっていらっしゃらない。

137 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 09:41:32 ID:Q6cvB3uAO
保存してるだけなら停滞だろうな
なんの発展もない遺物
遺物から学ぶこともあるだろうけどな
伝統を受け継いだ上で、工夫していくのが古流だってコテハンの人が書いてたけど

138 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 10:23:59 ID:TCy0+DYk0
↑もぅ、いい加減に学習してもらいたいもんだ。
コテハン=善 ってもんでもないだろう。
文化財の定義について、もう一度勉強してらっしゃい。

現代の人間が工夫して、古武道の技を変えたらそれは現代武道。
やっていけないものなの。古武道=停滞という表現は当てはまらない
技を現代人の勝手な解釈で変えてはいけない。古武道=完成されているもの
分らないかね。聖書や仏典を、現代人の勝手な解釈で変質させてはいけないもの。
既に、完成されているものなんだから。
黒田鉄山先生の本を3冊ぐらい読んできなさい。

時代に合わせて変化するのは、教授形態とかそういったもの。

139 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 10:36:01 ID:CE6YfETKO
痛い人

140 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 10:47:42 ID:XgmRPB/00
型をどう変化させるかは、個人の裁量であって、
流派としての裁量じゃないと思う。
変わらない型を座標の原点にしておかないと、稽古の時、基礎に戻れない。
テンプレートとしての型の保存は重要だとおもう。


141 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 11:16:00 ID:Q6cvB3uAO
へぇー 古流には流祖の技を工夫して中興の人とされた人がいると思うんだけどなぁ
工夫して○○流○○派ってなると古流じゃなくて現代武道になるなら、何年ぐらい続けば古流になるの?

142 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 11:20:00 ID:Q6cvB3uAO
工夫してもいいし解釈も変わるし、形も増えるけど古い形も残しているなら古流?

143 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 11:30:45 ID:n1oPAXSg0
黒田鉄山氏=善でもないし古流の代表者でもない
あくまで氏の個人的な想いに過ぎないものを根拠にされてもね

古の身体操作技術の流れを汲むものが古流武術
こう動いたらこういう結果が生まれるというノウハウの集合体が術で
術を会得するために設けられたのが型
術の組み合わせで実際に相手に効かせるものが技
型は替わることなくとも、技は変わることもある
編まれた当時には考えられなかった攻防の仕方を
流派の術を参考に時代に合わせた工夫をしてもおかしくない
まったく新しい発想の元で生み出したものではなく、あくまで素は流派の術なんだから


それから完成されてる古武道なんてものはないし聖書や仏典と同列に語る類のものでもない
完成された不変のものだと言い出した時点でそれはもう武道・武術ではなくなる

144 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 11:51:52 ID:XgmRPB/00
>>143
業が増えるのは一向に鎌椀が、理合いが変わるのは問題だろ

145 :gunnyori ◆V41cxuFABk :2007/03/09(金) 12:08:52 ID:X6do+n4mO
古武道、古武術が武術であるかぎり変化はするだろう。某有名流派の師範が
「ウチは古武道じゃありません、武道です」
と言って居たが、その通りだろ。現役の武術武道でないと、衰退するだけだよ。

146 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 12:10:17 ID:9Y6Krukj0
まあ、俺が思うに、、
今の人が、昔の人より武術ができたとは到底思わないな。
その流派の型を変えたりする人は、その型を究極?に使いこなすことができなかったからだと思うぞ。
その分、>>143の意見は少し可笑しいぞ
黒田さんの型の使い方?は、素晴らしいと思うな。

147 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 13:53:22 ID:7u+f3Zfg0
悪意を持って捏造って煽ってるやつ、ここは特に多いな。風心の先生はれっきとした関東支部長。
支部長でない証拠がここでは秘伝の道場リストらしいが、なんだその理由はw

松風館も今の道場長は確かに現代剣道とのつながりも深いが、松風館そのものは古流団体
昭和の昔は他にも数名先生がいて、小野派一刀流や神武一刀流、あとI先生の二天一流など。

