5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

《正史》少林寺拳法の歴史《黒歴史》

1 :位置:2007/01/15(月) 14:41:25 ID:MDO3Jaj70
日本少林寺拳法の歴史はどうなっているのだろうか?

少林寺拳法といいつつ義和門と言うのは如なる事か?
八光流柔術との影響はどの程度あるのか?
なぜ合気道を目の仇にしたのか?
不潜流柔術の影響は本当に見て取れるのか?

なんでも語ってくだされ。

2 :カキウチ最強:2007/01/15(月) 15:02:14 ID:57Wlpt/PO
カキウチ最強

3 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/15(月) 15:03:52 ID:yMDR5fsX0
昨日の行列に出てた二人て本部の人?ソーエン外してたよね?

4 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/15(月) 17:56:28 ID:qXystNPC0
きゅうにほんぐんのすぱいだったそうとうしんが
自分の知ってたじゅうじゅつをbw−すにてきとうにつくって
ちゅうごくできいたちゅうごくっぽいなまえつけておおもうけしてた

でもえいがのせいで本物のほうがゆうめいになってしまってさぁたいへん
かいりょうしたといいたいとこだがもとがじゅうじゅつべーすなので
うごきがまったくちがう。どうしようもないのでそのまま
とりびあのいずみのしゅざいがきたときもしょうじきにちゅうごくのしょうりんけんとは
かんけいないとこたえる。

というのが俺の知るところ

5 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/15(月) 18:50:43 ID:MDO3Jaj70
柔法は他流の柔術よりも大東流系はっきり書けば八光流の影響が凄い強い
と思うんだけど。
ただ宗道臣は確か八光流は初段技しか習っていないと言う話だから二段以上の
技は合気道からパクッたと言う事なのだろうか?

6 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/15(月) 19:11:53 ID:QgS1ggU30
少林寺拳法は200%【日本伝】柔術である!!巻2
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1166143480/

7 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/15(月) 19:15:02 ID:YMCe/D9V0
大東流系だけが柔術ではない、とだけ言っておきましょう。
八光流の影響がないとは言いませんが、大部分は別の柔術。

8 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/15(月) 19:49:20 ID:WRnMh4RMO
安岡力也のティムポをハサミでちょんぎって犬に食わせたのが、最大の黒歴史であろう。


9 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/15(月) 23:36:56 ID:MDO3Jaj70
その割には大東流や合気道に似た技法が多いのが困りモノ。

10 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/16(火) 08:03:29 ID:NeuWRsjrO
オレが小さい頃の武道本には
中国少林寺の53代正統後継者みたいに当り前に書いてあった。

しかし編集者が勝手に適当書いてのかもしらん。



11 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/16(火) 10:16:39 ID:lkA6HyZm0
中国拳法の総本山は嵩山少林寺だろう。
うちはそこの関係の流派なんだぞっ!
と言う自己主張と正当性を主張する為に人為的に付けられて流派名なのでは。
しかし日中国交回復後は嘘がもろばれになるのを避ける為に中国の少林寺に
現金攻勢を掛けて口止めを行った。
それをばらした佐藤金兵衛は大変な嫌がらせを受けたとか。

12 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/16(火) 10:48:01 ID:8ZkCNK6V0
>>5
八光流の影響が強いとか妄想はもうイイよ。
日本柔術の諸流派はどっか似てるんよ。文献を辿ると竹内流系統の流派が有名。
そういった柔術流派の技術と似通っている部分は見受けられるけど、
「大東流、特に八光流に似てる!!」なんてはっきり言える根拠がわからん。
だいたい八光流自体がアヤシサ爆発・妄想武道の可能性が高いのに、無理やり
少林寺と結びつけようとするのか意味わからん。
経穴の考えやら整骨の知識だって古流柔術には存在するしな。

けど最近はインチキっぷりが八光流も少林寺も同じレベルになってきた。
本部の拝金主義ヤバスギ

13 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/16(火) 11:19:59 ID:NeuWRsjrO
>>12

ユーアー プリチィー キュート

14 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/16(火) 11:41:18 ID:lkA6HyZm0
しかし開祖の爺さんがやっていた不戦流と少林寺拳法の柔法があまりに似ていない
のは問題じゃない?
まして竹内流とは似てもにつかない。竹内とか不戦の技術内容知った上で書いている?
そのわりに合気系の技術とは似ているところが結構ある。
だとしたら何処から朴って来たのかが疑問だ。


15 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/16(火) 12:01:14 ID:8ZkCNK6V0
>>14
古流柔術も少林寺拳法も合気道も大東流も2年以上経験あります。
現状は古流柔術です。
その上で書くと合気道とは似ていません。また大東流とは力の使い方が違いすぎます。
古流とは関節・点穴の効かせ方、体さばきなど共通点があります。


16 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/16(火) 12:08:12 ID:pkcA+4/00
古流って、何ていう流派だよ

17 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/16(火) 12:12:13 ID:kmKTATYH0
馬蹴りなどの、失われた基本技や、飛び道具系の法器を練習した人はいますか?

18 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/16(火) 12:14:44 ID:8ZkCNK6V0
>>16
HI・MI・TU(はーと)
江戸時代からの系譜がしっかり残ってる流派です。

19 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/16(火) 12:21:07 ID:k6klGbLj0
過去などどうでもいい。
中国のための工作機関とかプロ市民団体化するかもしれない
これからの少林寺の方が黒歴史だと思う。
マジにやばいぞ。

20 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/16(火) 12:46:58 ID:pkcA+4/00
>>18
じゃあ、元々、柔術ってのは、少林寺武術の亜流だから、少林寺拳法に似てるのは当然じゃん。


21 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/16(火) 12:54:43 ID:NeuWRsjrO
>>19

過去がどうでもいい、のか?

過去の経歴詐称をネタにたかられ続けてるのに。



22 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/16(火) 12:55:43 ID:8ZkCNK6V0
>>20
文献で遡れる最古の古流武術は竹内流のようです。
それより遡るに信頼できる記録が無いので、少林寺武術との関連性は分かりません。
また古流武術と少林寺武術は、技術面からも見ても類似性が無いので
伝承経路・技術内容ともに関連性を証明するのは難しいと思います。

ただ古流武術と少林寺拳法は技術面において共通点があります。
伝承経路は不明ですが、何らかの関連性が考えられます。

23 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/16(火) 13:40:18 ID:YQ9nqyd/0
少林寺拳法は200%【日本伝】柔術である!!巻2
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/budou/1166143480/

24 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/16(火) 17:51:26 ID:lkA6HyZm0
>>15
大東流は派が多いからあなたの習った大東流とは違っても他所の派では同じだった
りする危険性がある。と言うより同じ使い方の大東流はあるんだけどね。

25 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/17(水) 06:41:36 ID:jJkW1ri+0
>>8
オマイそれ千葉ちゃんの映画の話だろ(笑


26 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/17(水) 12:31:49 ID:Ez4P/jYNO
千葉すず?

27 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/19(金) 10:58:07 ID:eyfDZI3OO
つ千葉真一

任侠路線時代の東映が彼を主演に『少林寺拳法』という映画を作った。
なんつーか今の視点なら黒歴史じゃない?って内容。
映画秘宝読んでる人が好きそうな映画。

28 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/19(金) 12:00:29 ID:sXwxfyhw0
女必殺拳も忘れずに。

29 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/19(金) 22:14:48 ID:Ve4sSNIO0
>ただ古流武術と少林寺拳法は技術面において共通点があります。
伝承経路は不明ですが、何らかの関連性が考えられます。

具体的に少林寺拳法の羅漢拳の袖巻き返しと古流武術との関連性は?

30 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/19(金) 23:23:23 ID:DqvuobdKO
キーワード。
笹川良一
小佐野賢治
宗道臣
清朝財宝
関東軍特務機関



31 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/20(土) 13:43:50 ID:WpOSbofv0
>>30
宗道臣と小佐野賢治?清朝財宝?
どの点が関係あるんですか?
いい加減な事書くなよ。



32 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 09:44:37 ID:sTGpXTZF0
少林寺が八光流との関連性必死に否定するのは合気道が必死に大東流との
関連性を否定してきた過去とそっくりだよね。

合気道は自分達に1番影響を与えた流派は柳生心眼流だって主張していた
時代があったから。少林寺ではそれが不遷流になるだけでさ。

33 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 10:30:29 ID:sLepVSPT0
>>32
合気道の話は知らんけどな。
八光流、八光流言ってるの君一人じゃん。
実際、真面目に稽古してる八光流の人なんかは気にも留めてないみたいだしな。
何の確証も無く少林寺スレで騒ぐ前に、八光流スレで他の修行者から賛同を得てから
書き込みしてください。
少林寺の暗黒史ってのは、もっとドロドロしてて目を覆いたくなるような内容なんだよ!
UFOや未確認生物レベルのガセネタは、TVの特番で取り上げれば十分。
三流ライターは引っ込んでろ!

34 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 11:00:16 ID:pMn3tZgiO
日本拳法からもパクってるお

35 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 12:09:04 ID:a3fTGwi1O
昔、少林寺拳法の暴露本みたいのがあって、その中に宗道臣(署名は本名で)の八光流への入門誓約書のコピーが載ってた。

36 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 12:40:17 ID:sLepVSPT0
>>35
で、中野道臣さんはどのくらいの期間練習したの?
練習した内容が基本になって、今の少林寺の柔法が出来上がったの?

そんなに習得が簡単な武術なら国が採用してます。なぜ八光流は国家機関に採用されないんですか?
短期速習の触れ込みがインチキだからでしょう。この部分に納得のいく説明がないとイタチごっこなんですよ。


37 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 13:00:52 ID:sTGpXTZF0
>>36
>そんなに習得が簡単な武術なら国が採用してます。なぜ八光流は国家機関に採用されないんですか?

以前は旧日本陸軍の一部に採用されていました。

>>33
>実際、真面目に稽古してる八光流の人なんかは気にも留めてないみたいだしな。

初代宗家自身が著書で書いているよ。

>


38 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 13:07:57 ID:sLepVSPT0
>>37
なぜ今は採用されないんですか?
有用な技術であれば存続するでしょうし、現在でも大きな団体になってるはず。
なぜ?

初代の奥山日記は出鱈目が多すぎて参考になりません。
まさかあの内容を信じているわけではないでしょうね?


39 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 13:13:21 ID:sTGpXTZF0
>>38
こういうのもあるよ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E5%85%89%E6%B5%81

>なぜ今は採用されないんですか?

栄枯盛衰って言葉知っているかい?
物事に永遠なんてないんだよ。
なんで中国には義和門拳はないの?

40 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 13:19:57 ID:sLepVSPT0
>>39
渥美虎峰 (心伝流) 姉川勝義 (天心古流へ転向) 稲穂鑑山 (貫心流)
入江安博 (皇光道、八光伝心流) 上野貴 (浅山一伝流ほかも修行。天心古流を開く)
上原清吉 (本部御殿手) 大庭一翁 (武田流合気之術) 小野寺光峰 (大心流)
坂田成道 (祖道流) 佐藤金兵衛 (柳生心眼流、大東流ほかも修行、日本兵法大和道を開く)
七條起曽 (整体護身術) 地曳秀峰 (全日本柔拳連盟) 菅野喜光 (静山。真心流)
杉田修峰 (神道流平手術) 鈴木専作 (柳生心眼流) 宗道臣 (日本少林寺拳法)
鳥居隆篤 (柔法徹化拳、柔法相塾) 長沢光翁 (双真流) 宣本英照 (宇宙道)
早島正雄 (道家合気術、道家動功術) 松田隆智 (中国武術) 望月庄一郎 (兼相流も修行、日本護身道を開く)
保勇 (少林寺流空手道。講道舘柔道、兼相流、方円流も修行) ルーク・アウォータス (臣流) 渡辺綱紀 (宇宙道)

これを全部信じろとw
そもそも八光流は栄えた記録すらないのに栄枯盛衰って図々し過ぎ。
そりゃ開祖もうぜぇと思うよ。
「講義録と免状が同時に貰えそれが役に立つのであれば何年も学校に行って
苦労をしたり弟子になって修行するものはなくなるでしょう。(略)
柔道や空手や拳法にしても長い修行が必要なのです」
(wiki抜粋)

41 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 13:23:42 ID:sTGpXTZF0
>>40
>中でも少林寺拳法開祖の宗道臣(当時は中野姓)は、広く知られるところである。
> 昭和23年11月16日に愛媛県丸亀市にて開催された八光流地方講習会の際、講習会
>には参加せずに逗留先を訪れて懇請し、既に少林寺拳法を立ち上げていたことは
>秘して、英名録 (門人名簿) に署名し、特別に一日で初段全技の教伝を受け、
>さらに翌日にも頼み込んで詳細なメモを取らせてもらったという。

>こうしてごく短期間とは言え一応の師弟関係にあったにもかかわらず、弟子に
>八光流を誹謗する書簡を送りつけたところから、その書簡ごと「秘そかに入門
>した中野君」「見よ鉄面皮の偽装振りを」として『奥山龍峰旅日記』で記され
>るところとなった。(wiki抜粋)

凄いよね。



42 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 13:33:07 ID:sLepVSPT0
>>41
一応忠告しておくけどwikiの内容、特に
>一日で初段全技の教伝を受け、さらに翌日にも頼み込んで詳細なメモを取らせてもらったという

を信じてるのであれば、武道やってる人間として恥ずかしいことなんだよ。
まず一つ。真面目に練習してる人なら技術の習得に時間がかかる事は理解してる。
二つ。八光流はメモとった程度で習得できるのか?

術理の伝承は本来、形だけでなく拍子や心法などさまざまな要素を伴う。
これらの習得は文章だけでは不可能で長い時間がかかる。
それを否定するって事は、技術習得の経験が無いと言ってるようなもの。
あるいは習った技術が小手先のモノである可能性もある。
ようは自分の未熟を宣伝してるんだよ。

別に人事だからいんだけど

43 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 13:46:57 ID:sTGpXTZF0
>>42
>真面目に練習してる人なら技術の習得に時間がかかる事は理解してる。
>二つ。八光流はメモとった程度で習得できるのか?

中野某が初心者ならば時間が掛かるでしょうけどね。
習った時点で流派を開いているレベルの人間ならば習得は出来なくても技術の
内容や理論はいくらでも吸収できるでしょう。
あとは時間をかけて体得すればいいだけ。

メモ云々はそれだけ八光流が優れていると言う見方もできるよ。ましてずぶの素人が
習ったわけじゃないんだからさ。

プログラムを0から作るのは大変だけど一度完成したプログラムを活用するのは作る事に
比べれば遥かに楽でしょ?


44 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 13:51:53 ID:y4e0AQ5n0
八光流も参考にしてたんってことでしょ。
その他、合気道なんかも参考にさ。
何でもかんでもゼロから考えて考えつくようなものでもないでしょ。


45 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 14:02:04 ID:Cfv67AJxO
嵩山少林寺で印可受けたってのはウソなの?

46 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 14:36:21 ID:sLepVSPT0
>>43
頭悪いな。八光流が優れてるんなら現在も国家機関が採用してるっちゅーの。
ま、つまり43の言いたいことをまとめると
「八光流は武術のエッセンスを集約した優れた武道であり、宗道臣は
そのメソッドを盗用した人物である」
と言いたいわけだ。くだらねぇ

たぶん武道齧った程度なんだろうけど、一つ言っておくよ。
小手先の技なんぞ極めても意味ねーんだよ。
参考にしたって程度でしかないよ。

47 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 14:38:12 ID:W0Pv3ZR2O
>>45

>>10

48 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 14:51:43 ID:WDNtPa3A0
46 は
議論して追いつめられると
無茶苦茶な方向にもっていったり、強引にずらしたりして
論点をぐちゃぐちゃにして
誤魔化そうとするタイプ

49 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 15:00:57 ID:sLepVSPT0
>>48
いや「八光流が優れてる」つー前提条件を証明して欲しいわけよ。
それに対して「旧陸軍の一部が…」ってアホカト。
挙句に栄枯盛衰。もうね、栄枯盛衰の意味を教えてやりたい。
栄えたものも衰退するのが栄枯盛衰。
栄えた事の無い八光流に使っていい言葉じゃない。
そして突然、「道臣がメモとったから八光流の技術は優秀だ!」ですよ。
あのな、まず優秀であることを証明してからにしようや。
まともな議論になんねーんだよ。

50 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 15:07:07 ID:sLepVSPT0
古流武術の皆伝者とかが、他流の技術をコピーできるってのは確かにある。
それにしたってメモ程度でコピーできねーよ。ここ重要だよ?
コピーやったことある人間なら理解できる話なんだよ。メモじゃ無理だって。
もしメモだけで再現するとしたら、理論とかは自流の動きで解釈する事になる。
つまり再現できるのは「再現する人間が優秀」だからであって「メモが優秀」とは
ならない。
八光流のメモが優秀なら日本には達人が溢れてるつーの。
実際に武術をやりこんだ人間ならこの程度常識。

51 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 18:06:33 ID:IId+rBZd0
>>43
簡単なのを作るなら楽
簡単なら利用するのも楽

難しいのを作るなら大変
難しいなら利用するのも大変

52 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 18:16:33 ID:LpN1IFjj0
一日と言ってもせいぜい3時間ぐらいでしょ。

実技三時間、メモ三時間程度の参考にはなったでしょう。
初伝の技六時間で少林寺拳法の体系を作り上げたのだとしたら
開祖はものすごい大天才ですね。
折れは弱いと言われる少林寺の3段ですけれど、八光流の理論
でいうと、八光流の六時間生より弱いはず。
八光流を六時間以上されている人、一回そのすばらしい技術を
見せてください。

53 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 19:13:17 ID:bl+5UzGD0
だけど、あれだな。一流派を既に立ち上げていながら、参考に
なるかもしれんと思えば入門までして見に行く少林寺の開祖は
立派ですよね。結果たいして参考にはならんと判断したんだろ。
俺なんか、昔芦原会館の本部のすぐ傍に住んでたけど、あの頃
ブームの馬鹿漫画と技術とは別物と割り切れずに興味があるの
で習って見ようかは思えなかったもんね。
人生にも言えるだろうけど凡人の自尊心と天才とはそこが違うね。

54 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 19:34:12 ID:sTGpXTZF0
>>42
>別に人事だからいんだけど

と言う割には懸命に反論してくるのはなぜなんだか。
面白いね。

>詳細なメモ

ってのは詳細な記録と言う事だろ?

中野さんはそんなくだらない事を頼み込んでまで一生懸命記録していたのか。
ものを見る目がないんだね。

55 :k.w ◆Mc.k.w/a1A :2007/01/24(水) 19:52:38 ID:7Bv15j5sO
スレタイと中身違うな、良スレかと思って見たのに

200%柔術の方が良スレ

56 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 22:31:33 ID:bU9otdLJ0
少林寺の武術(実戦篇と架空篇)
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161901474/l50


57 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/24(水) 22:45:36 ID:6XIvgKFJ0
>>49
並木書房・井出幹雄著『徒手格闘入門』より抜粋

○戸山学校  ⇒奥山龍峰「八光流」、植芝盛平「大東流合気柔術」
        永山喜一「関東軍拳法」

○陸軍中野学校⇒藤田西湖「南蛮殺倒流拳法」

○桜部隊   ⇒西園隆俊「和道流空手道」

八光流は、戸山学校で採用されていた武術。
宗道臣がバカにするような武術ではない。

58 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/25(木) 00:20:21 ID:RA4SPzP+0
人を貶める事によって自分を良く見せようとする奴がたまにいるが宗道臣は
そういうタイプだよね。
そのくせ悪口を言っている対象をちゃっかり学んだり参考にしていたりする。
悪口を言うなら全部否定して全く違うことやれよとか思うんだけどさあ。

59 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/25(木) 00:45:00 ID:r77Hajnc0
175 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2001/03/20(火) 15:00





60 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/25(木) 00:48:57 ID:r77Hajnc0
174 名前: zz 投稿日: 2001/03/20(火) 01:50
過去の少林寺批判まとめると
@弱い
A偽物である
B昔は集団で悪事をした
C宗教臭い
となっています。
 @については、いろんな人がいて人それぞれものの見方があるということです。
 Aについては、事実関係だけを言うと、
   中国へ行き、拳法を習った。
   柔術の経験がある。
   八光流の講集会へ行ったことがある。しかし、「それをも元にした」といわれるほどは参加していない。それを大きく宣伝された。
これは、上原先生にも当てはまるみたいです。
   過去習った武術を整理して、中国の少林寺で見た壁画に感動したことにちなんで少林寺拳法と名付けた。
   八光流と類似しているとよく言われるが、根本的な発想が違うし、お互いにない技があるみたいです。
第一それが本当ならなぜ、八光流より桁違いの発展はするはずはないと思います。時代のせいか、著作権という概念がない。創始者によくあることだが、自己の武術に対する自負が大きい。
      (他流にもたくさんいますよ。)
                 ということです。
Bについては、集団での示威行動があったが、一定の人物が悪意に基づいた脚色をして、NETに上げている。ただ、急激に広がったための副作用を創始者も押さえきれなかった部分はあると思います。
Cについては、現代においては、一部の人以外は、あまり信じていなく、スポーツライクになっているのが現状だと思います。知り合いの道院長も普通の社会人です。

 現在の少林寺は、割と健全ですね。NETのみなさんも、自分の目を磨き、正しい洞察力を磨き、周りの実在の人物を見て、物事を判断すればよいと思います。

61 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/25(木) 01:57:53 ID:QrHl+nu/0
八光流の奥山いわく、
中野道臣は入門したが技を掛けると「イタイ、イタイ」と言い
すぐに来なくなってしまったが、
後から中野の高弟が数人、八光流に入門して師範まで取って帰った。

と言っていたのをたしか昔、合気ニュースの奥山のインタビュー
で見た事があるな。

その時の高弟が誰かを調べれば、分かってくるかもしれないね。

まあ、どうでもいい事だけど。

62 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/25(木) 09:38:21 ID:RA4SPzP+0
>>60
>八光流の講集会へ行ったことがある。しかし、「それをも元にした」と
>いわれるほどは参加していない。それを大きく宣伝された。
>これは、上原先生にも当てはまるみたいです

大東流系は一回でも講習会に参加してしまうと師弟関係になってしまうんだよね。
上原清吉は沖縄で八光流の道場を開いていた時代があります。ちゃんと八光流の
師範名鑑に名前と住所写真連絡先入りで載っているよ。

63 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/25(木) 12:30:18 ID:xGwNVxxM0
>>62
「上原清吉が八光流柔術の講習を受けた記録があることから、本部御殿手の取手術は
八光流の影響のもとに創作されたという説があったが、本部御殿手側の資料提供により、
この説を唱えた研究家が雑誌上で謝罪するなどして、八光流起源説について否定された。」
wiki上原清吉より抜粋。

部外者が訳知り顔で解説した結末って感じか。
拳児の原作者にしても甲野某にしても、武術研究家というのは才能ないなぁ。

64 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/26(金) 16:32:16 ID:clOucKqd0
>>63
>本部御殿手側の資料提供により、この説を唱えた研究家が雑誌上で謝罪する
>などして、八光流起源説について否定された。

これが具体的にどういう事なのかは知らないが上原清吉氏が八光流の師範名簿に
載っているのは事実です。
市販されていた物ではないので、あまり出回っている物ではないから見る機会の
ない人はないでしょうけど。

ところで雑誌上で謝罪とあるけどどこの雑誌の話ですか?


65 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/26(金) 17:37:07 ID:2hlE6kwX0
>>64
上原清吉の名前が残っていようと、技術的には御殿手と八光流の関連性は否定されてる。
八光流の信頼性を示すソースとしては参考になる。
それ以上は少林寺と何の関係も無いからスレ違い。
八光流スレか御殿手関連のスレで聞けば?
少林寺やってる人間に、この辺の事実関係を聞いても分からないと思うよ。

66 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/26(金) 23:23:47 ID:0sYJ4yK40
>>61
八光流に入門して師範まで取って帰った中野道臣(宗道臣)の高弟が、
少林寺拳法の柔法に八光流の技術を取り入れたりもしたのかなぁ?

中野道臣は昭和11年に嵩山少林寺で義和門拳の法脈継承の儀式を行い、
伝法の允可(いんか)を受けました―と「図解コーチ 少林寺拳法」に載るけど、
本当なのかなぁ? そもそも北少林義和門拳なんて中国武術自体、実在したの?
金剛禅 少林寺拳法を創始するまでの話というか実態は最近、起源捏造で問題に
なってる韓国武術の多くと似ている面々もあるなぁ...

67 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/26(金) 23:42:57 ID:bgxqNAEy0
275 名前: 名無し拳士 投稿日: 2001/06/16(土) 16:08
ちょっと勉強しました。義和拳の存在を確認。
南宋時代(1127?)に茅子元が始めた白蓮教は、南宋から清朝末期まで民衆の間に広く浸透し政治的にも影響を与え続けた仏教系宗教結社であった。
元を滅亡に至らしめた紅巾の乱は白蓮教団によるもの。
白蓮教は、八卦教などともいわれ拳棒武術の伝習と対をなして布教され、「義気を和合する拳」=義合拳・義和拳と言われるようになった。
義和団事件は山東省の白蓮門徒によって起こされ、かれらは義和拳(梅花拳ともいわれた)をマスターすれば刀や銃弾にも傷つけられないと信じていた。
なお、宗教的要素を失った白蓮教は、中国最大の秘密結社洪門(三合会)となって現代も生き延びている。

歴史方面からの確認なので拳技の特徴は不明。

279 名前: 名無し拳士 投稿日: 2001/06/16(土) 23:06
>>277
特務機関員 秘密結社はそうですが、歴史的事実として中国で仏教とともに拳法を修行した教団があり、
白蓮教と言ったこととその拳法は義和拳・梅花拳と呼ばれていたことは確実であり、
実際に義和団事件は清朝の滅亡に関わる大きな運動であったことは間違いない。
義和、白蓮、三合などの名前は少林寺拳法の各拳技の名前につけられており、終戦直後にこのような技術体系を編纂できたのは、
義和団、白蓮教団と何らかのかかわりがあったからと考えて良いとおもいます。
ちなみに梅花拳と言う名前が出ていると言うことは少林寺と関わりがあるのではないかとも言えると思います。
あくまで一般の歴史資料から引用しました。

他の少林寺〜って流派からこんなキーワードは出ないんじゃない?調べてないけど。

68 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/26(金) 23:43:37 ID:bgxqNAEy0
280 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2001/06/17(日) 08:32
甘いです。
義和拳は実在しますが南拳デス
それも道教教団です。
仏教教団の北派少林寺とは相容れません。

281 名前: 名無し拳士 投稿日: 2001/06/17(日) 14:02
>>280
甘いかどうか調べてもらおうか。
義和団事件、白蓮教、義和拳などのキーワードで検索してみろ。
大学の先生の研究資料まで出てくるぞ。
義和団事件は山東省(嵩山の在る河南省のとなり、北でしょ)の白蓮教団(弥勒菩薩信仰)によっておこされている。
歴史上有名な事件でそんな根本的な間違いはしないだろ。
大体道教なら白蓮なんて名前使わないでしょ。

69 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/26(金) 23:56:36 ID:0sYJ4yK40
どんなものか知らないけど、梅花拳という中国武術は読んだ事があります。
義和拳というのは、梅花拳の古称だったのですか?


似たようなスレが、ありましたので貼っときます。

少林寺拳法は200%【日本伝】柔術である!!巻2
http://sports10.2ch.net/test/read.cgi/budou/1166143480/l50

70 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/27(土) 00:21:48 ID:1+h+63zy0
以降、八光流ネタはスレ違いなので禁止


黒歴史−再開−
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

71 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/27(土) 01:54:24 ID:hWUR0G4e0
少林寺の歴史に興味のある休眠拳士デス。

以前も歴史について別スレで検証、考察しようとしてもよくチャチャを入れられて
議論できなかったので、このスレに期待してるぜ。

八光流関係ですが、月刊少林寺拳法1992年10月号に以下のような話が載ってます。

「知りさえすれば誰でも片手で大の大男を自由に出来る秘術」を伝授する武術家が隣町にやってきた。
開祖は後学のために弟子をつれて学びにいったそうですが、「知りさえすれば…」と、言うことはなく
渡された免状も帰り道に破って捨ててしまったと言うお話。
このとき生まれたのが「知ってることと、出来ることは違う。」と言う有名な言葉デス。

ただし、月刊少林寺拳法ではこの武術の流派は明記してません。
内容的に八光流の話ッポイなぁ。と感じただけなので全く別の流派かも知れません。


72 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/27(土) 17:07:44 ID:eoCJVxlr0
>>71 そんな事があったんですか...

少林寺拳法は200%【日本伝】柔術である!!巻2
http://sports10.2ch.net/test/read.cgi/budou/1166143480

81 :名無しさん@一本勝ち :2007/01/27(土) 16:59:28 ID:eoCJVxlr0
英語版wikiのshorinji-kempo(少林寺拳法)には、

Looked at from a Japanese martial arts perspective, it could be described as a combination of karate, judo, and aikijujutsu built on a Kung Fu framework, except that this art generally has no killing moves because of its respect for life.

と、記されているけど “karate, judo, and aikijujutsu ”の影響は確実にあるということですか?

73 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/27(土) 19:48:04 ID:ozu4ieqL0
>>71
>「知ってることと、出来ることは違う。」

「知らないことは、想像する事すら出来ない。」

人の技術を学んで来て、後から出来るまで練習するのは当り前の事。

74 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/27(土) 20:11:09 ID:o83JWQx30
黒歴史カモン

75 :71:2007/01/27(土) 21:25:05 ID:M6CuV+7Q0
>“karate, judo, and aikijujutsu ”の影響は確実にあるということですか?

少林寺拳法教範にも空手、柔術、ボクシングはてはサンボも研究しているとの記述があります。
開祖自身が語っているのでそれは確実だと思われます。

>>73
問題はその武術家が「知りさえすればだれでも“すぐその場で”出来る。」と謳っていたことでつね。
開祖がっかり。

まぁ、勿論なにがしかの影響はあったんじゃないかとは思います。



76 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 01:23:51 ID:RroGUXEt0
少林寺の拳法は実際のところ何の影響を1番受けているの?
空手?日本拳法?ボクシング?
とても中国武術の打ち方や攻防には見えないんだけど。

77 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 01:26:34 ID:aGKLSbPrO
開祖の我流

78 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 01:32:30 ID:easnaX5i0
開祖の親衛隊の「白蓮隊」ってなにですか?


79 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 01:45:40 ID:7ALrz0Ng0
発酵流のド派手な誇大宣伝につられて一日だけ講習会に参加してみたら、

合気本に載っているような初歩の合気技だけ教えられて、お金ぼったく
られたみたいですね。

80 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 02:20:27 ID:RroGUXEt0
>>78
>開祖の親衛隊の「白蓮隊」ってなにですか?

うわ〜暴走族かナチスみたいなネーミングセンスだね。
そう言う文化レベルの人だったのか。
それとも親衛隊なんてもの置かないといけないほどに身に危険が付きまとっている
人だったの?

81 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 02:41:49 ID:Ns/oqMcU0
自衛隊
今なら白蓮軍だぬ

82 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 03:50:37 ID:iRi4rEN40
>>80
親衛隊じゃなくて行動隊だね。白蓮隊っていうのは俗称。
若手拳士で即時緊急有事対応出来るようなものを作りたいって事で73年に作った。
災害時応援等も想定していたからその手の基礎訓練もやったし実績をあげた地域
もあったみたいだけど当初の目的から外れてデモンストレーションチームみたいな
色合いが強くなってきたんで開祖が怒って解散させちゃった。

>それとも親衛隊なんてもの置かないといけないほどに身に危険が付きまとっている
>人だったの?
学生運動が盛んな頃はそれなりにあったとは聞いている。極左活動を激しく非難して
いたからね。同時に中国との結びつきもあったからそっち方面からの攻撃もあったみ
たい。親衛隊っていうと開祖付きの山門衆かな。前スレでも話題があったけど山門衆
って二通りいて本部職員で入った人。これは開祖に付いたり合宿や講習の指導なん
か担当していた人達と修行目的で来た人。こっちはあくまでも練習生。前者は数年勤
めるけど後者は数ヶ月だからすぐ分かるよ。

83 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 08:15:03 ID:uBu40Th+0
>>82
お前ら知らないの?道臣先生は、昔、内田良平、頭山満の書生だった。玄洋社に出入りしていたんだ。
この意味がわかるか?分からなかったら、検索しろ。

だから、あの右翼の大立者笹川良一が、開祖に対して「先生」と敬意を払っていたんだ。
もし、普通の武道家だったら、そんなことありえない。

84 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 10:09:05 ID:hm2VnpJc0
>>76
ベースは日本の古流柔術。
最終的な制し技・極め技である「投げ逆関節・固め」へ持って行く「崩し」が「当身」。
その「当身」に空手やボクシングの技を加味したもの。

中国拳法からの影響は私にはわかりません。
が、実は武道の特色ってどこに一番顕著にあらわれるかというと「体の動き」です。
打撃系にせよ、組技系にせよ一番大事なのは運歩・歩法(フットワーク)と
体捌き(体の使い方)です。
少林寺拳法は日本で一般的に入手できる中国拳法の「動き」とは違うように
思えます。

以上、全て私の個人的な感想です。

85 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 14:14:17 ID:mym7zffa0
山門衆とか白蓮隊関係のやばい話ない?
山門衆時代にダイナマイト体に巻いてごろつきを締めにいった
道院長の話とかは聞いたことがあるけど
詳しい話知っている人がいたら教えて

>>83
ソース

>>84
スレ違い
発行スレいけ

86 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 15:51:33 ID:RroGUXEt0
ダイナマイトなんてどこから調達してきたの?
危険団体なの?
少林寺って。怖い話があるのかな。

87 :71:2007/01/28(日) 15:57:19 ID:phdfo/k00
>>76
開祖自身は中国拳法が一番影響があったと思ってたんじゃないかと思います。
実際、訪中した際の演武は中国拳法的だったと言われてます。(リーリンチェイのインタビュー、ソース行方不明。ごめんね。)
また開祖が今の3級試験を受けたら落ちるだろうと言われるくらい、現在と動きが違ってたみたいですので
中拳の影響は確実と私は思ってます。

ただし、嵩山少林寺の拳技かはちょいと疑問ではあります。
宣伝のために後でとってつけた可能性も否定はできません。

でも79年の訪中で嵩山の徳禅法師が泣いて再会を喜んだエピソードなどから
その付近に少なからず滞在していたとは確かじゃないかなぁ?

88 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 16:52:05 ID:u1Lq8pmT0
>ダイナマイト

少林寺(・∀・)イカス!!

89 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 22:59:34 ID:m1dc09LP0
んで、要は金剛禅 少林寺拳法の母体って何なのさ!?
「避けて打つ」という少林拳の原理に空手道、柔道、合気柔術や八光流 等といった日本武道の技術を加味した護身術なの?

黒歴史とは、つまりこういうこと?↓
http://43.253.19.226/diary/2006/07/19_01/

90 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 23:10:05 ID:yZDXUf1Q0
>>89
ニュースフィルムないの?面白いネタだ

91 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 23:14:53 ID:ulMhKj7d0
直島道院の上田先生が少林寺を退会したことを知っている方情報宜しくです

92 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 23:29:35 ID:ulMhKj7d0
直島道院の上田先生が少林寺を退会されたことを詳しく知っている方情報宜しくです

93 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/28(日) 23:49:12 ID:Nb8ZwQsX0
sage

94 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/29(月) 00:06:39 ID:75yiQ9/h0
>>89
最初は4畳半の貧乏町道場から始まってるし、財産目録
も公開されてるから解ることだが、流石にそりゃないだろ。

95 :89です:2007/01/29(月) 00:47:55 ID:r/kGExdb0
>>90
ネタって事は、実話ではないのですか? なら逆に安心だけど...(?)

>>94
http://43.253.19.226/diary/2006/07/19_01/
この話は実話じゃないのですか?

96 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/29(月) 03:39:29 ID:rOAeaRRm0
金剛禅の開祖は、禅宗の方は誰に学んだのでしょうか?

97 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/29(月) 06:57:39 ID:3dVkOixS0
>>83, 85
玄洋社の話は、カッパブックスや、東京堂書店からの本にちゃんと載っている。
よく読め。5流の物書き野郎。

最近、ここで無理やり少林寺と八光流を結び付けようとしているのは、
八光流が最近、食い口に困っているから、少林寺と結びつけて権威を増し、
金を儲けようとしているからだろ。


98 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/29(月) 10:53:40 ID:Km85StEP0
>>94
でも財産目録に本山の建物は登録されてないよね?
資料見る限り全て公開してるとはいえない。
探偵ファイルの内容は個人に取材した話みたいに書いてあるけど
実際に話を聞いたのかな?
これぞまさに黒歴史みたいに思えるけど・・・

99 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/29(月) 11:18:23 ID:TWzuRCs80
何も知らないで他流と結び付たりしているようですが・・
書込みしている人達が少林寺の拳士なら終わってるね。
黒歴史なんて知ってどうするんだ馬鹿者。

100 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/29(月) 11:28:09 ID:wxfoVnNm0
>87
徳禅法師との再会エピソード・・・。
徳禅法師「あなたは昔の面影のままだ」
開祖「すいません憶えてません。」

が凄く好き。

開祖の演武は確かに中国武術の動き。
少林寺拳法の動き=開祖の動きではない。
それと開祖は少林寺拳法を「嵩山少林寺で修得した拳法」とは言ってません。
最近は嵩山少林寺が武僧も居なくなり、一時は廃寺寸前になっていたことは
知られてませんが・・・。
開祖と帯同した先生方は、嵩山少林寺の壁画には感動したが、
あまりに寂れた寺院の様子に正直がっかりしたそうです。
開祖が師匠と縁が深い少林寺の名称を遺そうと思ったのもうなづけると。

まぁ少林武術は寺院で行われている武術のみではなく、
その地域で行われていた武術全般を指すようですが。


101 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/29(月) 12:48:52 ID:n3flmIdy0
>>100
徳禅法師は当時すでに認知症状態だったと言う話もありますね。
また80年代は今のように少林寺も観光地化して栄えていなくて本当にお金に
困っていた。泣いて喜んだのは宗道臣との再開?を喜んだのではなくて日本少
林寺側が莫大な寄付を行った事に感涙したと言う説もあります。

102 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/29(月) 13:42:10 ID:10kJo4MI0
金・金・金


103 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/29(月) 14:43:08 ID:10kJo4MI0
ツマンネ
黒歴史カモン

104 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/30(火) 13:17:07 ID:hbE6mmh70
金兵衛ちゃん暴行事件なんて黒くないか?