誰かしら捏造とか言うとすぐ便乗してくるやつがでてくる。
そんなにインチキだというのなら風心会の道場長と立合ってみたら。

148 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 14:13:40 ID:p8nTnNfS0
立合の勝敗で真贋が決まるわけじゃないでしょ。

伝統の改変の問題もそうだけど、どうもなんか勘違いしている人がいるなあ。


149 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 14:33:04 ID:7u+f3Zfg0
勘違いしてるのはあなた。勝敗にこだわってるのもあなたじゃないですか?
立合ってみたらっていうのは、悔しかったら倒してみろよとかいってるわけでは
ありませんよ。そこそこつかえる人なら、立合えば修練の度合いが分かるでしょう。
それでも確かに流儀としての真贋が見極められるわけではないですけど、少なくともインチキ
武術家かどうかはわかるでしょう。


150 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 14:45:39 ID:9Y6Krukj0
>>149
は、主旨を忘れてるんジャマイカ?
だれもインチキ武術家とは言ってないと思うぞ。
ただ、古流ってやつを名乗ってるのが
みな、可笑しいんじゃね??って思ってるだけだから。

151 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 15:10:11 ID:p8nTnNfS0
その程度のことであれば、わざわざ立ち会わなくても少し動きを見ただけで十分だと思いますよ。
それと、貴方が「道場長と立ち会ってみたら」というのも変だと思いますが。

道場長自身がそうおっしゃるとか、あなたが「自分と立ち会え」というならばともかく。

少なくとも、知らない人相手にいきなり「立ち会って欲しい」というのは失礼極まることだと思うのですが。

見もせずに便乗してねつ造とかいうな。いうなら一度実際に見てからいえ、というのであればそれは
当然のことだと思いますが。

念のために言っておきますと私は、風心会がねつ造だと言ったことはありません。
というか、心形刀流に関する知識はまったくないしどこの道場も見に行ったこともないので、いずれか
判断する根拠をもちません。

ただ、古流は改変すべきではないという意見に関してはわたしもそちらに与します。



152 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 16:31:15 ID:7u+f3Zfg0
>>151
立合ということに関して、私と151さんでは少しとり方が違うようですね。
失礼しました。 私の中では「仕合う」ことと完全に区別して「立合」という言葉を
使ったつもりなのです。

眼目は >>見もせずに便乗してねつ造とかいうな。いうなら一度実際に見てからいえ
ということと同意です。

風心会は古伝の型を現在も修練しています。改変も捏造もしていません。
ちなみに柔剣雷心会は別物ですし、心形刀流でもなんでもありません。

153 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 16:45:27 ID:3FnaOvO90
>>147
煽ってんのはお前だね。

>支部長でない証拠がここでは秘伝の道場リストらしいが、なんだその理由はw
じゃあ、本当の支部長という証拠は?嘘だと思うなら、失礼承知で亀山に聞いてみるんだな。
きっと、自分の認識が如何にに独りよがりで、憶測でモノを言っているか分かるだろう。

>昭和の昔は他にも数名先生がいて、小野派一刀流や神武一刀流、あとI先生の二天一流など。
結局、今はいないってことだろ?じゃあダメじゃないか。
それに、すぐ立ち会えとかいうやつ、喧嘩吹っかけたりすると犯罪になるって知ってた?
法律勉強の上、ちょっと病院に行って頂戴。

154 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 16:51:31 ID:9Y6Krukj0
すぐ、立ち合え立ち合えっていう人は他人からしたら迷惑でしかないのかもしれんな。
まあ、おいらは気分によるかな

155 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 18:36:49 ID:7u+f3Zfg0
>>153
煽ってんのはってその言葉そのままかえします。

風心会は普通に亀山の方とも交流ありますし、それにただ支部云々を確かめることが失礼に
あたるわけないでしょ。

昔、先生が他にいらしたのに今なぜ居ないかと言うと、御亡くなりになったからです。
I先生はご病気で現在どこでも指導されていません。当然今は継承流儀からはずれているはずです。
少なくなったとはいえ、各流儀の先生はいるってことです。