105 :71:2007/01/30(火) 22:23:52 ID:hhkhWJ670
>泣いて喜んだのは宗道臣との再開?を喜んだのではなくて日本少
>林寺側が莫大な寄付を行った事に感涙したと言う説もあります。

そうであって欲しくないなぁ。個人的に。

106 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/30(火) 23:38:27 ID:FbfpuCcL0
嵩山少林寺は境内に宗道臣和尚帰山記念碑まで建ててくれてる
訳だから少林寺の名を広めてくれた事に感謝してるんだろ。


107 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 00:24:39 ID:hSvnAZ4dO
>>99
組織には、光と闇がある。我々は両方知るべきである。
でないと、今後の正しい判断が出来ない。
いいことだけ聞いて信じるのは、奴隷信者。一番利用されやすい。

108 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 00:30:45 ID:pt4DrSjc0
>99
拳士であっても、情報を把握している人は極一部だと思います。
まぁ推測や2ちゃんなどの情報を鵜呑みにするのもなんだかなぁ・・・と。
本部にいたのでかなり苦笑して読ませてもらってますが。


109 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 02:27:07 ID:OvyTLvf70
直島道院の上田先生が少林寺を退会されたことを詳しく知っている方情報宜しくです


110 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 07:28:28 ID:SM1xOo4C0
>>106
>宗道臣和尚帰山記念碑まで建ててくれてる訳だから

帰山って初めて来山したのに帰山って酷くねえかい?
名前だけもらいましたじゃまずいのかね。

111 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 08:32:16 ID:KZBqM9et0
>>110
>帰山って初めて来山したのに帰山って酷くねえかい?
何回か行ってる訳ですが、何か?
>名前だけもらいましたじゃまずいのかね。
記念碑に書いてある中味知って言ってるの?

112 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 09:12:03 ID:Vr64wj0p0
>>107
ガキがくだらね能書言ってるな。
いつから少林寺やってる人間に言ってるんだ。
書込み自体、本やネットの情報だけだろう。
当たっていることなんてほとんどないだろう。
馬鹿な集まりだね。

113 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 09:42:14 ID:bJnSZLPc0
ここは2ちゃんねる
ばーちゃるでの話 根拠ナシ

114 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 09:56:57 ID:XgMWxuQv0
>>108,>>112,>>113
ま、きちんと情報公開しない方も悪いわな。
昔と違うし、開祖とも違うんだから、
君たちは何にも考えずに本部のいうことを
聞いていればいいんだという時代は過ぎた。
これからは、お互いに連絡と説明質疑応答を
きちんとして、相互理解をさせるべきかと。
ちなみにnetは、嘘も多いけど秘密の
事実も結構出ている。


115 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 10:05:08 ID:BXrPTYC70
>>110
当時の中国は今の中国のように大金持ちじゃなかった。
嵩山少林寺もボロボロの状態だった。
そこへ大金を寄付したから碑を建立させてくれたのだろう。
中国側が建立したんじゃなくて日本側が建立の費用も出したのだろう。
宗道臣といっしょに練習した僧が現存していて
宗道臣と再会している写真があるが、あれも?だよな。
嵩山に寄付金を出して2ショットを撮らせてもらったのだろうな。

116 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 10:11:04 ID:k4a74Cw80
「ラストエンペラーの財宝を関東軍経由で、当時情報工作員をしていた宗道臣が入手し
多度津の本山創設の資金とした」
って本当ですか?

117 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 10:12:59 ID:BXrPTYC70
>>36
>そんなに習得が簡単な武術なら国が採用してます。なぜ八光流は国家機関に採用されないんですか?
>短期速習の触れ込みがインチキだからでしょう。この部分に納得のいく説明がないとイタチごっこなんですよ。

井出さんの自衛隊徒手格闘の本をよんでみそ。
戸山学校では、正式に八光流と関東軍拳法を採用しておる。
中野学校は南蛮殺倒流。
特殊工作の桜部隊は和道流空手。

118 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 12:16:03 ID:Vr64wj0p0
>>114
何故情報公開しなければいけないんだ。
僕ちゃん・・
そんなに聞きたければ開祖の直弟子に聞いてみろ。
オタクが集まったところで知れてるがね。


119 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 12:21:32 ID:d4BneLCm0
そりゃ、裏で色々あったら公開できないわな。

って思われてもしょうがないですね。特に最近は色々疑惑有りすぎ。
でも、組織ってそんなもんでしょ。人間のやることだから後ろぐらい
ことがいっぱいあると思う。表できれい事裏でどろどろ、これが
すべての宗教の実態です。だから、少林寺の技術と教範以外には深入り
しない方がいいと思われ。

沿おう思われたくない、疑惑を払拭したいのなら公開すべきだし、
後ろ暗いことがあると思われても良いのなら、今まで通り臭いものに
蓋すればいいのでは?
みんん、組織に対してはクールに行こうよ。教範とか自分の金剛禅に
だけ熱くなれ。

120 :訂正:2007/01/31(水) 12:23:46 ID:d4BneLCm0
「そりゃ、裏で色々あったら公開できないわな。 (w」

って思われてもしょうがないですね。特に最近は色々疑惑有りすぎ。
でも、組織ってそんなもんでしょ。人間のやることだから後ろぐらい
ことがいっぱいあると思う。表できれい事、裏でどろどろ、これが
すべての宗教の実態です。だから、少林寺の技術と教範以外には深入り
しない方がいいと思われ。

そう思われたくない、疑惑を払拭したいのなら公開すべきだし、
後ろ暗いことがあると思われても良いのなら、今まで通り臭いものに
蓋すればいいのでは?
みんな、組織に対してはクールに行こうよ。教範とか自分の金剛禅に
だけ熱くなれ。 宗教家を見れば裏を推測せよ。
わたる世間は鬼多し。

121 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 17:14:08 ID:SM1xOo4C0
>>115
結局は既成事実を作りたかったと言う事ですね。
都合の良い事に日本は豊かに当時の崇山少林寺ままだまだ極貧な状態だった。
金で全てのかたを付ける事が出来た。
2ショット写真を撮って我田引水な事を書いて事実でございますとすれば
それが嘘であっても20年後にはそれが真実になる。

少林拳で少し有名な川口氏なら真実を知っているんだろうね。


122 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 18:10:28 ID:fhJa1GV00
金剛禅少林寺拳法の目的はおいといて、嵩山少林寺自体は感謝している
でしょう。あの当時のジャパンマネーはすごい価値がありますよ。

仏教組織と言っても、所詮不完全な人間の集まり。
一般拳士にはお知らせできない色々な不都合があるのは当たり前。
だから、何でもかんでも、うわべのきれい事や公式発表を信じずに、
割り切ってつきあえば良いんですよ。出会ったら笑顔で対応する
けれども、発言はよくよく疑って吟味するみたいな。
行事に何でもかんでもつきあわず、気が向かなかったり反対意見なら
適当な嘘いって行かなければいい。それが人間関係を悪くしないコツ。
昇段審査では本部の書いて欲しいことを書いて、本音はここで
出すとか、ダメもとで匿名手紙やメールを送るとかです。表だって何か
言っても本部様が一拳士の言うことなど聞くはずがありません。
逆に、本部様のやり方に反対的なことを言うとマークされる可能性大です。
昔はともかく、今の本部の体質はそうです。
どうしても表で言いたいのなら、東京都のトップぐらいになって
影響力が出てから言いましょう。そこまででっかくなると簡単に
首に首に出来ないからどしどし言いましょう。セクハラしても
3年で戻れるのだから。(w
たぶん3年後は段位も地位も戻るでしょう。


123 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 19:31:59 ID:J/MzcPva0
黒歴史だっつーお

124 :名無しさん@一本勝ち:2007/01/31(水) 20:03:54 ID:SM1xOo4C0
そんなに簡単に首になるのか。いわゆる破門って奴かい?

125 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 12:13:23 ID:qdyEWW9X0
少林寺とK会との抗争のときも白蓮隊員は活躍した。

白蓮隊の1人が、当時、世界大会2位だったHを池袋駅前で2発でノックアウト。

その元隊員は、関東地方の某道院長。

126 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 12:16:55 ID:JeDuAnru0
過去の話。今の本部は強さを欲していない。
むしろ、嫌っている気がする。
強くなるには自分の研究。

127 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 12:53:57 ID:7VMz77JO0
>>125
その話は、両者の間で全く違うのだが。
H(イギリス)のことなら世界大会で2位にはなっていないよ。
彼の話では、道を歩いていると知らない日本人がアーユー○○と、名前を尋ねるので
イエスと答えると、いきなり殴って逃げて行ったとか(笑)。


128 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 13:21:42 ID:vyO8J+ILO


やってやった、やられてない、の話は
先に持ち出した方の負け。




129 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 14:10:36 ID:+e68i60K0
>>127
そうそう。
>>125の話は今の道院長世代は「噂」として少林寺内で流布されてる話。

若い頃K会出身のS先生系のことにいて、そこで聞いた話では
実際は闇討ちみたいなものだったという。
あとマスに土下座させたとかいうのは完全に嘘。

しかし今少林寺に入ったら「マスに土下座させた」と道院長は信じてる(w

当時の抗争がどうやって終息したか?
噂ではマスも裏の世界につながってるし、少林寺の開祖もそう。
んで、手打ちになったとか。

130 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 18:52:30 ID:1hLZrm8p0
しかも集団での闇討ちだったんだから褒められた話じゃないな


131 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 18:56:57 ID:wf3HA1mM0
>>129

大山倍達の土下座は完全な真実。

本部に写真があります。

だから、大山はあの時以降、少林寺に関して一切の口を閉ざした。

逆に、少林寺側は相変わらず大山批判を続けた。


132 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 18:59:05 ID:wf3HA1mM0

金で段位を買って喜んでいた

インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達は、まだ生きているのか?(大爆笑)



133 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:14:07 ID:YpWgcF11O
大山先生は土下座してないと聞いてますけどね。例の事件にも関わった少林寺拳法側のかなり古参の先生の話では「普通に話し合いで解決した。大山先生は話のわかる男だった」とのことでしたが。

134 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:20:36 ID:wf3HA1mM0
>>133

大山自身が語っている内容とも食い違う

ウソばればれの書き込み(プッ

ところで


金で段位を買って喜んでいた

インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達は、まだ生きているのか?(大爆笑)



135 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:24:22 ID:wf3HA1mM0
>>133

少林寺側で極真に出向いたのは複数回。

普通の話し合いの時もあっただろう。

問題になっているのは少林寺が極真会館を囲んで、投石等を繰り返し、

乗り込んだ例の時のことだ。


金で段位を買って喜んでいた

インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達は、まだ生きているのか?(大爆笑)

136 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:25:22 ID:wf3HA1mM0
>>133

少林寺側で極真に出向いたのは複数回。

普通の話し合いの時もあっただろう。

問題になっているのは少林寺が極真会館を囲んで、投石等を繰り返し、

乗り込んだ例の時のことだ。

ところで、金で段位を買って喜んでいた

インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達は、まだ生きているのか?(大爆笑)

137 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:26:55 ID:UZFsEgwR0
昔のことを言ってもしょうがない。
いま、極真対少林寺で強い順に100人喧嘩させたら間違いなく
負ける。全極真ではなく松井派のみでも。
土下座したのしなかったのなどどうでもいい。
そんなことより、俺たちが強くなる方が大事。

138 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:31:34 ID:WE0hBmAi0
>>131
大学生の頃、極真大阪城杯で優勝経験のある友人が極真は高いから他武道を探していた。
俺が少林寺をしていると知ったら、体験したいと言って道院に来た。
道院長に彼の経歴を交えて紹介したら顔が引きつり、急に武勇伝法話で極真の悪口を言わなくなった。
友人は結局ダンスをしたいとは思わず、白蓮会館に入門したが、彼が来なくなったら道院長は勇伝法話で極真の悪口を言い出した。
大山土下座なんて書いても、クズ道院長どもの言動だけで嘘バレバレだよ。


139 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:31:46 ID:wf3HA1mM0
>>137

バカ丸出し(爆笑)

少林寺の強い連中は歴代、極真を叩いてきましたが何か?

未だに極真幻想にとりつかれている救いがたい知恵遅れ(プッ

顔面も金的もがら空きの極真の知恵遅れと一度でも

実戦やってみろ、この低能(大爆笑)

ところで、金で段位を買って喜んでいた

インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達は、まだ生きているのか?(大爆笑)



140 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:34:01 ID:uX9p3o7P0
>昔のことを言ってもしょうがない。

というかここはその昔のことをほじくり出して
あーだこーだ語ろうという趣旨のスレなんだが?

141 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:34:31 ID:wf3HA1mM0

少林寺から一時、極真に入会した友人は

極真は単なるスポーツ空手でまるで実戦的でないという事実に気が付き

少林寺に戻った。

ところで、金で段位を買って喜んでいた

インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達は、まだ生きているのか?(大爆笑)


142 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:36:06 ID:YpWgcF11O
ホントに強い拳士は他流についてはニコニコしながら「ああ、○○も素晴らしい武道ですよ」ぐらいしか言わないよ。内心では「少林寺拳法サイキョ!!!!」と思ってるだろうけどね。

143 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:38:04 ID:wf3HA1mM0
少林寺と極真の抗争時、極真の主だった幹部連中は

大山を見捨てていつの間にかいなくなってしまった。

事態を把握できない、知恵遅れの

「添野だけが私を見捨てなかった。」

と大山は著書の中で惨めにぼやいています。(プッ

ところで、金で段位を買って喜んでいた

インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達は、まだ生きているのか?(大爆笑)


144 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:38:18 ID:YpWgcF11O
でも実際に喧嘩するとその「スポーツ」に歯が立たない…ってね。

145 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:40:25 ID:wf3HA1mM0

極真の連中は、金的、顔面ガラ空きなので、ケンカの時はカモ。

普段の習慣はとっさの時に変えられない(爆笑)

ところで、金で段位を買って喜んでいた

インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達は、まだ生きているのか?(大爆笑)

146 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:42:08 ID:wf3HA1mM0
>>144

実戦知らずのアホハケーン!

間違いなく佐藤金兵衛の弟子。(爆笑)



147 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:44:03 ID:wf3HA1mM0

金で段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、武道ごっこまだ続けているの?




148 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:45:26 ID:Cen6z12M0
少林寺拳法で唯一、第13回全日本極真大会で6位になった戦士が愛媛新居浜に
いる。現在、新居浜市にて拳武道の館長の田中先生である。過去少林寺戦士No1と
いっても過言ではない。

149 :71:2007/02/01(木) 19:45:44 ID:8LbD4N4S0
おちつこうぜ。

土下座云々の話は何の生産性もないので止めましょう。


歴史、歴史。

150 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:47:29 ID:wf3HA1mM0
>>148

実際にはそのレベルの人材は少林寺には豊富にいますが何か?

ところで、金で段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



151 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:49:14 ID:wf3HA1mM0
>>149

大山倍達の土下座の事実も歴史の1ページですが何か?

ところで、金で段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?




152 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:52:25 ID:7VMz77JO0
土下座の写真は、元少林寺の道院長で出版社に勤めていた人が、少林寺拳法が
中国由来の拳法ではないと書いて、開祖の関係者怒りを買い、謝って土下座している
写真を大山の写真と勘違いした者がいて、大山土下座説が出てきたらしい。
この話は過去スレで議論されていたが、上記の結論になったと記憶している。

153 :71:2007/02/01(木) 19:54:39 ID:8LbD4N4S0
何か以前も少林寺の歴史関係のスレで荒らしてたヒトかな?

あまり故人を中傷しなさんなヨ。

少林寺拳法疑義論を確か書いてた人ですよね?佐藤金兵衛氏って。
だから敵視ですか?
もっと論理的に反論しないとダメぜ。

154 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:57:20 ID:UbZo1Wrd0
>ID:wf3HA1mM0

かなり古手、道院長クラスだと思われ。
同門ながら非常に恥ずかしい。正統以上の恥ずかしさ。

155 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 19:59:02 ID:wf3HA1mM0
>>152

それはウソです。

大山倍達の土下座は紛れもない事実ですが何か?

ところで、金で段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?


156 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 20:02:15 ID:wf3HA1mM0
>>153

武道とは全く関係のない私生活で開祖を中傷したクズが

佐藤金兵衛ですが何か?

事実関係をよく把握しなさい、バカ(プッ

ところで、金で段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?


157 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 20:03:58 ID:7VMz77JO0
>>155
>それはウソです。

>大山倍達の土下座は紛れもない事実ですが何か?

どこでいつその写真を見られたのですか?
まさか現場に居たとか言われませんよね(笑)。


158 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 20:04:26 ID:wf3HA1mM0
>>154

最近も極真のDQNをボコったまだ現役バリバリでちゅよ。

ところで、金で段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?


159 :71:2007/02/01(木) 20:04:27 ID:8LbD4N4S0
>ID:wf3HA1mM0
>武道とは全く関係のない私生活で開祖を中傷したクズが
>佐藤金兵衛ですが何か?

初耳ですね。詳しく願います。


160 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 20:07:34 ID:UbZo1Wrd0
ウザいコピペはE県の喧嘩大将では?

161 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 20:08:10 ID:wf3HA1mM0
>>159

クソスレ保存のための懐柔策乙。

ただし具体例を一つは言ってやろう。

まったく武道と関係のない開祖の結婚歴等を中傷した。


ところで、金で段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?


162 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 20:09:29 ID:wf3HA1mM0

このスレの寿命が短いことは保証する。

ところで、金で段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



163 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 20:12:24 ID:YpWgcF11O
そろそろ春か…

164 :71:2007/02/01(木) 20:21:34 ID:8LbD4N4S0
>開祖の結婚歴等を中傷した。

もっと詳しく。そこまで粘着する理由がそれでは見えてきません。

どうでもイイですが、無駄にスレを消費しないで頂きたい。
まじめに歴史を検証したい者もいるのでね。

165 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 20:53:01 ID:z6KLaWni0
佐藤金兵衛は医者だったんだね。
だから、金持ちの世間知らずで、武道に手をだした武道マニアですからね。
いろんな流派に手を出してどれも物に出来ず、金で集めたものばかりで武道
家としての実力はないのは、私でさえ写真を見れば丸わかり。
松田某と同じで武道家じゃない。武道マニアのオタクにしか過ぎんよ。
実力のない者には実力のる者の力は判断出来かねるが、その逆の場合はすぐに
解るのは武道に限らずどこの世界でも一緒だよ。

166 :71:2007/02/01(木) 21:32:52 ID:8LbD4N4S0

人は実力のある者にあこがれます。
で、追いつこうと努力します。

努力しないやつは、その人を自分の位置まで落とし込もうと中傷します。
カコワルーイ。

何にしろ、無駄な中傷は気分悪いですぜ。

167 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 22:50:55 ID:fHz5KemD0
佐藤金兵衛はあれでも昭和29年(1954年)からは、警察大学校で逮捕術の講師を務めていた。
医者になる前だね。金で買おうが、腕で劣ろうががどうでもいいが、一個人を反社会的な手段
で大規模な団体が私的制裁を加えた流派がまともだとはとても思えない。
今は大人しくなったと聞くが。


168 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 22:57:19 ID:wf3HA1mM0
>>167

>金で買おうが、腕で劣ろうががどうでもいいが

ガハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ

いかにもインチキ野郎=佐藤金兵衛の弟子丸出しのアホな書き込み。


ところで、金で段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?




169 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 23:03:52 ID:wf3HA1mM0
>>167

一個人の私生活を中傷したクズが

テメーのやったこと棚に上げて泣き言ほざいてやがる。

どこまで薄汚いのかねえ、佐藤金兵衛一派は。

ところで、金で段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?


170 :71:2007/02/01(木) 23:05:55 ID:8LbD4N4S0

もう金兵衛氏の話は止めましょう。
見てて気分が悪いから。
せめてもうちょいと言葉を選びましょうヨ。


171 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 23:12:36 ID:wf3HA1mM0

人間のクズ=佐藤金兵衛の弟子がたてたアホスレとはここですか?


ところで、金で段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?

172 :71:2007/02/01(木) 23:19:56 ID:8LbD4N4S0

敵を作るより
トモダチを作る方が人生有意義でつよ。


173 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 23:20:53 ID:wf3HA1mM0

めでたく地獄に堕ちた人間のクズ=佐藤金兵衛の弟子がたてたアホスレとはここですか?

ところで、金で段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?

174 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/01(木) 23:22:40 ID:wf3HA1mM0
>>172

トモダチ作るなら相手を選べ、このバカ(プッ

ところで、金で段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



175 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 00:04:41 ID:PPTBw+Ke0
少林寺拳法って創価学会とかオウムと同じで未だに狂信的な団体だったのか。
残念だな。
いい人多いのに。一部だかトップがこうだと。
金ちゃんの事なんてどうでもよかろうに。よほど気になるのか。なぜ気になるかと
言えば図星だからなのかね。

176 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 00:18:49 ID:v1rOf7J20
>>175

何を独り言つぶやいてよろこんでるんだ?この低能は(爆笑)

ところで、金で段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



177 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 00:23:06 ID:v1rOf7J20

少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズの佐藤金兵衛は地獄に堕ちました。

ところで、金で段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?


178 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 00:24:36 ID:v1rOf7J20

少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズの佐藤金兵衛はめでたく地獄に堕ちました。

ところで、金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?

179 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 00:39:44 ID:OU8ExbmE0
そういやそうだったな。あの頃他の武道家から金で免許集めてた
金兵衛さん。宗氏に同じ様な手で近づきすぐに免許もらえると思いや
普通の扱い受けて、しかも宗氏にその事みんなに話されちゃった。
それからだよな。少林寺がどうのこうのと因縁付けだしたのは。
身から出たサビだ。

180 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 10:53:51 ID:PPTBw+Ke0
>>179
具体的な出典をプリーズ
それとも少林寺内の伝説かい?

181 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 11:07:20 ID:QuGI8q330
とりあえず少林寺のふりしたり、八光流のふりしたり、テコンドーのふりしたりして
各流派を煽りまくってる人はあなたですか?

合気道やってる人はこういう腐ったことしかしないんですか?例の人


182 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 12:39:22 ID:rppoDfui0
>>179
佐藤氏は、大東流の吉丸先生も著書の中で評価されていましたよ。
当時は武道を一流の先生から習うのにお金がかなりかかった話は耳にします。
しかし、それだけ真剣に大東流合気柔術とか、太極拳、八卦掌など学ばれたのではないかと思います。
当時、中国拳法の名人に拳法を伝授されたということを著書の中で書かれて少林寺拳法を広めて
おられた宋氏についてみて、柔術と中国武術に詳しい佐藤氏が違和感を感じられて
も不思議はないと思います。宋氏にとつては不都合な人物だったかもしれません。
今はもはや聞くことは出来ませんが、両者の言い分を聞いてから判断しないと故人を
誤って評価することになるのではないでしょうか。


183 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 12:50:42 ID:QNiJ5SWV0
佐藤は吉丸にも金を払っていたわけかwwwwwwwwwwwww

184 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 12:54:05 ID:v1rOf7J20

少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズの佐藤金兵衛はめでたく地獄に堕ちました。

ところで、金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?


185 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 13:51:27 ID:Kelcsu8z0
>>127
>その話は、両者の間で全く違うのだが。
>H(イギリス)のことなら世界大会で2位にはなっていないよ。
>彼の話では、道を歩いていると知らない日本人がアーユー○○と、名前を尋ねるので
>イエスと答えると、いきなり殴って逃げて行ったとか(笑)。

ハワードコリンズは、世界大会2位なのに駅で2発で倒されたなんて、恥ずかしくって口が裂けてもいえない。
だから「フルコン」誌で、そんなことを言った。

その元白蓮隊員の人は、「三日月」に一発、倒れたところを、水月に1発蹴りを入れた。それで終わり。
まあ、昔の話。でも本当。

今は、2団体とも友好を深めているからね。

でも世界大会2位とか言っても、喧嘩でたかが2発で倒れるんだから、
K会もやはり競技(スポーツ)空手に過ぎない。

186 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 14:58:01 ID:rppoDfui0
>>185
極真の第一回世界大会の2位は、ローヤマさん。
第二回、三回はサンペイさん。
第四回はアンディさん。あんた何も知らないんだね(笑)。

187 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 15:12:30 ID:v1rOf7J20
>>186

極真の大会の順位なんてクダラネエこと

ほとんどの日本人は知らネエよ、ヴァ〜〜〜カ(爆笑)


188 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 15:44:47 ID:rppoDfui0
>>187
捏造のデーターを正してあげただなのに、馬鹿とか言ってるあなたはかなりレベルの低い人間ですね(笑)。

189 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 15:49:37 ID:v1rOf7J20
>>188

必死だな、チョン(プッ

ところで、少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズの佐藤金兵衛はめでたく地獄に堕ちました。

ところで、金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?


190 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 17:36:29 ID:QuGI8q330
これってアレだよね。
知識の適当さ加減から見て、少林寺と金兵衛さん系との諍いになるのを目的としてるんじゃ?
だから煽れそうなネタであれば何でもいい。
様々な流派・門派のネタを漁り、争いになりそうな書き込みをする。
くだらない上にワンパターン。どっかの将軍様みたいだ。

191 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 19:08:10 ID:v1rOf7J20

少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズの佐藤金兵衛はめでたく地獄に堕ちました。

ところで、金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



192 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 19:10:40 ID:EJ64nZvm0
まあそろそろ春だからね…

193 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 19:43:28 ID:v1rOf7J20

少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズの佐藤金兵衛はめでたく地獄に堕ちました。

ところで、金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



194 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 19:47:29 ID:XYWp7zD/O
小臨時はダンス武道だけあって、頭のおかしなのがいるな。

195 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 22:20:54 ID:PPTBw+Ke0
少林寺って警察とか自衛隊とかの公的機関で採用された事ってあるの?

196 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 23:18:31 ID:v1rOf7J20

少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズの佐藤金兵衛はめでたく地獄に堕ちました。

ところで、金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



197 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/02(金) 23:25:28 ID:v1rOf7J20
>>195

少林寺の柔法が警察の逮捕術に、技の名称も

そっくりそのままで数多く採用されています。

警視正だった故太田達男大範士 の提案で採用に至りました。


198 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 04:21:31 ID:pXCL8HKT0
ハイハイ、少林寺が最強だよw

199 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 08:20:35 ID:RJ/NBn0k0
少林寺はどこかのカラテとちがって最強とか言った
こともないし、その必要もないんだけど、何か?w

200 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 12:07:18 ID:Zkx0aPxM0

少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズの佐藤金兵衛はめでたく地獄に堕ちました。

ところで、金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?




201 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 12:39:58 ID:Rzx+QQgQ0
KYAHAコテつけろよ、コピペしか能がない粗チン野郎がw

202 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 14:08:48 ID:Zkx0aPxM0

少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズの佐藤金兵衛はめでたく地獄に堕ちました。

ところで、金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?

203 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 17:07:12 ID:X+jsITx90
少林寺の技が警察逮捕術に採用されたという事実はありません。似たような
技は柔術や合気道などあちこちにあります。一応警察は養神館を採用して
います。


204 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 17:18:05 ID:Zkx0aPxM0
>>203

金兵衛の弟子がデタラメほざいてバカ丸出し(プッ

少林寺の柔法が警察の逮捕術に、技の名称も

そっくりそのままで数多く採用されています。

警視正だった故太田達男大範士 の提案で採用に至りました。


205 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 17:25:45 ID:Zkx0aPxM0
>>203

養神館の合気道を採用しているのは、警視庁のみで

しかも機動隊員のみですが何か?

一方、少林寺の柔法は

   日  本  全  国  の  警  察

の逮捕術に、少林寺での技の名称もそっくりそのまま同じで採用されています。

警察の逮捕術教範を見てみればわかる。

歴史を捏造する恥知らずのバカ。

チョンと変わるところ無し(嘲笑)


206 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 17:26:30 ID:Zkx0aPxM0


少林寺の柔法は警察の逮捕術に、技の名称も

そっくりそのままで数多く採用されています。

警視正だった故太田達男大範士 の提案で採用に至りました。



207 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 17:27:10 ID:Zkx0aPxM0

少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズの佐藤金兵衛はめでたく地獄に堕ちました。

ところで、金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?




208 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 17:38:09 ID:O6kaGy950
【第4回全日本大会】(1972.10.22) 優勝:三浦 美幸/2位:ハワード・コリンズ
当時は、ハワードは日本で2位。世界大会は1975年から。

209 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 17:40:52 ID:EOIQQlbJO
警察の逮捕術の話は聞いたことないな〜。麻取に指導に行ってる話は聞いたことあるけど。

210 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 17:41:38 ID:sUK5AilH0
>警視正だった故太田達男大範士 の提案で採用に至りました。

太田先生警視長じゃなかったっけ?
それに少林寺は警察に採用されていないですよ。
太田先生が提案したなんて聞いたことないし。
ちなみに自分は太田先生警察学校時代の直弟子。
それに達男じゃなくて達雄ね。

211 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 18:37:44 ID:Zkx0aPxM0
>>210

デタラメほざいてるんじゃねえよ、この無知が。(プッ

少林寺の柔法が警察の逮捕術に採用されるに至った経緯は

少林寺拳法正史にも記載されていること。

戦後に新しく逮捕術に採用された少林寺の

腕十字固、送捕、吊上捕、送指捕・・・・・

等の少林寺の技と形も名称も全く同じ技は

いったいどこから沸いてきたんだよ?あ〜〜〜〜〜〜。

答えてみろや(大爆笑)



212 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 18:56:30 ID:SrqvwkvR0
厚生省の麻薬取締官の逮捕術が少林寺拳法であることは有名です。
あと、大坂府警の麻薬関係の捜査官も採用しているようです。
各都道府県によって異なるようです。

213 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 19:09:54 ID:sUK5AilH0
>>211
別に嘘じゃないですよ。大体逮捕術なんて殆どやりませんし断片的な
技術だったら棒術もレスリングも合気道も普通に入っていますよ。
それに新しい技術があるとすぐ採用になりますから。その技術の数は
少林寺の技どころじゃないです。ある意味警察限定の競技武道ですよ。

214 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 19:20:15 ID:sUK5AilH0
逮捕術に採用が大事みたいに考えていますけど固め技程
有効な為かレスリングの技が圧倒的に多いです。
太田先生はせめて警察学校だけでも正科の一つとして加
えたいとは仰っていましたけど結局駄目でした。合気道は
女子だけですけどあります。

215 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 19:34:27 ID:Zkx0aPxM0
>>213

やはり質問に答えられずに

はぐらかしたか(爆笑)



216 :71:2007/02/03(土) 20:37:57 ID:erAD1+Ws0
>>214
太田先生が提案した訳ではないようですが
太田先生の努力もあり東北では一足先に採用されてたとか聞きます。

一応、技の一部は採用はされてるみたいですよ。
勿論合気道や柔道、空手、杖術も仰る通り入っています。

要はイイとこ取りなんですね。逮捕術って。

217 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 23:18:59 ID:m3+eQRAmO
腕十字固めは七里引きと言う、もともと日本柔術の技。腕送りなんかもそう。居どりや縛法など、宗先生のおかげでマイナーだった柔術の技が陽の目をみることになった。

218 :71:2007/02/03(土) 23:47:32 ID:erAD1+Ws0
ちなみに中拳にも腕十字固め系の技はあったりします。

少林寺拳法の柔法は中拳と柔術のどっちの色が濃いのかなぁ?
見た感じ柔術チック。でも柔法も大分変わってきてるからなぁ。

219 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 23:50:44 ID:Zkx0aPxM0
>>217

バカ丸出し(爆笑)

柔術の幼稚な方法と少林寺の腕十字の違いも知らない技術音痴のバカ。

柔術のやり方では長身の相手にはかかりませんが何か?

さらに腕送りなんて技は少林寺にありませんが何か?

さすが、金で免許を買っただけのインチキ武道家

    佐  藤  金  兵  衛

のアホ弟子だけのことはあるわい。(プッ

本質的違いが全く理解できていない低能ですた。(大爆笑)



220 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/03(土) 23:51:28 ID:Zkx0aPxM0

少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズの佐藤金兵衛はめでたく地獄に堕ちました。

ところで、金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?


221 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 00:20:05 ID:dvVkNP8dO
送片手投げとか、送小手など、いちいち分けて書くのがめんどかったので、まとめて腕送りと適当に書いただけなんだが。同じコピぺしか貼らないのに、こんなことには細かいんだな(笑)

222 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 00:20:29 ID:Sm5aTFxc0


秋山使用のメリケンサックはこれか?→ http://up.nm78.com/dl/3807.jpg

223 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 00:23:01 ID:3G6jxNQ50
腕十字って難しいよな。
本当にこなせる人って少ないと思うけど。今はどうなの?
上手い人にかけられた思い出がない。
乱取りばっかりして、腕十字みんな下手くそだったからね。
それと、かけると自分の腕が相手に噛まれる位置になるのは
どう克服してるの?

224 :71:2007/02/04(日) 00:38:32 ID:DQk5V/Wm0
う〜ん、普通に掛ければ自分の体(もしくは体勢的に)が邪魔で噛めないと思うけどどうでしょうか?

あと少林寺も基本的に自分より身長の高い相手に普通掛けません。ナンセンスね。
そのときは普通は逆天秤。
まぁ、不可能ではないですけど。

225 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 00:56:59 ID:03UG92CG0
>>223

話しにならないバカ。

いったいどういうかけ方してるんだ?

ドヘタな大学の拳法部か何かでろくに技術も知らない名だけの少林寺拳士バレバレ。(プッ


226 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 00:58:54 ID:03UG92CG0

少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズの佐藤金兵衛はめでたく地獄に堕ちました。

ところで、金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?


227 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 01:37:02 ID:3G6jxNQ50
>>225
まっ、しょうがないな。バレバレは認めるよ。
実際瞬時に決めれるほどの者いなかったからね。
いいじゃないか。
話しにならないバカ。まで言ったら話にならんだろ。


228 :元拳士:2007/02/04(日) 02:20:07 ID:Gd9y/4G+0
24年前まで、拳士でした。5年の経験で一応有段者です。私の経験した事を書きます。
昔の基本練習では、急所(金的)以外を打たれてから、
この急所に対して「どのように当身を打てば有効か」を体感しながら練習に入ったりしてました。
かなりスパルタなものでした。
実戦練習においては、そのころはよく多様な武道を極めようと他流の経験者が入門してくる事が多く、好戦的な態度の人達もいました。
また、少林寺拳法では他流試合はご法度でしたが、乱捕りと銘打って対峙する機会にはあふれていました。
皆、他流の技を体感する機会と暗黙の了解でよくやっていました。
私自身は、空手経験者の相手は得意でした。しかし、空手が少林寺拳法より弱いというわけではありません。
センス的に空手の動きや体裁きが、私には捕らえやすかったのだと思います。
父親が空手家で、子供のころから体罰をよく受けていたからだと思います。
当時は冷静にそういう分析ができなかった為に、「少林寺拳法は最強」と自負していたところがありました。
しかし、武道をやっている上で思い知ることは「自分の力を知る(自分より強い人を知る)」だと思います。
ボクサーには、やられました・・間合い・体裁きが全然違うのです。その両方を全て支配されてしまうんです。
ショックで、密かにボクシングも習いました。結果は、付け焼刃のボクシング自体ではボクサーには勝てません。
しかし、自分なりに少林寺拳法と融合させる事で対処方法を見出す事ができました。
対処方法を見出せば、間合いの支配が出来る様になり、蹴りが有効化する事でコチラが有利になる様になれました。
私が少林寺拳法の成り立ち・転落について思う事があります。
開祖が天才肌であったと思うのです。紆余曲折はあったにしても多様な武道をそこそこ簡単に体感できるタイプの人間に思えるのです。
例えば、開祖の合気道に対する認識は、理論的に無茶苦茶なくせに感覚的に体得しているフシを感じます。中国拳法にも間違い無く精通していたとも思います。
しかし、本来の理をはきちがえた部分もあるクセに実践値では上手く活用するという様なトコロがあったのでは無いでしょうか?
それによって、没後の伝承がうまくいかない、理論がおかしい等という矛盾が生じてしまい、変な現少林寺拳法という組織になったのではと思うのです。

229 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 02:22:12 ID:Qc8gcZOUO
柔法は、備中伝竹内流の影響が強いよ
宗家は、入門はされてないけど稽古には通われてたからね

[の方の議論は面白いけど…ねっ

230 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 02:36:44 ID:dvVkNP8dO
古流もやっていた友人の話では、開祖のたち方や体捌きが竹内流にそっくりだと言っていた。おかげで理由がわかった気がする。

231 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 02:47:02 ID:03UG92CG0
>>228

今は昔の技と違うやり方がどんどん出てきて改良されてます。

自分にあった方法を見つけ出せるはずです。

開祖の残した方法が唯一のものではないのです。

しかし、いずれにせよレベルが高い道院に入らないとだめでしょうね。


232 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 02:49:13 ID:03UG92CG0
>>230

金で段位を集めていたインチキ武道家

  佐  藤  金  兵  衛

のアホ弟子がまた無知を晒してやがる(プッ

知恵遅れ丸出し(嘲笑)

233 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 02:51:12 ID:03UG92CG0

金で武道の段位をコレクションしていた品性の卑しいヤブ医者の佐藤金兵衛は

少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズの佐藤金兵衛はめでたく地獄に堕ちました。

ところで、金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



234 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 03:12:30 ID:Qc8gcZOUO
>>230
229です
ボクは、少しかじった位だけどね
岡山大学の古武道部のOBなら、面白い話を知ってると思うよ…
(^O^)



235 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 03:36:23 ID:Qc8gcZOUO
>>233
生兵法は怪我の元を地でいってるよね
でも、本人は兎も角弟子はたまったもんじゃないね
その弟子が、チャランポランな事をそのまま教えてるんだから救われないね
仙台の弟子が、柳生心眼流の個人レッスンを開いてるけど…あれは罪だよなぁ

236 :230:2007/02/04(日) 03:36:26 ID:dvVkNP8dO
229さん サンキューです

237 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 04:56:43 ID:V+4Ae0BR0
どうも左党金兵衛ちゃんが憎くて憎くてしょうがない奴がいるようですね。
まあしょうがないかな。
宗の拳法が偽中国拳法である事をばらされちゃあね。
あがけばあがくほど見苦しいがしょうがないか。

238 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 08:30:10 ID:QMxcTgE20
>>237
私は227だけど、237さん、君は何も知らんようだから。
金兵衛さん以下のレベルかな?w まっ、しょうがないな。
少林寺拳法は純粋な日本武道だから、偽中国拳法もくそもないがね。

239 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 08:50:14 ID:QMxcTgE20
中国拳の影響を受けて宗さんが独自に創った日本武道。


240 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 12:02:30 ID:45j2s86EO
なぜ信者もアンチも

>>10をスルーするのか?