>>それに、すぐ立ち会えとかいうやつ、喧嘩吹っかけたりすると犯罪になるって知ってた?
法律勉強の上、ちょっと病院に行って頂戴。

下手な煽りだな。

156 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 21:14:20 ID:Gp6g8R3x0
関東支部を立ち上げ当初は亀山から認可を受けていたのではないのでしょうか。
それが次第に独自路線が出てきて、以前に比べれば疎遠になってきたというの真相でわ。
しかし元々は認められて関東支部を立ち上げたわけだし、現主催者の方が技自体を熱心に
学んでいたのは事実なので、今でも関東支部と名乗ることを黙認していると思われます。
ビジネスの世界のフランチャイズとは違うので、特に利害が発生するわけでもないでしょうから。
そうでなければ、あれだけおおっぴらに関東支部なんて名乗れないし、名乗ったとしても何らかの
抗議を受けるでしょう。
現在の亀山との関係はともかく、関東支部が心形刀流を受けついているのは間違いないですよ。
そして古武術の何たるかを学べると思います。

157 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 21:49:47 ID:eCH4K0kX0
>そして古武術の何たるかを学べると思います。
絶対無理。指導者がダメなんだから。

158 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 21:52:09 ID:CE6YfETKO
>>156
おっしゃる通りですね。

亀山の修行者でもない手合いが(憶測や思い込みから)許せないだのおかしいだのと

僭越に過ぎると思います。。。

人の事や他派の事より自分の修行に目を向けましょう。

159 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 22:20:39 ID:7u+f3Zfg0
>>157
指導者がダメとか、絶対無理とか必死にいってるけど否定したいならするで
ムキにならずに、冷静に指導者のどこに問題があるのかいったら?

例えば関東支部に疑問を持ってこのスレで問いかけることはおおいに結構なことだけど、
否定するのであれば慎重に根拠をあげて、よけいな煽り文句を使わずにすればいい。
関東支部で稽古されている方だっているんだし。

160 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 22:52:04 ID:CE6YfETKO
イヤイヤ、こんな投書魔みたいな人らの言い分を聞いたって埒があきませんよ。プロテストが習慣になっちやってる。

世間知らずが幼い正義感からハッスルしてるんだろう。ここは2ちゃんだしね。

この手合いはリアルでは正逆なキャラ&腕前ってのが相場。修行が進めば落ち着くでしょう。

161 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 22:56:28 ID:9Y6Krukj0
>>160
だろうな^^
まあ、目録程度のおいらじゃわかんねぇけど^^
今年から大学生だぁ、、、
合気道部にでもはいるかな。

162 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 23:19:45 ID:Ygu606AOO
風心会は独自路線を出し始めて、嫌われたみたいですね
色を嫌う古武道の方には耐えられないのでしょう。


163 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 23:30:25 ID:TCy0+DYk0
てゆーか。
>>155 >>156 にしたって、全部憶測でモノを言ってるわけでね。
まあ、永遠に堂々巡りってことだ。関東支部っていったってさ。
関東支部なんて、名乗ろうと思えばいっくらでも名乗れるし。
新陰流だって、新陰流居合とか、まがい物が溢れてる世の中なんでね。
あえて文句など言わないのですよ。
これだけは間違いなく、疑いもなく言える。
「この日本国で、公に正式に認められている心形刀流が残っているのは亀山だけ」です。

おれは真相を知っている。書きたいのだが2ちゃんでは書けないね。
書いたって、信者がまたあーだこーだ理屈つけて言ってくるだけだし。
知りたきゃ、自分で行動すればいいだけの話。

松×館のことは、まあ、習いたきゃ習えばいいんじゃないの?
あの陰気で暗い人のところで我慢できるのならね。

松風館のこともね。

164 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 23:42:39 ID:CE6YfETKO
頑張って下さい。ノイズの多い時代に大変だと思います。