241 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 12:52:37 ID:03UG92CG0
>>237

インチキ武道家=佐藤金兵衛 のアホ弟子が無知丸出し(爆笑)


「・・・ そのことが解ってからの私は、柔道や空手、ボクシング、相撲その他を研究し、

 その技をこの原則に当てはめ分解してみると、いずれも同じであるということを確かめることが

 出来たので、帰国後、私は全く新しい観点から中国の拳技や把式の再編を思い立ち、

 護身術にもなり、保健体育法にもなり、その上人格完成に貢献できる精神修養法にもなる、

 心身一如の修道法の  創   設  を志し、中国の嵩山少林寺の白衣殿の壁画に残る印度伝来の

 阿羅漢の拳を、原始時代の今日にふさわしい形式に組み替えて、行うことに踏み切り、祖師の啓示と

 先師の教えを基として、これを戦時中に得た貴重な実戦の体験と私の創案を加えて慈に

 日本正統少林寺拳法を編んだのである。」(宗道臣著 少林寺拳法教範)



242 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 13:00:07 ID:03UG92CG0
>>240>>10

いい加減な記述をしてるんじゃねえよ、このクズ。

正しくは 義和門の代二十一代の師父だろうが。

ヴォケ(プッ


243 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 13:06:37 ID:03UG92CG0

金で武道の段位をコレクションしていた品性の卑しいヤブ医者の

   佐   藤   金   兵   衛

は 少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズでしたが、バチが当たって地獄に堕ちました。

ところで、その金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



244 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 13:30:11 ID:dvVkNP8dO
北少林寺義和門拳の文老師に伴われて印可を受けに行ったんだったねw

245 :71:2007/02/04(日) 13:33:44 ID:DQk5V/Wm0
>>229
>柔法は、備中伝竹内流の影響が強いよ
>宗家は、入門はされてないけど稽古には通われてたからね

これは初耳。ちょっと興味深い話デス。

246 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 13:42:47 ID:dvVkNP8dO
竹内流は、拳骨和尚で有名な流派でしたっけ?ふせん流のもとになったとも聞いたことがありまつ。

247 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 13:44:57 ID:03UG92CG0

金で武道の段位をコレクションしていた品性の卑しいヤブ医者の

   佐   藤   金   兵   衛

は 少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズでしたが、バチが当たって地獄に堕ちました。

ところで、その金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



248 :71:2007/02/04(日) 13:45:24 ID:DQk5V/Wm0
>>240
開祖が中国少林寺53代〜と、言う記述は見た記憶はないですね。私は。
義和門拳二十一代師父と言う記述はイロイロなところで見受けられますけどね。

249 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 13:52:33 ID:ChdIimm/0
>義和門拳二十一代師父と言う記述はイロイロなところで
>見受けられますけどね。
これは教範にもでていますからね。
私も53代なんとかっていうのは聞いたこと無いです。

250 :71:2007/02/04(日) 13:52:57 ID:DQk5V/Wm0
>>246
拳骨和尚で有名なのは不遷流でつね。開祖の祖父がやってた流派でつ。
仰る通り竹内流は不遷流のもとになったものの一つみたいでつ。

とすると少林寺に似たところがあってもおかしくはないかも知れません。

251 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 14:01:56 ID:ChdIimm/0
元々少林寺拳法は開祖が色々な技術を寄せ集めて編纂
したって言っていますからね。中国拳法じゃないって教範
でも明記されていますから出所は黒歴史にはならないんじ
ゃないのかな?ネタとしては面白いけどね。

252 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 14:03:49 ID:03UG92CG0

開祖が習った当時の中国拳法の技の原名と現在の少林寺拳法の名称

インチキ武道家=佐藤金兵衛 は論外ですが、まともな日本人中国拳法家ですら中国名を盲目的に踏襲している現在、

すでに半世紀以上前にオリジネルの日本名を独自につけて技の整理をしていた開祖の非凡さが伺えます。

それにひきかえ、今時の中国拳法修行者は・・・(プッ

双龍出海  →逆小手
懐中抱月  → 腕十字
童子拝仏  →前髪捕or熊手返
大纏手   → 切小手
覇王請客 → 内逆手捕
恕不同行  → 略十字小手
野雉拗翅 → 送肘攻
一柱頂天 → 逆天秤
後上翻 → 逆手投
天旋地転 → 肘抜前天秤
白馬登猿 → 足抜
老漢拝将 → 送巻天秤
上纏肘 → 龍投
野雉展翅 → 片手送小手
順水推舟 → 片手押小手
英雄有礼 →袖捕
剪腿 →挟倒
巧破腰索 →矢筈投
控腕奪刀 →小手投


253 :71:2007/02/04(日) 14:10:25 ID:DQk5V/Wm0
>>251
ですね。
ただ私は少林寺拳法において中国拳法の影響は確実視してます。
嵩山少林寺のものかどうかは疑問でつけど。

254 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 14:10:36 ID:ChdIimm/0
>>252
へぇ、面白いな。こんな対応一覧はじめて見たよ。
それにしても
童子拝仏  →前髪捕or熊手返
って大分系統が違うけど童子拝仏って技が何系統かあったって事。
それとも前髪捕が元の技から変わって今みたいになったの?

255 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 14:13:38 ID:Qc8gcZOUO
>>250
宗家が、竹内流の道場に通われてたのは昭和30年代ですよ
宗教法人として、信者獲得の方法として武術を広めはじめた頃です
でも、凄いのは有名になり始めた頃に技や教授方法の未熟さに気づき、稽古をされていることなんですよ
備中伝竹内流は、技の宝庫だし、農民の間で広まった武術だから難しい理合や精神論で説明しないっていうのが大衆向けの教授には必要だったんですよ

256 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 14:26:58 ID:L6KLiAV90
このHPですか?
http://marukado.web.infoseek.co.jp/page133.html

ひとつ忠告しておきますが、中国武術はひとつの招式に対し用法(招法)を
たったひとつに限定するようなことは稀ですよ。
たとえば太極拳の単鞭にしても4つ5つは用法が導き出されるわけで。。
その技表には違和感しか感じません。

257 :71:2007/02/04(日) 14:27:03 ID:DQk5V/Wm0
>>255
少林寺草創期は上のほうで大分言われてる八光流とか訪問したりと
イロイロ研究してるみたいですしね。開祖の熱心さが伺えます。

しかし、昭和30年代はもう組織もかなり大きくなってるからなぁ。
教範も改定増刷されてるし。
武術をはじめたころならもっと前じゃないかしらん?

258 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 14:27:33 ID:dvVkNP8dO
養神館や日拳の稽古を見学に行ったり、空手や拳闘を習ったり、かなり研究熱心だったみたいね。

259 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 14:35:59 ID:Qc8gcZOUO
>>257
岡山市の竹内流の道場に来られてたのは昭和30年代から41・42年位までです


260 :71:2007/02/04(日) 14:43:33 ID:DQk5V/Wm0
>>259
組織が大きくなっても研究を続けてたんですね。
他にもイロイロ行ってるかもしれませんね。

261 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 15:51:44 ID:FoKtJVAG0
>>259
>>260

また、5流の嘘物書きが嘘書いている。
おい、昭和30年年代から昭和41年まで岡山の竹内流を習いにいっただと??
馬鹿か、開祖にそんなひまがあるはずないだろ。本部道場も建設しようとしているときに、
自分だけ岡山に習いにいったのか?馬鹿か。

第一、あんな小さな竹内流の道場に、何で少林寺のような大きい組織の人間が習いに
いくんだ。

おい、嘘書き野郎、証拠をみせろ。

八光流といい、竹内流といい、皆、少林寺をあてにして、「金かせぎ」か。
やくざみたいだな。「おれに世話になっただろ」みたいな。

まったくばからしい。

262 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 15:59:50 ID:03UG92CG0

【注】

竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

の有名な道院で技術を学ぶことを薦めます。

決して竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。



263 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 16:02:47 ID:Qc8gcZOUO
八光流もその他流儀も、新興武道に胸を開いたんだから…その事を否定しちゃいけないね
本来、古流武術でも宗教でも、どこかの流儀の印可を受けた者しか流儀を開けなかったんだよ
でも、時代が時代だから…僅かの束修で稽古をつけたってことはあるだろうね




264 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 16:11:12 ID:03UG92CG0
>263 名前:名無しさん@一本勝ち :2007/02/04(日) 16:02:47 ID:Qc8gcZOUO
>八光流もその他流儀も、新興武道に胸を開いたんだから
-----------------------------------------------------------------
ガハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ

バカ丸出し(爆笑)

単に無職ものが金儲けのために柔術の講習はじめただけだろうが。

この無知丸出しの低能。(プッ


265 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 16:11:35 ID:ChdIimm/0
>第一、あんな小さな竹内流の道場に、何で少林寺の
>ような大きい組織の人間が習いにいくんだ。

行っちゃいかんのか?

266 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 16:12:48 ID:03UG92CG0

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

の有名な道院で技術を学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。


267 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 16:15:06 ID:ChdIimm/0
>有名な道院で技術を学ぶことを薦めます。

少林寺で有名な道院といったら○屋先生の
銀○道院や○谷道院ですけどそこでいいの?

268 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 16:24:18 ID:03UG92CG0
>>267

典型的クズ丸出し(プッ

この手のレスがつくことは最初から予期していた。(爆笑)

文の趣旨から、「技術的に優秀なことで有名」という意味に決まってるだろ。

この知恵遅れ(プッ

269 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 16:26:09 ID:03UG92CG0

【注】(知恵遅れ用の修成版)

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。

270 :71:2007/02/04(日) 16:35:33 ID:DQk5V/Wm0
>>261
確かに忙しい時期でつね。だからと言って否定はできませんぜ。
でも証拠がないと肯定もできません。
可能ならID:Qc8gcZOUOさん
情報のソースを下さい。

>自分だけ岡山に習いにいったのか?馬鹿か。

自分だけってことはないでしょうね。八光流のときも弟子と行ったみたいですしね。
あとバカは余計ね。ネチケット、ネチケット。

271 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 17:06:15 ID:Qc8gcZOUO
少林寺拳法って、宗教法人だからなぁ
(-.-)
否定的な事言っちゃうと…いい反応が返って来るね
(^o^;)
別に、証言て程でもないと思うけど…剣道日本とか秘伝に執筆されてる武道家に伺えば
お酒が入れば、口が滑るかもね




272 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 18:21:45 ID:03UG92CG0

金で武道の段位をコレクションしていた品性の卑しいヤブ医者の

   佐   藤   金   兵   衛

は 少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズでしたが、バチが当たって地獄に堕ちました。

ところで、その金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



273 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 18:22:54 ID:03UG92CG0

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。


274 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 18:29:57 ID:ldwqrQIi0
>>262 ID:03UG92CG0

竹内だか竹之内だか知らんけどさ、古武道とか柔術とかの知識も全然無いけどさ。
うちの子供を近所の少林寺に通わせようかなって考え中の時にこのスレ見つけて
面白そうだったんで読んでみたけど。

あんたの書き込み見て、やっぱり習わせるの止めようって気になったよ。

あんたの煽り方や粘着のしかた、宗教板の現役カルト信者のそれとソックリなんだもん。

大学の頃、隣の部の少林ジャーたちとか見てて
少林寺って、前から少しカルトっぽい所がある感じがするなとは薄々感じてたけど
(まあ実際、新興宗教法人なんだからそういう要素があってもおかしくないけど)
あんたのカルト信者っぽいカキコ見てて、子供習わせるの、改めて不安になったw。

昔の極真さんとかもそうだったけど、やっぱ少林寺もカルトな団体なん?

275 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 18:43:59 ID:03UG92CG0
>>274

ガハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ

2ちゃんねるのスレ見て子供の教育の進路を決めるだってよ。

知恵遅れ丸出しのウソ(プッ

ここまでバカ晒すとはよほど痛いところ突かれたらしい(大爆笑)


276 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 18:48:07 ID:03UG92CG0

金で武道の段位をコレクションしていた品性の卑しいヤブ医者の

   佐   藤   金   兵   衛

は 少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズでしたが、バチが当たって地獄に堕ちました。

ところで、その金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



277 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 18:50:56 ID:03UG92CG0

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。



278 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 18:56:17 ID:ChdIimm/0
>昔の極真さんとかもそうだったけど、
>やっぱ少林寺もカルトな団体なん?
勝手にドツボに嵌っていく人いるからね。
武道団体は多少でも精神性がウリだからそういう属性があるのを
引き寄せちゃうんだろうね。

ちなみに子供に習わせるんだったらきちんとした体育指導が出来る指導者がいる
競技のほうがいいと思いますよ。今だとスポーツプログラマーとか健康運動指導
士とかそういう公の資格もありますから目安にしてみるといいですよ。
私は少林寺をやっていますけど子供のうちはスポーツ競技のほうが体力向上には
効果的だと思うし体育的な意味ではそちらほうがいい指導者に恵まれていると思い
ますね。もちろん少林寺の中にもいますけれども絶対数は少ないです。地区の体
協とか体育館で情報を仕入れる事が出来ると思いますので一度聞いてみたらどう
ですか?あと責任者と話をしてみて健康を主眼にしているのか能力向上を主眼に
するのかでもが変わってきますのでそのあたりはお子さんの状況で判断してみて
下さい。

279 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 19:17:49 ID:ldwqrQIi0
>>275
子供のスポーツの習い事ぐらいで子供の教育の進路云々って
お前の思考回路ヤバイよ。やっぱり少林カルト信者なんだねw。

>>278
実に丁寧な参考になるレスありがとうございますm(_ _)m。
貴兄のような常識ある方が指導されてる道場だったら安心して通わせられるんですが
現実は中々難しいんですよね。>>275みたいなキチガイの道場だったら目も当てられないし。
私か妻が一緒に通えれば一番いいんですが。


280 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 19:41:36 ID:Qc8gcZOUO
>>279
武道やったことないんですか
なんか、ココロ変わりが…(>_<)
痛いな
袖スリ合うも何とやらですよ
無闇に攻撃してたら身が持ちませんって


281 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 19:55:42 ID:03UG92CG0
>279 名前:名無しさん@一本勝ち :2007/02/04(日) 19:17:49 ID:ldwqrQIi0
>子供のスポーツの習い事ぐらいで子供の教育の進路云々って

テメーのガキもいねえただのカスであることがバレました。(プッ



282 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 19:56:22 ID:2F0V5eeXO
ネチネチ言ってる奴かなりきもいな

大東流開祖は七里引きを自分よりずっと背の高い警官達にかけてまわったわけだが

283 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 19:59:51 ID:y2CUNVjJ0
>>279
ミットモナイよ、ボーヤ。w

284 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 20:02:04 ID:IppE192O0
>>282
オカルトの大東流を持ち出すな、アホ

285 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 20:02:51 ID:03UG92CG0

金で武道の段位をコレクションしていた品性の卑しいヤブ医者の

   佐   藤   金   兵   衛

は 少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズでしたが、バチが当たって地獄に堕ちました。

ところで、その金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



286 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 20:19:35 ID:ldwqrQIi0
>>280
大学の頃はキック部でした。
実績の方は恥ずかしくて言えない程度の実力でしたがw。
就職してリーマンになってからは何もやってませんw。
武道系の団体は入った事がないんですよ。
キック部の関係で新空手の流派へ何度か練習にいったぐらい。
部の性格上、学内のフルコン某流派Sの空手部とも交流があって
武道、格闘技界の裏事情とかもいろいろ聞いていたので
子供が武道や格闘技習う道場選ぶのには少し慎重になってるんですよね。

少林寺の方はよく知らないんですよ。マスコミ情報も少ないし
大学の少林寺部とは交流殆どなかったし
(話すと普通な人たちなんだけどちょっと閉鎖的な感じでしたね。あそこの部だけの話かもしれないけど)。

ただ、レッスンプロでやってるフルコン空手やキックと違って基本的にアマチュア主義で
本業でなく副業で指導されてる人が多いみたいなんで、前者よりは社会常識持った人多くて
子供に習わせるには良いんじゃないかなと考えてたんですけどね。
ちょっとカルトっぽい感じがするのだけが気になってました。


287 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 20:31:16 ID:03UG92CG0

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。



288 :71:2007/02/04(日) 21:05:59 ID:DQk5V/Wm0
>>286
どの団体にもいろんな人がいるものです。
少林寺だから社会常識もってるとか空手じゃだめとかないですよ。
見学なりなんなりするしかないにゃー。

そこらの道院や部活は、そんなに心配するほど宗教色は濃くはないですね。
こう言ってはなんですが、少林寺の思想を本気で勉強してる方とかは少数派でしょうし。

でも金剛禅の思想は悪いものじゃないですヨ。人として当たり前のことを説いてますぜ。


289 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 22:13:54 ID:jK0NHqWc0
>252

> 双龍出海  →逆小手
> 懐中抱月  → 腕十字
> 童子拝仏  →前髪捕or熊手返
> 大纏手   → 切小手
> 覇王請客 → 内逆手捕
> 恕不同行  → 略十字小手
> 野雉拗翅 → 送肘攻
> 一柱頂天 → 逆天秤
> 後上翻 → 逆手投
> 天旋地転 → 肘抜前天秤
> 白馬登猿 → 足抜
> 老漢拝将 → 送巻天秤
> 上纏肘 → 龍投
> 野雉展翅 → 片手送小手
> 順水推舟 → 片手押小手
> 英雄有礼 →袖捕
> 剪腿 →挟倒
> 巧破腰索 →矢筈投
> 控腕奪刀 →小手投

どこのサイトからこの情報を盗んできたんだか?

290 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/04(日) 22:43:20 ID:03UG92CG0

金で武道の段位をコレクションしていた品性の卑しいヤブ医者の

   佐   藤   金   兵   衛

は 少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズでしたが、バチが当たって地獄に堕ちました。

ところで、その金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



291 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 01:07:19 ID:8GRUpftRO
紅卍拳さんのレスはいいですね。コテハンに戻られたらいいのに。

292 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 01:21:11 ID:KGAlxbuo0
キャハうるさいよ


293 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 01:23:53 ID:Egb4xKYYO
>>289さん
ネタ元と思われるサイトは他流派の動画とかも載せたりして「少林寺拳法はもっ
と頑張らにゃヤバいぞ!」っつースタンスなのに、そこから勝手に引用してる奴
の痛さはまったく…(T_T)

294 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 02:10:15 ID:Xz20x0G90
>>259
>>260
>>270

じゃあ、竹内藤一郎久宗先生に直接聞いてみるけどいいんだな?
電話して「2chというところで、少林寺の開祖が昭和30年代から40年代に
そちらに習いに行っていたという事をほざいているやつがいるが、その証拠を出せ」
と聞けばいいんだな。

ここか?
〒709-3104 岡山県御津郡建部町角石谷××25 086×-××-3380



295 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 02:55:24 ID:tNmZmqEY0

金で武道の段位をコレクションしていた品性の卑しいヤブ医者の

   佐   藤   金   兵   衛

は 少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズでしたが、バチが当たって地獄に堕ちました。

ところで、その金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?





296 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 02:57:16 ID:tNmZmqEY0

【注】

竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

の有名な道院で技術を学ぶことを薦めます。

決して竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。



297 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 03:00:03 ID:tNmZmqEY0

開祖が習った当時の中国拳法の技の原名と現在の少林寺拳法の名称

インチキ武道家=佐藤金兵衛 は論外ですが、まともな日本人中国拳法家ですら中国名を盲目的に踏襲している現在、

すでに半世紀以上前にオリジネルの日本名を独自につけて技の整理をしていた開祖の非凡さが伺えます。

それにひきかえ、今時の中国拳法修行者は・・・(プッ

双龍出海  →逆小手
懐中抱月  → 腕十字
童子拝仏  →前髪捕or熊手返
大纏手   → 切小手
覇王請客 → 内逆手捕
恕不同行  → 略十字小手
野雉拗翅 → 送肘攻
一柱頂天 → 逆天秤
後上翻 → 逆手投
天旋地転 → 肘抜前天秤
白馬登猿 → 足抜
老漢拝将 → 送巻天秤
上纏肘 → 龍投
野雉展翅 → 片手送小手
順水推舟 → 片手押小手
英雄有礼 →袖捕
剪腿 →挟倒
巧破腰索 →矢筈投
控腕奪刀 →小手投


298 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 03:03:06 ID:tNmZmqEY0

いまだに、少林寺拳法は中国拳法ではないなどどピンボケな批判している知恵遅れがいるからあきれちまう(爆笑)

「・・・ そのことが解ってからの私は、柔道や空手、ボクシング、相撲その他を研究し、

 その技をこの原則に当てはめ分解してみると、いずれも同じであるということを確かめることが

 出来たので、帰国後、私は全く新しい観点から中国の拳技や把式の再編を思い立ち、

 護身術にもなり、保健体育法にもなり、その上人格完成に貢献できる精神修養法にもなる、

 心身一如の修道法の  創   設  を志し、中国の嵩山少林寺の白衣殿の壁画に残る印度伝来の

 阿羅漢の拳を、原始時代の今日にふさわしい形式に組み替えて、行うことに踏み切り、祖師の啓示と

 先師の教えを基として、これを戦時中に得た貴重な実戦の体験と私の創案を加えて慈に

 日本正統少林寺拳法を編んだのである。」(宗道臣著 少林寺拳法教範)



299 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 03:59:36 ID:wigG3yaWO
キャハってもしかして本山の工作員?

300 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 07:23:32 ID:Xz20x0G90
>>259
>>260
>>270
>>294

じゃあ、俺は竹内藤十郎久武先生に電話して、

「おたくの弟子で、少林寺の開祖が、昭和30年から40年にかけて、
そちらまで習いに行った、とほざいている者がいるが、竹内流の正式見解でいいんだな?
その証拠を出してみろ」てきけばいいんだな。

ここだな、〒709-3104 岡山県御津郡×部町角石谷×××× 
086×-××-3385



301 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 09:16:03 ID:8GRUpftRO
陳老師、文老師に習った話は嘘だろうが、多少は習っていると思うよ。座捕りや縛法などはどうみても柔術だがね。

302 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 09:30:32 ID:tNmZmqEY0
>>301

アッ、また 佐藤金兵衛のアホ弟子がウソをついている。(爆笑)

さすが、は金で段位を買っていたインチキ武道家の弟子。(嘲笑)



303 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 09:32:24 ID:tNmZmqEY0

金で武道の段位をコレクションしていた品性の卑しいヤブ医者の

   佐   藤   金   兵   衛

は 少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズでしたが、バチが当たって地獄に堕ちました。

ところで、その金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?





304 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 09:50:57 ID:tNmZmqEY0

金で武道の段位をコレクションしていた品性の卑しいヤブ医者の

   佐   藤   金   兵   衛

は 少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズでしたが、バチが当たって地獄に堕ちました。

ところで、その金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?





305 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 11:46:10 ID:xiy4do0/0
佐藤さんには佐藤さんで言いたいことがあったに違いない
「お前ら、それ、そもそも中拳じゃねーだろ!!」とかな。


306 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 11:50:21 ID:Fmtq7UPM0
黒歴史マダー・・・・・・?

307 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 12:07:52 ID:k5rgTCgX0
>陳老師、文老師に習った話は嘘だろうが、多少は習っていると思うよ。座捕りや縛法などはどうみても柔術だがね。

これが正解かと。
陳さんや文さんはいたと思いますよ。ただ、正統何々拳の継承者だとか、
全伝を授かったかどうかは非常に怪しいけど。

308 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 12:40:40 ID:tNmZmqEY0

いまだに、少林寺拳法は中国拳法ではないなどどピンボケな批判している知恵遅れがいるからあきれちまう(爆笑)

「・・・ そのことが解ってからの私は、柔道や空手、ボクシング、相撲その他を研究し、

 その技をこの原則に当てはめ分解してみると、いずれも同じであるということを確かめることが

 出来たので、帰国後、私は全く新しい観点から中国の拳技や把式の再編を思い立ち、

 護身術にもなり、保健体育法にもなり、その上人格完成に貢献できる精神修養法にもなる、

 心身一如の修道法の  創   設  を志し、中国の嵩山少林寺の白衣殿の壁画に残る印度伝来の

 阿羅漢の拳を、原始時代の今日にふさわしい形式に組み替えて、行うことに踏み切り、祖師の啓示と

 先師の教えを基として、これを戦時中に得た貴重な実戦の体験と私の創案を加えて慈に

 日本正統少林寺拳法を編んだのである。」(宗道臣著 少林寺拳法教範)




309 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 12:42:51 ID:tNmZmqEY0
>>307

あっ、インチキ武道家佐藤金兵衛のアホ弟子が

また 

  な  ん  の  根  拠  も  な  く

ウソついてる。(大爆笑)

310 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 12:43:23 ID:Fmtq7UPM0
ピンボケピンボケ チョーリンジサイコー

311 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 12:45:02 ID:tNmZmqEY0

開祖が習った当時の中国拳法の技の原名と現在の少林寺拳法の名称

インチキ武道家=佐藤金兵衛 は論外ですが、まともな日本人中国拳法家ですら中国名を盲目的に踏襲している現在、

すでに半世紀以上前にオリジネルの日本名を独自につけて技の整理をしていた開祖の非凡さが伺えます。

それにひきかえ、今時の中国拳法修行者は・・・(プッ

双龍出海  →逆小手
懐中抱月  → 腕十字
童子拝仏  →前髪捕or熊手返
大纏手   → 切小手
覇王請客 → 内逆手捕
恕不同行  → 略十字小手
野雉拗翅 → 送肘攻
一柱頂天 → 逆天秤
後上翻 → 逆手投
天旋地転 → 肘抜前天秤
白馬登猿 → 足抜
老漢拝将 → 送巻天秤
上纏肘 → 龍投
野雉展翅 → 片手送小手
順水推舟 → 片手押小手
英雄有礼 →袖捕
剪腿 →挟倒
巧破腰索 →矢筈投
控腕奪刀 →小手投


312 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 12:45:39 ID:Fmtq7UPM0
キンベー ウチョツクナア
サイアクサイアクウ

313 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 12:46:33 ID:tNmZmqEY0

金で武道の段位をコレクションしていた品性の卑しいヤブ医者の

   佐   藤   金   兵   衛

は 少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズでしたが、バチが当たって地獄に堕ちました。

ところで、その金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



314 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 12:53:56 ID:Fmtq7UPM0
カイソハ オンナグセ ワルインダゾ
バラシタキンベー サイアク
セクハラハ カイソカラノ デントーダ
パンツニ テガハイッタクライテ ゙ガタガタユウナア
チョーリンシ サイコー

315 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 12:59:14 ID:tNmZmqEY0

開祖は自信の恥になるようなことも平気で法話の中で語っている(カセットも有り)

が、下劣なイカサマ師のヤブ医者 佐藤金兵衛 ごときに

とやかく言われる筋合いではなかったのであった。




316 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 13:01:26 ID:tNmZmqEY0

金で武道の段位をコレクションしていた品性の卑しいヤブ医者の

   佐   藤   金   兵   衛

は 少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズでしたが、バチが当たって地獄に堕ちました。

ところで、その金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?




317 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 13:10:08 ID:8GRUpftRO
人妻に手を出すような僧籍者より佐藤氏の品性が卑しいことはないと思うが。

318 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 13:24:50 ID:8GRUpftRO
中国で滅んだ拳法を最後の名人から受け継いだ私が日本で教えているなんて!宗さんみたいな嘘は、佐藤氏は言わなかったな。

319 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 13:28:30 ID:tNmZmqEY0

ヤブ医者 佐藤金兵衛 は

女性患者に対して痴漢したエロじじいです。



320 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 13:30:20 ID:tNmZmqEY0
>>317

アッ、また 佐藤金兵衛のアホ弟子がウソをついている。(爆笑)

さすがは痴漢したエロじじいの弟子。(嘲笑)




321 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 13:33:22 ID:tNmZmqEY0

金で武道の段位をコレクションしていた品性の卑しいヤブ医者の

   佐   藤   金   兵   衛

は 少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズでしたが、バチが当たって地獄に堕ちました。

ところで、その金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



322 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 13:35:30 ID:Fmtq7UPM0
イケー!
エロエロ タイケツダー

323 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 13:35:36 ID:8GRUpftRO
本当ならソースを明らかにしなさい。出せないならおまえの嘘つき決定(爆)

324 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 13:43:16 ID:Fmtq7UPM0
>>323
何ぃ?少林寺秘伝のエロエロソースまでも金で
手に入れようとするのか?
なんて卑劣な奴だ。
銀座に隠してある○屋号で成敗してくれる。

325 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 13:43:46 ID:N8R5UU1yO
荒れて
埋まる予感が
少林寺拳法の修業者には耳障りだもん仕方ないか

326 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 13:53:11 ID:8GRUpftRO
整法を教えているうちに(笑)

327 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 13:56:54 ID:tNmZmqEY0

ヤブ医者 佐藤金兵衛 は

女性患者に対して痴漢したエロじじいです。




328 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 13:58:29 ID:tNmZmqEY0

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。



329 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 14:02:58 ID:tNmZmqEY0

【注】

佐藤金兵衛系の中国拳法は、エロじじい佐藤金兵衛が

超短期間だけ習って、金で免状を買った中国拳法のマネごとにすぎません。

実戦に何の役にも立たないことは

少林寺の少年拳士にボコられて泣きべそかいた佐藤金兵衛自身が証明しております。

このようなまがい物を習って金と時間の浪費をしないように気をつけましょう。



330 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 14:05:35 ID:tNmZmqEY0

開祖が3回結婚していることは、開祖自身が法話の中でも

たびたび語っていることで、少林寺拳士にとっては

目新しい話題ではありませんが何か?



331 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 14:10:49 ID:tNmZmqEY0

開祖が習った当時の中国拳法の技の原名と現在の少林寺拳法の名称

インチキ武道家=佐藤金兵衛 は論外ですが、まともな日本人中国拳法家ですら中国名を盲目的に踏襲している現在、

すでに半世紀以上前にオリジネルの日本名を独自につけて技の整理をしていた開祖の非凡さが伺えます。

それにひきかえ、今時の中国拳法修行者は・・・(プッ

双龍出海  →逆小手
懐中抱月  → 腕十字
童子拝仏  →前髪捕or熊手返
大纏手   → 切小手
覇王請客 → 内逆手捕
恕不同行  → 略十字小手
野雉拗翅 → 送肘攻
一柱頂天 → 逆天秤
後上翻 → 逆手投
天旋地転 → 肘抜前天秤
白馬登猿 → 足抜
老漢拝将 → 送巻天秤
上纏肘 → 龍投
野雉展翅 → 片手送小手
順水推舟 → 片手押小手
英雄有礼 →袖捕
剪腿 →挟倒
巧破腰索 →矢筈投
控腕奪刀 →小手投


332 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 14:13:06 ID:tNmZmqEY0

いまだに、少林寺拳法は中国拳法ではないなどどピンボケな批判している知恵遅れがいるからあきれちまう(爆笑)

「・・・ そのことが解ってからの私は、柔道や空手、ボクシング、相撲その他を研究し、

 その技をこの原則に当てはめ分解してみると、いずれも同じであるということを確かめることが

 出来たので、帰国後、私は全く新しい観点から中国の拳技や把式の再編を思い立ち、

 護身術にもなり、保健体育法にもなり、その上人格完成に貢献できる精神修養法にもなる、

 心身一如の修道法の  創   設  を志し、中国の嵩山少林寺の白衣殿の壁画に残る印度伝来の

 阿羅漢の拳を、原始時代の今日にふさわしい形式に組み替えて、行うことに踏み切り、祖師の啓示と

 先師の教えを基として、これを戦時中に得た貴重な実戦の体験と私の創案を加えて慈に

 日本正統少林寺拳法を編んだのである。」(宗道臣著 少林寺拳法教範)



333 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 14:15:38 ID:8GRUpftRO
都合の悪いレスには反論できずに、コピぺ貼りでスレを終わらせたいのが見え見えだなWWWWW

334 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 14:17:41 ID:tNmZmqEY0
>>333

佐藤金兵衛の痴漢のことか?(爆笑)



335 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 14:21:47 ID:tNmZmqEY0

【注】

佐藤金兵衛系の中国拳法は、エロじじい佐藤金兵衛が

超短期間だけ習って、金で免状を買った中国拳法のマネごとにすぎません。

実戦に何の役にも立たないことは

少林寺の少年拳士にボコられて泣きべそかいた佐藤金兵衛自身が証明しております。

このようなまがい物を習って金と時間の浪費をしないように気をつけましょう。



336 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 21:02:28 ID:6ZYxOM4V0
誓 約 書

 私こと谷口光昭は、和歌山時事新聞に昭和四十五年一月六日から二十一回にわたり「少林寺はニセモノだ」という記事を連載しました。
この記事は、私の一方的な取材と偏見から少林寺に対するねつ造と誹謗に満ちており、少林寺に対し多大のご迷惑をおかけしましたので
深く反省の上、昭和四十六年十一月十三日付で金剛禅総本山少林寺にあてて自筆捺印のおわび状を提出し、今後再びこのようなことを行わないことを誓いました。
それにもかかわらず誓約に違反して、この度、現代カラテマガジン一九七二年十一月号及び十二月号誌上に前記「少林寺はニセモノだ」の記事秘拳日本妙道会主宰
谷口統建の筆名で私の近影と経歴書を添えて投稿し、再び大変なご迷惑をおかけしました。
このことは少なくとも武道家を名乗るものとして、また一人の人間として全く信義を無視した背徳行為であったと痛切に反省しざんきにたえません。
総本山少林寺に対し、伏しておわび申し上げますとともに次の各条項を私の一身を以って誠実に履行することを固くお誓い申し上げます。
一、秘拳日本妙道会を即時解散して今後一切武道の世界との縁を絶つこと
一、少林寺に関する一切の文筆活動を停止すること
一、少林寺のみなさまに対しておかけした精神的及び物質的ご迷惑に対する罪のつぐないをすること
 万一、右の誓約に反することがありました時はいかなる制裁、処置をうけましても一切不服は申しません。
   昭和四十七年十一月八日
    谷口 光昭
  金剛禅総本山少林寺殿

(谷口氏の土下座写真同封)

337 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 21:18:05 ID:XXtcRK9e0
一九七二年十一月号及び十二月号の現代カラテマガジンの
編集者と発行人はどなたなんですか?

338 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 21:19:32 ID:5WC/X8uJ0
(^○^) ◆KYAHA/emlo

つまんね。

339 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 21:43:51 ID:6ZYxOM4V0
>>337
高森日佐志、梶原一騎の弟。
1973年1月号にお詫び記事と谷口のお詫び状を掲載して手打ちになったはずだが、その後も少林寺側が大山倍達が土下座したと吹聴していたので、弟子の福澤兼山が1973年3月号で「他流試合始末記」という暴露文を掲載。
この時の内容が極真側の言い分になってる。
その後は大山も宗も自著で嫌味を言い合ってた。
宗→瓦を20枚割る〜
大山→山羊の角でも折ってから〜

340 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 22:34:28 ID:oO5aiofp0
少林寺がね、一時期、集団で石を投げたり、看板を汚したり嫌がらせをしに来たことがあったんだよ。
道場破りならいつでも相手になるんだが、あたしの弟子が出て行くと逃げていくんだよ。
だからあたしが、そちらのトップか、一番強い弟子でもいい、あたしと勝負して決着しようじゃないか
と言ったのだがね、受けなかったね。みたいなことを大山氏が書いていたのを
昔読んだ事がある。

341 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 22:45:43 ID:XXtcRK9e0
少林寺がやったかどうかもわからんのにいい加減な発言だと
思うが、どうだろ?それこそ実践カラテなら待ち伏せして
とっちめて少林寺に謝罪させればいいだけの話だがしてない。
同じような事、プロレスラーのキム・イルから受けたがマス
が逃げたのは実話なんだけどね。

342 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 23:04:08 ID:tNmZmqEY0
>>340

ウソつけ、ヴァカ。

大山が著作の中で添野について述べている箇所で、

「某拳法界との抗争時、普段偉そうなことを言っていた幹部達は

 みんなどこかへ行っていなくなってしまった。

 そんな中で  添  野  だ け が私を見捨てないでくれた。」

と泣き言ほざいているだろうが。

いい加減なことほざくんじゃねえぞ、このバカチョンが。(嘲笑)

343 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 23:06:18 ID:8GRUpftRO
不動禅の本部に昔、少林寺が集団で押し掛けたり、道場生に怪我をさせた話を聞いた。昔は一部過激な集団がいたらしい。

344 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 23:18:22 ID:oO5aiofp0
>>342
大山氏の著書は、膨大な数がありその大半はマキさんはじめ、ゴーストライターが書いたと言われているから、本によって
話が全くちがうものも少なくない。
俺が読んだのは、極真にいたころ、機関紙のパワー空手で本人が書いていたもの。
ネット武道オタクにはわからんだろうがね。


345 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 23:31:07 ID:XXtcRK9e0
>極真にいたころ、機関紙のパワー空手で本人が書いていたもの。(笑)
見苦しい言い訳はよせ。 大山と同じ頭の構造になるぞ。

346 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 23:33:57 ID:t48u/b8aO
正直、武道界はうそばかり。
洗脳されないように気を付け、スポーツとして楽しむのが一番。
組織に利用されるな。

347 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 23:34:47 ID:6ZYxOM4V0
>>341
極真本部に夜中「卍」の落書きがされてた。
大木の件は大山が記者会見で「どうしてもというなら極真は背中を見せない」って発言してから大木が沈黙した。
よって逃げてない。柳川次郎が仲介したってのが真相らしいがな。
>>342
大山は言うことがコロコロ変わるのに、何で一つだけしか発言を取り上げないの?自分の意見にだけ沿うような証拠を出してもねー。あ、ついでに何に書いてるかソースくれw
福澤が言うには72年の11月に他流試合の申し込みがあって3人で来ると言っていたそうだ。
当日、玄関先で覗いている方々を道場生が見付け、中に迎え入れようとしたら車に乗って逃げてしまったそうだ。それから暫くして大山が土下座したという噂が流れて特にS支部長(添野だろう)が一人でも討ち入るくらい激怒していたらしい。
で、大山は「弱者ほど声が大きい。負け犬の遠吠えに腹を立てなさんな」と弟子を諫めた。
ところが怒りの収まらない福澤は
「今度ばっかりは我慢がならねえ、お叱りを覚悟で全部書かせてもらって。ヤイ!!編集部、一字でも省略したら生かしちゃおかねえぞ!!」
と雑誌に書いた。しかし真相はわからん。
この記事は1973年3月号で和解して間もない時期なのにやる気満々だったから、みんな逃げたって事は無いだろうな。


348 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 23:36:33 ID:tNmZmqEY0
>>344

秋山並の言い訳だな、チョン。(プッ

テメーたちはどうしてそんなに劣等民族なんだ?(爆笑)


349 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 23:38:47 ID:tNmZmqEY0


★★★★★   な  ぜ  チ  ョ  ン  は  バ  カ  な  の  か  ?    ★★★★★


日本人にとってはとっくの昔から嘲笑もののチョンの知能の低さでしたが、

いまでは、チョンの頭の悪さと薄汚い心は人は世界中で軽蔑され、嫌われています。

どうしてチョンはこれほどまでに劣った民族なのでしょうか?