私の時代は情報が乏しかったから、今の若い人たちがどんな気分で古流に勤しんでいるか分からないけど

こういうノリで修行者が書き込んじゃうのも

K氏の古武術なみにイマイチ理解できません。

若い人たちに限らず修行者に不安や疑問を与える団体ってのは確かにありますな。少なくないでしょう。情報化の進んだ今も(昔と変わらず)「???」って団体で頑張ってる人って多いし。いつの時代もこの繰り返しです。

合気道だって植芝先生が独立する過程で、大東流の兄弟弟子の一部とはしっくり行きませんでした。彼らの気分も分かります。でも彼らは元同門じゃないですか。

他流の人がとやかく言うのは(行き過ぎると)どうかと思います。

今も昔も人は他人の足を引っ張ってばかり(近ければ近いほど)。これじゃ古武術界をリードする人物は育ちませんよ。

これは武術に限りませんが。。。




165 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/10(土) 00:03:48 ID:TCy0+DYk0
↑何が言いたいのか、全然意味が分かりません。

166 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/10(土) 02:14:11 ID:CwSAEnI10
関東支部はね、亀山が某一家の私物と化すことに危惧を感じた亀山内部からの要請で設立されたんだよ。
代表のN氏は別に風心会主催して甲野氏同様に「古武道研究」してたわけだし、
流派を名乗る必要性は無かったんだけど、まぁ、人間関係とか色々有ってね。

で、亀山は案の定某一家の私物と化したんで、「黙認」てより「黙殺」されてるのが現実かな。

ちなみに亀山も確かに、国内じゃ一番まとまった形で型が残ってたけど、
剣術(組太刀6本と二刀)と居合が残ってただけで、
特にまっとうな伝統が有る訳じゃないよ。

失伝したはずの小太刀を武道館で演武しちゃうような団体だし・・・

あとね、型は変えないとか、理合がどうとかって発言も見られたけど、
亀山も数年前までは師範毎に型が違ってたし、演武の度に型の解釈が変わってたよ。
もっとも、だから亀山も古武道じゃない、って主張したいんじゃななくて、
こういう「良い加減」な伝承こそ、日本の文化なんだと思うけどね。

167 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/10(土) 09:48:31 ID:cEcfzCWQ0
>>166
そうそう、でも亀山の小太刀も全くのいい加減なものじゃなくて、一応亀山伝承では
ないけれど、他系統から文化保存の名目で伝えられたものなのだそうです。

前の方でいってた亀山一度失伝とかっていうのは、このこといってるのかな?

168 :166:2007/03/10(土) 12:42:23 ID:CwSAEnI10
>>167
あ、ぼくの「良い加減」は良い意味ね。融通が利く、というか、杓子定規じゃない、という。

あとね、亀山は戦争で道統を継ぐ人間と時間がなくなっちゃったんで、
戦後に、学んでた人が集まって、自分の記憶してることを出し合ったの。
つまり再編されてるんよね。
それでもというか、だから、>>166で書いたように師範毎に型が異なってたんだよ。
関東のN氏はそれを諸氏に学んで、また再編したって感じかな。

もっとも、亀山の道統といっても、地方の一道場(一応亀山藩公認だけどね)が、
宗家(伊庭家)や他の地方の道場がなくなったせいで注目されるようになっただけで、
そんな偉そうなもんじゃないよ。たまたま少し残ってるだけ。

169 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/10(土) 17:42:55 ID:44q3RaH6O
鹿島新当流も似たり寄ったり。戦後、亀山藩の武士が幕末に残した資料をベースに復元中だとか。

170 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/10(土) 18:43:34 ID:8k9LfNHXO
こらこら適当な事を書くなよ。