どうやら原因は子供のころからキムチ食っていることで脳細胞に傷害をうけているらしい(爆笑)

----------------------------------------------------------------------------------
 31日、フランスの衛生省(日本の厚労省に相当)は、 「食べると人体に悪影響を与える食料」のリストに
韓国の民族料理であるキムチを追加した、と発表した。
中毒性が高く、脳細胞にダメージを与えるとされる 「カプサイシン」が多量に含まれている事が主な理由で、
この発表と同時に韓国からのキムチの輸入が全面的に禁止された。

ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/05/31/20050531000073.html

350 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 23:40:22 ID:tNmZmqEY0
>>347

次から次へとウソが出て参りました。

典型的チョンの反応(大爆笑)


351 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 23:41:16 ID:oO5aiofp0
>>345
名無しで言い訳してもしかたが無いと思うが。
17,8年前にパワー空手読んでた者なら皆知っているよ。
拳の眼という総裁のコラムで、西野流やら、無門会の富樫さんとか、合気道
の開祖のこととかもいろいろ切り捨てるように思ったことを書いてた。また読みたくなってしまったじゃないか(笑)。



352 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 23:41:52 ID:/1NcdjKp0
少林寺拳法が本当に中国伝来の中国拳法を元にした武術なら、その元となった
流派が今もあるはずなのではないか?
当然両者は似たところがあるはずだが。

353 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 23:49:22 ID:XXtcRK9e0
>極真本部に夜中「卍」の落書きがされてた。(大笑い)
>よって逃げてない。柳川次郎が仲介(笑)
>大山は言うことがコロコロ変わるのに、何で一つだけしか
発言を取り上げないの?(これが一番笑える)
大山自身の証言が自己矛盾してるのに他者に証拠を求めるなよ。
見苦しい言い訳はよせ。 大山と同じ頭の構造になるぞ。


354 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 23:52:23 ID:6ZYxOM4V0
>>350
脊髄反射乙。
どこが嘘なのか明確なソースを逐一挙げてちょうだいな。
俺は現代カラテマガジン読みながら書いてるんだけど?

まぁ、お猿さんには明確なソースを挙げるなんて事は出来ないかw
所詮嘘吐き呼ばわりしか出来ない低脳www
涙目でレスですかw
キミィ、嘘吐きはチョンの始まりだよ?

355 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/05(月) 23:59:09 ID:XXtcRK9e0
>>354
嘘吐きチョンの証言著書をもって嘘吐きチョンを擁護する
者は何の始まりと呼べばいいんですか?
日本人の亜主ですか。354さん教えて下さい。

356 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/06(火) 00:28:11 ID:rD11yCJG0
>>355
福澤はチョンかどうか知らん。
大木もソースは東スポに出てた記事と小島の本。
で、キミのソースはどこにあんの?
ゴタクはいいから何に記載されてたとか確実なソースを持って反論してご覧よ。
どーせ煽るしか出来ないもんなw
明確なソースを出せない奴は所詮負け犬。

357 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/06(火) 00:34:54 ID:/DE90gUV0
嘘吐きチョン(マスね。)の証言著書(マスの証言著書ね。)を
もって嘘吐きチョン(マスね。)を擁護する 者(354さんの事だよ。)
は何の始まりと呼べばいいんですか?


358 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/06(火) 01:37:44 ID:/DE90gUV0
>>356
大山の証言著書での話は鮮人宿の従軍売春慰安婦の証言と同じ
レベルのもんだから。
真面目に議論すりゃ、じゃ、証拠出せってことで、何も
出ません。 出せば自爆になるって事で従軍売春慰安婦の証言と
同じなんだね。w
大山自身の証言が自己矛盾してるのに他者に証拠を求めるなよ。
見苦しい言い訳はよせ。 大山と同じ頭の構造になるぞ。
だから鮮人の法螺と捏造につきあうのはやめようね。

359 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/06(火) 13:06:37 ID:ttGfyiea0
少林寺拳法の元ネタの中国拳法に関しては誰も答えてくれないのか。
まあ答えられないのか。柔術だから。

360 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/06(火) 14:41:06 ID:TU+eFqSY0

開祖が習った当時の中国拳法の技の原名と現在の少林寺拳法の名称

インチキ武道家=佐藤金兵衛 は論外ですが、まともな日本人中国拳法家ですら中国名を盲目的に踏襲している現在、

すでに半世紀以上前にオリジネルの日本名を独自につけて技の整理をしていた開祖の非凡さが伺えます。

それにひきかえ、今時の中国拳法修行者は・・・(プッ

双龍出海  →逆小手
懐中抱月  → 腕十字
童子拝仏  →前髪捕or熊手返
大纏手   → 切小手
覇王請客 → 内逆手捕
恕不同行  → 略十字小手
野雉拗翅 → 送肘攻
一柱頂天 → 逆天秤
後上翻 → 逆手投
天旋地転 → 肘抜前天秤
白馬登猿 → 足抜
老漢拝将 → 送巻天秤
上纏肘 → 龍投
野雉展翅 → 片手送小手
順水推舟 → 片手押小手
英雄有礼 →袖捕
剪腿 →挟倒
巧破腰索 →矢筈投
控腕奪刀 →小手投

361 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/06(火) 14:44:16 ID:TU+eFqSY0

いまだに、少林寺拳法は中国拳法ではないなどどピンボケな批判している知恵遅れがいるからあきれちまう(爆笑)

「・・・ そのことが解ってからの私は、柔道や空手、ボクシング、相撲その他を研究し、

 その技をこの原則に当てはめ分解してみると、いずれも同じであるということを確かめることが

 出来たので、帰国後、私は全く新しい観点から中国の拳技や把式の再編を思い立ち、

 護身術にもなり、保健体育法にもなり、その上人格完成に貢献できる精神修養法にもなる、

 心身一如の修道法の  創   設  を志し、中国の嵩山少林寺の白衣殿の壁画に残る印度伝来の

 阿羅漢の拳を、原始時代の今日にふさわしい形式に組み替えて、行うことに踏み切り、祖師の啓示と

 先師の教えを基として、これを戦時中に得た貴重な実戦の体験と私の創案を加えて慈に

 日本正統少林寺拳法を編んだのである。」(宗道臣著 少林寺拳法教範)



362 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/06(火) 14:46:46 ID:TU+eFqSY0

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。



363 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/06(火) 22:59:57 ID:/cwYgI3e0
黒歴史だっつってんだろうが
このIQ乞食が

364 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 01:26:57 ID:PlRUsP/y0
567 :名無しさん@一本勝ち :2007/02/06(火) 13:51:12 ID:OLjSXTEz0
十年前くらいに徳島で山口組系暴力団が消えた時期があったじゃん。
少林寺の幹部クラスが北斗なんらた会とかいう組織を作って暴れてたらしいけど、
詳しく知ってる人いない? 北斗コウドウ会とかそんなのだったと思う。


少林寺拳法>>>>>山口組>>>>>越えられない壁>>>>>>他武道
少林寺凄いね

365 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 03:43:50 ID:fWAt/l7l0
少林寺の名前をぱくったのね。
名前だけぱくるとは恥知らずな話だ。
一歩間違うと武当拳法とかになっていた可能性もあるのかね?

366 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 15:19:38 ID:hyd7/xkT0
少林寺拳法は日本にもう一つあるよ。
福建少林拳=剛柔流空手
これは本当だよ。剛柔流は開祖宮城長順先生が名乗ったが、もともとは
少林拳とみなされていた。宮城長順先生は中国へは何度も行ったし、自らも
修行し、転掌という型を作られた。この型は元来中国拳法なのだよ。
宗道臣先生もカッパブックスの少林寺拳法の中で書かれているよ。
空手の型名をね、三戦(サンチン)、一百零八(スーパーリンペー)をね。
これらは剛柔流空手の型で、三戦は基本型で一百零八は剛柔流では最高の型だよ。
剛柔流空手は福建少林寺拳法と呼んでもいいね。

367 :71:2007/02/07(水) 15:21:09 ID:efUBkr6p0
>>359
もとは義和門拳と言われてますが、今は中国には残っていないみたいです。
義和門拳それ自体の存在も疑問視されてますが義和団は歴史上存在したのは事実だからねぇ。
なかった事の証明は、悪魔の証明ですんでちょいと難しい問題でつ。

源流は明確には示せませんが中国拳法であったのは確かだと“私は”思います。
まず開祖の動きが現在の少林寺拳法の動きでなかったと言う多くの証言や
少林寺拳法創始以前からすでにシナの拳法を名乗っていた事実。
圧法の概念などから柔術より中拳の比重の方が高いと思ってます。

居捕りは座する機会の多い日本にあわせて導入したのだと考えてます。
少林寺の居捕りはどえも立ち技の応用ですしね。

368 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 16:41:20 ID:6e/Yed9R0
それで竹内流の話はどうなった?
これから竹内流の一番上に電話して確かめるが、いいか?


369 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 18:08:18 ID:fWAt/l7l0
あれはどう見ても中国拳法じゃなくて柔術+空手じゃないか。

370 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 18:18:40 ID:0xMVsIQ40
中国拳法には柔術のような着衣による締め技はない。
禽拿術では腕脚を使った締め技が多い。
禽拿術では、柔術のような固め技、連行技はないと言われる。
中国拳法、特に少林系武術では拳を極限まで鍛えて打撃で倒すことを主眼と
するので禽拿術はあくまで補助的な使い方しかしない。
柔術では当身は捕りや投げに入るため、また活は当身や締めで落ちたときに使う。
柔術が拳をことさら鍛えなくてもいいのは、当身の意義が中国拳法とはことなるため。
また居捕りの理合が立ち技と同じなのは柔術や合気道でも一緒。
柔術や合気道では、居捕り(座技)も立ち技同様に偏ることなく修練される。


371 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 18:29:25 ID:0xMVsIQ40
>あれはどう見ても中国拳法じゃなくて柔術+空手じゃないか。

体捌きはむしろ日本拳法に近い。
 日本拳法      少林寺拳法
 反身        反り身受け
 退身        引き身受け
 開身        開身受け
 潜り身       流水受け
 沈身        屈身受け



372 :71:2007/02/07(水) 18:48:46 ID:efUBkr6p0
反身、引身、流水や屈伸はボクシングの影響じゃないかな、と個人的に思ってマス。

着衣による絞めは柔道から来てるのではなかろうか?
開祖は若い頃、随分と柔道にのめり込んだみたいですしね。
基本的に両腕を使用するので絞めは余り好んではないようですけど。

少林寺拳法も“拳法”の名のとおり突いて蹴ってなんぼ。
現在はなんとなく柔法よりな感がありますが乱捕り試合がなくなったためでしょうね。

373 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 18:55:40 ID:n2L6wKKc0

いまだに、少林寺拳法は中国拳法ではないなどどピンボケな批判している知恵遅れがいるからあきれちまう(爆笑)

「・・・ そのことが解ってからの私は、柔道や空手、ボクシング、相撲その他を研究し、

 その技をこの原則に当てはめ分解してみると、いずれも同じであるということを確かめることが

 出来たので、帰国後、私は全く新しい観点から中国の拳技や把式の再編を思い立ち、

 護身術にもなり、保健体育法にもなり、その上人格完成に貢献できる精神修養法にもなる、

 心身一如の修道法の  創   設  を志し、中国の嵩山少林寺の白衣殿の壁画に残る印度伝来の

 阿羅漢の拳を、原始時代の今日にふさわしい形式に組み替えて、行うことに踏み切り、祖師の啓示と

 先師の教えを基として、これを戦時中に得た貴重な実戦の体験と私の創案を加えて慈に

 日本正統少林寺拳法を編んだのである。」(宗道臣著 少林寺拳法教範)





374 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 18:58:07 ID:n2L6wKKc0

開祖が習った当時の中国拳法の技の原名と現在の少林寺拳法の名称

インチキ武道家=佐藤金兵衛 は論外ですが、まともな日本人中国拳法家ですら中国名を盲目的に踏襲している現在、

すでに半世紀以上前にオリジネルの日本名を独自につけて技の整理をしていた開祖の非凡さが伺えます。

それにひきかえ、今時の中国拳法修行者は・・・(プッ

双龍出海  →逆小手
懐中抱月  → 腕十字
童子拝仏  →前髪捕or熊手返
大纏手   → 切小手
覇王請客 → 内逆手捕
恕不同行  → 略十字小手
野雉拗翅 → 送肘攻
一柱頂天 → 逆天秤
後上翻 → 逆手投
天旋地転 → 肘抜前天秤
白馬登猿 → 足抜
老漢拝将 → 送巻天秤
上纏肘 → 龍投
野雉展翅 → 片手送小手
順水推舟 → 片手押小手
英雄有礼 →袖捕
剪腿 →挟倒
巧破腰索 →矢筈投
控腕奪刀 →小手投


375 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 19:26:18 ID:0xMVsIQ40
逆技は禽拿術にも柔術にも少林寺拳法と酷似したものが多数みられるが、
これは人間の関節の構造が同じなので中国と日本で似たような技が生まれたとしても
不思議はない。ただ中国拳法には柔術のように多彩な投げ技はなく、打撃で倒す
ことが主流の武術であるとみてとれる。投げ技の比較的多いといわれる八卦掌でも
投げ技の理合いは、柔術とは異なっている。
ちなみに少林寺拳法が教えている縛法は、固め技を極めた後、捕らえておくために
生み出されたとされる柔術の技であるが、禽拿術にはみられない。

376 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 19:58:37 ID:jyeti2a0O
ようするに、柔術習ってたおじさんが、日拳やら空手やら中国拳法?などを組み合わせて作った武道なのね。

377 :k.w ◆Mc.k.w/a1A :2007/02/07(水) 20:07:57 ID:Z0PnFeJTO
ケンドー

378 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 20:43:04 ID:GTKgnbvZ0
>>367
義和拳なんて、そこらの本屋にある中国の秘密結社の本を読めば普通にでてくるよ。

379 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 22:13:59 ID:C8pocxK10
>>373
>原始時代の今日にふさわしい形式に組み替えて

日本少林寺拳法っていうのは、
もともとクロマニヨン人とかネアンデルタール人が行っていたものか?
というか、今現在が原始時代だとは気がつかなかったです。
つまり、世界最古の拳法ってことですね。

380 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 22:21:49 ID:n2L6wKKc0
>>379

やっと誤字に気がついたか。

まあ、小学生並の知能はあるようやな。(プッ


381 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 22:24:15 ID:n2L6wKKc0

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。




382 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 22:26:08 ID:/qDCTT4BO
はいはい

383 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 23:54:15 ID:7LwdTUVo0
昭和11年の秋、西安まで行く仕事が出来た。そのことを話すと文老師は
では、ちょうど良い機会だから河南まで同道し嵩山まで行って祖師の
遺跡を見よう、ついでに伝法の儀式を少林寺でしようではないかと言い
出された。そこで陳老師と三人で出発した。(略)別に急ぐ旅ではなかっ
ので、しばらく滞在することになった。老師の旧友恒林和尚がいたので
気持ちよく世話をしてもらえた。そして恒林和尚に導師を勤めてもらい
義和門拳の簡単な儀式をして伝法の印可を受けたのである。式後、
少林寺の衆僧の演舞を見たが、単独演武が主で形式的な組演武はほんの
少しあっただけであった。(略)清末の禁令から二十年の空白が伝統ある
少林寺の拳法を退化させてしまったのであろう
       秘伝少林寺拳法 光文社 昭和50年版 P67〜69


この短い文章の中に宗道臣の幾つかのウソが読みとれる
@恒林は1923年に亡くなっている。宗が行ったと主張している
昭和11年(1936)には少林寺にはいなかった
A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
悲しむ文の姿や、恒林の名も宗の記憶に正確に残ったはずであるが
そんな記述は全く無い。よって文の実在も疑わしい
B元工作員の宗道臣はしばらく滞在したはずの少林寺の方丈(最高位の
僧)の名を間違えている。当時は恒林ではなく素光である。よって
元少林僧に拳法を習ったことも、少林寺に滞在したこともウソであり
少林寺拳法は嵩山少林寺とは何の縁もゆかりもなく、少林寺を名乗る
資格は無い


384 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 23:55:51 ID:7LwdTUVo0
昭和11年の秋、西安まで行く仕事が出来た。そのことを話すと文老師は
では、ちょうど良い機会だから河南まで同道し嵩山まで行って祖師の
遺跡を見よう、ついでに伝法の儀式を少林寺でしようではないかと言い
出された。そこで陳老師と三人で出発した。(略)別に急ぐ旅ではなかっ
ので、しばらく滞在することになった。老師の旧友恒林和尚がいたので
気持ちよく世話をしてもらえた。そして恒林和尚に導師を勤めてもらい
義和門拳の簡単な儀式をして伝法の印可を受けたのである。式後、
少林寺の衆僧の演舞を見たが、単独演武が主で形式的な組演武はほんの
少しあっただけであった。(略)清末の禁令から二十年の空白が伝統ある
少林寺の拳法を退化させてしまったのであろう
       秘伝少林寺拳法 光文社 昭和50年版 P67〜69

この短い文章の中に宗道臣の幾つかのウソが読みとれる
@恒林は1923年に亡くなっている。宗が行ったと主張している
昭和11年(1936)には少林寺にはいなかった
A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
悲しむ文の姿や、恒林の名も宗の記憶に正確に残ったはずであるが
そんな記述は全く無い。よって文の実在も疑わしい
B元工作員の宗道臣はしばらく滞在したはずの少林寺の方丈(最高位の
僧)の名を間違えている。当時は恒林ではなく素光である。よって
元少林僧に拳法を習ったことも、少林寺に滞在したこともウソであり
少林寺拳法は嵩山少林寺とは何の縁もゆかりもなく、少林寺を名乗る
資格は無い


385 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/07(水) 23:57:01 ID:7LwdTUVo0
昭和11年の秋、西安まで行く仕事が出来た。そのことを話すと文老師は
では、ちょうど良い機会だから河南まで同道し嵩山まで行って祖師の
遺跡を見よう、ついでに伝法の儀式を少林寺でしようではないかと言い
出された。そこで陳老師と三人で出発した。(略)別に急ぐ旅ではなかっ
ので、しばらく滞在することになった。老師の旧友恒林和尚がいたので
気持ちよく世話をしてもらえた。そして恒林和尚に導師を勤めてもらい
義和門拳の簡単な儀式をして伝法の印可を受けたのである。式後、
少林寺の衆僧の演舞を見たが、単独演武が主で形式的な組演武はほんの
少しあっただけであった。(略)清末の禁令から二十年の空白が伝統ある
少林寺の拳法を退化させてしまったのであろう
       秘伝少林寺拳法 光文社 昭和50年版 P67〜69

この短い文章の中に宗道臣の幾つかのウソが読みとれる
@恒林は1923年に亡くなっている。宗が行ったと主張している
昭和11年(1936)には少林寺にはいなかった
A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
悲しむ文の姿や、恒林の名も宗の記憶に正確に残ったはずであるが
そんな記述は全く無い。よって文の実在も疑わしい
B元工作員の宗道臣はしばらく滞在したはずの少林寺の方丈(最高位の
僧)の名を間違えている。当時は恒林ではなく素光である。よって
元少林僧に拳法を習ったことも、少林寺に滞在したこともウソであり
少林寺拳法は嵩山少林寺とは何の縁もゆかりもなく、少林寺を名乗る
資格は無い


386 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:21:37 ID:4plLVvnD0

とかなんとか言ってイチャモンをつけていた、痴漢のヤブ医者で

金で段位を買って喜んでいた卑しいバカの 佐藤金兵衛であったが、

少林寺開祖、宗道臣が中国少林寺に帰山したとき、当時の少林寺の官長

     釈    徳    善    和   尚

が涙ながらに開祖の手をとって

   「あなたを覚えている。」

と言ったことで、佐藤金兵衛は面目丸つぶれで赤っ恥。(プッ

今ごろは、地獄で閻魔様に舌を引っこ抜かれていることでしょう。(大爆笑)



387 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:26:22 ID:Us1djM210
昭和11年の秋、西安まで行く仕事が出来た。そのことを話すと文老師は
では、ちょうど良い機会だから河南まで同道し嵩山まで行って祖師の
遺跡を見よう、ついでに伝法の儀式を少林寺でしようではないかと言い
出された。そこで陳老師と三人で出発した。(略)別に急ぐ旅ではなかっ
ので、しばらく滞在することになった。老師の旧友恒林和尚がいたので
気持ちよく世話をしてもらえた。そして恒林和尚に導師を勤めてもらい
義和門拳の簡単な儀式をして伝法の印可を受けたのである。式後、
少林寺の衆僧の演舞を見たが、単独演武が主で形式的な組演武はほんの
少しあっただけであった。(略)清末の禁令から二十年の空白が伝統ある
少林寺の拳法を退化させてしまったのであろう
       秘伝少林寺拳法 光文社 昭和50年版 P67〜69

この短い文章の中に宗道臣の幾つかのウソが読みとれる
@恒林は1923年に亡くなっている。宗が行ったと主張している
昭和11年(1936)には少林寺にはいなかった
A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
悲しむ文の姿や、恒林の名も宗の記憶に正確に残ったはずであるが
そんな記述は全く無い。よって文の実在も疑わしい
B元工作員の宗道臣はしばらく滞在したはずの少林寺の方丈(最高位の
僧)の名を間違えている。当時は恒林ではなく素光である。よって
元少林僧に拳法を習ったことも、少林寺に滞在したこともウソであり
少林寺拳法は嵩山少林寺とは何の縁もゆかりもなく、少林寺を名乗る
資格は無い


388 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:27:13 ID:4plLVvnD0
>A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
>旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
---------------------------------------------------------

ガハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ

無教養丸出し。(プッ

もともと釈迦の教えには死後の霊魂の存在などというものはなく、

まして墓参りなどということはしない。

死者の霊を慰めるなどという発想は大乗仏教になってから起こった習慣。

小乗仏教の流れをくむ少林寺で墓参りなんぞしなくてもなんら不思議はない。

インチキ武道家の弟子佐藤金兵衛の弟子は仏教に関する教養も無いらしい。(大爆笑)



389 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:29:21 ID:Us1djM210
昭和11年の秋、西安まで行く仕事が出来た。そのことを話すと文老師は
では、ちょうど良い機会だから河南まで同道し嵩山まで行って祖師の
遺跡を見よう、ついでに伝法の儀式を少林寺でしようではないかと言い
出された。そこで陳老師と三人で出発した。(略)別に急ぐ旅ではなかっ
ので、しばらく滞在することになった。老師の旧友恒林和尚がいたので
気持ちよく世話をしてもらえた。そして恒林和尚に導師を勤めてもらい
義和門拳の簡単な儀式をして伝法の印可を受けたのである。式後、
少林寺の衆僧の演舞を見たが、単独演武が主で形式的な組演武はほんの
少しあっただけであった。(略)清末の禁令から二十年の空白が伝統ある
少林寺の拳法を退化させてしまったのであろう
       秘伝少林寺拳法 光文社 昭和50年版 P67〜69

この短い文章の中に宗道臣の幾つかのウソが読みとれる
@恒林は1923年に亡くなっている。宗が行ったと主張している
昭和11年(1936)には少林寺にはいなかった
A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
悲しむ文の姿や、恒林の名も宗の記憶に正確に残ったはずであるが
そんな記述は全く無い。よって文の実在も疑わしい
B元工作員の宗道臣はしばらく滞在したはずの少林寺の方丈(最高位の
僧)の名を間違えている。当時は恒林ではなく素光である。
よって 元少林僧に拳法を習ったことも、少林寺に滞在したことも
ウソであり 少林寺拳法は嵩山少林寺とは何の縁もゆかりもなく、
少林寺を名乗る資格は無い


390 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:29:24 ID:4plLVvnD0
>A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
>旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
---------------------------------------------------------

ガハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ

無教養丸出し。(プッ

もともと釈迦の教えには死後の霊魂の存在などというものはなく、

まして墓参りなどということはしない。

死者の霊を慰めるなどという発想は大乗仏教になってから起こった習慣。

小乗仏教の流れをくむ少林寺で墓参りなんぞしなくてもなんら不思議はない。

インチキ武道家の弟子佐藤金兵衛の弟子は仏教に関する教養も無いらしい。(大爆笑)

391 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:30:27 ID:4plLVvnD0

とかなんとか言ってイチャモンをつけていた、痴漢のヤブ医者で

金で段位を買って喜んでいた卑しいバカの 佐藤金兵衛であったが、

少林寺開祖、宗道臣が中国少林寺に帰山したとき、当時の少林寺の官長

     釈    徳    善    和   尚

が涙ながらに開祖の手をとって

   「あなたを覚えている。」

と言ったことで、佐藤金兵衛は面目丸つぶれで赤っ恥。(プッ

今ごろは、地獄で閻魔様に舌を引っこ抜かれていることでしょう。(大爆笑)



392 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:31:34 ID:Ao3Bf3kD0
>小乗仏教の流れをくむ少林寺で墓参りなんぞしなくてもなんら不思議はない。

あー・・・・・・今小乗仏教って殆ど使われない言葉だよ。使うなら部派仏教。
それと金剛禅は般若経の影響が大きく出ているからどちらかと言えば大乗寄り。

>インチキ武道家の弟子佐藤金兵衛の弟子は仏教に関する教養も無いらしい。(大爆笑)

まー・・・・・・・・・・がんばってね。

393 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:31:42 ID:Us1djM210
少林寺が泣いているw
アハハ

394 :71:2007/02/08(木) 00:32:28 ID:ym35TULD0
>>383-385
この恒林和尚の問題は良く言われてることです。
仰る通り恒林和尚は開祖が12歳ころに既に亡くなられており明らかな歴史的矛盾デス。
本山の見解は“開祖の記憶違いではないか?”だそうです。

今となっては事実はわかりません。
開祖が箔をつけるため吐いた嘘かも知れませんし
実際に記憶違いかも知れません。

なんせその時初対面でその時のみの付き合いですからウロ覚えだったのかも
文老師の年齢から逆算したら同年代が恒林和尚だったので、あぁ、この人だろう…って感じ?

少林寺関係者としてはそっちを押したいでしょうね。私もこっちであったほうがイイなぁと思うし。
でも箔をつける為の方が可能性は高いかも知れません。
如何に多くの人間に金剛禅を知ってもらうかが少林寺拳法最初期には重要でしたでしょうから。

395 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:32:42 ID:4plLVvnD0

  

   結局、単なる名前の記憶違いだけのことでした。




396 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:36:47 ID:Us1djM210
昭和11年の秋、西安まで行く仕事が出来た。そのことを話すと文老師は
では、ちょうど良い機会だから河南まで同道し嵩山まで行って祖師の
遺跡を見よう、ついでに伝法の儀式を少林寺でしようではないかと言い
出された。そこで陳老師と三人で出発した。(略)別に急ぐ旅ではなかっ
ので、しばらく滞在することになった。老師の旧友恒林和尚がいたので
気持ちよく世話をしてもらえた。そして恒林和尚に導師を勤めてもらい
義和門拳の簡単な儀式をして伝法の印可を受けたのである。式後、
少林寺の衆僧の演舞を見たが、単独演武が主で形式的な組演武はほんの
少しあっただけであった。(略)清末の禁令から二十年の空白が伝統ある
少林寺の拳法を退化させてしまったのであろう
       秘伝少林寺拳法 光文社 昭和50年版 P67〜69

この短い文章の中に宗道臣の幾つかのウソが読みとれる
@恒林は1923年に亡くなっている。宗が行ったと主張している
昭和11年(1936)には少林寺にはいなかった
A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
悲しむ文の姿や、恒林の名も宗の記憶に正確に残ったはずであるが
そんな記述は全く無い。よって文の実在も疑わしい
B元工作員の宗道臣はしばらく滞在したはずの少林寺の方丈(最高位の
僧)の名を間違えている。当時は恒林ではなく素光である。
よって 元少林僧に拳法を習ったことも、少林寺に滞在したことも
ウソであり 少林寺拳法は嵩山少林寺とは何の縁もゆかりもなく、
少林寺を名乗る資格は無い



397 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:38:12 ID:Us1djM210
昭和11年の秋、西安まで行く仕事が出来た。そのことを話すと文老師は
では、ちょうど良い機会だから河南まで同道し嵩山まで行って祖師の
遺跡を見よう、ついでに伝法の儀式を少林寺でしようではないかと言い
出された。そこで陳老師と三人で出発した。(略)別に急ぐ旅ではなかっ
ので、しばらく滞在することになった。老師の旧友恒林和尚がいたので
気持ちよく世話をしてもらえた。そして恒林和尚に導師を勤めてもらい
義和門拳の簡単な儀式をして伝法の印可を受けたのである。式後、
少林寺の衆僧の演舞を見たが、単独演武が主で形式的な組演武はほんの
少しあっただけであった。(略)清末の禁令から二十年の空白が伝統ある
少林寺の拳法を退化させてしまったのであろう
       秘伝少林寺拳法 光文社 昭和50年版 P67〜69

この短い文章の中に宗道臣の幾つかのウソが読みとれる
@恒林は1923年に亡くなっている。宗が行ったと主張している
昭和11年(1936)には少林寺にはいなかった
A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
悲しむ文の姿や、恒林の名も宗の記憶に正確に残ったはずであるが
そんな記述は全く無い。よって文の実在も疑わしい
B元工作員の宗道臣はしばらく滞在したはずの少林寺の方丈(最高位の
僧)の名を間違えている。当時は恒林ではなく素光である。
よって 元少林僧に拳法を習ったことも、少林寺に滞在したことも
ウソであり 少林寺拳法は嵩山少林寺とは何の縁もゆかりもなく、
少林寺を名乗る資格は無い



398 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:39:19 ID:4plLVvnD0
>>392

ぎゃははははははははははははははははははははははははは

テメーでテメーの墓穴を掘ったバカ。

大乗 ←→ 小乗 

だろうが、ヴォケ。

仏教書に普通に書かれている記述も知らないヴァカ。

>使うなら部派仏教。

原始仏教というポピュラーな言い方を知らずに、インドの一時代の仏教の用語である

  「部派仏教」だってよ(プッ

語れば語るほどボロが出る無教養の知恵遅れ(大爆笑)


399 :71:2007/02/08(木) 00:40:13 ID:ym35TULD0


とりあえず、落ち着きましょうね。
無意味な煽りあいは悲しいぜ。





400 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:40:30 ID:4plLVvnD0

とかなんとか言ってイチャモンをつけていた、痴漢のヤブ医者で

金で段位を買って喜んでいた卑しいバカの 佐藤金兵衛であったが、

少林寺開祖、宗道臣が中国少林寺に帰山したとき、当時の少林寺の官長

     釈    徳    善    和   尚

が涙ながらに開祖の手をとって

   「あなたを覚えている。」

と言ったことで、佐藤金兵衛は面目丸つぶれで赤っ恥。(プッ

今ごろは、地獄で閻魔様に舌を引っこ抜かれていることでしょう。(大爆笑)


401 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:46:57 ID:Ao3Bf3kD0
>>398
違うよ。小乗は大乗側が蔑視する目的で用いた言葉だから
大乗側でしか使われていないの。
印度仏教はヴェーダ→ジャイナ→最古層仏教→初期仏教→部派仏教
の流れ出部派仏教を原始仏教に入れるか否かは見解が分かれている。
初期仏教と部派仏教の違いは経典解釈の違い。部派仏教と大乗仏教の
違いは大乗思想と下部経典の違い。

402 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:50:10 ID:Ao3Bf3kD0
ちなみに部派仏教は上座部と大衆部に分かれてそこから更に細分化した。
ダーマ思想の源流でもある説一切有部はこの上座部から派生したもの。

403 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:50:53 ID:Us1djM210
昭和11年の秋、西安まで行く仕事が出来た。そのことを話すと文老師は
では、ちょうど良い機会だから河南まで同道し嵩山まで行って祖師の
遺跡を見よう、ついでに伝法の儀式を少林寺でしようではないかと言い
出された。そこで陳老師と三人で出発した。(略)別に急ぐ旅ではなかっ
ので、しばらく滞在することになった。老師の旧友恒林和尚がいたので
気持ちよく世話をしてもらえた。そして恒林和尚に導師を勤めてもらい
義和門拳の簡単な儀式をして伝法の印可を受けたのである。式後、
少林寺の衆僧の演舞を見たが、単独演武が主で形式的な組演武はほんの
少しあっただけであった。(略)清末の禁令から二十年の空白が伝統ある
少林寺の拳法を退化させてしまったのであろう
       秘伝少林寺拳法 光文社 昭和50年版 P67〜69

この短い文章の中に宗道臣の幾つかのウソが読みとれる
@恒林は1923年に亡くなっている。宗が行ったと主張している
昭和11年(1936)には少林寺にはいなかった
A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
悲しむ文の姿や、恒林の名も宗の記憶に正確に残ったはずであるが
そんな記述は全く無い。よって文の実在も疑わしい
B元工作員の宗道臣はしばらく滞在したはずの少林寺の方丈(最高位の
僧)の名を間違えている。当時は恒林ではなく素光である。
よって 元少林僧に拳法を習ったことも、少林寺に滞在したことも
ウソであり 少林寺拳法は嵩山少林寺とは何の縁もゆかりもなく、
少林寺を名乗る資格は無い



404 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:52:03 ID:Us1djM210
昭和11年の秋、西安まで行く仕事が出来た。そのことを話すと文老師は
では、ちょうど良い機会だから河南まで同道し嵩山まで行って祖師の
遺跡を見よう、ついでに伝法の儀式を少林寺でしようではないかと言い
出された。そこで陳老師と三人で出発した。(略)別に急ぐ旅ではなかっ
ので、しばらく滞在することになった。老師の旧友恒林和尚がいたので
気持ちよく世話をしてもらえた。そして恒林和尚に導師を勤めてもらい
義和門拳の簡単な儀式をして伝法の印可を受けたのである。式後、
少林寺の衆僧の演舞を見たが、単独演武が主で形式的な組演武はほんの
少しあっただけであった。(略)清末の禁令から二十年の空白が伝統ある
少林寺の拳法を退化させてしまったのであろう
       秘伝少林寺拳法 光文社 昭和50年版 P67〜69

この短い文章の中に宗道臣の幾つかのウソが読みとれる
@恒林は1923年に亡くなっている。宗が行ったと主張している
昭和11年(1936)には少林寺にはいなかった
A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
悲しむ文の姿や、恒林の名も宗の記憶に正確に残ったはずであるが
そんな記述は全く無い。よって文の実在も疑わしい
B元工作員の宗道臣はしばらく滞在したはずの少林寺の方丈(最高位の
僧)の名を間違えている。当時は恒林ではなく素光である。
よって 元少林僧に拳法を習ったことも、少林寺に滞在したことも
ウソであり 少林寺拳法は嵩山少林寺とは何の縁もゆかりもなく、
少林寺を名乗る資格は無い



405 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:53:24 ID:4plLVvnD0

   ★★★★★  インチキ武道家=佐藤金兵衛物語   ★★★★★

変態エロじじいのヤブ医者で、金で武道の免状をコレクションをしていた

卑しい精神の持ち主である 

    佐    藤   金   兵    衛

は、少林寺から金で段位を買うことを拒否されて逆恨みをしておりました。

そこでたまたま開祖の記憶違いの記述を発見し、開祖の少林寺行きはウソであると中傷しました。

ところが開祖が中国少林寺に帰山した際、当時の生存者の釈徳善和尚は、開祖を見るなり走りより、

目に涙を浮かべて「あなたを覚えている。」といい、終始開祖の手をしっかり握ったまま離しませんでした。

この感動的再会により、卑劣な佐藤金兵衛のデタラメが明らかになり赤っ恥をかきました。

その後も佐藤金兵衛はインチキ武道ごっこをクズな弟子達と続けておりましたが、ついに

天罰がくだり、地獄に堕ちて閻魔様に舌を抜かれたとさ。めでたし、めでたし。

406 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:53:45 ID:Us1djM210
昭和11年の秋、西安まで行く仕事が出来た。そのことを話すと文老師は
では、ちょうど良い機会だから河南まで同道し嵩山まで行って祖師の
遺跡を見よう、ついでに伝法の儀式を少林寺でしようではないかと言い
出された。そこで陳老師と三人で出発した。(略)別に急ぐ旅ではなかっ
ので、しばらく滞在することになった。老師の旧友恒林和尚がいたので
気持ちよく世話をしてもらえた。そして恒林和尚に導師を勤めてもらい
義和門拳の簡単な儀式をして伝法の印可を受けたのである。式後、
少林寺の衆僧の演舞を見たが、単独演武が主で形式的な組演武はほんの
少しあっただけであった。(略)清末の禁令から二十年の空白が伝統ある
少林寺の拳法を退化させてしまったのであろう
       秘伝少林寺拳法 光文社 昭和50年版 P67〜69

この短い文章の中に宗道臣の幾つかのウソが読みとれる
@恒林は1923年に亡くなっている。宗が行ったと主張している
昭和11年(1936)には少林寺にはいなかった
A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
悲しむ文の姿や、恒林の名も宗の記憶に正確に残ったはずであるが
そんな記述は全く無い。よって文の実在も疑わしい
B元工作員の宗道臣はしばらく滞在したはずの少林寺の方丈(最高位の
僧)の名を間違えている。当時は恒林ではなく素光である。
よって 元少林僧に拳法を習ったことも、少林寺に滞在したことも
ウソであり 少林寺拳法は嵩山少林寺とは何の縁もゆかりもなく、
少林寺を名乗る資格は無い



407 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:55:30 ID:4plLVvnD0
>401 名前:名無しさん@一本勝ち :2007/02/08(木) 00:46:57 ID:Ao3Bf3kD0
>違うよ。小乗は大乗側が蔑視する目的で用いた言葉だから
>大乗側でしか使われていないの。

仏教関係者ではない一般人にも普通に使われていますが何か?(プッ



408 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:55:31 ID:Ao3Bf3kD0
>>398
馬鹿にも解るように書いたんだから「ありがとう」ぐらい言ったら?

409 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:58:40 ID:uSoCWqee0
>少林寺開祖、宗道臣が中国少林寺に帰山したとき、当時の少林寺の官長

     >釈    徳    善    和   尚

>が涙ながらに開祖の手をとって

   >「あなたを覚えている。」

大金寄付してくれて有難うと言ったのを宣伝のために都合の言いように変えたの
んじゃないの。知らない日本人が大金を寄付してくれてぼけた年寄り感激するわな。
そもそも拳を鍛えない少林系武術なんてないだろ。
徹底した下半身の鍛錬と、拳や指先を鍛えるのが少林系武術にみられる特徴なんだが。
習ったとかいう最大門派の北派少林白蓮門拳とか、北派義和門拳なんてあったら
関連門派だけでも残っているはずだろうが、ないんだから。
それに拳を鍛える必要はないんですなんて宋さんは言ってたけど。
そりゃ柔術だよ(笑)。
套路のひとつも伝承されてなくて何が第二十一代の印可を受けただよ。



410 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 00:58:43 ID:Ao3Bf3kD0
>仏教関係者ではない一般人にも普通に使われていますが何か?(プッ
大乗側が使っているだけだって言っているじゃん。

>「小乗仏教」とは「大乗仏教(偉大な教え)」に対して「劣った教え」という
>意味でつけられた名称であり、大乗仏教の優位性を前提とした蔑称に
>過ぎないので、上座部仏教側が自称することはない。世界仏教徒の交
>流が深まった近代以降には通仏教的な相互尊重の立場から批判が強
>まり、徐々に使われなくなった。1950年6月、日本の伝統仏教各派も加
>盟する世界仏教徒会議(WFB)第一回世界大会がコロンボで開催された
>際、小乗仏教という呼称は使わないことが決議されている。



411 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:01:03 ID:Us1djM210
昭和11年の秋、西安まで行く仕事が出来た。そのことを話すと文老師は
では、ちょうど良い機会だから河南まで同道し嵩山まで行って祖師の
遺跡を見よう、ついでに伝法の儀式を少林寺でしようではないかと言い
出された。そこで陳老師と三人で出発した。(略)別に急ぐ旅ではなかっ
ので、しばらく滞在することになった。老師の旧友恒林和尚がいたので
気持ちよく世話をしてもらえた。そして恒林和尚に導師を勤めてもらい
義和門拳の簡単な儀式をして伝法の印可を受けたのである。式後、
少林寺の衆僧の演舞を見たが、単独演武が主で形式的な組演武はほんの
少しあっただけであった。(略)清末の禁令から二十年の空白が伝統ある
少林寺の拳法を退化させてしまったのであろう
       秘伝少林寺拳法 光文社 昭和50年版 P67〜69

この短い文章の中に宗道臣の幾つかのウソが読みとれる
@恒林は1923年に亡くなっている。宗が行ったと主張している
昭和11年(1936)には少林寺にはいなかった
A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
悲しむ文の姿や、恒林の名も宗の記憶に正確に残ったはずであるが
そんな記述は全く無い。よって文の実在も疑わしい
B元工作員の宗道臣はしばらく滞在したはずの少林寺の方丈(最高位の
僧)の名を間違えている。当時は恒林ではなく素光である。
よって 元少林僧に拳法を習ったことも、少林寺に滞在したことも
ウソであり 少林寺拳法は嵩山少林寺とは何の縁もゆかりもなく、
少林寺を名乗る資格は無い



412 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:03:30 ID:4plLVvnD0

 ★★★★★  これが佐藤金兵衛のアホ弟子がひた隠しにする真実だ!  ★★★★★


日本少林寺拳法開祖、宗道臣が中国少林寺に帰山した際、当時の生存者の

               釈  徳  善  和   尚

は、開祖を見るなり走りより、 目に涙を浮かべて

   「  あ  な  た  を  覚  え  て  い  る  。  」

といい、終始開祖の手をしっかり握ったまま離しませんでした。

色白の大男の日本人ということで、当時少林寺の小僧だった徳善和尚の印象に残っていたそうです。

開祖の少林寺滞在の決定的証拠であるこの実話に関しては、佐藤金兵衛一派は、ひたすら

  見  え  な  い  ふ  り 、 聞  こ  え  な  い  ふ  り

を続けております。(大爆笑)



413 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:05:30 ID:4plLVvnD0

 ★★★★★  これが佐藤金兵衛のアホ弟子がひた隠しにする真実だ!  ★★★★★


日本少林寺拳法開祖、宗道臣が中国少林寺に帰山した際、当時の生存者の

               釈  徳  善  和   尚

は、開祖を見るなり走りより、 目に涙を浮かべて

   「  あ  な  た  を  覚  え  て  い  る  。  」

といい、終始開祖の手をしっかり握ったまま離しませんでした。

色白の大男の日本人ということで、当時少林寺の小僧だった徳善和尚の印象に残っていたそうです。

開祖の少林寺滞在の決定的証拠であるこの実話に関しては、佐藤金兵衛一派は、ひたすら

  見  え  な  い  ふ  り 、 聞  こ  え  な  い  ふ  り

を続けております。(大爆笑)



414 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:05:47 ID:Ao3Bf3kD0
>>407
知ったかぶりが吠えるなよ
ば〜〜〜〜〜〜〜〜〜か

415 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:06:53 ID:4plLVvnD0

 ★★★★★  これが佐藤金兵衛のアホ弟子がひた隠しにする真実だ!  ★★★★★


日本少林寺拳法開祖、宗道臣が中国少林寺に帰山した際、当時の生存者の

               釈  徳  善  和   尚

は、開祖を見るなり走りより、 目に涙を浮かべて

   「  あ  な  た  を  覚  え  て  い  る  。  」

といい、終始開祖の手をしっかり握ったまま離しませんでした。

色白の大男の日本人ということで、当時少林寺の小僧だった徳善和尚の印象に残っていたそうです。

開祖の少林寺滞在の決定的証拠であるこの実話に関しては、佐藤金兵衛一派は、ひたすら

  見  え  な  い  ふ  り 、 聞  こ  え  な  い  ふ  り

を続けております。(大爆笑)



416 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:11:14 ID:4plLVvnD0
>>401

ろくに本を読まないクズが、無知丸出し(爆笑9

小乗という言い方は日本では差別的意味合いはなく普通に使われていますが何か?

誰でも知ってることを得意になって書いてるんじゃねえよ、低能(嘲笑)


417 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:12:28 ID:4plLVvnD0
>>401

ろくに本を読まないクズが、無知丸出し(爆笑)

小乗という言い方は日本では差別的意味合いはなく普通に使われていますが何か?

誰でも知ってることを得意になって書いてるんじゃねえよ、低能(嘲笑)

418 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:14:22 ID:4plLVvnD0
>A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
>旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
---------------------------------------------------------

ガハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ

無教養丸出し。(プッ

もともと釈迦の教えには死後の霊魂の存在などというものはなく、

まして墓参りなどということはしない。

死者の霊を慰めるなどという発想は大乗仏教になってから起こった習慣。

小乗仏教の流れをくむ少林寺で墓参りなんぞしなくてもなんら不思議はない。

インチキ武道家の弟子佐藤金兵衛の弟子は仏教に関する教養も無いらしい。(大爆笑)



419 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:15:39 ID:uSoCWqee0
中国では武技としての拳法は滅んでいて、体操としての太極拳がわずかにみられるのです。
中国で滅んだはずの中国拳法が日本に伝わっているのは、私が中国拳法最後の
名人に習って教え広めているからなのです。

中国と国交が回復して嘘だと知られたが、著書は廃刊にせざるを得なかったのだと
思う。宋氏の話は恒林和尚の話も含め、大半は作り話だと思っていたほうがいいと思うよ(笑)。

420 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:15:49 ID:Ao3Bf3kD0
>誰でも知ってることを得意になって書いてるんじゃねえよ、低能(嘲笑)

知らなかったお前は蛆虫か?

421 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:21:28 ID:fg2PRqEyO
痛いとこ突きすぎwww 信者が泣いてるじゃないか!

422 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:22:55 ID:4plLVvnD0
>>420

高校の倫理で習うような内容書いてどうするんだ?

よく恥ずかしくねえな。

ヴァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜カ(爆笑)


423 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:24:15 ID:4plLVvnD0
>A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
>旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
---------------------------------------------------------

ガハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ

無教養丸出し。(プッ

もともと釈迦の教えには死後の霊魂の存在などというものはなく、

まして墓参りなどということはしない。

死者の霊を慰めるなどという発想は大乗仏教になってから起こった習慣。

小乗仏教の流れをくむ少林寺で墓参りなんぞしなくてもなんら不思議はない。

インチキ武道家の弟子佐藤金兵衛の弟子は仏教に関する教養も無いらしい。(大爆笑)



424 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:25:42 ID:4plLVvnD0

いまだに、少林寺拳法は中国拳法ではないなどどピンボケな批判している知恵遅れがいるからあきれちまう(爆笑)

「・・・ そのことが解ってからの私は、柔道や空手、ボクシング、相撲その他を研究し、

 その技をこの原則に当てはめ分解してみると、いずれも同じであるということを確かめることが

 出来たので、帰国後、私は全く新しい観点から中国の拳技や把式の再編を思い立ち、

 護身術にもなり、保健体育法にもなり、その上人格完成に貢献できる精神修養法にもなる、

 心身一如の修道法の  創   設  を志し、中国の嵩山少林寺の白衣殿の壁画に残る印度伝来の

 阿羅漢の拳を、原子時代の今日にふさわしい形式に組み替えて、行うことに踏み切り、祖師の啓示と

 先師の教えを基として、これを戦時中に得た貴重な実戦の体験と私の創案を加えて慈に

 日本正統少林寺拳法を編んだのである。」(宗道臣著 少林寺拳法教範)



425 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:26:47 ID:4plLVvnD0

開祖が習った当時の中国拳法の技の原名と現在の少林寺拳法の名称

インチキ武道家=佐藤金兵衛 は論外ですが、まともな日本人中国拳法家ですら中国名を盲目的に踏襲している現在、

すでに半世紀以上前にオリジネルの日本名を独自につけて技の整理をしていた開祖の非凡さが伺えます。

それにひきかえ、今時の中国拳法修行者は・・・(プッ

双龍出海  →逆小手
懐中抱月  → 腕十字
童子拝仏  →前髪捕or熊手返
大纏手   → 切小手
覇王請客 → 内逆手捕
恕不同行  → 略十字小手
野雉拗翅 → 送肘攻
一柱頂天 → 逆天秤
後上翻 → 逆手投
天旋地転 → 肘抜前天秤
白馬登猿 → 足抜
老漢拝将 → 送巻天秤
上纏肘 → 龍投
野雉展翅 → 片手送小手
順水推舟 → 片手押小手
英雄有礼 →袖捕
剪腿 →挟倒
巧破腰索 →矢筈投
控腕奪刀 →小手投

426 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:28:02 ID:4plLVvnD0

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。




427 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:29:00 ID:Ao3Bf3kD0
へっ、小乗仏教だ何て恥ずかしげも無く使うよりマシだろ。
しかも般若経をベースにしている金剛禅を小乗仏教にする始末。
生きてて恥ずかしくならないの?

428 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:32:54 ID:4plLVvnD0
>>427

ぎゃははははははははははははははははははははははははは

このバカ=ID:Ao3Bf3kD0

小乗仏教という言い方が普通に使用されていることも知らないらしい。(プッ

じゃあ、大乗仏教は、一方に肩入れして使われているのかよ。

ピンボケな能書き言う前に一冊くらい本をよんでみろ、この知恵遅れ(大爆笑)

429 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:34:01 ID:4plLVvnD0
>A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
>旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
---------------------------------------------------------

ガハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ

無教養丸出し。(プッ

もともと釈迦の教えには死後の霊魂の存在などというものはなく、

まして墓参りなどということはしない。

死者の霊を慰めるなどという発想は 大 乗 仏 教 になってから起こった習慣。

 小 乗 仏 教 の流れをくむ少林寺で墓参りなんぞしなくてもなんら不思議はない。

インチキ武道家の弟子佐藤金兵衛の弟子は仏教に関する教養も無いらしい。(大爆笑)


430 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:37:03 ID:Ao3Bf3kD0
般若経は典型的な大乗経典だろ。
少林寺の教典もここからの引用だぞ。
なんでそんなものが「小乗仏教」になるんだよ。

>般若経
>大乗仏教初期に編纂され後の仏教発展の基礎となったと考えられている。

根本的に間違っているんだよ、お前。

431 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:39:15 ID:o1caHO0f0
こんなスレ発見

少林寺拳法は仏教か
ttp://travel3.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1040488151/l50


432 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:41:53 ID:Ao3Bf3kD0
あ〜〜〜〜あ、負けず嫌いの馬鹿は教えてやってもありがとうも言えないのかね。
少林寺ってなんでこんな馬鹿なのばかりなんだろ。

433 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:43:14 ID:Ao3Bf3kD0
技も屁理屈教義も屁理屈。
般若経引用しておいて「小乗仏教」だとさ。
馬鹿丸出し。

434 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:56:48 ID:4plLVvnD0
>>433
小乗という言い方が一般的であるという事実から話題をそらそうと
必死なクズでした。(大爆笑)

435 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 01:59:33 ID:Ao3Bf3kD0
>>434
ば〜か、一般的じゃね〜よ。
近年の書籍拾ってみろよ。
どうせ柳田國雄とかそんな古臭い仏教論しか読んだことねーんだろ。
それと日本にはほぼ大乗仏教だからその肝煎りの本なんか読んでも仕方ねーぞ。

436 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:02:12 ID:4plLVvnD0
>>430

ぎゃはははははははははははははははははははははははは

小学生以下の読解力のバカ(プッ

このバカ、中国の少林寺と日本の少林寺を混同してやがる。

短い日本文も正しく読めない救いがたい知恵遅れ。

書けば書くほどバカ丸出し(嘲笑)

437 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:05:34 ID:4plLVvnD0
>>435

東南アジアの小乗仏教の盛んな国ならいざ知らず、大乗仏教しか伝わらなかった

日本では歴史的に小乗仏教という言い方が普通にされてきましたが何か?

無教養のバカはどうしようもねえな。(プッ


438 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:11:42 ID:Ao3Bf3kD0
>>436
お前・・・・・・・・・・本気で言っているの?
中国はほぼ大乗仏教だぞ。
大体中国の禅思想は大乗思想だぞ。

>菩提達磨のもたらした禅は部派仏教における禅とは異なる
>大乗の禅であり、如来禅、如来清浄禅等と称する。

お前本当に馬鹿だな・・・・・・・・・・・

439 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:13:41 ID:Ao3Bf3kD0
んで?何で菩提達磨が始祖になる少林寺が

     小   乗   仏   教

になるのか俺は知りたい訳なのだが???

440 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:14:05 ID:4plLVvnD0
>>438

その中における嵩山少林寺の特殊性も知らない無知丸出し(爆笑)

書けば書くほどますます無教養暴露(大爆笑)


441 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:15:23 ID:Ao3Bf3kD0
なんだよその「特殊性」ってのは???

442 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:18:53 ID:Ao3Bf3kD0
お前このスレ読まれたら笑われるぞ。
少林寺の仏教論はこの程度なのかって。
恥かくだけだからおとなしく寝たほうがいいぞ。
少林寺が口先だけの屑なのは解ったから。

443 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:20:47 ID:4plLVvnD0
>>442

どうやらこのバカ、全く知らないらしい(大爆笑)



444 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:29:34 ID:uSoCWqee0
理屈で言い負かされると、なんでも(大爆笑)でごまかして取り繕うコピぺ厨惨め。

445 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:31:55 ID:zxw3QZ280
>>444
勝ち負けの判定ができない痛々しいのがどこからともなく沸いてきたw


446 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:34:53 ID:zxw3QZ280
あらはんの古い号に出ていた釈徳善のインタビュー記事で少林寺は小乗仏教だと
語っていた。

447 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:39:25 ID:4plLVvnD0
>438 名前:名無しさん@一本勝ち :2007/02/08(木) 02:11:42 ID:Ao3Bf3kD0
>中国はほぼ大乗仏教だぞ。
-------------------------------------------------------------

その「ほぼ」って何だよ?

このヘタレバカ(爆笑)



448 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:43:44 ID:uSoCWqee0
>>445
このスレを読んでいれば、理屈的な矛盾を突かれると何も答えられずスルーしてるのが
まともな人間ならわかると思うが、おまえのような狂信的な馬鹿信者はわからないらしいな。

449 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:51:11 ID:fg2PRqEyO
中国で、拳法は滅んだなんて言ってた中野さんの言ったこと全部信じてるんだよきっとwww

450 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:54:58 ID:uSoCWqee0
尊師は空中浮揚が出来ると信じていた教団の信者の思考と変わらんな。

451 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:55:28 ID:4plLVvnD0

答えられなくなった負け犬が遠吠えをしております。(爆笑)



452 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:57:48 ID:4plLVvnD0

いまだに、少林寺拳法は中国拳法ではないなどどピンボケな批判している知恵遅れがいるからあきれちまう(爆笑)

「・・・ そのことが解ってからの私は、柔道や空手、ボクシング、相撲その他を研究し、

 その技をこの原則に当てはめ分解してみると、いずれも同じであるということを確かめることが

 出来たので、帰国後、私は全く新しい観点から中国の拳技や把式の再編を思い立ち、

 護身術にもなり、保健体育法にもなり、その上人格完成に貢献できる精神修養法にもなる、

 心身一如の修道法の  創   設  を志し、中国の嵩山少林寺の白衣殿の壁画に残る印度伝来の

 阿羅漢の拳を、原子時代の今日にふさわしい形式に組み替えて、行うことに踏み切り、祖師の啓示と

 先師の教えを基として、これを戦時中に得た貴重な実戦の体験と私の創案を加えて慈に

 日本正統少林寺拳法を編んだのである。」(宗道臣著 少林寺拳法教範)




453 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 02:59:48 ID:4plLVvnD0

開祖が習った当時の中国拳法の技の原名と現在の少林寺拳法の名称

インチキ武道家=佐藤金兵衛 は論外ですが、まともな日本人中国拳法家ですら中国名を盲目的に踏襲している現在、

すでに半世紀以上前にオリジネルの日本名を独自につけて技の整理をしていた開祖の非凡さが伺えます。

それにひきかえ、今時の中国拳法修行者は・・・(プッ

双龍出海  →逆小手
懐中抱月  → 腕十字
童子拝仏  →前髪捕or熊手返
大纏手   → 切小手
覇王請客 → 内逆手捕
恕不同行  → 略十字小手
野雉拗翅 → 送肘攻
一柱頂天 → 逆天秤
後上翻 → 逆手投
天旋地転 → 肘抜前天秤
白馬登猿 → 足抜
老漢拝将 → 送巻天秤
上纏肘 → 龍投
野雉展翅 → 片手送小手
順水推舟 → 片手押小手
英雄有礼 →袖捕
剪腿 →挟倒
巧破腰索 →矢筈投
控腕奪刀 →小手投

454 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 03:01:40 ID:4plLVvnD0

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。



455 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 03:05:06 ID:uSoCWqee0
中国で拳法が滅んだなどと言う大嘘を信じている馬鹿信者の馬鹿の一つ覚えの
コピぺがまた始まった(爆笑)。
拳を鍛える必要がないとか言うインチキ中国拳法の修行せいぜい頑張れよ!


456 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 03:13:03 ID:fg2PRqEyO
人間形成の修業といいながら、セクハラされる拳法より八光流でも習ったほうがましだよ。

457 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 04:10:13 ID:Us1djM210

昭和11年の秋、西安まで行く仕事が出来た。そのことを話すと文老師は
では、ちょうど良い機会だから河南まで同道し嵩山まで行って祖師の
遺跡を見よう、ついでに伝法の儀式を少林寺でしようではないかと言い
出された。そこで陳老師と三人で出発した。(略)別に急ぐ旅ではなかっ
ので、しばらく滞在することになった。老師の旧友恒林和尚がいたので
気持ちよく世話をしてもらえた。そして恒林和尚に導師を勤めてもらい
義和門拳の簡単な儀式をして伝法の印可を受けたのである。式後、
少林寺の衆僧の演舞を見たが、単独演武が主で形式的な組演武はほんの
少しあっただけであった。(略)清末の禁令から二十年の空白が伝統ある
少林寺の拳法を退化させてしまったのであろう
       秘伝少林寺拳法 光文社 昭和50年版 P67〜69

この短い文章の中に宗道臣の幾つかのウソが読みとれる
@恒林は1923年に亡くなっている。宗が行ったと主張している
昭和11年(1936)には少林寺にはいなかった
A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
悲しむ文の姿や、恒林の名も宗の記憶に正確に残ったはずであるが
そんな記述は全く無い。よって文の実在も疑わしい
B元工作員の宗道臣はしばらく滞在したはずの少林寺の方丈(最高位の
僧)の名を間違えている。当時は恒林ではなく素光である。
よって 元少林僧に拳法を習ったことも、少林寺に滞在したことも
ウソであり 少林寺拳法は嵩山少林寺とは何の縁もゆかりもなく、
少林寺を名乗る資格は無い


458 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 04:11:43 ID:Us1djM210

昭和11年の秋、西安まで行く仕事が出来た。そのことを話すと文老師は
では、ちょうど良い機会だから河南まで同道し嵩山まで行って祖師の
遺跡を見よう、ついでに伝法の儀式を少林寺でしようではないかと言い
出された。そこで陳老師と三人で出発した。(略)別に急ぐ旅ではなかっ
ので、しばらく滞在することになった。老師の旧友恒林和尚がいたので
気持ちよく世話をしてもらえた。そして恒林和尚に導師を勤めてもらい
義和門拳の簡単な儀式をして伝法の印可を受けたのである。式後、
少林寺の衆僧の演舞を見たが、単独演武が主で形式的な組演武はほんの
少しあっただけであった。(略)清末の禁令から二十年の空白が伝統ある
少林寺の拳法を退化させてしまったのであろう
       秘伝少林寺拳法 光文社 昭和50年版 P67〜69

この短い文章の中に宗道臣の幾つかのウソが読みとれる
@恒林は1923年に亡くなっている。宗が行ったと主張している
昭和11年(1936)には少林寺にはいなかった
A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
悲しむ文の姿や、恒林の名も宗の記憶に正確に残ったはずであるが
そんな記述は全く無い。よって文の実在も疑わしい
B元工作員の宗道臣はしばらく滞在したはずの少林寺の方丈(最高位の
僧)の名を間違えている。当時は恒林ではなく素光である。
よって 元少林僧に拳法を習ったことも、少林寺に滞在したことも
ウソであり 少林寺拳法は嵩山少林寺とは何の縁もゆかりもなく、
少林寺を名乗る資格は無い


459 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 04:13:37 ID:Us1djM210
昭和11年の秋、西安まで行く仕事が出来た。そのことを話すと文老師は
では、ちょうど良い機会だから河南まで同道し嵩山まで行って祖師の
遺跡を見よう、ついでに伝法の儀式を少林寺でしようではないかと言い
出された。そこで陳老師と三人で出発した。(略)別に急ぐ旅ではなかっ
ので、しばらく滞在することになった。老師の旧友恒林和尚がいたので
気持ちよく世話をしてもらえた。そして恒林和尚に導師を勤めてもらい
義和門拳の簡単な儀式をして伝法の印可を受けたのである。式後、
少林寺の衆僧の演舞を見たが、単独演武が主で形式的な組演武はほんの
少しあっただけであった。(略)清末の禁令から二十年の空白が伝統ある
少林寺の拳法を退化させてしまったのであろう
       秘伝少林寺拳法 光文社 昭和50年版 P67〜69

この短い文章の中に宗道臣の幾つかのウソが読みとれる
@恒林は1923年に亡くなっている。宗が行ったと主張している
昭和11年(1936)には少林寺にはいなかった
A宗の師とされる元少林僧、文太宗が実在していたとするなら
旧友である恒林の死に当然悲しみ、墓参りをしていたはずであり
悲しむ文の姿や、恒林の名も宗の記憶に正確に残ったはずであるが
そんな記述は全く無い。よって文の実在も疑わしい
B元工作員の宗道臣はしばらく滞在したはずの少林寺の方丈(最高位の
僧)の名を間違えている。当時は恒林ではなく素光である。
よって 元少林僧に拳法を習ったことも、少林寺に滞在したことも
ウソであり 少林寺拳法は嵩山少林寺とは何の縁もゆかりもなく、
少林寺を名乗る資格は無い


460 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 05:44:49 ID:IvKdhO3t0
>あらはんの古い号に出ていた釈徳善のインタビュー記事で少林寺は小乗仏教だと語っていた。

根拠は機関紙らしい
流石カルト信者だ
(プッ)

461 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 07:21:32 ID:x8hCNKDu0
>原始仏教というポピュラーな言い方を知らずに、インドの一時代の仏教の用語である
原始仏教は定義が曖昧。思想で分けるなら上座部は原始仏教だけど大衆部は入らない。
教典で分けるとどちらも組み込まれる。
同様に小乗仏教も明確に定義されていない。
但、小乗思想っていう使い方をすると明確になる。

>小乗という言い方は日本では差別的意味合いはなく普通に使われていますが何か?
小乗は大乗思想に対する思想として用いられる。
一人のとか個人のっていう意味合い。
禅行の思想等の説明に引用される事はある。
だけど前に書いたように小乗仏教は定義自体曖昧なので普通は用いない。

>死者の霊を慰めるなどという発想は大乗仏教になってから起こった習慣。
>小乗仏教の流れをくむ少林寺で墓参りなんぞしなくてもなんら不思議はない。

これは間違い。死者を弔う慣習は仏教出現以前からあったし部派仏教時代にもあった。
大乗か小乗かは在家か出家かの違いと解釈する事が一般的。
死者の霊云々っていうのは全く関係が無い。
故に日本や中国の仏教はこの区分で言うと殆どが大乗思想。
経典で区別すると大衆部仏教なんかも小乗に含まれる。
古い研究書や蔑んで用いる場合に小乗仏教っていうのを使うことはあってもまともな仏教書では殆ど無い。

>あらはんの古い号に出ていた釈徳善のインタビュー記事で少林寺は小乗仏教だと

これはちょっと信じられない。小乗思想という事で用いたのであれば間違い無いけど大乗壁観の思想を説
いている禅宗の僧侶が自ら小乗仏教だと主張するのは腑に落ちない。誤植か読み間違いだと思う。

少林寺の人は宗教家ぶっているけど何も知らないんだね。

462 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 11:07:44 ID:t7/CMMjY0
1.人目を引く為の独特の書き込み方式(改行・レイアイト等)
2.いつもsage
3.少林寺拳法に関する知識
4.嘲笑するような一定の表現を使う
5.コピペの連投
6.妄信的な少林寺信者を装う
7.意図的に他流派を見下し少林寺の優秀性を謳う

行動時間は夜間である事から、一定の生活リズムが予想される。
仕事の関係で夜間に休みのある職業や、活動時間が夜間になる理由を持つ。
一日中PCに張り付かないようだ。
sageカキコから普段sageで投稿している人である事がわかる。
また連続投稿・多重などからPCに関するある程度の知識も伺える。
基本的に相手を論破することを目的としており、理論やソースの正確性にはこだわらない。
その為相手の主張を、連投や誹謗中傷などで封じる行動が多い。


463 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 11:18:05 ID:t7/CMMjY0
主張自体は少林寺擁護の方向でありながら挑発的内容である。
また他流派の情報にも比較的詳しく、情報収集に余念が無い。
ただし実際の少林寺修行者の常識的知識を失念する場合もある。
おそらく現役の拳士ではなく、過去に多少関わった、もしくは知り合いがいる程度と見られる。
経験の無さを文献・記事・ネット上の情報を示したり、経験者の話を加工する事で補っている様子。
戦略的には「情報不足による反論不能」を狙ったり、少林寺が他流と衝突する事を狙う。
例:「○○先生は誰々と密かに繋がりが在った」「○○流はインチキ、少林寺は優秀」など

最終的な目的は「武板の活発化・人集め」と思われ、少林寺をどうこうしようと言う意図は感じられない。
少林寺という媒体と他流派が抗争状態になればアクセス数が増えるという計算か。
少林寺だけでなく他武道にたいしても、同じアプローチをしている可能性あり。

総合的な感想としては、あまりにワンパターンで発想力にも欠ける。
住民とのやり取りも柔軟性にかけ、スレを埋めるだけで全体のレスは増えていない。
まれにするマジレスもありきたりで、人目を惹きつけるような要素を持たない。
他人の揚げ足を取るのではなく、予想外の返答で相手を驚かせる能力が必要。
毎回機械的にレスするのではなく、一つ一つ丁寧な仕事をしないとね。
武板、担当替わったのかな?

464 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 16:02:54 ID:uSoCWqee0
書き込みのスタイル、文章のくせ、佐藤氏に対する中傷粘着ぶりはどうみてもキャハだろ。

465 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 16:54:52 ID:cJ+sQbvn0
出所したばかりで暴れてるだけだ。飽きたらそのうちいなくなるだろうよ。

466 :71:2007/02/08(木) 20:01:31 ID:UhmLkNXh0
なんかどれが誰の発言かわかんにゃい。

少林寺の歴史スレは必ず荒れちゃうなぁ。
悲しいコトだぜ。

467 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 23:04:04 ID:YTVGEsBG0
>>459
459の内容は実に理路整然としていて納得出来る。
それに対する具体的な反論が少林寺側からは一切出て来ないね。

468 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/08(木) 23:15:54 ID:ukJszSmWO
金クレ組織かばっても、時間の無駄。

469 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/09(金) 12:08:35 ID:n/RHwTSG0
>>467
>よって 元少林僧に拳法を習ったことも、少林寺に滞在した
ことも ウソであり 少林寺拳法は嵩山少林寺とは何の縁もゆ
かりもなく、 少林寺を名乗る資格は無い  
の459の結論にどうして結びつくんだ?
著書の記述の一部が疑わしいとしてこれをウソと断定し少林寺
拳法は嵩 山少林寺とは何の縁もゆかりもなく少林寺を名乗る資格
は無い として るが、縁もゆかりも宗氏が嵩山少林寺認知させ、
されて既にできてると 思うけどね。どうですかね?
個人的には別に少林寺を名乗る必要はどうでもいいと思うけど、
宗氏本 人が著書で日本人の武道教育のシステムに少林寺の拳
その他を参考にした と書いてるね。その際自分の技と思想に
元少林僧等や嵩山少林寺の影響が あったから少林寺拳法の名
を創設したと書いてるね。
文革当時前の中国の嵩山にも武僧はいないに等しく(だから文
革後に武僧 を他寺から招聘したんだが)少林拳の定義や技術
さえあいまいな時代だから日本人に使えるよう少林寺拳法の名
で創設したと書いてるね。
で、一部の中拳家のように技もそっくりそのまま使いたいとは
俺は思わんけどね。
国も違えば時代も違うのに戦争中の話だし当時資格もくそもないよ。
現代のしくみで過去の状況の善し悪しまでは語るには無理がある
とは思わないの?
逆に聞きたいけど、当時日中断行の毛沢東の時代少林寺拳法の名を
創設す るに必要な事を459さんなら何ができたの?

470 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/09(金) 19:02:33 ID:KVocqbha0
>>469
>縁もゆかりも宗氏が嵩山少林寺認知させ、されて既にできてると 思うけどね。どうですかね?

それこそジャパンマネーの力による賜物でしょう。
会った事のない人間に会った事があると言わせ、再訪の地の石碑を立てる。
皆当時は貧しかった中国や河南省が外貨を欲しかったがための行い以外のなにものでもあるまい。

武僧がいないと言う話も嘘八百。
素喜さんとかの少林寺絶技の心意把を伝えた武僧は近年までいたが。
似ても似つかぬ柔術拳法に中国伝来の箔を付ける為の行いの罪深き事よ。
嘘つきは地獄に落ちているだろうね。

471 :71:2007/02/09(金) 23:04:39 ID:Q2v1MaIs0
>>470
>それこそジャパンマネーの力による賜物でしょう。

この可能性は低くはないと私も思います。
でも証拠がないからにゃ〜。断言は出来ません。
まぁ、私としては嵩山の高僧がお金のために嘘をつくとは思いたくないでつね。

>武僧がいないと言う話も嘘八百。

仰る通り、“いないに等しく”ね。

>似ても似つかぬ柔術拳法に中国伝来の箔を付ける為の行いの罪深き事よ。

現在の少林寺拳法は確かに中国拳法の雰囲気は失ってると思いますが
上の方でも書いてますけど源流は中国拳法であるのは確かだと思いますよ。
嵩山少林寺の武技である可能性は低いと思いますけどね。

472 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/09(金) 23:57:48 ID:KVocqbha0
いないに等しくを詳しくぷりーず

473 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 00:11:36 ID:RElYPdEX0
>>470
>それこそジャパンマネーの力による賜物でしょう。
会った事のない人間に会った事があると言わせ、再訪の地の石碑
を立てる。 皆当時は貧しかった中国や河南省が外貨を欲しかった
がための行い以外のなにものでもあるまい。
そうと言い切れる確証でもあるんですか?確証を出して言い切る
んなら解るけど、悪意と推測で物事を言ったら日本少林寺だけで
なく中国や河南省や嵩山への誹謗、中傷にしかならんと思わんか?
中国や河南省や嵩山だって、少林武術が代表的国術であるとの誇り
を持つ人々の集まりだぞ。
当方だって物乞い乞食じゃないんだからジャパンマネーだけで
動く訳がない。宗氏の略歴、やった事を詳しく調査した上で進めら
れた話だろ。そう思わんかね?
で、ジャパンマネーの力による賜物って、どれほどの金額かを教えて
くれないか?
>武僧がいないと言う話も嘘八百。
文革当時前の中国の嵩山にも武僧はいないに等しく(だから文革後に
武僧を他寺から招聘したんだが)と書いたんだが何処が嘘八百だ?
だったら、高齢でない現役の武僧は何人居たのか教えてくれよ。
>似ても似つかぬ柔術拳法に中国伝来の箔を付ける為の行いの罪深き
事よ。
上にもあるが具体的に日本少林寺、羅漢拳の袖巻き返しは柔術のどこ
技であるか教えてくれよ。具体的に答えれないなら単に悪意、中傷の類
とみなすがどうですかね?
>嘘つきは地獄に落ちているだろうね。
上の質問にきちんと答えれないなら君こそ嘘つきになると思うけどね。
君は嘘つきでないと言い切れるのか?

474 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 00:14:51 ID:jlSOZxdG0
マーク変えちゃったから、もうやらないな。 どっか古いマークでやってる団体ないかなぁ。 そこだったら考える余地有り。

475 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 01:04:28 ID:fn+bHYso0
>>473
>上にもあるが具体的に日本少林寺、羅漢拳の袖巻き返しは柔術のどこ
技であるか教えてくれよ。

俺は470ではないが、袖巻き返しとよく似た技なら大東流の六条袖巻きという
技があるよ。

476 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 01:22:04 ID:RElYPdEX0
似た技を言い出すなら人間が同じ以上技が似てるのは出てくるよ。
で、大東流の六条袖巻きというのは羅漢拳の袖巻き返しと同じじゃ
ないだろ。どんな技ですか? 宗氏は大東流習ってたの?


477 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 01:34:20 ID:hOEKSNMuO
上野先生の系列か、高松先生の系列の柔術がベースです。
棒もにています。
加えて、魚屋の陳さんに形も習いました。
それを整理して、ファンタジー付け足してつくったのです。
嘘だと思ったら、天心古流と戸隠流、九鬼流をしらべて下さい。

478 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 01:40:15 ID:fn+bHYso0
>>476
そのとおり人間の関節構造は同じなので、極め方は全く同じ。


>宗氏は大東流習ってたの?