幕末より少し前に新当流宗家の跡継ぎが病死して、流儀を守る為に特別に宗家から
「唯授一人」の型を授けられた大月関平という宗家代理が亀山にいたんだよ。
で、一門が協議して宗家の分家の子息を宗家の養子にして大月関平に全伝を伝えさせたの。
一説によると関平は自分の息子(彼も養子)にも失伝防止に「唯授一人」を授けたと
言われているけど、大月家は絶えたので真相は分からない。

で、彼は失伝防止の為に先代宗家から新当流の全伝を書物にして記録することを
許されたので伝書を二部作り大月家と宗家それぞれに残した。
それは大月家が絶えた際に心形刀流の人が預かったんだけど、その後に亀山市に寄贈した。

だから「唯授一人」の型を見ようと思えば見れる。


171 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/10(土) 18:45:04 ID:8k9LfNHXO
で宗家はその後ちゃんと現在まで続いているの!

172 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/10(土) 20:01:02 ID:44q3RaH6O
>>170
いい加減な事は書いてないつもり。でも詳しいレスをありがとう。

その資料を元に戦後にY宗家が20くらいの形を復元したそうだ。何年かかったかは忘れたけど。

一時期は亀山じゃないけど、戦争の余波で大変だったらしい。戦後に鹿島の形の復元研究の為に岩間にも来たって聞いたな。

173 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/10(土) 22:56:05 ID:xhXsX9YJ0
>>168
へえー凄い珍説だね。封深海の人?
まず、亀山市の無形文化財を私物化ってどうやってやるの?
別に、私物化されたからって、流儀が残ればいいんでしょ?
私物化に危惧を抱いた人が、どうしてたまに習いに来ていただけの人に要請して
関東に支部を作らせたりするの?その人自身が独立すればいい話じゃない。

なんだか矛盾だらけの珍説ですね。

174 :166:2007/03/11(日) 01:09:48 ID:Wl9ITqIl0
>>173
はずれ。亀山の人。

「日本の古武道」とかの映像と、今の亀山の動きと較べてみなよ。
どう歪められてきたかが分かると思うよ。
分からなかったら、会話にならないから、もう止めようね。

他の人のために、少し詳しく書いておくと、
某一家の息子さんが制定居合とか習って来て、
その感覚で流派の型も抜き始めちゃったんだ。
でも気付いた時には、その影響力が強すぎて、
亀山内部での改革は無理、
独立すればそれこそ「文化財」を守ることができない。
だから、影響が少ない遠地の関東に支部を作らせたんだよ。

あくまでも内部団体として、現在の亀山が怪しいって事実を認識した組織を作っておくこ
とで、
将来に希望を残そうとしたんだ。
その「危惧を抱いた人」はね。

もっとも、関東も独自路線走ってるし、
今の所は失敗にしか見えないけどね。

将来の話は、ぼくも知らないや。

175 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/11(日) 01:26:11 ID:DGmiPvUIO
亀山の人でしたか。貴重なレスをありがとうございました。〇〇〇師範とN兄氏を長い目で見守って応援してやって下さい。

176 :166:2007/03/11(日) 01:58:49 ID:Wl9ITqIl0
>>175
どういたしまして。
とはいえ、亀山でも知ってる人知らない人、
聞いても信じる人信じない人が分かれる話ですから。

でもここは公の場なのに、事情を知らない人の憶説ばかり並んでいて、
外部の人にまで誤解されるのはどうかと思ったんでね。

ぼくが言いたいのは、
1:関東支部は亀山公認だけど、黙殺中。
2:亀山も関東も独自路線だから、「文化の保存」という視点から見れば大差無し。
ってことかな。

ぼくは古武道が文化の保存をしなきゃいけないとは思ってないから、
2についてはどうでも良いことだと思うけど、
亀山が「文化の保存」をしていると誤解されるのは関係者として心が痛いからね。
ひょっとすると、こういうスタイルでの文化の保存ってのも有るのかもしれないけど、
ぼくには判断できないや。

言いたいこと全部書いたんで、これでバイバイしますね。
ぼくも信じてくれくれない人相手に物的証拠とか提示できないし。
疑問のある方は、後はご自分で調べて下さいな。客観的に、実証的にね。
もちろん、ぼくの話もあんま鵜呑みにしないで。

あ、あとロスでも心形刀流は稽古できますよ。
亀山の師範の指導でね。

177 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/11(日) 03:15:23 ID:DaQoJtv9O
古武道の団体ってのはそもそもそんなにきっちりと組織化してるわけじゃないんです
だから団体の意志ってのも必ずしも統一されたものじゃなくその時々の関係者内の発言力の兼合いで決まるし、運営や公表の方針もけっこうばらばらでいい加減だったりします
企業とかの発表みたいに厳密で論理的な行動を期待しても無理
亀山の伝承再編の歴史やK家とM師範の内部対立のいきさつ、関東支部との関係なんかも同様でしょうね
具体的な内実を鑑みないと

178 :関東のものです:2007/03/11(日) 10:06:55 ID:bSKzZ7rT0
ちょっと長くなりますが、こちらで書ける範囲のことを記すことにいたします。

1.関東支部の設立の経緯について

 まず、流統委員会において関東圏にやっている人ややっていた人が点在しているが、
現行ではそのままになっていて相互の連絡などつけたり、伊庭家のお墓がある貞源寺
さんとの連絡業務などで不都合があるため、一部の人たち(人?)の中で当時独自の稽古会
をやっていた私に白羽の矢が立ったようです。
 平成14年の8月末の亀山での合宿の場において、臨時総会が行われ、関東支部を
設立するように正式に依頼され、ロサンゼルス支部ともども支部活動を行うということ
になり、準備期間半年を経て平成15年に正式発足となった次第です。
 15年の春の総会においては一応役職も拝命いたしての開始ではありました。

 しかし、総会の案内が来たり来なかったり、各種の場所で支部はないという表記の
ままであったりで、混乱を来たしていることが明白でしたので、1年ほどで関東支部
から関東稽古会へと名称を変更することとしました。ただし登録したサイトによっては
こちらの失念によってパスワードがわからなくなったししたためアクセスできずに、
そのままになっているところもあったと思います。
 以上が設立と名称についてのこととなります。

179 :関東のものです:2007/03/11(日) 11:31:00 ID:bSKzZ7rT0
2.心形刀流亀山伝について

 私がうかがっていたのは主にまだ加藤師範が代表であったころで、古武道
ブームでもなく、秘伝ももちろんありませんでしたから、休みを利用して行って
いた私に代わる代わる先生達が教えてくださるという状況でした。年に2回くらい、
4年ほど通ったでしょうか。
 こちらは一人であったのと、特にスポーツマンでもなかったのでマジ大変では
ありました。やむを得ず疲れてくるとさり気なくお話を拝聴しながら休んでおり
ましたが、お陰で色々お話をうかがえました。
 居合(座付柄取を含む)、組太刀、二刀についての伝承があったことは古老や周辺
の方たちに聞いたりして一応確認したつもりではあります。
 主に三人の方に習っていました。

 当時、歴史的にきちんと記録を残しつつ、変わった点、そうでない点などをはっきり
させる必要があるというお考えで活動に関わっておられた方や師範たちに元々伝わった
のはどうであったかということをお聞きしながら稽古をさせていただいていましたし、
特にブームでもなく、やる人が少ないくらいの状況だったので、皆様個別にお話をうか
がえば、ご自分の意見も含めて忌憚なくお話されていました。
それゆえ当時発行されている資料類をちゃんと読めば、推察がつくことがほとんどだと思います。
画像としては市販されているもの以外にも教育委員会で撮影したものがあったと思いまし、
当時の赤心会発行の冊子類なども重要なものです。他に日本武道全集の記載などもあります。

その後しばらく離れていたのでその間の詳細は知りません。

いずれにせよ私たちのところで学べるのは基本的に当時習った手順で、そこにバリエーション
をつけて工夫をしているに過ぎませんから、亀山のものは亀山で習うのが一番です。