それは知らないが、八光流と大東流は同じ柔術なので講習会のときに六条の極め方は
習っている可能性はあると思う。

それと日本柔術には、技数700という流派もあれば、大東流のように2600
という流派もある。基本の極め方さえしっかり学んでいればいくらでも
関節技や袖取りなんて技は創作できるもんだよ。
ただね、中国の禽拿術には日本の少林寺や柔術がやっているような締め技や指取り連行
押さえ技、縛法、居捕りというものはない。これだけは宋氏が柔術のしくは他の武道から採用したもの
だと言うのは否定できないと思うよ。


479 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 02:01:05 ID:RElYPdEX0
宗氏自身がその著書の中で柔術含めた多くの格闘技の共通性を
認めることが出来たのでこれを整理して少林寺拳法を開創した
とはっきり書いてるね。
だから、柔術にも中国拳にも拳闘にも日本拳法にも柔道、空手
その他にも似てる技はあるのは当然の話と思うけどね。

480 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 02:20:14 ID:fn+bHYso0
体捌きはむしろ日本拳法に近い。
 日本拳法      少林寺拳法
 反身        反り身受け
 退身        引き身受け
 開身        開身受け
 潜り身       流水受け
 沈身        屈身受け

日本拳法と日本少林寺拳法は、体捌きはどちらかがぱくったくらい似ているが
中国拳法にはこんな共通項は見られないって(笑)。
それに、中国武術は打撃が主流で禽拿術はあくまで補助的なもの。
宋氏が言うように拳をきたえる必要がなくて、当身をいれて逆技で極めるのは柔術の戦い方。
柔術がベースの武道と言われるのは当たり前のこと。

481 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 02:32:38 ID:RElYPdEX0
>>480
どれとも似た点はあるが、同じものがあるの?
ないなら、何がベースかが何かが問題になるのかい?
宗氏自身が特定の何から少林寺拳法を開創したと言ったの?
君が勝手に問題にしてるだけの話だろ。



482 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 02:54:53 ID:fn+bHYso0
北派義和門拳、白連門拳を文老師と陳老師にならって、それに創意工夫をしたもの
と書いていたじゃない。
柔術をベースに日本拳法の体捌き、空手の蹴りを参考にしたとしか思えない武道。
中国拳法の立ち方、鍛錬法、発剄、ソウタイ、ハイキャク、フジンキャク、馬歩
などを基本に創意工夫をしてもあんな柔術みたいな拳法にはならんだろう(笑)。
21代北派義和門拳の印可を少林寺で受けたとか言っているのに、套路のひとつも
伝承されてない拳法なんてないだろ。
太気拳の人たちは、源流の意拳を習いに中国に行っているのに、
少林寺拳法の人は、何で北派義和門拳、白連門拳などの源流の研究に行かないんだ(笑)。



483 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 03:02:23 ID:RElYPdEX0
>>482
北派義和門拳、白連門拳を文老師と陳老師にならって、それに創意
工夫をしたもの と書いていたじゃない。
北派義和門拳、白連門拳を文老師と陳老師の継承を得たとは書いてた
と記憶してるけどそれに創意工夫をしたものとは君が勝手に書いてる事。
どこにもそんな記述はないね。
勝手に勘違いしてないでよく読みなさいよ。

484 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 03:12:42 ID:PofvcOUkO
いや〜教範に書いてあったと思うけどね〜

485 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 03:14:01 ID:fn+bHYso0
著書「秘伝少林寺拳法」の中で、私が少林寺拳法と称して教えている高度な技術は
中国拳法そのものではない、それに創意工夫を加えたものだと書いてあっただろう。
創意工夫を加えた中国拳法とは、陳老師と文老師に習った義和門拳、白連門拳
のことだろうが。ここまで言わんとわからんとはどうしようもないな。


486 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 03:21:39 ID:RElYPdEX0
>>484
どこに?教えてくれよ。
他の武道、武術も同じ。中国拳も参考にはしただろ。
少林寺拳法を開創したとはっきり書いてるne.




487 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 03:35:04 ID:PofvcOUkO
>>486
新しい教範で言うと上巻の122頁8行目に「これに戦時中に得た貴重な実戦の体験
と私の創案を加えて」って書いてありますな〜。教範読んでないの?

488 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 03:41:49 ID:QktDQKGg0
空手と日本拳法をベースにした剛法か…。

それにしては弱すぎるな。まさに改悪。

489 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 03:45:29 ID:RElYPdEX0
>>487
少林寺拳法を開創したとはっきり書いてると記憶してるけどね。
教範は読んでないよ。
で、これに戦時中に得た貴重な実戦の体験 と私の創案を加えて」
 の続きには何と書いてあるの?


490 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 03:55:36 ID:PofvcOUkO
>>489
なんか勘違いしてるようだけど、私は「少林寺拳法は開祖が開創した開祖のオリジナル武術」と言う意見だ
からね。ただ開祖の著書には「中国で習った拳技に戦時中に得た貴重な実戦の体
験と私の創案を加えて」みたいな記述は確かにあるの。

491 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 04:16:36 ID:RElYPdEX0
>>490
著書には「中国で習った拳技に戦時中に得た貴重な実戦の体
験と私の創案を加えて」みたいな記述はそうでしょう。
ただ、中国で習った拳技のみを元に少林寺拳法を開創したと
は言ってないと記憶しています。
それゆえ、断っておきたいが・・中国拳と全く同じではない
と前置きして他の武術も参考にして普遍性を見いだして少林寺
拳法を開創したとはっきり書いたのだと思ってますよ。

492 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 05:36:18 ID:tHVWetbE0
>>473
共産国家における政府の怖さを知らない奴の発言だな。
少林寺関係者が政府や地方政府の言う事を聞かないとどのような酷い目にあわされるか
知れたもんじゃない。お国が外貨が欲しいと言ったら逆らえるわけがなかろうが。

1つも套路のない中国武術ってどうなのよ?

お前さんは、何時何分何秒に言った?と言うタイプの人間だな。

493 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 06:13:02 ID:mTOFIxFk0
>共産国家における政府の怖さを知らない奴の発言だな。
>少林寺関係者が政府や地方政府の言う事を聞かないとどのような酷い目にあわされるか
>知れたもんじゃない。お国が外貨が欲しいと言ったら逆らえるわけがなかろうが。

これは事実だろうね。外貨云々って言うよりも初期の中国訪問はある意味民間外交だからな。
下手に政府の客人に「あんたなんか知らんわ」なんて言った日には大変だろうな。
初期の訪中の際には警察関係者にビザが出なかったり常に政府関係者と一緒の行動だったり
したところからも間違いなく外交宣伝の一種だったと思うよ。両国にとってね。

武僧がいなかったっていうのはほぼ真実じゃないのかな?訪中当時少林武術として紹介された
のも少林寺の人間が披露した訳では無く政府が呼んだ人間が行ったようだし当時の様相から少
林寺自体武術どころじゃなかったとは聞いた事はあるよ。後日政府が外交手段として使えると判
断して役人を少林寺に送り込んで観光客も増えて今の少林寺になったみたい。

494 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 06:48:41 ID:mTOFIxFk0
>こんにちに至るも少林武術の源流、仏教との関係、その発祥、発展の歴史的
>背景などこの方面の専門の論書に欠けていると言わねばならない。
>明の時代に少林武術を論じた書が一冊後世の人に高く表された。程沖斗の著
>わした「少林棍法○宗」である。程沖斗は若い時に少林に遊学し有名な棍法家
>洪紀に師事した。彼の論点は視点が明確で素晴らしいものであるが惜しい事に
>棍法の研究に重きを置き他に触れないと言う嫌いがあった。
>近代の人の故唐範生も「少林武当考」を再撰し少林寺及び少林武術の歴史を体
>系的に整理しようとしたのだが歴史的根拠に乏しかったため心あるも力及ばずで
>あった。しかし、彼は少林寺の伝説にまつわる誤りを是正してその価値を高く買わ
>れている。論点の一つは少林寺あっての武芸と言う世俗的見解を否定した事である。

1982年に美乃美っていう仏教書なんかを出している出版社が出した嵩山少林寺って
いう書物からの引用。現代一般的に流布されている少林武術については中国武芸図
籍考、少林武当考などの古文書を根拠史料として発祥については存在すると認識さ
れるが体系的なものとしての存在については史料や根拠に乏しい旨の記述になって
いるなぁ。その上で現代少林武術と呼ばれているものの説明はあるけど。
まぁ、武術書じゃないんでアレなんだけど。

495 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 09:47:11 ID:0E3mNaBPO
常識のある少林寺関係者もわずかにいるようだが、感情的にしか反論できない信者が少なくないみたいだねwww

496 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 10:37:56 ID:qBpkIwuS0
>>492
>共産国家における政府の怖さを知らない奴の発言だな。
少林寺関係者が政府や地方政府の言う事を聞かないとどのような
酷い目にあわされるか知れたもんじゃない。
お国が外貨が欲しいと言ったら逆らえるわけがなかろうが。

お互いに認めた訳だろうが。
国体の違う中共を動かして宗氏が何か日本に悪い事でもしたのか?

>1つも套路のない中国武術ってどうなのよ?
宗氏が最初から著書で中国武術でなく開創した日本武道って書いてるね。
勝手に自分でとんちんかんな疑問を持つなよ。

>お前さんは、何時何分何秒に言った?と言うタイプの人間だな。
だったら、お前さんはどうなんだ?
悪意の推測と勝手な断定はいい加減にしなさい。



497 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 11:03:28 ID:fn+bHYso0
>1つも套路のない中国武術ってどうなのよ?
宗氏が最初から著書で中国武術でなく開創した日本武道って書いてるね。
勝手に自分でとんちんかんな疑問を持つなよ。

中国で滅んだ拳法が、何故現在の日本に伝えられているのか?
それは私が中国拳法最後の名人に習って広めたからである。「秘伝少林寺拳法」

また習った中国武術そのものではない、戦時中の体験と創案をさらに加えたからだと言って
いるが中国武術ではないなんて言ってはいなかった。
少林寺に伝わる後手必勝の拳法で、600数十の秘技があるいう内容の話だった。
実際、少林寺拳法は中国武術ではないと主張した佐藤氏やその他の人物への弾圧が
あったことは知られている。



498 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 11:36:35 ID:qBpkIwuS0
>>497
日本少林寺拳法が日本武道か中国武術のどちらとして公認されてる
か又宗氏が書いてたかだから日本武道だろ?
中拳や嵩山や元少林僧の影響を受けたとも書いてるね。
>少林寺に伝わる後手必勝の拳法で、600数十の秘技があるいう内容の話だった。
嵩山でも護山の為に銃を担ぐ時代だったから、拳法自体も単演を見せてもらったり
してただけだから嵩山で修行してはいないと書いてるね。
で、(嵩山)少林寺に伝わる・・と書いてないと解釈してたがね。
(日本)少林寺に伝わる後手必勝の拳法で・・だよ。

499 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 12:19:30 ID:fn+bHYso0
>日本少林寺拳法が日本武道か中国武術のどちらとして公認されてる
>か又宗氏が書いてたかだから日本武道だろ?

又宋氏が書いてたかだって?どこの言葉だよ(笑)。
意味がわからんのだが。

>で、(嵩山)少林寺に伝わる・・と書いてないと解釈してたがね。
(日本)少林寺に伝わる後手必勝の拳法で・・だよ。

達磨大使が少林寺に拳法を伝えてね、それを少林寺の僧が修行したという話。
でも仏教の僧侶が先に手を出すわけにはいかないので、後手必勝の技術になった。
技を悪用されると大害が生じる恐れがあるので、門外不出の秘技として伝えられてきた。
少林寺に源を発する北少林白連門拳の師父である陳老師に習った。
宋先生はそう著書にかれていたと記憶しているが俺が間違っているのかね。







500 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 12:31:17 ID:fn+bHYso0
早く突っこんでくれんかな〜
もうすぐ用事があるんだが。

501 :正統:2007/02/10(土) 12:34:58 ID:x0hh5f6/0
開祖がいたという事実と
その開祖が始めた少林寺拳法
黒歴史??どこの歴史でも、人間が創作するものなのに・・
どうにでも操作できるものなのに・・

今少林寺拳法ができることで満足 満足
つまらんスレだな^^ 


502 :正統:2007/02/10(土) 12:40:58 ID:x0hh5f6/0
なんかさ もっとおもしろい歴史はないの?
開祖の武勇伝とかさ・・・

黒歴史ってのでは、あまりにうさんくさくて興味がわかないよ^^

でしょ^^ 横になって今から寝るか・・・(@@)・・・

503 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 13:36:35 ID:hOEKSNMuO
少林寺は戦いが目的ではないと言いつつ、開祖の武勇伝はほしい訳ですね。
これが、偉い人のダブルスタンダード。

504 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 13:39:21 ID:hOEKSNMuO
少林寺は、強さが目的ではないと言うのは、
同じ時間練習したら他武道に負けるレベルの指導しか出来ない人の言い訳でした。(笑)

505 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 13:48:08 ID:hOEKSNMuO
開祖の失敗は、満州にすんで、中国全土を股にかけた活躍をした筈なのに、皇帝を守護していた八極拳を知らなかったことですね。これは健康太極拳と違い痛い対練が多いです。
それなのに、中国の拳法は絶滅したって言ってましたね。(笑)

506 :正統:2007/02/10(土) 13:52:47 ID:x0hh5f6/0
>>502

あなたは、開祖そして組織そして多くの拳士をこういう場で批判して
何かメリットがあるんでしょう

そのメリットやらをお聞かせ下さい^¥¥^

507 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 13:58:49 ID:pdxTolUq0
>>499
貴方の記憶も私の記憶も似たようなもんだろ。
いずれも宗氏の著書からだからな。
歴史はの記述は宗氏なりの解釈で書いてる訳でね。
君にしてもずっとあえて名前を誤字させてるだろ。
で、何か気にいらん事でもあるの?
私はそのまま開創した少林寺拳法でいいと思うけどね。


508 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 13:59:09 ID:hOEKSNMuO
教育をうたう団体なら、そろそろ真実を明らかにした方がいいでしょう。
少林寺は、柔術ベースで拳法を取り込んで編成したもの。
教育の方便で少林寺の名を借りた。
今の時代に嘘はだめ。不二家みたいになりますよ。
それでも俺は少林寺が好き。

509 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 13:59:42 ID:fn+bHYso0
第二次大戦中は、澤井氏が師事された大成拳の王老師も歴史に残るほどの名人だった
と言われる。多くの強い弟子を育てており、太気の久保先生や天野先生が交流をもたれているのは
有名。カレンバッチと互角に組み手をしたほどの久保先生が王先生の弟子に圧倒されたらしい。

510 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 14:06:49 ID:hOEKSNMuO
開祖のベースは、中国拳法の影響を受けた柔術です。
プラス近所の魚屋の陳さんに習った拳法を加えて、護身術として組み変えた。
そのままでは知名度がないし、喧嘩の練修に堕ちてしまう。そこで、少林寺の名を借りた。

511 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 14:08:33 ID:hOEKSNMuO
中国拳法の影響がある柔術だから、拳法との相性がよく、融合できた。

512 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 14:14:39 ID:fn+bHYso0
>>507
>貴方の記憶も私の記憶も似たようなもんだろ。
>いずれも宗氏の著書からだからな。
>で、(嵩山)少林寺に伝わる・・と書いてないと解釈してたがね。
>(日本)少林寺に伝わる後手必勝の拳法で・・だよ。

親切にわかりやすく正しい内容を書いてあげたのに、どうして間違いを認められないのかね?
開祖は中国の少林寺の拳技のことを指して書いていたのはあきらかだろう。
それと昔からよく知っている宗という字をわざと使ってないのと

>歴史はの記述は宗氏なりの解釈で書いてる訳でね。

文法を間違えるような君のような子供と一緒にしないでくれ(爆笑)。






513 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 14:29:02 ID:fn+bHYso0
>>510
そのとおりだと思います。
柔術をベースにして、それと近所に住んでいた中国人に少しだけ習った拳技。それだけでは
足りなかったので、空手を習ったり、すでに総合武道だった日本拳法などを
参考にして少林寺拳法という新しい武道を創った。
しかし、仏教の思想を取り入れたり、誰でも出来るようなわかりやすいカリキュラムを作り上げた
ことは歴史に残る立派な業績だと思います。


514 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 14:29:06 ID:pdxTolUq0
>>510
そっくりそのまま最初から書かれてるとおりで特別新しい
問題じゃないね。
で、魚屋の陳さんが、魚屋かどうかは知らんけども、地下に潜伏
してた元少林僧が魚屋に身を隠してたのか、近所の正業の魚屋さ
んが拳法を少しかじってたのを習ったとは違うと思うだろ。
あえてそんな書き方する必要があるの?


515 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 14:42:17 ID:pdxTolUq0
>>499
宋先生はそう著書にかれていたと記憶しているが俺が間違っているのかね。
間違えることはよくあるからね。
文法を間違えるような君のような子供と一緒にしないでくれ(爆笑)。
とは言わんよ。


516 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 14:56:01 ID:0E3mNaBPO
言い返せて良かったね!間違えてばかりのぼくちゃんwwww

517 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 15:06:35 ID:pdxTolUq0
目くそ、鼻くそだ。w

518 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 16:01:20 ID:Wn4dJU1z0
>>513
>しかし、仏教の思想を取り入れたり
少林寺の人はよくこういうんだけどこれは違うような気がするよ。
正統さんにも言った事あるけど適当にその時に当てはまる言葉を引用して
いるだけで思想をきちんと用いている訳じゃないと思う。仏教って対の思想
の共存が多くあって例えば唯識派と中観派みたいに中身だけを見ると相反
する思想があって自分の思想を知るには相手を知らなければいけない。
その過程で深く入って融合していくみたいなものなんだけど・・・・そんな事
していないし教えていないからね。
ほとんどが開祖の教えマンセーになっているしそのあたりに転がっている新
興宗教と実は一緒なのが現実。正しい仏教の教えって少林寺が好んで使
う言葉だけど全然正しくないよ。

519 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 16:08:56 ID:tHVWetbE0
>>498
>嵩山でも護山の為に銃を担ぐ時代だったから、拳法自体も単演を見せてもらったり
>してただけだから嵩山で修行してはいないと書いてるね。

どこの地方で習おうが中国拳法は1人型が基本的な練習法なんだから、それを知らない
と言うのはあまりにお粗末。
套路をやった事がないとしたら、中国拳法自体をやった事がない可能性が極めて大きい。
意拳でもやったと言うなら話は別だが。

それと本当に中国で中国拳法に触れているなら、当時の名人の事を全く知らないと言うの
はあまりに不自然じゃないかい?

ところで佐藤氏以外に日本少林寺に迫害を受けた日本人武道関係者って誰がいるの?
自分達の事を否定する個人を暴力的に襲うなんてヤクザみたいな集団だよ。
場を整えての試合でもやったらない話は別だが。


520 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 16:25:04 ID:H4THGet40
別派を開いた某氏は?

521 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 17:23:28 ID:qFOtxcYp0
>>519

>どこの地方で習おうが中国拳法は1人型が基本的な練習法なんだから、それを知らない
>と言うのはあまりにお粗末。

ガハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ

バカ丸出し(爆笑)

だからこそ、若き日の開祖が少林寺の壁画の僧達の相対演練の姿を見たとき、

その従来の単独演武中心の中国拳法のあり方との違いや、

宗門の行として互いに上達しあう生き生きとした様子に感動し、今日の少林寺拳法を創設する

原点となったのだろうが。

ホンマ、知恵遅れのクズは枝葉末節にばかりとらわれて、肝心な幹が全く読めないアホ丸出しやな。

いつまでも恥さらしてるんじゃねえよ、このゴミが。(プッ

このヴァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜カが。(嘲笑)

522 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 17:43:48 ID:EG/aCGol0
つうーか 強くもねーのに 口頭だけでワイのワイのやってる
少林寺拳法にドン引きする


523 :71:2007/02/10(土) 20:54:34 ID:zysyzyeu0
とりあえず、今のところ日本少林寺拳法の源流は
柔術+中国拳法+αってとこが皆さんの意見みたいでつね。
ここのへんはもう確定かにゃ?

柔術と中国拳法どちらの割合が多いかは意見が分かれてるようですけど。

524 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 20:54:44 ID:pBJKv4ef0
>>519
どこの地方で習おうが中国拳法は1人型が基本的な練習法なら
現在の嵩山での少林武術の2人・3人の演武は日本少林寺のや
り方を逆輸入したと言うことですね。
どうですか?

525 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 21:13:25 ID:wPDAjlj00
>>491
ということは、
宗道臣が創始した日本少林寺拳法ってのは
『餃子の王将』が出す中華料理みたいなもんだな。
中華料理っぽい料理だけど純粋な中華料理とも違うと言えば違うし
似ていると言えば似ているところもあるが
陳建一の中華料理とはまったく別物っていうのと一緒だね。
ようするに日本少林寺拳法は武道界の餃子の王将てことね。
餃子の王将もイエローページの中華料理の欄に載ってるし。

526 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 21:27:52 ID:pBJKv4ef0
>>525
日本人用に創設した訳だから、最初から書いてますね。
昔も今も外国の良い物は認め悪しき部分は排除して日本人風味に
創り変えれる才能があるみたいだね。
日本人向けに変えれないような中華思想や、キリスト教、マルクス
思想なんかは自然淘汰されて増殖しない。



527 :71:2007/02/10(土) 21:36:17 ID:zysyzyeu0
>>525
少林寺拳法は食べ物で言うとトンカツだと思ふ。

トンカツは日本料理でつ。イメージは洋食ですね。
もとはカトレットと言う西洋料理。パン粉をつけた牛肉をフライパンで焼くと言うやつ。
それを大衆受けし易いように豚肉に変えて、
調理法も簡単に大量に作れるようにテンプラみたく油で揚げるように工夫したんだってさ。

中国拳法を和風にアレンジしつつ大衆受けし易いように工夫したとこがトンカツっぽいと思うデス。


でも牛肉じゃなくなっちゃった(´;ω;`)
まぁ、豚肉も好きだからイイかにゃ〜。

528 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 21:46:05 ID:aL0xHTx90
関東地方の大学拳士で本部合宿B週に行きます。段位は2段です。
バイトでガテン系の仕事やってて体には自信があるんですが、本部合宿で堀っ子してくれる
ガチムチ色黒角刈りの関西地方の大学拳士さんいませんか?
関西弁で思い切り荒々しくなじられながら突かれまくってみたいんです。
ボクは胸囲120cmでちょいポチャです。イチモツは18cmで、当日はふんどしを締めていきます。
複数プレイも可です。後輩を連れて行くので。どなたかどうですか?よろしくお願いします。合掌っ!

529 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 22:13:42 ID:pBJKv4ef0
ブルース・リーだって、中拳各種、少林寺拳法、拳闘、レスリング、
テコンドー、空手等を研究して新しい截拳道と言う武道を創った。
宗氏と事情は違うがそれを参考に日本他外国人の多くが基本ベース
は中拳あれこれ言わず参考にして取り入れたり逆もある。
創設された截拳道も創設された少林寺拳法も截拳道や少林寺拳法以外
の何者でもないね。

530 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 22:22:28 ID:fn+bHYso0
現在、中国においては、「練拳治病」をモットーとする太極拳が、盛んに行われているが、これは武技というより
保健体育を目的とする体操に近いものであることは周知の事実であろう。
このように、中国ではほとんど途絶えてしまった拳法がなぜ、現在わが国に伝えられて
いるのであろうか。それは、私が昭和の初期に中国に渡ったときに、地下に潜行していた拳法
の生存者に縁があって師事することができたからである。

531 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 22:24:56 ID:tHVWetbE0
>>526
>日本人用に創設した訳だから、最初から書いてますね。

日本人用って具体的にはどういう事なの?
柔術にすると日本人用なの?
元々は役に立たなかった踊りを実用に耐えるものにしたという事なの?

>>524
>現在の嵩山での少林武術の2人・3人の演武は日本少林寺のや
>り方を逆輸入したと言うことですね。

もともとの古い少林拳にああいう複数人数演武ってあるのかいな?
それこそ日本少林寺との交流でごく最近になってから作ったものなの?
でも表演用なんだろうね。


532 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 22:31:35 ID:fn+bHYso0
ただし、私が日本に移植し指導している少林寺拳法の技術は、私が学んだ中国の
拳法そのままではない。一般には拳とか長拳、六合拳、羅漢拳、禽拿、花拳、
少林拳、太極拳、白蓮拳、義和拳、如意門拳等と呼ばれていたものであり、
これらの拳技のなかに共通する原理を見つけ出し、体系ごとに再編し、なお
私自身の実戦的体験も加えて、これに理論の裏づけを行い、仏伝正当の「行」
として再興したものが日本の少林寺拳法なのである。「少林寺拳法奥義」より

533 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 22:40:35 ID:HVl+FZI/0
中国拳法だと思いっきり信じて習ってたけど

あれ?これなんか違うじゃんと

中学生のボクは素直に感じました。

日本拳法?柔術?合気道?の匂いは感じましたが、中華な匂いは感じられませんでした

534 :71:2007/02/10(土) 22:46:58 ID:zysyzyeu0
中国風味は今は全くと言ってイイほど残ってないでつね。

試合がなくなったため柔法偏重気味になってしまって
より柔術チックになったのが今の少林寺拳法だと感じます。

535 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 22:53:32 ID:pBJKv4ef0
>>532
>仏伝正当の「行として再興したものが日本の少林寺拳法なのである。
ここが骨子でしょう。
では、再興前の物を誰かが見たかと言えば誰にもわからない架空の物。
具体的な表象が日本の少林寺拳法として開創されたということですね。
だから、その過程の着色はあるにせよ、これを学んで再編したからその
技術に逆に縛られることもない。
今の多くの少林寺拳士と全く違う考えで断行しているね。

536 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 22:55:11 ID:fn+bHYso0
>>71
30年前のグローブ乱取り試合をやっていたときも、今とほとんど動きは
変わらないような気がします。法形、体捌、運歩も同じですし。
試合がなくなってから、演武の迫力が落ちたのは感じますが。

537 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 23:07:56 ID:pBJKv4ef0
>>533
少林寺拳法の匂いは感じたんだろ?
日本拳法や柔術や合気道や中拳各種の匂いなんてないよ。


538 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 23:13:07 ID:HVl+FZI/0
中国拳法って意味の解らない動作や鳥獣を模倣した動きなどがあるけど

少林寺拳法には一切ない。名前には中華的なものはあるが、

すくなくともボクが習ったものには、中華的な動きはない。

どちらかというと近代スポーツ的な動きのように思えた。

539 :71:2007/02/10(土) 23:15:22 ID:zysyzyeu0
>>536
同意でつ。中国拳法っぽいのは開祖や最初期の弟子くらいじゃないかにゃ?

ここで柔術チックと言ってるのは打撃がメインに捉えられてないようになってる
と感じた上でのコメントでつ。

上のほうのレス>>480で、
>中国武術は打撃が主流で禽拿術はあくまで補助的なもの。
>宋氏が言うように拳をきたえる必要がなくて、当身をいれて逆技で極めるのは柔術の戦い方。
>柔術がベースの武道と言われるのは当たり前のこと。
とのように今の少林寺は他流から
打撃を補助に逆を極めてるみたいに思われてるみたいですから。

日本少林寺も突いて蹴ってなんぼなんでつけどね。本当は。
拳も必ずしも鍛える必要はといてませんが否定はしてません。
事実、拳足の鍛え方なんかもあるしね。

540 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 23:29:57 ID:fn+bHYso0
>>71
>同意でつ。中国拳法っぽいのは開祖や最初期の弟子くらいじゃないかにゃ?

開祖の若い頃の中野先生相手の技の写真を、昔に見たことがありますが、そのときはすでに
中国武術の雰囲気は感じませんでした。
私の友人で、古流柔術と少林寺拳法の経験者がおりますが、開祖の立ち方は竹内流そっくりだと
言っておりました。開祖の動きが中国武術っぽかったのは、かなり昔のこと
なのでしょうね。

541 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 23:33:36 ID:fn+bHYso0
>拳も必ずしも鍛える必要はといてませんが否定はしてません。
>事実、拳足の鍛え方なんかもあるしね。

確かに砂袋を人間に見立てて突いて鍛えるとよいという話はされてましたね。


542 :71:2007/02/10(土) 23:38:47 ID:zysyzyeu0
>>540
ここら辺は私も聞いた話でしかないからにゃぁ。私も写真くらいしか見たことないし。

まぁ、リーリンチェイが開祖の動きは中国拳法に似てるって言ってたんだから
そうなんだろうなぁ。

543 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 23:43:32 ID:pBJKv4ef0
>>540
俺も待気構えや合掌構えの宗氏の若い頃の写真を、昔に見たことがあります
が、あんな立ち方も竹内流そっくりなの?
竹内流なんて知らんけどあえて雰囲気までを感じなければならないの?



544 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 23:47:03 ID:qFOtxcYp0

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。



545 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/10(土) 23:59:55 ID:fn+bHYso0
俺も竹内流は見たことがないので、彼の話で興味を持ったよ。
いくらなんでも合掌構えはないとは思うけどね(笑)。
いろいろ廻って資料のある書籍を探しているが、まだみつからない。
岡山だったらすぐに見学に行けるんだが。
雰囲気を感じる感じないは、個人次第だと思う。別にどちらでもいいと思うが、俺は
中国武術も少しいくつか習ったりしたから感じただけ。


546 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 00:10:52 ID:mnBUtcjB0
>>532
>一般には拳とか長拳、六合拳、羅漢拳、禽拿、花拳、少林拳、太極拳、白蓮拳、義和拳、如意門拳等と
>呼ばれていたものであり、これらの拳技のなかに共通する原理を見つけ出し、体系ごとに再編し、なお
>私自身の実戦的体験も加えて

へぇ〜中野さんって中国で長拳と六合拳と羅漢拳と花拳と少林拳と太極拳と白蓮拳と義和拳と如意門拳と
更には禽拿まで習って来たのか。すごいね呉白煙みたいなよ。こんなにたくさんまなんで、共通する原理
を見つけ出すとは大したもんだ。ホントに学んだならね。

547 :71:2007/02/11(日) 00:18:01 ID:jnFnzhU40
>>546
実際学んだのはその内の白蓮拳、義和拳、如意門拳とされてまつ。

548 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 00:18:58 ID:8yBsHSsR0
一部分だけとってあれは何に似てる、似てない、どれから派生した
、してないと言っても結局個人の受け止め方の問題ですからね。
宗氏は少林寺を好きと感じ、必要と認めたから自分の開創した拳法
に一部に少林寺の名を付けたんだね。

549 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 00:27:44 ID:B68m8XYl0
所詮 武術はみな似通ってくるものだ
実践すると どんどん同じような技になる

特に 柔術などは、皆 同じ原理だから
どの武術武道を学んでも 相手を制したらいいのだ

550 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 00:28:03 ID:KSiTz4LgO
備中伝竹内流について、書き込んだ者です
まだ、古い師範が健在だった頃には演武会の常連達は皆さんご存知だった事なんです
国井さんや、黒田さんがお元気だった頃には、批判に対して攻撃的な反応は無かったんですがね
でも、流儀の胡散臭さは兎も角、攻守・突き蹴り投げ組みのバランスが良く、昇段や指導者審査は審査員のスキルが低くても平均的な結果が出るってのは大企業の人事制度と似てるよね
反響に驚いてます
(^o^;)




551 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 00:31:07 ID:B68m8XYl0
どの武術でも 原理は同じだから
ルーツがどうだとかどうでもいい

とにかく 達人に自分が近づければそれでいい
古い歴史をもちこんで 何が正史かどうでもいい

552 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 00:34:18 ID:B68m8XYl0
武術や武道を金もうけで広げると
正史は悪史になる そして黒史になるのか?

10000円は高い さっき見た ●●流の入門費に会費
高い

553 :71:2007/02/11(日) 00:37:23 ID:jnFnzhU40
うぐぐ、でも私は興味あるでつ。


554 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 00:39:09 ID:B68m8XYl0
>>553

みな同じだって それにしても高い
おまえさん 払うか?

555 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 00:40:28 ID:8yBsHSsR0
>>546
いくら多くの物を学んでも身に付け使いこなせる事とは別。
ましてや初心者に理解させ教え普及させ、嵩山少林寺にまで
自分の開創した少林寺拳法を認めさせ、認められ交流してる。
だから、こと武道について師がほめたって書いてたけど、その
他に関しても1を聞いて100を悟る天才だと認めるしかないね。


556 :71:2007/02/11(日) 00:40:41 ID:jnFnzhU40
今の少林寺は失われた技も多いしなぁ。
源流を探れればそう言うのも探れそうな気がするし。

温故知新でつ。

557 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 00:43:42 ID:B68m8XYl0
>>556

温故知新でいると
すぐに年とるぞ

くだらん他武術に金を払うほど
時間はない あんまり寄り道すると
あとで 後悔する


558 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 00:51:19 ID:B68m8XYl0
欲張りな奴ほど技が身に付かないで
浮気の果てにあるのは、ごちゃまぜ武術
そういう武術は趣味で結構なのに、すぐに教えたがる
迷惑至極 そして、いつの時代も流派をつくりたがる
そして、みな中途半端でおわる 
だから 日本の武術は 百花絢爛と申します 一子相伝でおわる
広がらず 少ないものから 多額を徴収ということにあいなります

559 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 00:51:38 ID:lx5LnEFB0
>>71
太気拳の久保先生は、源流の意拳を学ばれてかなり技が伸びられたという話を聞きます。
また、合気道家には、源流の大東流を学ぶことで植芝開祖の創られた技の理解が深まられている
方もおられるようです。源流を研究するということで見えてくるものは大きいかもしれませんね。


560 :71:2007/02/11(日) 00:52:18 ID:jnFnzhU40
まぁ、寄り道するほどヒマもお金もないでつね。

とりあえず>>556が私がこのスレに張り付いてる理由かにゃー?
なんかすぐ荒れちゃうから悲しいけど。


561 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 00:55:15 ID:B68m8XYl0
源流は知る必要なし
信じる者は 自分の今の技 それを磨くのみ
そういう達人に俺はなりたい

562 :71:2007/02/11(日) 01:01:00 ID:jnFnzhU40
それはそれでアリかもにゃぁ。

563 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 01:04:11 ID:B68m8XYl0
武術お宅が多すぎて頭でっかちで何もできない
見よう見まねでうちわの桜とつかって、かかったつもり
そういう香具師の悪癖は、もう止めてくれ

現代社会での武術お宅が、いつのまにやら武道評論家になるともっとうっとうしい
何も技をできずに少しの技でしろうとさまを煙にまいて
最後に武道評論家で飯をくう いかんね こういうのはね

564 :71:2007/02/11(日) 01:11:13 ID:jnFnzhU40
まあ、ここは歴史スレでつから。大目にみて下さい。

でもショウリンジャーは頭でっかちが確かに多いかも。私も含めて。
そこらへんは重要ですね。

565 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 01:11:14 ID:B68m8XYl0
餓鬼の頃 祭りの香具師が
木のついた大きな石をバランスよく立ててびっくりした
もう一人のおっさんが 突然 その香具師の本見て
また たてよった 
もう 見物人はその本を買う買う・・俺も買った

あの時 100円で買った「秘伝術」の本なんて
俺は、寝る時間も惜しまず、一生懸命本通りやったが 子供だましであった

翌日行くと また 香具師を取り囲む観客のなかから
あのおっさんがきて また 石を立てた

もうだまされんと そのおっさんをにらんだら
にげよった・・ 
そんなもんが 昔の日本の武術なんやで 
だまされるなよ いつのまにやら 化かされてるかもな
 

566 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 01:17:09 ID:5TFkKip10

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。



567 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 01:22:38 ID:B68m8XYl0
>>566

どんな武道武術でも、一つのことに精通しなくちゃ
ほんもんにならん 
これが正解かもな

568 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 01:27:37 ID:lx5LnEFB0
>ただし、私が日本に移植し指導している少林寺拳法の技術は、私が学んだ中国の
拳法そのままではない。一般には拳とか長拳、六合拳、羅漢拳、禽拿、花拳、
少林拳、太極拳、白蓮拳、義和拳、如意門拳等と呼ばれていたものであり、
これらの拳技のなかに共通する原理を見つけ出し、体系ごとに再編し、なお
私自身の実戦的体験も加えて、これに理論の裏づけを行い、仏伝正当の「行」
として再興したものが日本の少林寺拳法なのである。「少林寺拳法奥義」より

こういう話を聞くと、いかに開祖が武道に天才的な才能を有していたのかがよくわかりますね。
しかも日本でも、空手、ボクシング、柔術などを学んで取り入れていたのだから。

569 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 01:28:59 ID:B68m8XYl0
我々武道を志す奴は
技をかける香具師のまわりにいると いつのまにやら 皆
「ほ〜〜すごい」
俺は ひとり ほんまかいな?と疑う 集団催眠かかっていませんか?

餓鬼の頃の失敗があってから
決して「催眠術」にかからぬよう 気をつけてる
そう思うな 俺は

570 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 01:33:09 ID:HChoo7r7O
催眠術は要注意だな。俺もかけられないように注意するよ。

571 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 01:36:41 ID:B68m8XYl0
技をかけられずに
催眠術をかけられたら
おしまいだ

だから、必ずかけてもらって確かめる
それしかないよな
だから 宣伝ビデオなんて あんなもん嘘っぱちだと疑ったほうがいい
だいたい あんなんで かかるかな??
自分でたしかめて始めて ほ〜〜そうか・・ぐらいでわかる

とにかく ペテン師が多いのも 武術の世界に多いからな
昔からだ じゃ 寝る 

572 :71:2007/02/11(日) 01:37:57 ID:jnFnzhU40
おやすみ。

573 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 02:38:59 ID:ShcxAb2xO
それも口合気のひとつ。

574 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 02:39:56 ID:mnBUtcjB0
>>555
ようは宗某は稀代のペテン師と言うことでしょう。
やってもいない拳法の名前を列記してさもやったかのように青少年を惑わす。
金の力で本場の少林寺を黙らせて、恥って言葉を知らない奴だったんだね。
まるで怪しい宗教みたいだよね。あっ少林寺は本当に宗教だったんだっけ。

575 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 04:03:18 ID:Gj2s56D70
つーかそれ言いたいだけちゃうんかと

576 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 06:43:38 ID:usi4DtUJ0
頭でっかちは、むしろ>>B68m8XYIO
のほうかもしれん。

577 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 09:19:20 ID:JePJ2VWo0
>>574
>ペテン師・やってもいない・惑わす・金の力で・まるで怪しい・
>恥って言葉を知らない奴
ずいぶんな言いぐさだな。
単に誹謗、中傷が目的の言ってる確証も出せない君は恥って言葉を
知らない奴じゃないの?

578 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 11:05:36 ID:OweHKcgy0
創設拳法だとしてもどう考えても、中国拳法の影響は感じられない。

同じ創設でも骨法の方がいろんな拳法をパクッた跡が見て取れる。

それに笹川との交流などを考えると、ダーティーなイメージはぬぐえない

579 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 11:43:02 ID:bWRgxhOnO
んなこと言ったら伝統派の空手とかも笹川さんと関わってなかったっけ?