180 :関東のものです:2007/03/11(日) 12:09:00 ID:bSKzZ7rT0
3.心形刀流平戸伝について

20年以上前から伝承があるのは亀山でも知られていましたので、その
存在は知ってはいました。
きちんと歴史的に積極的に調査などをするように心がけていた中で平戸に
お住まいの師範にお会いいたしました。

この方が伝承されるものは、剣術は長崎県松浦市いらっしゃった3人の先生に
習われたものが中心で、居合は親戚の方に習われたものとのことです。
松浦の先生方とは書簡と書付など確認させていただき、組太刀に関する伝承は間違いなく
あったと思われます。
組太刀他と居合、二刀が伝承されていますが、稽古はしばらくされていなかったとのこと
でしたが、知人が偶然お会いすることになったのを機に教えていただいている状況です。
何年も前に何人かがこの方と松浦の先生達を訪ねて撮影などをされ、以降、甲○派
もしくはそれに類する名称で宗家を名乗る人たちがわかっているだけで二つ出てきました。

それとは別につい最近長崎でやはり松浦の先生達のフィルムを元に心形刀流を復元
したということで活動されておられる人たちもいるようです。ただしこちらはきちん
と復元だとおっしゃっていられるご様子。

現在平戸ではこの方が以前居合を教えた方達と、最近はじめられた方達が数名いらっしゃる
状況ではあります。

これもまた平戸のものは平戸で学ばれるのが一番ですが、現在受け入れ態勢は十分ではありません。

181 :カレー屋 ◇MasterNNok =覚せい剤中毒・元.龍貴(反射道) :2007/03/11(日) 12:11:21 ID:cO4pwr8l0
カレー屋 ◆MasterNNok =覚せい剤中毒・元.龍貴(反射道)
↑↑↑
嘘で合気会・合気道三段を名乗り経歴詐称して2ch住人から5年間で合計
数百万円猫糞し トンヅラしている覚せい剤ジャンキーです。 この男を見つけたら110番


182 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :2007/03/11(日) 13:00:37 ID:MGkowE1p0
>>178 関東のものですさんへ
初めまして、古流を修行しながら武壇スレに生息していますボケ猿です。
関東のものですさんの真摯な書き込みを拝見し
同じ古流を志す一人として応援しています。

関東のものですさんは数年前おいらと一緒に中華街で食事をした人だと思います。
勝手な推測での書き込みをお許しください。


183 :関東のものです:2007/03/11(日) 13:16:08 ID:bSKzZ7rT0
4.甲州派について

二代目伊庭常全子から皆伝を受けた水谷常智子は幕臣でした。
交付勤番を拝命したことにより甲府へ移り住んだことからこの系統を甲州派と
呼ぶようになったようです。

しかし元々浅草あたりで教えていたことから、松浦静山公がこの系統を学ばれることとなったようです。
従って、一般的に知られる甲州派とは平戸伝のものです。
伝承がきちんとなされない危険性を危惧した松浦静山公は心形刀流に関する調査を行い記録を残しました。
その際、記録を取る側の質の問題があるので読み手は書物を疑いもなく信じるなと必ず書かせていることは特筆に価します。
同門の門人ではありながら藩主である松浦静山をもつ篠崎常峻子は、後に、松浦静山公が工夫したものを新派とし、自分が学んできたものを古派としてそれぞれ小関家と野元家に継がせたとあります。
明治維新のころ、当時の藩主の肝いりで二つを統合する際に、甲州正伝と称したという記録があった気もしますがちょっと曖昧です。

いずれにせよこの統合は当時うまくいかなかったようで、それぞれ対抗意識を燃やしていたようです。目録などの記録においてはこの呼び名は確認されておりませんし、また近年までなさっていた方たちも特にそういう名称を使ってはなかったようです。
まだ調査は必要ですが。

184 :関東のものです:2007/03/11(日) 13:18:57 ID:bSKzZ7rT0
忍猿さま
その節はお世話になりました。
たぶん私です。
ありがとうございます。

185 :関東のものです:2007/03/11(日) 13:23:38 ID:bSKzZ7rT0
4.最後に

何であれ今後の伝承において、伝書の散逸や痛み、また継承のずれなども多々起きますので、記録としてまとめることが稽古以外における私達の現在の仕事(もちろん出費ばかりで金銭的な報酬はない)となっています。
関東稽古会は別に稽古団体としては絶対に存続しなければならない必要もありませんし、所詮、稽古はひとりひとりがきちんと行うかどうか、どういう自分になりたいかに尽きますから本来団体は必要のないものだと思います。

ただし、会場使用料やある種の記録整理などを行うに際して、個人ではどうにもならない部分があるので、そういう意味での団体は必要であると思う次第です。

また、心形刀流に関しては、諸事情があったにせよ、宗家は敢えてそれを伝えなかったという話もあり、逆に宗家制によって密室で勝手に色んなことを変えたりできることの問題も多い昨今において、私達は現状宗家なしを継承することも意味があると思うものです。

可能であれば整理した情報を提供管理する協会のような形にしたいとは思いますが、事務的にことなどや複雑な問題があるのでどうなるか知りません。
各種資料の整理後はその保管を引き受けてくださるよう、現在検討をいただいていますが、できればそこに集約し、きちんとした方で興味をもち調べられるようにしたいとは思っています。

これらは大変お世話になったかつなっている方に頼まれている事案でもあります。

なお、この掲示板において、ロサンゼルスの支部の件が書かれておりますが、現在その師範は日本に戻られており、ロスはその方の薫陶を受けた現地の方々の運営によって稽古が続けられている状況であることを訂正させていただきます。

長くなり恐縮ですが、以上をもって書き込みを終了いたします。

186 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/11(日) 13:25:51 ID:gHq/XjkE0
甲州正伝関係者の方の書き込みを期待します。
今の流れなら、もし本当に継承されているならはっきりさせる良い機会。
武板では今の所捏造ではないか?と書かれています。
ぜひおねがいします。


187 :忍猿 ◆CvR7OzX4X6 :2007/03/11(日) 13:41:40 ID:MGkowE1p0
>>184 関東のものですさんへ
やはりそうでしたか・・・
その節は本当にお世話になりました。(ペッコン
古流の世界に限らず名利に係る世界では往々にあることと思います。
おいらの流儀も宗家だらけ。orz
因みにおいらの先代師匠も今の師匠も宗家など名乗ったことはありませんが・・・

流儀は異なりますが同じ古流に身を置くものとして
関東のものですさんのご苦労をお察しいたします。

ある流儀は昔は今ほど知られていませんでした。
でも関東の或る先生のご尽力により全国的に知られるようになり
やがては地域の文化財に指定され、地元でも稽古をする人が増えたようです。
その結果は・・・

   では、これから楽しい午睡に入ります。




188 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/11(日) 13:52:08 ID:DGmiPvUIO
>>関東のものですさん書き込みお疲れさまw

非難中傷うずまく中、孤軍奮闘してました。あれもこれもは書ける立場にいないからね。

来月待ってます!

>>亀山の人
いろいろ勉強になりました。おかげで溜飲も下がりました。

ありがとうございましたm(u_u)m

189 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/11(日) 16:45:32 ID:kBN9aQp70
ポイポイポイ

190 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/12(月) 11:39:18 ID:IUV91DLX0
ある意味スレの対象になっている方自らが、ここまで真摯な書き込みをしていただいたのでこの辺りで終わりにしませんか?
こういった掲示板に書き込むのはいろいろ思う事もあったと思いますが、書き込みをしていただいたことに感謝しています。

191 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/23(金) 18:41:22 ID:BpOQTRWz0
このまま落ちるのはもったいない。

192 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/23(金) 20:32:04 ID:RImJjYmC0
真摯な書き込みだけでは武道の名に値しないのも何だなw

72 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)