580 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 11:46:03 ID:OfebSEtT0
要は日本武道として本物の実力があるか、実力がない
本物を繕う偽物か・・と言うことです。
現在に適応できた武道は本物として残り、現在にそぐ
わず実力を証明できない武道は陶太され消滅していく。
宗氏の実力によって、少林寺拳法は数少ない本物として
残っているけど、残れる為の努力が最も必要ということかな。


581 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 12:00:08 ID:OweHKcgy0
少林寺拳法は宗氏が独自で編み出した創設拳法ですよね。

それはそれで素晴らしい事です。

しかしながら中国拳法が技術のベースであるような嘘はつくべきではありません。

「宗氏拳法」とでも命名すれば問題なかったと思います。

582 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 12:17:58 ID:mnBUtcjB0
中野流拳法・・・陸軍中野学校で修練されていた拳法
とか嘘をついた方がよかったよね。

583 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 12:35:41 ID:lx5LnEFB0
>>550
>備中伝竹内流について、書き込んだ者です
まだ、古い師範が健在だった頃には演武会の常連達は皆さんご存知だった事なんです

開祖が昭和30〜40年代にかけて竹内流に通われていたというお話は大変貴重な情報でした。
もともと祖父から中国で不遷流を習っておられたので、源流であると言われる竹内流柔術
があっておられたのでしょう。構えが似ているという噂の理由も納得できました。



584 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 13:15:28 ID:lx5LnEFB0
太気拳のように意拳の稽古法を厳密に受け継ぎ、実力も組手において極真と張り合えるくらいの強さを持ってはいるが
女性や子供には普及が困難な武道として受け継がれているか、弱いと言われながらも
女性、子供、老人、若者など年齢や体力に関係なく誰でも楽しく続けられる
武道として稽古内容を作ったことで全国に普及した少林寺拳法のどちらもそれぞれの
よさがあるのではないかと思います。
私も開祖が少林寺拳法に太極拳と少林拳や長拳などの共通原理を取り入れているとは
思えませんけど。




585 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 14:12:11 ID:KSiTz4LgO
>>582
夢のない話だけど…開祖は、中野学校へは入学してないし
(-.-)
大陸では、特務機関とは何の縁もない一般人でしたよ
(^-^)
満鉄の平社員っていうんじゃ、物語性が薄いって思ったんだろうね
合気道の高弟だと、中野学校で教えたり軍の関係者が多いから…興味を持って調べた人が多いんですよ




586 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 14:23:47 ID:KSiTz4LgO
>>578
夢のない話なんだけど
骨法は、大東流佐川道場から独立したんです
独立っていうか…まぁ、本部へ上納を拒否して江戸川道場を弟子ごと乗っ取っちゃったんですよ
(^o^;)
家伝の武術で、父親が東條首相のボディガードと言うのは嘘です
m(_ _)m
父親は、東京府水道局職員の普通のサラリーマン家庭で育ちました
(^O^)

587 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 14:31:47 ID:sQ03ZRQ30
うちの家系は武士の家系だったとか戯言言っている近所の爺と変わらないな。

588 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 15:09:54 ID:saKysAsE0
どこがベースでごちゃごちゃ言われるなら、俺個人としては
少林寺柔術でも少林寺空手でも何でもいいんだが文句を付ける
学ゴロは何しても付けるからね。
別に中国少林寺にも日本拳法にも古流柔術にも迷惑かけてない訳
だからね。中国拳を引き継ぐと日本少林拳にならざるを得ないし、
日本拳法を引き継ぐと中国拳法になるし、古流柔術を引き継ぐと
中国柔術になって、それでも文句付ける人は何か探して付けるしね。
やっぱり中国少林拳と区別するため宗氏が日本少林寺拳法と名付け
開創したことも含めると少林寺拳法の名が一番いいね。

589 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 15:37:27 ID:OweHKcgy0
というか 嘘を付く のが問題なんですよ。



590 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 15:54:03 ID:tuTPjJU/0
>>586骨法の場合、詠春拳ベースじゃなかったですか?
あの近間での攻防は・・・・


591 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 15:55:24 ID:saKysAsE0
嘘を付く って安易に言うなよ。
きちんと調査して確証だしてから言うべきだね。
今なら、きちんと調査して確証出せるだろ。
本人以外どっちかわからん事だけど本人が書いてる
ことは本当ととれる内容を持ってるものだしね。
でも、それをしてどうするの?
話は変わるけど、キリストの復活なんて聖書で信じら
れてるけど、君によるとローマ法王は大嘘付になるよ。


592 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 16:00:05 ID:mnBUtcjB0
>>588
>別に中国少林寺にも日本拳法にも古流柔術にも迷惑かけてない訳だからね。

外部には迷惑をかけてないかもしれないけど、門下生には嘘の歴史をでっちあげて
詐欺的な行為で弟子集めをしていると言う事で大迷惑じゃない?


>>586
江戸川道場なんてあったっけ?
東中野の支部だか似たようなものでしょ?

593 :正統:2007/02/11(日) 16:04:33 ID:B68m8XYl0
昔からどんな武道も嘘がある
昔からどんな武士も平家に源氏に皇族の血筋と言って
大嘘をつき 盗賊や野武士のくせに 血筋や家系にこだわる

肝心なのは、今のあんたの技術だよ
嘘かほんとかってね^^

594 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 16:07:06 ID:KSiTz4LgO
>>592
ゴメン
m(_ _)m
訂正ありがとう
(^-^)ノ


595 :正統:2007/02/11(日) 16:12:25 ID:B68m8XYl0
技の真偽を問うことができなくなると
家柄かあ〜〜〜

さみしいよ〜〜〜 家柄で技の真髄なんて計れませんぞ==−−^^

596 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 16:15:08 ID:saKysAsE0
>>592
君は門下生か?
だったら、精神的苦痛を受けたなら詐欺を理由に日本少林寺拳法
を被告として訴えなさいね。日本は法治国家だから手段はあるよ。
だけど、わざわざ中国少林拳と区別し間違えないように宗氏が日
本少林寺拳法と名付けて商標登録してるしその技術内容も独自な
訳だから、法的には君に分がないと思う。

597 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 16:34:15 ID:HChoo7r7O
日本拳法、合気道、柔道は創始者が学んだ武術に嘘はないのではないかな。空手も、まともな団体ならそうだと思うが。今の技術を磨くことは確かに大事だけど、本当のことは教えたほうがいいと思う。隠蔽体質の本部に期待出来ないけどね。

598 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 17:17:53 ID:KSiTz4LgO
>>597
いいこと言うね
(*^-^)b
流儀や宗派の開祖って、技や学問を極めてるんだよね
不文律と言うか、常識なんですよ
(-_-)
世間で認められ、敬意を持って貰うにはね
裁判云々なんて言ってた方がおられたけど…法に触れなきゃってレベルじゃ、モラルとしてはお粗末だよなぁ
( ゚∀゚)
悲しいよ



599 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 17:43:03 ID:0T+E+pgQ0
>>591
>話は変わるけど、キリストの復活なんて聖書で信じら
>れてるけど、君によるとローマ法王は大嘘付になるよ。

あんたさ、精神世界の問題と武道創作の系譜を
ゴッチャに語るなよ。そういう行為がいかにも
少林寺的だから少林寺は嫌われるんだよ。

600 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 17:48:45 ID:ShcxAb2xO
柔術メインで、拳法が後付け。
普及の方便で中国拳法をベースにした少林寺拳法と言ったのだろう。当時はそれでいい。
今の情報社会では、そう教えたのでは知っている人からは笑われる。
開祖が作ったということ以外は、もう教えない方がいいと思う。信じている人を見ると可哀想。

601 :マジレス正統:2007/02/11(日) 17:52:08 ID:B68m8XYl0
>>600

疑いをもって修行している奴より
信じて一生賢明やってる奴の方が

ものになる 

もっと人生をいきなされ・・・

602 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 17:53:04 ID:0T+E+pgQ0
>>593
鎌倉、室町あたりの高貴な歴史と一緒に語るなってばさw
時代が違うんだよ。その時代に自分達は高貴な血が流れているって言うのと
戦後に義和門拳の宗家をついだって書籍に書くのは意味が違うでしょ。
時代が変われば正悪の価値観も変わるんだよ。子供騙しは止めてくれよw

603 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 18:00:41 ID:ShcxAb2xO
少なくとも、技術的強さという部分では、演武用の指導を信じているよりは、疑いながら自分達で工夫する方が強くなる。
精神の強さは、どっちも変わらないでしょう。
頭は、信者頭では、応用がきかないと思われ。

604 :マジレス正統:2007/02/11(日) 18:04:45 ID:B68m8XYl0
信じることのできない奴は
なにをしても まわりから 信じられない存在でしかない

わかるかな・・・ だから知識膨張の諸君ではわからないのです。
歴史とは、その中でいきぬいてきた人だけが語れるのであって、
あんたがたは いつも自分が汚れない傷つきたくないところで 誹謗しているのです。

最低だよ 人間として。。。

605 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 18:06:48 ID:ShcxAb2xO
中国武術では、拝師というのはあっても、日本武術みたいな伝法の印可というものはない。
嘘は認めた上で、新しい展開が必要。
技術や思想は素晴らしいのだから。
上位側にミスリードがあるだけで。

606 :マジレス正統:2007/02/11(日) 18:07:18 ID:B68m8XYl0
信者でないなら やめとけ 少林寺拳法はね
だから、もう愚痴らないで ほかさへ とっとと いきなされ

それができずに どうして 何が組織変革だよ
ああ。・・・ こういう輩がいつも 歴史をくさった方向へ流すのです。

日本人として 一番きらいな 島国根性 ちいっちゃい ちっちゃい。・。

あはは^^


607 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 18:09:33 ID:0T+E+pgQ0
>>604
あんたの文章を読むと、信じない方が懸命だと判断できるから
有意義ではあるな。

>最低だよ 人間として。。。

あんたの尊敬している人のことを言っているのか?W

608 :マジレス正統:2007/02/11(日) 18:10:35 ID:B68m8XYl0
>嘘は認めた上で、新しい展開が必要

おいおいおい ああ あんたは そんなに組織を評価できるほど
組織に寄与した拳士かな

うそでしょ 拳士じゃないね 
それなら えらそうなことをいうんじゃない

それよりも 本日から 自分の人生を ひとをけなすことで
生き甲斐を求める人生とやらを 

今・・・ 捨てなさい!! そうしたら こういうレスは打たないよ^^

609 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 18:11:13 ID:ShcxAb2xO
歴史問題を「信じる」とかいう時点でおかしいかと。
感情を消した科学的論理的な検証と考察があるのみ。
臭いものに蓋、見たくないものは見ない、では、いけません。


610 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 18:13:11 ID:ShcxAb2xO
正しい評価は、貢献度ではなく正しい判断力に由来するかと。

611 :マジレス正統:2007/02/11(日) 18:14:13 ID:B68m8XYl0
人の痛みが分かる奴は こうして こういうところで
組織や 仲間を売らない

誹謗するということが 多くの仲間を売っていることにきづかずに
おばかな自己陶酔の「愚かなヒロイズム」に大錯覚している・・・

あああ 哀しいねえ^〜〜^

612 :マジレス正統:2007/02/11(日) 18:17:08 ID:B68m8XYl0
誇りある日本人なら
仲間をそのまま誹謗したり
売りはしない 

こういうところでねー^^ わからないでしょうね〜〜

あなたたちにはね・・・ 誇りある日本人として自覚しなさい。

美徳それは・・・仁 徳 智 義 孝 ・・・ ま 勉強してくれーー^^

じゃ 再拝^−^

613 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 18:20:41 ID:ShcxAb2xO
良薬は口に苦し。
知りたくなかった事実を知る勇気こそ本当の強さ。
開祖が好きというのは、いい面悪い面、両方併せ飲むと言うこと。
つくられた完全な存在として信心することではない。

614 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 18:22:44 ID:ShcxAb2xO
耳が痛いことを言われて、誹謗だとか、仲間を売るだとか、それはカルトの発想です。

615 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 18:24:00 ID:0T+E+pgQ0
>>612
カッパブックス「秘伝・少林寺拳法」を
復刻発売してみたたらどうかな?
そっくりそのままね。売れると思うよw



616 :マジレス正統:2007/02/11(日) 18:26:50 ID:B68m8XYl0
真実・・・??
歴史の真実とは、当事者しか語れないのです。

歴史学者は、所詮歴史学者 どうにでも歴史を料理できるのです。

だれも歴史を今同時進行していることを自覚できないと同時に
過去の歴史を、だれも評価しても、それはすべて主観のたまものです。

ですから こういうところで どこまで真実かなんて。・・
あなたが過去にもどって検証できないと同じで 
だれも 事実の検証なんて できないのですよ¥¥−^−^
歴史学そのものが、まったく非科学的なのです。

わかりますか・??・ あははー^^

617 :マジレス正統:2007/02/11(日) 18:29:21 ID:B68m8XYl0
>>614

あなたが、昨日晩飯で何をくったかを どうやって検証しますか??

領収書ですか それともワイフの証言??

招集書も紛失・・ ワイフは虚偽・・・

そういうことですよ 歴史は歴史学者の数だけあるのです・・・

よって あなたの妄想が こういうスレをつくっているだけです^^

あはは^^

618 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 18:29:52 ID:ShcxAb2xO
カッパの本、
本当の北派拳法を学んだら気が付く、歴史的間違いやルーツについての記述が攻撃されるネタになります。
再販するなら、いろいろ削除が必要。

619 :マジレス正統:2007/02/11(日) 18:32:25 ID:B68m8XYl0
耳が痛いと感じているのは・・・
今 こういうスレをもりあげてきた連中ですよ^^−

何を今更 正義感ぶるんじゃないよ 
あんたたちは 所詮 組織の足をひっぱっているだけだよ^^

ま そういうことで がんばって 自分の仲間につばをはきかけるのかな・・??

まっとうな人間なら そういうことはしない!! 断言できるね^^ じゃ 再拝^^

嗚呼・。・・・ 腹が減ったね 飯いくわね 再拝^^

620 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 18:37:57 ID:ShcxAb2xO
少林寺しか知らない正統さんと違って、柔術、北派拳法、両方学んだら気が付く間違いがあるんです。
それは素直に認めた上で、少林寺を愛するのです。
ただ、多くの偉い指導者は、正統さんの様な考え。
組織には距離を置くのが正解かと。


621 :マジレス正統:2007/02/11(日) 18:43:47 ID:B68m8XYl0
他武道を知り その真実を知り
そうして 自分の恥部を知り
そうして 自分を恥じて何になる?_?

そういう真実の追究の仕方を「歴史的真実追究による自己破滅型」という。

恥部はね 隠すもの・・
恥部はね 隠しおおせるものなら それでいいのです

なぜなら 清廉潔白なる人も 歴史もないのです

あるのは 殺戮の歴史 これが真実の歴史であろうことは知っている だれしもがね^^

開祖が清廉潔白でも 少林寺拳法の組織が盤石でも100%潔白だなんて
だれもいわないし そんなことだれも言えない

あなたが 満点ではないようにね・・^^

だからして こういうところで 真実のつもりで書くことが
あまりに哀しい行為だとしりなさい。


そうして 本当に賢い奴というのは、リアルで何をしているかってことだよ

周りと共にね。

以上だな¥¥−−^^ ふ〜〜〜 腹へったわ〜〜^^ あはは^^

622 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 18:44:18 ID:ShcxAb2xO
正統さん、昔、なんで教範のある記述をマジックで消させたのですか?
過ちを認めるのに憚ること無かれです。
そうしないと、臭いものに蓋では、本当の信頼は得られません。
私も気を使って、何を消したか言ってないでしょ?

623 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 18:47:16 ID:ShcxAb2xO
だみだこりゃ。
こう言うことです。
こう言う人たちがリードしているから、組織に頭を預けず、距離を置くのが正解かと。

624 :マジレス正統:2007/02/11(日) 18:51:18 ID:B68m8XYl0
>>623

歴史の真実とは、今あるあなた自身で決めること。

歴史をつくっているのは、あなたにも責任がある。

少林寺拳法の歴史を今、あなたも参加し作っている。
そういう自覚がない人に、過去の少林寺拳法の歴史を語る資格はない。

今 全国の拳士が、まっとうにまっとうな精神で 歴史をつくっているのです。

そういう努力をあなたはただ誹謗しているだけですよ。
それも、こういうところでね。

ああ・・・ これ以上話してもらちがない。では・・・ 腹へりました^^
失敬^^


625 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 19:09:25 ID:0T+E+pgQ0
>>624
>歴史をつくっているのは、あなたにも責任がある。

カッパブックス「秘伝少林寺拳法」に書かれている内容が
何で俺に責任があるの?w著者が勝手に書いたんだろ?w

626 :マジレス正統:2007/02/11(日) 19:11:26 ID:B68m8XYl0
>>625

今 あなたも歴史の登場人物であるってことだよ^^

いつ 俺がカッパについて評論しましたか?

してないよ^^ ぜんぜんね 誤解なきように・・・

627 :マジレス正統:2007/02/11(日) 19:14:56 ID:B68m8XYl0
日本正統少林寺拳法の名称が
懐かしいな¥¥^^¥¥

歴史の中にしっかりと刻んだ今までの多くの諸先輩に
我々は、いかにこの所産を継いでいくか・・・

そういう少林寺拳法の歴史をつくっているということの自覚 それを学びたまえ!!

以上です^^ 再拝^^

628 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 19:18:52 ID:0T+E+pgQ0
あんたの言っている内容を日本語で書くと
居直り強盗と言う。

629 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 19:21:51 ID:a5lUTPmU0
>>623
組織って言ってるけど、そもそも不和雷同にならず、自己を
確立するとともに協力仲間を育てていくのが少林寺拳法でしょう。
自分を育てる手段としての創作され出来上がった少林寺拳法に疑問
を持つならともかく創作した人の過去まで完璧を求めるなよ。
そんな人いないって。宗氏自身が言ってたぞ。だから自分自身が
変わるしかないのが少林寺拳法ですね。
宗氏の創った少林寺拳法のおかげで変わって自己が解って社会に貢献
して自分や仲間が幸せになれば、それが宗氏の願いとして少林寺拳法
を開創した意味が初めて出てくる。

630 :マジレス正統:2007/02/11(日) 19:25:31 ID:B68m8XYl0
>>623

他人に変われという前に まず自分が変わる

自信のない奴は まわりにその責を負わせる

俺が弱いのは・・師匠が弱いからだ〜〜  なんてね


おいおいおい お前さんは いつまで 甘えてるんだってね¥¥^^¥¥

>>629さん 全くその通りですよね^^ 賛成〜〜〜^^ 

631 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 19:38:50 ID:ShcxAb2xO
俺は悪い部分を含めて開祖が好きだと言ったツモリだが、正統さんは悪い部分を無かったことにしたいだけでは?
読む人が読めばわかるからこれ以上は書かない。
今の現状は、組織の思考法=正統氏の思考法。
頭を預け組織にのいいなりに行動するかか、自分で考え行動するかるかは、みなさんの判断にお任せします。
組織には形式と儀式とライセンスのビジネスを継承してもらい、私は、護身に使える技術と真の金剛禅の精神を後進に伝えます。

632 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 19:47:27 ID:0T+E+pgQ0
>悪い部分を含めて開祖が好きだ

こうでも言わないと
自分の存在を否定することになるもんな。

633 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 19:52:18 ID:a5lUTPmU0
>>631
組織も所詮は人の集まりだから指導者がおかしな事してれば黙っても
腐って誰もついてこなくなる。君が心配することない。
自分で考え納得し行動し協力するのが少林寺拳法だと思いますので、
納得出来ないような形式や儀式やライセンスのビジネスなら早速組織
に叩き返して宗氏の残した護身に使える技術と真の金剛禅の精神を
後進に伝えればいい。




634 :71:2007/02/11(日) 19:53:56 ID:8DJk4pxB0
盲信はダメぜ。自身で考え理解しようとしなきゃね。
どの思想、宗教も同じね。

開祖も自分の言うことを全て鵜呑みにするな、ってな感じのことを言ってまつ。

635 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 19:56:37 ID:0T+E+pgQ0
>>633
>組織も所詮は人の集まりだから指導者がおかしな事してれば黙っても
>腐って誰もついてこなくなる。君が心配することない。

類は類を呼ぶって言ってね、
似た者同士が集まってくるんだよね。
世の中は正常な人間ばかりじゃないんだよ。


636 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 19:57:38 ID:bWRgxhOnO
なんつーかね、はっきり言うとですね、腕っぷしや喧嘩や試合での強さを求めた
くらいで道を外れるほど少林寺拳法の教えはやわじゃねーぞと。開祖の記述に誤
りやホラがあることを認めたくらいで揺らぐほど少林寺拳士の性根は脆くねーぞ
と。ここでガタガタ言ってる誰かさんは少林寺拳法をバカにしてるのかと。正○
さんに言いたいね〜。

637 :71:2007/02/11(日) 20:19:59 ID:8DJk4pxB0
さて、ちょいと流れを戻しにかかるでつ。

少林寺拳法の源流は柔術か?中国拳法か?問題。
私自身は中国拳法の方が割合的に濃いと思ってます。

理由としてはまず第一に、
開祖が祖父から不遷流を学んだのは事実ですが14歳から16歳までのほぼ2年に過ぎず
翌年に中国に渡ってます。
初めて触れた武道ですからベースとなった可能性は否定できませんが
少林寺拳法と言う流派を新たに起こすには修行年数が短いように思います。
勿論、中国でも柔術を学びつづけた可能性はありますけどね。
そのご35歳くらいまで中国にいたみたいでつ。(19のとき一たん帰国してますが)
武術の好きな開祖がその間、中国拳法に興味を持って学んでも不思議はないと思います。
まぁ、学ばなかった可能性も否定は出来ないのでなんですけどね。

第2は上の方でも何度か書いてますが、開祖の動きについての証言です。
多くの意見が現在の少林寺拳法と違い中国拳法っぽいとのこと
初期の写真資料も現在と比べると大分違います。

第3は圧法(点穴法)の概念が中国に近いこと

これらの考えから“私は”中国拳法の方が割合的に濃いんじゃないかと考えてるんでつが
どうでしょうか?


638 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 20:29:06 ID:OweHKcgy0
中野先生は中国に何をしに行っていたんですか?

639 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 20:49:24 ID:a5lUTPmU0
違う観点から1つ。
中国拳は大衆化した物はともかく、戦時中に残っていた拳は殺傷術
に特異化しており、行として開創する少林寺拳法にそのまま伝える
には不適な存在として残しにくかったのではないかと思われます。
嵩山の少林武術にしてもかなりの運動神経、柔軟性のある者でないと
こなせない物です。それでは弱者の誰でも始めれて強くなれる護身の
術には不向きですので、その面で相手を傷つけずに制する事に一日の長の
ある柔術技術の側面に目を付けた部分もあったのではないかと思います。

640 :71:2007/02/11(日) 20:52:44 ID:8DJk4pxB0
>>638
最初は確か家出だったと思います。ここらはちょいとうろ覚え。
で当時満州にいた祖父を頼って中国へ渡ったんじゃなかったかな、確か。

641 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 20:56:13 ID:3lZRo6Tm0
>少林寺拳法と言う流派を新たに起こすには修行年数が短いように思います
植芝守平先生が武田惣角先生に学んだのは合計2年にも達していません。
さらに、武田先生にいたっては、剣術の記録はありますが柔術に関しては
有名流派に学んでいません。西郷頼母さんから何かを学んだみたいですが、
後は家で親から家伝の武術を学んだぐらいでしょう。
つまり、こっちもまた、高名な人から学んだ時間は少ない。
昔の人は、今ほど丁寧に教えてくれないので、瞬間に覚える人でないと
武術をものにできなかったし、かつ、そういう人だから短期の学びで
自流派を作れたのでしょう。
>勿論、中国でも柔術を学びつづけた可能性はありますけどね。
大陸にはいろんな壮士が日本から行っています。
武術では、私の知る範囲でも、植芝守平先生、八光流の先生、
空手の先生、日本拳法(当時は大日本拳法)、そして戸隠流、九鬼神
流等9流派を継承している高松壽嗣先生等です。
特に高松先生は中国で拳法家と戦っています。
 開祖の祖父の下には多くの壮士が来ていたみたいです。
その縁で、いろんな流派を悪く言えばつまみ食いみたいに
学んだと思われます。それは柔術や棒術が主体で、たまに
中国人から拳法も学んだというのが正解かと。
http://www.shinjin.co.jp/kuki/index.html
http://www.shinjin.co.jp/kuki/hyoho/index.html
開祖の著書にある「本逆を取る」という言い回しは、大東流や八光流では
なく、この九鬼神流で使われています。
棒術にしても、中国ではラン、拿、チャーといわれる手法が基本として
ありますが、少林寺には伝承されていません。
棒の天地拳に見られるしごき突きは、この系統のなかにあります。
ちなみに下のページのサンプル画像は、一番上は片胸落とし、二番目は
釈丈の上段打ちの原型に感じました。
http://www.shinjin.co.jp/kuki/hyoho/cd-rom.htm
この系統には、少林寺と完全には重なりませんが、圧法も伝授
されています。


642 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 21:03:39 ID:OweHKcgy0
家出ですか。。。満州へ。。。個人的には創作の匂いがしますね。
修行年数ですが、昔はそう長くなく免許皆伝など出ていたと思いますよ。
2〜3年くらいではないでしょうか?
内弟子ともなると修行時間と師匠といる時間も今とは比べようも無いでしょうから。

643 :641:2007/02/11(日) 21:07:31 ID:3lZRo6Tm0
ちなみに、上のアドレスは、クリックで飛ばないみたいです。
コピーして、インターネットエクスプローラーのアドレス欄に
貼り付けてください。

あと、上野先生の系列(浅山一伝流、天心古流)とか不セン流の中には
中国武術を取り込んだものもあります。それらを習った可能性も
あります。

開祖はそういものを、悪く言えばつまみ食い、よく言えばエッセンスを
吸収して、自己の体系を築いたのだと思います。
その体験を、カッパブックスの中での各種中国拳法老師に学んだ
という記述に変えた上で変えたように思います。
一人の師に初歩から奥義まで学んだにしては、開祖の中国武術の知識は?
なところはります。套路もできたみたいだから、中国武術の体験が
ないわけではないでしょう。ただ、大陸で拳法は絶滅したとか、
太極拳等の中国拳法には対練がないという偏見は、中国武術体験が
限られたものである証拠だと思います。

644 :641:2007/02/11(日) 21:17:57 ID:3lZRo6Tm0
>第3は圧法(点穴法)の概念が中国に近いこと

少林寺拳法に伝承される活法や整体は中国には存在せず、
柔術の基本的活法と、日本で生まれた整体の技術です。
急所の名前も、日本の名称が多いです。霞とか日月、ソウビ、
独古、等柔術に存在しますし、中国の資料にはあまり見当たりません。
中国では経穴にしても、史穴、麻穴というように効果によって
分類していますが、少林寺では横一列です。

と、いろいろ述べたのは、もうこの辺で真実に近いものを明らかにして
今後、どうでもいいような真贋論争に終止符を打ちたいからです。
技術が中国由来であるかどうかなどどうでもよく、開祖が少林寺の
何に対してインスピレーションを得たかです。
そして、われわれも、いつまでも中国武術をベースにして他武道を
研究したという所期のあれを捨てて、柔術の影響が大きいというのを
認める必要も会う炉思います。いまは、うそを100回言って真実に
する時代ではありません。中国を強調し柔術の大きな影響を隠した
のは、当時の大人の事情があったということです。
みなさん、過去はもう考えず、今の「中野伝」少林寺拳法をがんがりま
しょう。

645 :641:2007/02/11(日) 21:20:07 ID:3lZRo6Tm0
訂正
「本逆を取る」という言い回しは、大東流や八光流では
なく、この九鬼神流で使われています。

「本逆を取る」という言い回しは、大東流や八光流では
なく、この高松先生系統で使われています。


646 :71:2007/02/11(日) 21:21:07 ID:8DJk4pxB0
>>641
確かに柔道の嘉納先生も修行5年で柔道を創ってるし
余り修行年数はあてにならないかもしれませんね。
ただ植芝先生は大東流以前に天神真揚流などを学んでますし、
武田惣角先生は父から大東流を学んでたようでつよ。

圧法ですがここでイロイロ言われている佐藤金兵衛氏の著書“実戦店穴術”に
時間的経過と穴位の変化について触れられており、
この概念は日本のやわらの当身や鍼灸医療の法に出てこないと書かれています。
しかし少林寺拳法の教範初版にすでにこの概念がちょろっと出てきております。
また圧法の神様と呼ばれたB先生も同様なことを述べられており、
時間的変化に伴い経穴も変化する概念が少林寺拳法に存在していることを示します。
佐藤氏の話を信じるなら少林寺拳法に少なからず中国拳法の知識が入ってたことの証拠ではないかと思いますデス。

647 :641:2007/02/11(日) 21:25:48 ID:3lZRo6Tm0
>武田惣角先生は父から大東流を学んでたようでつよ。

大東流の記録は会津藩には一切ありませんし(これは開祖の本にも書いています)、
父は相撲取りです。家伝の格闘術を学んだというのが正解でしょう。
それに加えて、西郷頼母さんから、御敷居内(城内作法とか城内護身術)や
神道を学び、それと剣術で学んだ合気を混ぜて、柔術118本、合気術36本、
ご信用の手?本を編み出して、それを西郷頼母さんに見せて、
伝書を作ったもらったと思われます。

648 :641:2007/02/11(日) 21:28:48 ID:3lZRo6Tm0
>圧法ですがここでイロイロ言われている佐藤金兵衛氏の著書“実戦店穴術”に
時間的経過と穴位の変化について触れられており、
この概念は日本のやわらの当身や鍼灸医療の法に出てこないと書かれています

天心古流の本に載っていますし、戸隠忍者(高松先生の系列)初見宗家
もそれを記述しています。

>佐藤氏の話を信じるなら少林寺拳法に少なからず中国拳法の知識が入ってたこ
>との証拠ではないかと思いますデス。
経絡の知識自体が中国のものですから。開祖以前にも日本に流入しています。

649 :641:2007/02/11(日) 21:31:14 ID:3lZRo6Tm0
>>647
その後も武田先生は技術を進化させ、最終的には3000本に膨らませました。
オリジナルは
@柔術118本
A合気術36本
Bご信用の手?本だったと研究科の本にありました。

650 :71:2007/02/11(日) 21:36:56 ID:8DJk4pxB0
>>648
天心古流の本やら戸隠忍者に
時間の経過(季節や時刻)に伴い経穴が変化すると言う記述があるのかぁ。
それは知らなかったなぁ。
>経絡の知識自体が中国のものですから。開祖以前にも日本に流入しています。

仰る通りで佐藤氏は「秘伝とされわが国に伝わらなかったか、
あるいは伝えられてもあまるに煩雑すぎるので放置されたか、わからない」
と述べてます。

となると佐藤氏の記述は間違いなのか。
中国拳法説危うし。

651 :641:2007/02/11(日) 21:37:55 ID:3lZRo6Tm0
ただ、開祖の偉いところは、自分の創意工夫を大きく入れて、
オリジナルを大きく変更させたことです。
たとえば
@切小手は中国にも日本にもありますが、どっちもかけ手は上ですが
 少林寺は下です。
A腕十字も同様に、柔術も中国もひじの関節技ですが、少林寺は
 むしろ点穴技です。
B逆小手(小手返し)の変化である竜投げや逆手投げ、??(外巻き落とし)
 みたいなやつ、は中国でも日本でも、単独ではあっても、逆小手からの
 変化技ではありません。
何が起源であるかより、こういう体系を作り、また技術を進化させた
開祖の天才を感じましょう。

652 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 21:47:25 ID:4l/j+zuu0
たいした創意工夫じゃねーなぁ〜
ほとんど大東流にあるよハハハ〜

653 :641:2007/02/11(日) 21:49:26 ID:3lZRo6Tm0
>佐藤氏の記述は間違いなのか。
佐藤氏の記述が信用できるとしたら
「少林寺拳法はニセモノ」というのが正解になりますよ(w。

正確には、開祖ファンタジーを入れた、柔術+ケンポウ+その他
を融合させたオリジナル拳法だから本物もニセモノもないんですが(w。

ただし、
柔術は深く学んだが、拳法はそれほどでもないとのだとは思います。
当時の中国人が日本人にそう簡単に最後まで教えません。
技術的には、
@タントウ(立禅)がない
A少林武術の秘伝的な技の中で、ないものが多々ある。(心意把等)
B釈杖は日本式がベースで中国式も入れている。
C実践的な掃腿(中国式足払い)がない


普及のために、ファンタジーを入れたというのが正解でしょう。
空手馬鹿一代もソウでしたね。

654 :641:2007/02/11(日) 21:53:14 ID:3lZRo6Tm0
>ほとんど大東流にあるよハハハ〜

同じ人間である以上、関節技は、日本中国そして西洋(キャッチレスリング)
に共通するものが多いのは当然です。
ただ、やり方に少林寺独特のものがあるということです。
大東流でやると「違う」と訂正されます。逆もしかり。
どっちが優秀かではなく、日本刀文化の中で育った技術と、
順素手文化として工夫した技術の違いです。

655 :641:2007/02/11(日) 21:59:11 ID:3lZRo6Tm0
その辺の理由と、少林寺という名前の使用権利問題があって、
本部は少林寺に寄付しているのでしょう。
そのためには、拳士から手を買え品をかえ集金するしかない。
中国様の言いなりの歴史観とか中国様に都合のいい態度も
その辺のところ。

少林寺という名前を捨てたら、みんながもっと幸せになる予感。
卍のマークを金のために捨てたんだから、そんなこと簡単にでき
るでしょう。?

656 :71:2007/02/11(日) 22:05:20 ID:8DJk4pxB0
>「少林寺拳法はニセモノ」というのが正解になりますよ(w。

まぁ、確かにw
ただ佐藤氏のその少林寺拳法疑義論をみたことがないからなぁ。

だれか内容を詳しく知ってる人、教えて下さい。

>@タントウ(立禅)がない
>A少林武術の秘伝的な技の中で、ないものが多々ある。(心意把等)
>B釈杖は日本式がベースで中国式も入れている。
>C実践的な掃腿(中国式足払い)がない

@ですが確かに少林寺拳法はその手の体を練る鍛錬法がないのですよね。
大概が口伝。万人に簡単に出来るよう排除したように思われます。

Aこれは少林拳をやってる人間全てが心意把やってるわけじゃないからにゃぁ。
まぁ、私自身が開祖が嵩山の拳技を学んでたのを疑問に思ってますから。
なんせ嵩山に関係なくても“少林”を冠した流派は当時多かったようですから。

Bは同意。と言うか逆に中国っぽさを殆ど感じません。

C掃腿は少林拳ではポピュラーなイメージだけどほかはどうなのかにゃぁ?
確かに少林寺の足払いは柔道に近いかにゃ〜?


657 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 22:48:46 ID:t956tH5T0
軍の特務機関員が戦後に始めた武術だからして、日本の武道が元ネタ。
それに当時の情勢を考慮して、宗教だとか中国伝来だとか付け足した。
組織作りや習得方法など素晴らしいものがあり普及した。
梶原一揆が煽ってた時代ならともかく、創始者の真の姿が公になったところで影響は小さい。
学ぶ人にとっては直接の先生の技術や人柄が最重要だから。

658 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 22:52:34 ID:a5lUTPmU0
確かに 少林寺 の三文字だけのために中共の言いなりの歴史観とか
中共に都合のいい態度をしてるのなら、少林寺の三文字なんていらん
とも思いますよ。
宗氏は自立できる日本人の為少林寺拳法を開創した訳だからね。
だけど、嵩山だって達磨を利用してるし、そのまま少林寺拳法
で勝手に使えばいいよ。元々中国じゃ少林拳だし、拳技の内容
も同じじゃないし、日本の他の寺にも少林寺はあるしね。
勝手に少林寺拳法の開創で問題ないと思う。卑屈になることない。
漢字を利用してる文化圏どおし仲良くしなくっちゃね。



659 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 22:56:45 ID:5TFkKip10

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。



660 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 22:58:19 ID:5TFkKip10

いまだに、少林寺拳法は中国拳法ではないなどどピンボケな批判している知恵遅れがいるからあきれちまう(爆笑)

「・・・ そのことが解ってからの私は、柔道や空手、ボクシング、相撲その他を研究し、

 その技をこの原則に当てはめ分解してみると、いずれも同じであるということを確かめることが

 出来たので、帰国後、私は全く新しい観点から中国の拳技や把式の再編を思い立ち、

 護身術にもなり、保健体育法にもなり、その上人格完成に貢献できる精神修養法にもなる、

 心身一如の修道法の  創   設  を志し、中国の嵩山少林寺の白衣殿の壁画に残る印度伝来の

 阿羅漢の拳を、原子時代の今日にふさわしい形式に組み替えて、行うことに踏み切り、祖師の啓示と

 先師の教えを基として、これを戦時中に得た貴重な実戦の体験と私の創案を加えて慈に

 日本正統少林寺拳法を編んだのである。」(宗道臣著 少林寺拳法教範)




661 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 23:01:25 ID:5TFkKip10

開祖が習った当時の中国拳法の技の原名と現在の少林寺拳法の名称

インチキ武道家=佐藤金兵衛 は論外ですが、まともな日本人中国拳法家ですら中国名を盲目的に踏襲している現在、

すでに半世紀以上前にオリジネルの日本名を独自につけて技の整理をしていた開祖の非凡さが伺えます。

それにひきかえ、今時の中国拳法修行者は・・・(プッ

双龍出海  →逆小手
懐中抱月  → 腕十字
童子拝仏  →前髪捕or熊手返
大纏手   → 切小手
覇王請客 → 内逆手捕
恕不同行  → 略十字小手
野雉拗翅 → 送肘攻
一柱頂天 → 逆天秤
後上翻 → 逆手投
天旋地転 → 肘抜前天秤
白馬登猿 → 足抜
老漢拝将 → 送巻天秤
上纏肘 → 龍投
野雉展翅 → 片手送小手
順水推舟 → 片手押小手
英雄有礼 →袖捕
剪腿 →挟倒
巧破腰索 →矢筈投
控腕奪刀 →小手投


662 :71:2007/02/11(日) 23:11:02 ID:8DJk4pxB0
>>657
私も軍に関係してたならそこの格闘技を学んでたんではないかと思うのですが
当時の日本軍の格闘術についての資料が見つからんのです。

ご存知の方、教えて下さい。

663 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 23:11:03 ID:5TFkKip10
>653 :641:2007/02/11(日) 21:49:26 ID:3lZRo6Tm0
>当時の中国人が日本人にそう簡単に最後まで教えません。

当時の現実を知りもしないで聞きかじった知識から解った気になって

勝手な憶測をしている救いがたいヴァカ。

しかも本人にはその自覚すらない。(プッ

脳内おとぎ話に夢中な知恵遅れ=641 のバカ晒しですた。(爆笑)



664 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/11(日) 23:54:18 ID:KSiTz4LgO
>>662
軍には関係してないよ(*^-^)b
満鉄職員だけど…調査部なんかじゃないし(^O^)
こんなこと、20年前位までは演武会のお開きじゃ…宵の口の肴ですよ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ
合気会で鏡開きとかに顔をだしてた連中に聞いてごらんよ
竹内流の話を、詳しく知ってる方は70近くなってるけど




665 :71:2007/02/12(月) 00:13:33 ID:rP2ggXtV0
>>664
開祖の仕事は
特務機関→飛行隊→特務機関→鉄道警察→綏陽商工会
と五十年史にあるがどうなのかにゃ?

満鉄職員ってのはどこからの記述でつか?

666 :正統:2007/02/12(月) 00:13:51 ID:Ue0wbWGh0
すごい すごい

キャハはやはりすごいね^^

中国語 皆 正解です〜〜^^ 

さすがね 賢いです^^ 見直しちゃうねえ^〜^

667 :正統:2007/02/12(月) 00:15:03 ID:Ue0wbWGh0
双龍出海  →逆小手
懐中抱月  → 腕十字
童子拝仏  →前髪捕or熊手返
大纏手   → 切小手
覇王請客 → 内逆手捕
恕不同行  → 略十字小手
野雉拗翅 → 送肘攻
一柱頂天 → 逆天秤
後上翻 → 逆手投
天旋地転 → 肘抜前天秤
白馬登猿 → 足抜
老漢拝将 → 送巻天秤
上纏肘 → 龍投
野雉展翅 → 片手送小手
順水推舟 → 片手押小手
英雄有礼 →袖捕
剪腿 →挟倒
巧破腰索 →矢筈投
控腕奪刀 →小手投

上記の技術が 目の前にて展開していますよ〜〜^^



668 :正統:2007/02/12(月) 00:19:58 ID:Ue0wbWGh0
キャハちゃん〜〜^^

おやすみです〜〜 眠いのでまたね^^

再拝^^ やっぱりキャハは天才です すごい・・・

669 :正統:2007/02/12(月) 00:26:26 ID:Ue0wbWGh0
創   設

いい言葉だね^^ 開祖はやはり非凡でした・・・

再拝^^ 

670 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 00:27:41 ID:INk6hfKa0
馬鹿の二重奏か・・・・

671 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 00:34:54 ID:vBl9XNShO
南蛮殺到術

672 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 03:31:26 ID:52ioDKSj0
松田史観や澤井史観の影響が強い人は立禅が必ず北派の武術にあると
思っている人が多いけどそうとはかぎらないんだよね。

それよりも弓歩や馬歩があるかどうか?が重要な点であるね。
架式がない中国拳法は色々とまずいから。ホントの踊りになっちゃう。

673 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 07:36:04 ID:/5tA6UUy0
「メッキでもよい。しかし、はげないメッキになれ」
は、開祖の有名な言葉ですね。

674 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 08:13:22 ID:7ZbN9bn4O
60年経つと、腐食で剥げる罠。

675 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 08:16:32 ID:7ZbN9bn4O
メッキをムクだと嘘ついてもバレバレ。
正直が一番。

676 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 10:18:21 ID:EzL/6YLx0
>>673 >>675
「メッキでもよい。しかし、はげないメッキになれ」
は、開祖の有名な言葉ですね。
それぐらい真から立派で完全な過去を生きた人はほとんど
いない。過去には戻れないものだから、これからは少林寺
拳法を通じて自己が変えれてメッキになれたなら元に戻ら
ないようにはげないメッキになれ・・と言う意味だったと。
宗氏の真露であり君も私も含めほとんどの人に共通することだ。

677 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 13:45:47 ID:52ioDKSj0
メッキなら中身の形は本物だけど紛い物だと中身の形自体違う物だからな
なあ。
表面はメッキ塗装、中身は紛い物の別物だと目も当てられない。

678 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 14:29:29 ID:LjTcCFKw0
>>676
>「メッキでもよい。しかし、はげないメッキになれ」

よかねぇ〜よw
純金、純銀とめっきじゃ、本質的な物がゼンゼン違うのだ。
こういう論法が、そもそも現在の少林寺を作ってしまったのだ。
ちょっと聞いただけでは何となく納得してしまうような言葉なんだが
よくよく考えると物の本質を見誤る危険な話術なんだよ。
詐欺師の話術に通じるものがあるよ。

679 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 14:32:43 ID:LjTcCFKw0
>「メッキでもよい。しかし、はげないメッキになれ」

こんな言葉で感激するぐらいの脳味噌の持ち主でないと
少林寺拳法は続かないってことだねw

680 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 15:35:22 ID:s69ZeyWQ0
金兵衛氏がガリ刷りで関係者に配った「正統少林寺拳法疑義論」というのを
数年前に見たことがあります。
それには「少林僧堂義和門第二十一代師家という名称は中国では存在しない」と
書いてありましたが、どなたかその資料を今でもお持ちの方はいますか?。

681 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 16:10:29 ID:JKo/hJQ60
>>678
君の今まで生きてきた中味が純金、純銀であったなら
何も言わんよ。
しかし、少林寺拳法を通じて純金、純銀メッキに変えれたと
思っても過去や本当の中味はそうそう変われないもんだし
剥がれることの方が多いが、それでも変えれた自分の純金、
純銀メッキを自分や他人の為に剥げないように精進しろ。
と言うことだ。向上しようとして、出来たと思っても必ず
ぶちあたる壁だ。何処が詐欺師の話術なんだよ?
訳もわからずきれい事言って批判するなよ。


682 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 17:56:02 ID:7ZbN9bn4O
創始までの経歴は、正直メッキだろう。
しかし、創始された少林寺拳法のなかで自分が努力して強くなるのは、メッキではない。
また、正統タイプの馬鹿に惑わされず努力して、格闘技的に強くなり、その過程で身についた精神もメッキではない。
そして、社会に還元すれば、純金男だ。

683 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 18:26:58 ID:fcy+hnXt0
>「メッキでもよい。しかし、はげないメッキになれ」
>は、開祖の有名な言葉ですね。

ばれないような嘘をつきなさいってことだろ。
開祖様が尊敬していた某国の文化だな。

684 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 18:51:33 ID:fcy+hnXt0
>>682
>創始までの経歴は、正直メッキだろう。
>しかし、創始された少林寺拳法のなかで自分が努力して強くなるのは、メッキではない。

劣化コピーをコピーしても本物にはなりえないんだよ。
どれだけコピーの技術が巧妙になってもコピーはコピーだ。
偽物をどうやって本物にするんだい?努力しても偽物は偽物だよ。
美術の世界でもそう。どんなに上手に描けても贋作は贋作。軽蔑される。
少林寺拳法が絶望的なのは、出自に嘘があることだ。
教義では仏教の人の道を説きつつ少林寺拳法の出自を捏造した。
仏教の教えを根底におく教義だから、この行いは致命的だ。
修行すればする程、矛盾に陥る。矛盾を解消するには自分を誤魔化すしかない。
だから少林寺スレは、あんたのような苦し紛れの意見ばかりに
なってしまうのだ。もし自信があるのならカッパブックス「秘伝少林寺拳法」の
内容を、正々堂々世に問うてみよ。できるかな?

685 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 19:39:07 ID:cvwLseQF0
>>684
だからメッキの意味は681のとおりだよ。
少林寺拳法は宗氏によって開創されたもので嵩山少林武術とは
別に出自を持つ物で、いずれも本物だから嘘もコピーも何もない。
漢字を日本人がひらがな、カタカナにして使いやすくしたが
日本の言葉や意味が変わった訳ではない。そのようなもんだし、
最初から嵩山少林武術とは違うと書いてるね。矛盾はない。
逆に聞きたいけど君が言ってる本物にするって嵩山少林武術を
そのまま教えるってことですか?
だったらそれは嵩山少林武術であつて日本少林寺拳法ではない。

686 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 19:50:19 ID:NAqDIZV2O
>>648 天心古流の本にのってるとかの具体的ソースは? >>71 鵜呑みにせず、こーゆうことを確認しろよ。

687 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 20:20:32 ID:7ZbN9bn4O
検索して自分で本を買えばいいのでは?

688 :71:2007/02/12(月) 20:38:59 ID:a63XQzbZ0
>>686
>>687
ごもっとも。

ただ購入するにも情報が少ないでつ。
もうちょいと詳しい情報を下さいな。>>641さん。



689 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/12(月) 22:15:07 ID:FhKnwwwW0
>>685
出自を捏造しちゃったから屁理屈を言うしかないんだよな。
宣伝する時は嵩山少林寺と関係あるようなことを言って
映画「少林寺」にまで出演して宣伝して、
疑問点をつっこまれると今度は関係ありませんという。
かわいそうな団体だ。

690 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 07:05:20 ID:FCsGQeNfO
>>688
検索

691 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 08:30:45 ID:A0qCw98a0
>>689
君は映画に何を期待してるの?映画自体が娯楽だろうが。
全ての他の映画やTV娯楽番組が君に疑問点なしのもんで
ないと捏造になる訳か?
政府の公報番組や公共の物でも見る人で随分とらえ方は違う。
それに嵩山少林寺と関係はあったから映画「少林寺」に出演
したと思えるけどね。
少林寺拳法を批判して少林武術と関係すると言ってた団体は
関係があるとして出演依頼や交渉があったんですか?
現実にせずに出来ずに屁理屈言うと言うのはそういうことだ。
詳細な少林寺拳法の出自と嵩山少林武術の違いや宗氏の関わり
はその著書等に書かれているとおりですね。



692 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 08:53:08 ID:FCsGQeNfO
嵩山少林寺に援助して、友人関係。

693 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 09:10:06 ID:ZfjySJZS0
>>691
>詳細な少林寺拳法の出自と嵩山少林武術の違いや宗氏の関わり
はその著書等に書かれているとおりですね。

一般の人に少林寺拳法と嵩山少林武術の違ってわかるだろうか?。
ほとんどの人が同じだと誤解していないか?

なぜ誤解するのか?。

それは「少林寺」という名称を使うからで、あなたも
最初から少林寺拳法の出自と嵩山少林武術の違いがわかっていましたか?

なぜ「少林寺」という名称を使うのか?。

それは「少林寺」という名称を
使うことで、あたかも少林寺拳法と嵩山少林武術(一般の人には、この
名称の方が知られていないが)といわれる中国少林寺でやっているのが
同じだというように混同するからである。

なぜ混同するのか?。

混同した方が都合が悪ければ、使わないはずである。

それでは、なぜ大多数の人が混同するような名称を使ったのか?





694 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 09:19:20 ID:ZfjySJZS0
昨夜、テレビで「李香蘭」というドラマをやっていた。

「李香蘭」は日本人でありながら、なぜ満州で中国名で通したのか?。

695 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 10:06:28 ID:A0qCw98a0
>>693
おっしゃられてる意味はよくわかりますね。
何故なぜ大多数の人が混同するような名称を使ったのか?は
宗氏の意図は図りかねますが、私個人では宗氏が少林寺拳法
は餌だと言ってるように何らかの関係がある事を理由に人を
集める手段として使ったんだと思いますよ。
悪い餌なら食いつかないし、食いついても内容が悪かったら魚じゃ
ないんだから直ぐに離しますよ。
嵩山少林武術と同じではないし、その模倣を目的とはしていない
が達磨が嵩山少林寺に伝えたとされる阿羅漢の拳(架空の物だが)
の再興を目的としたから具体的な形として少林寺拳法を開創した。
それはなお嵩山少林寺の時代を超えて発想された物ですね。
嵩山少林寺にも関係があったため「少林寺」の名称を使ったので
宗氏の思いもあり単に混同の都合の善し悪しで使った訳ではなく
必要性もあると認めたから使ったんだと思いますよ。
少林寺拳法が嵩山少林武術と思想や技術が同じではない事は繰り
返し著書等に書いていますし素人目にもその違いはわかる時代に
なってる。

696 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 12:25:37 ID:yBOAvALN0
問題は、柔術の影響が明らかなのに、いかにも中国拳法をベースにしたように
書いたことと、開祖が習った以外の拳法の存在を「絶滅した」と
いったこと。長春では皇帝を守護していたものを「絶滅した」って(w。
この辺は、精算して、もうあまり起源は新入門に教えずに、
開祖が作ったと言う部分だけ教えるべきであろう。
教本では、いかにも中国拳法がベースにあるように書いてあるし。

697 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 12:31:14 ID:PpOzYx830
少林寺の根幹である、守法と抜き手、そして目打ち。
抜き手とか目打ちは、中国武術よりもむしろ柔術にたくさん存在している。
柔術4、拳法3、その他3(開祖の創意)と言うのが少林寺の起源だと思う。

698 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 16:03:44 ID:zxOCoXxF0
正統さんが来たらみんなでこっちに誘導しましょう
迷惑なので独り言はここに書いてもらったほうがいい

http://sports10.2ch.net/test/read.cgi/budou/1171340840/l50


699 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 17:11:13 ID:6gaxDIq/0
>>693
>なぜ誤解するのか?

誤解すると言うよりわざと混同させる為の意識的な行為。
というか、明らかに客を誤魔化そうとしているよ。
こういう行いはダメ。

700 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 17:18:59 ID:6gaxDIq/0
中国だかインドで「ヤマハ株式会社」ていう名称の会社が
オートバイを作っていて問題になった。
何でこの会社が「ヤマハ」という名前を使用したか?
客が日本のヤマハ発動機と勘違いして買う為だよ。
少林寺拳法もこれと一緒だ。
少林寺っていうネーミングを見た日本人は中国を連想するよ。
今でも武道に疎い人は、少林寺拳法は中国拳法だと思い込んでいる。
こういうやり方は詐欺だ。

701 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 17:30:57 ID:6gaxDIq/0
>>695
>悪い餌なら食いつかないし、食いついても内容が悪かったら魚じゃ
>ないんだから直ぐに離しますよ。

これは詭弁だ。
じゃ、何で毎年ねずみ講の被害者や新興宗教の被害者がでるんだ?
同じような詐欺事件が何回起こっても、また騙される人間がいるのは何でだ?
それも少人数ではないんだよ。多数の人間が騙される。
騙す方だって知恵を使ってる。少林寺拳法って名称もそうだ。
だいたい知識が無い素人が貴方の書き込みのような知識は無いまま
騙されて入るんだ。JTが「タバコの吸いすぎは体に悪い」と書いてあるが
少林寺拳法も「嵩山少林寺の武術とは直接関係がありません」という
コメントを入れるべきだ。

702 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 18:13:19 ID:XEc+GFPY0
>>701
そうだね。でも私は数年しか少林寺拳法をしなかったけど
後悔してないし、むしろいいものに会えたと思ってますよ。
今思えば中拳よりずっと内容が深い物持ってるし、これほど
技術と思想が一体となった武道、武術が他にありますか?
君の言うねずみ講の詐欺事件と同じようなものならここまで
発展できてませんよ。
そう思いませんか?


703 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 18:25:54 ID:7IsMqsBV0
少林寺黒帯の平均的強さにはいろいろアレな話がいっぱいですが、
技術体系自体は、みんな認めていると思いますよ。
ローととかの最近の技術を取り入れる必要はあると思いますが。

問題は紛らわしい名称と、初期はあえて誤解をさせるような戦略を
撮ったことですね。
中国拳法は死んだとか、自分だけが唯一の継承者みたいな言い方を
していましたね。中国の現状が分かりだした日中国交回復のあたりから
路線が変わったみたいですが。

今は差別化しているし、嵩山とも仲がいいし、昔のことは済んだことです。
しかしきれい事抜きに、そういう時代も有ったということも、拳士は知って
おくべきでしょう。
誇れる面、恥ずかしい面両方あって当たり前です。
皆さんの親だってそうでしょ?

704 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 18:27:14 ID:X440cF2n0
>>701
開祖が中国で修得した拳は、嵩山少林寺にゆかりのある北派義和門系の拳でした。
開祖は、「護身練胆」「精神修養」「健康増進」の三徳を兼ね備えたこれらの拳技を再編整理して
、「少林寺拳法」と名づけました。そして、拳を主行とするこの人づくりの道を
「拳禅一如、力愛不二」の法門として編成し、「金剛禅」と名づけました。
こうして、少林寺拳法を「宗門の行」とする「金剛禅総本山少林寺」が開創されたのです。

ゆかりがあるので少林寺拳法を名乗っているようです。
本部の見解は何らかの関係があると考えているのでしょう。
確かに技術的なものは、中国武術より、柔術や日本拳法に近いと思いますが、
嵩山が名称の使用を問題ないとしている以上、名乗っても仕方ないのではないでしょうか。


705 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 18:40:38 ID:vYejLqZz0
>開祖は、「護身練胆」「精神修養」「健康増進」の三徳を兼ね備えた
>これらの拳技を再編整理して
>、「少林寺拳法」と名づけました。そして、拳を主行とするこの人づくり
>の道を

この辺は確かにそうだと思う。一山当てようと言う気持ちではないでしょう。
ただ、

>開祖が中国で修得した拳は、嵩山少林寺にゆかりのある北派義和門系の拳でした。
この辺は、客寄せのための創作部分だと思う。最低限老師にそういう嘘を
つかれたか。特務機関員とかいうのも結構怪しい。
本物なら隠すはず。中国側にマークされるからね。法螺吹くぶんには
わらって許してくれるでしょう。
今でも、中国の悪口(真実でもそう思うらしい)書いた人の中国
旅行は危険らしい。スパイ容疑とかで即重殺とかされる可能性があるら
しいからね。

ま、いっぱいお金送って、中国の国益のための言動をしているから、
いい友人扱いしてくれるのでしょう。



706 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 18:44:20 ID:PguN/yNK0
まあ、「中国の拳法は死んだ」とか書いただけに止まらず、堂々と
少林寺に入山するくそ度胸はたいしたものだと感心します。
「元日本帝国の工作員」ですからね(w。

武道自体の師についた修行は合計でも数年が良いところでしょうが、
非常に優れた頭脳と才能があったひとでしょうね。
一か八かのはったりに賭けて、勝てたんだからえらいわ。

707 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 18:52:36 ID:k3f0UwrP0
あと、紋付き袴で塩田先生の道場を見学して、その後半年ぐらいして
出したカッパブックスで「合気道の技は効かない」みたいに
書いちゃうんだから(w。ふつうの人はそこまでしないって。
それも、塩田先生の切れる動き見て「合気道は効かない」でしょ?
両者のバックが、ボート会の会長だから大事にならなかったのか、
塩田先生がカッパブックス読んでなくて問題にならなかったのかは
分からないけど。
確か、瓦割りには意味がないとか言ったりして大山先生と険悪になり、
極真会館を包囲した時もあったんでしょ。

宗さんや昔の少林寺って結構すごいとおもうね。
いまの少林ジャー達を見ていると別の武道ぐらいに感じる(w。

708 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 18:53:29 ID:XEc+GFPY0
>>705
>ま、いっぱいお金送って、中国の国益のための言動をしているから、
いい友人扱いしてくれるのでしょう。
宗氏の少林寺拳法は日本人の為に中国とも仲良くする必要がある。
というスタンスだったし当然の話と思ったけどね。
君の話のとおり中共の利益のために金を送り中国の国益のためだけの
言動をしているならそれは売国奴だろう。
そう言うことを日本人にさせない目的のために宗氏が開創したものが
少林寺拳法だからね。
で、具体的に幾らぐらい送金したんだ?言い切ってるなら教えてくれ。

709 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 19:00:46 ID:EVDewXg70
>中共の利益のために金を送り中国の国益のためだけの
>言動をしているならそれは売国奴だろう。
>そう言うことを日本人にさせない目的のために宗氏が開創したものが
>少林寺拳法だからね。

二代目は、盛んに「中国に謝罪すべき」と言っているらしいですね。
捏造がほぼ確定した南京大虐殺や従軍慰安婦も、少林寺の組織では
「実在した」ことになっているらしいし。

>具体的に幾らぐらい送金したんだ
当時の弱い日本円で、送金の一部で少林寺に続く大道路が建設された
らしいから、相当でしょ。少なくとも当時の中国においては大金。
壁画の建物も、そのお金で修理できたんでしょ?


710 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 19:07:40 ID:FCsGQeNfO
我々も、本部の言っている綺麗事まに受けず、恥ずかしい部分がある過去も認めるベきでしょうね。
むしろ、我々もだけが知らないほうが、恥ずかしい。
それ込みで金剛禅少林寺を愛しましょう。
どんな武道でも、いい所やわるい所がありますよ。

711 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 19:14:26 ID:XEc+GFPY0
>>709
個人的には南京大虐殺は程度のレベルを超えた国民政府の捏造であって
従軍慰安婦も朝鮮宿による従軍売春婦と思いますよ。
少林寺の組織もあまり程度をこえた中国へ事大してるとしたら問題だね。
で、具体的に幾らぐらい送金したんだ。
言い切ってるんだから数値を示して教えてくれ。



712 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 20:32:26 ID:X440cF2n0
>あと、紋付き袴で塩田先生の道場を見学して、その後半年ぐらいして
>出したカッパブックスで「合気道の技は効かない」みたいに
>書いちゃうんだから(w。ふつうの人はそこまでしないって。

塩田先生のお話では、「大変勉強になりました。合気道を少林寺拳法に是非
生かさせて頂きます」とお礼を言われて宗先生が帰って行かれたことになっているのだけど。
それはあんまりですね〜

713 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 20:57:01 ID:MDARMYBL0
>>702
>君の言うねずみ講の詐欺事件と同じようなものならここまで
>発展できてませんよ。

少林寺のピークは既に終っているよ。
発展したのはインターネット普及前の時代のことだ。
現在は減り続けている。
言っておくが、オ○ムも統○もヤ○ザも巨大な規模だ。
良いから発展するなんていう子供じみた考えは笑止千万。


714 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 20:57:56 ID:XEc+GFPY0
>>707
具体的に書かんとはっきり解りませんよ。
カッパブックスがベストセラーになって確か二十何刊まで増刷
された10数年間塩田さんはどうして何も言えなかったの?


715 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 21:03:29 ID:MDARMYBL0
>>704
>嵩山が名称の使用を問題ないとしている以上、名乗っても仕方ないのではないでしょうか。

中国を賛美してくれるし資金も貢いでくれる朝貢団体に
文句を言うわけがなかろう。

716 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 21:03:34 ID:wjFe+//00
>合気道の技は効かない

合ってると思うけど
でも当身とか捌き方、歩法は凄い
だから合気道の技は効かないけど、
合気道にない技(圧法系)は凄かった、
塩田はんは凄いとは開祖も思ってたと想うけど

故B東先生と塩田はんが闘ったらどうなったろうな?

717 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 21:05:24 ID:iWMNV7WX0
青年が減って、女性と子供が増えている感じでしょう。
精神を重視しているみたいな宣伝のおかげでしょう。
中年も増えてはいるが、新規は空手のビジネスマンコース
と変わらないでしょう。空手の方は、少林寺より厳しいので
長続きしないだけで(w。

718 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 21:09:09 ID:IY1x/6bn0
まれにいる達人のことじゃなくて、一般的な合気道に対してでしょ。
塩田さんだって合気道全体のレベルが高いとは思ってなかったでしょうし。
独立したわけだし。

719 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 21:10:36 ID:nn/CXKDJ0
本部は今のままでいいと思っているのでしょうが、青年が減り続けて
行くと、最後には女子供の武道みたいに思われて、男がやっていること自体
恥ずかしい状態になりますよ。

みんなが乱取りや厳しい練習をしなくていいから、そういうのを「少林寺
の教えに反する闘争を愛する人」みたいに弾圧するのをやめましょう。
クラス分けしかないでしょう。老人用科目を作るんだから、青年用の
科目があって叱るべき。青年科目は当然乱取りやトレーニングをやらせて、
他武道に負けない人にして、帯に金の筋でも入れて称えてあげましょう。

720 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 21:11:44 ID:XEc+GFPY0
>>713
今度はオ○ムや統○やヤ○ザか?
ねずみ講の詐欺事件と同じようなものと言ったからそれと同じ
ようなものなら・・・と答えたんだぞ。
オ○ムや統○やヤ○ザと同じなら全国のほとんどの大学や親が
自分の子供達を道場に行かせるかよ?まともに考えろ。


721 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 21:16:56 ID:0rMKL6Ap0
日本拳法協会最高師範の森良之佑が弟子を連れて
多度津の本山へ行って宗道臣に会った時のことを
本に書いている。宗道臣が他武道をボロクソにこきおろすので
森の弟子が「一手、所望お願いします」と言うと
宗道臣が「少林寺は仏教だから頭髪がある人には教えない」
って言ったから森も弟子も驚いたそうなw
少林寺拳士が罵詈雑言を吐いた時、フルコン空手マンが
「しゃあスパーしてみようよ」って言うと、
少林寺拳士が「少林寺は強さを競う単なる武道ではない!」って
逃げるのと一緒です。先生も先生だから弟子も一緒さの。

722 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 21:23:38 ID:0rMKL6Ap0
>>703
>技術体系自体は、みんな認めていると思いますよ。

使える人や強い人が独りもいないんだから
そういうことは、まずあんたが強くなってから言ったら?
技術体系が良いか悪いかなんてわからないでしょ。

723 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 21:26:58 ID:5ktN64Mm0
親が恥ずかしいことをしても、子供は恥ずかしいと怒っても、親を嫌わない。
俺にとって開祖とはそんな感じかな。
他の人と違って、開祖を完璧な聖人だとは思っていない。
俺は、黒歴史も含めて、少林寺が好きなんだな。
だから、周りには洗脳されたような少林寺礼賛開祖礼賛は言わないし、
ハッキリと悪いことは悪いという。
悪口の件で他武道のひとに文句言われたら、おれはあやまるな。
親の失敗を子が償うのは当然だから。
少林寺を説明するときも、俺の思う拳法の歴史やら現実を語る。昇格試験
ではさすがに、本部の願っている回答を書くけどね。

724 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 21:31:47 ID:XEc+GFPY0
>>721
宗氏が亡くなった後に出た本に書いてあったね。
何で他武道を批判したら、「一手、所望お願いします」に
直ぐにつながるんだね。日本拳法のことを言われた訳でも
あるまい。やんわり拒否されただけだと思うけどね。
で、どうしてもその気があってやる気があったならその場で
坊主になってやればいいだけの話だ。
宗氏も含め皆坊主なんだから。


725 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 21:42:08 ID:0rMKL6Ap0
>>724
>何で他武道を批判したら、「一手、所望お願いします」に

他武道批判が異常だったからでしょ。
そんに批判するならやってやろうと考えたんだろ。
日本拳法はもともと柔道や沖縄空手をやっている人が
多い武道。日本拳法をバカにしなくても柔道や空手を
バカにしたから怒ったんだよ。
あんただって少林寺拳法をバカにされて必死になっいるだろ?w
それと一緒ですよw

726 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 22:01:52 ID:eRqCjeku0
>>694
>「李香蘭」は日本人でありながら、なぜ満州で中国名で通したのか?。

商売のため。
中国人の「李香蘭」だと思うから中国人のファンもつくのであって日本人の「山口淑子」では
中国の大衆の人気は得られなかったでしょう。
一種の詐称です。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E8%A9%90%E7%A7%B0&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=07328200


727 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 22:04:50 ID:XEc+GFPY0
>>725
そりゃそうだよ。
意味を間違えた批判を認める訳にはいかんから反論はするよ。
その時批判されたらまず反論すればいい事だ。
それが「一手、所望お願いします」につながるから一手でも
二手でも教えを受けるための入門には坊主が要件だったから
そのまま返されたんだろ。
どうして人のところに会いに行ってまで他の武道の批判の事
を理由に喧嘩が売れるんかね?
具体的にどんな内容の批判をしたのか知ってるなら教えてくれ。
宗氏はつまらん内容の批判をするような人じゃないぞ。

728 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 22:12:22 ID:VWlJdg0lO
いや〜、開祖は他武道のこと結構無茶苦茶言ってる気はしますよ(;^_^Aでもそう
いう部分を差っ引いたとしても凄い人物だと思いますけどね。

729 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 22:14:18 ID:0rMKL6Ap0
>入門には坊主が要件だったから

当時の少林寺って坊主にしないと入門できなかったの?

>宗氏はつまらん内容の批判をするような人じゃないぞ。

しているから問題が起こるんだろ?


730 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 22:17:38 ID:AnP+UxKv0
山口淑子女史は満州国の李際春将軍の養子であり中国名を「李香蘭」といいました。デビュー前からこの名前だったわけです。
そういう経緯があると、念のため。


731 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 22:22:42 ID:q9MBTVcb0
日本拳法の猛者とサシでやりあったら
開祖でもマジで、やばかっただろうな…。
止めて正解だ。さすが開祖!
相手の力量もよんでる。

732 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 22:34:39 ID:SB5fGS5W0
>>727
私が若い頃は少林寺拳法の市販本が数多く出ていて
開祖の他流に対するあまりにもトッポ過ぎる発言がよく記載されていたものだけど
最近の若い方たちはそういったものを眼にする機会も少ないのでしょう。
たとえ開祖の発言であっても、私はそういう部分は好きになれませんでした。
これからの時代に我々が引き継ぐ必要の無いものですよ。



733 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 22:35:20 ID:7FZ3tK7E0
そもそも何で宗道臣なんていう中国人的な名前なんでしょうか?
芸名なんでしょうか?

734 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 22:41:51 ID:ZfjySJZS0
>>730
デビュー前からの中国名が「李香蘭」であったのは事実として、デビューしたあとも、
なぜ日本人であるということを隠して「山口淑子」という日本名(ほかの芸名でも良い)
を使い続けたのか?。
それは映画のプロデューサーが、日本人であることを隠して中国人であると一般に
印象づけるために中国名で通すようにし、そのまま養子の時の名前を使い続けたた
めである。
もしこれが日本人であり(仮に日本人でなくても)、日本名であったならば、当時の
国策映画に出演することはできなかったであろう。
そういった意図的な画策の下で、中国人としての「李香蘭」は銀幕にデビューした。

ひるがえって中野道臣は少林寺拳法という名称もさることながら「宗道臣」という
日本人とは思えないような(名前からは中国籍と思ってしまう)「宗」という名前
をあえて使ったのか?。

735 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 22:42:19 ID:VWlJdg0lO
>>733
えーと…釣りですか?

736 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 22:45:01 ID:XEc+GFPY0
>>734
そんなことは著書で書いてるから自分で調べなさい。

737 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 22:50:57 ID:caDWVzOv0
私は日本拳法をやっているものですが、日本拳法はあくまで
試合用のスポーツで、ルール無しでやりあったらとても少林寺拳法におはかないません。
日本拳法やっている人間は単細胞のバカ多いですわ。
宗氏が森師範を軽くあしらわれたのはさすがですわ。
やりあったら日本拳法負けますわ。
森師範のメンツをたてたんだと思いますわ。
まだ、少林寺が小規模だったころ多度津に大勢で道場破りに出かけて
宗氏にコテンパンにされて少林寺に入門した日本拳法部の連中もおりますわ。
宗氏は自分が勝つことわかっていて森師範の顔を立てたのですわ。
私は日本拳法やって頭バカになりましたが、まだそのくらいの分別は残っておりますわ。

738 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 22:54:52 ID:SB5fGS5W0
>>727
森師範一行にとってはあくまで、友好的な表敬訪問程度のものだったのだ。
ところが開祖が、その場で例のごとく、やれ「空手屋さんは、」「柔術屋さんは、」
と始めちゃったものだから話がこじれてしまったのさ。
まあ、不幸な出会いだったんだよ。



739 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:02:02 ID:caDWVzOv0
>>738
日本拳法やっている人間はそんな表敬訪問やりませんわ。
最初から試合するつもりで出かけたんですわ。
日本拳法やっている人間は自分も含めてバカが多いですから
そんな魂胆は宗氏に簡単に見やぶられたんだと思いますわ。

740 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:04:51 ID:ZfjySJZS0
>>734
(誤り)>デビュー前からの中国名が「李香蘭」であったのは事実として、デビューしたあとも、
なぜ日本人であるということを隠して「山口淑子」という日本名(ほかの芸名でも良い)
を使い続けたのか?。
(訂正)デビュー前からの中国名が「李香蘭」であったのは事実として、デビューしたあとも、
なぜ日本人であるということを隠して「山口淑子」という日本名(ほかの芸名でも良い)
を使わずに「李香蘭」という中国名を使い続けたのか?。

741 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:07:06 ID:IY1x/6bn0
>>721
「一手、所望お願いします」と言って応じなかったから、後で逃げたというんじゃなくて
そのまま殴りかかれば良かったんだよ。
充分、挑発してやってるんだから。
当時、他流が訪ねてくれば道場破りと考えるのが当たり前で、
逃げる気なら居留守を使えるのに、ぬけぬけと応じて会ってるんだから。
弟子の多くも挑発されて掛かっていった結果、やられて入門しているし。



742 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:13:31 ID:eRqCjeku0
「一手、所望お願いします」と言われて相手をしなかったのならば、武道家としては
逃げた以外の評価は不可能でしょうな。
今の時代はそういうのはなくなったけど。昔はそういうのがいたんだね。面白い。

743 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:19:39 ID:lbKIl9Zc0
他武道批判するのは見苦しいし、
それで義憤にかられて稽古申し込むのは納得できるし、
その申し出に対して坊主にならなきゃ云々といって逃げるのはだらしないんでなかろうか。
というわけでこの一件については日拳の勝ち。

744 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:21:39 ID:X440cF2n0
拳法を名乗る団体同士、友好関係を気づきましょうということで訪問しているのに
弟子が、他団体のトップと決着勝負みたいなことになるのは、当然ですが、
森先生は望まれなかったのでしょう。森先生が弟子を諌められたのは当たり前だと思います。
表敬訪問して、喧嘩して帰ってきたでは森先生の立場もないでしょうし。




745 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:28:01 ID:XEc+GFPY0
>>744
そうだったのなら、宗氏の亡くなった後に森氏は
自分の著書に恨みがましく書くなよと思うけどね。

746 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:33:31 ID:IY1x/6bn0
逃げるつもりならはじめから、居留守つかって会わなければいいじゃない。
当時の喧嘩は裁判よりも実力行使だったんだから、弟子連れて訪ねておいて「友好関係を築きに来ました」
といって真に受けるほど間抜けじゃないでしょ。
それで、手を出せずに後になって本で「逃げた」じゃ相手のこと言えないでしょ。


747 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:36:39 ID:lbKIl9Zc0
え、友好的な話しようとしたら、開祖が愚にもつかぬこというから不穏な空気になったんじゃないの。
開祖からすれば、こけにしてるのは空手や柔道や合気道なんだから、何で怒るかわからなかったのかもね。

748 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:37:48 ID:caDWVzOv0
のこのこと少林寺の本部まで出かけていくところが
日本拳法やっている人間の頭の低度なんですわ。
師範からしてこの低度だから、他は推して知るべしですわ。
ホンマ日本拳法やってる人間はバカ多いですわ。

749 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:40:55 ID:lbKIl9Zc0
その団体のお偉いさんに会いに行くんだから、
ノコノコ本部に行ってやるのが礼にかなってるんでないかな。
それが表敬訪問ってやつでないか。

750 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:43:59 ID:IY1x/6bn0
拳法家が相手を目の前にして、あえて気に障る発言をするということは
「相手してやるよ」ってことだろ。
あとで「相手が殴りかかってきたから仕方なく応じてやった」というための
布石なんだよ。

751 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:44:24 ID:caDWVzOv0
>>749
日本拳法やってる人間は表敬訪問なんて言葉は知らんのですわ。
他の武道の道場に出かけるときは他流試合しかないんですわ。

752 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:45:40 ID:lbKIl9Zc0
でも坊主じゃなきゃやらないとかいって、
森師範とその弟子のO君を馬鹿負けさせてたよ。

753 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:47:06 ID:eRqCjeku0
表敬訪問とは結構牧歌的な関係?
日拳&笑鈴寺

754 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:49:08 ID:lbKIl9Zc0
森師範は確か極真の大山総裁とも交流があって、
マキワラをパクって拳座ってのを作ったりして、そういう武道家の横の関係ってのがあったのかもしれないな。

755 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/13(火) 23:54:46 ID:XEc+GFPY0
>>751
でも宗氏もいろんな流派の所までのこのこ訪問して技を見せて
もらって結果結構内容について批判もしてるけどね。
訪問された方は全て友好的な相手ばかりじゃなかったろうにね。



756 :かん:2007/02/14(水) 00:41:38 ID:YElgKXvqO
君達は、頭痛いのかな?少林寺拳法を、全く知らずになにを、いってるのかな?
やっぱオタクやから痛い妄想しかできないんだね(笑)
ド素人が、知った口きいてんな
かすが!

757 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 02:35:56 ID:fnVdFz/u0
>>756
逆ギレは良くないよ。
ちゃんと論理的に反論してくれたまえ。

758 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 09:48:46 ID:kUZ1K1Aa0
各位

カッパブックスの一読をお勧めする。
ニュートラルな目で読んでみたまへ。

759 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 10:42:07 ID:KoLMAljn0
>>754
マス大山は森から日本拳法協会7段を贈られてる。

760 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 10:44:54 ID:KoLMAljn0
>カッパブックスの一読をお勧めする。
>ニュートラルな目で読んでみたまへ。

上記の文末に付け加えてください。
「卒倒するから」


761 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 10:53:49 ID:2W3RS/Ql0
笑隣寺拳法

762 :マンガヲタ:2007/02/14(水) 11:24:16 ID:/V2T/XR7O
とりあえず安彦良和はガンダムエースのオリジンが終わったら、少林寺の開祖の伝記マンガをかいてほしいね。本山のプロパガンダ抜きのやつをさ。
湊谷夢彦さんも亡くなってるし、大陸ロマンマンガの第一人者ったらガンダム安彦しかいないからね。
それに少林寺の開祖って、大山倍達以上に「正伝」にしがいがありそうじゃない?
不朽の大陸ロマン「虹色のトロツキー」の作者が描く少林寺拳法開祖伝。俺なら読みたいなあ…
でも、人気マンガ家だから武ヲタ以外の注目も高いだろうし、都合の悪い事実が流布するからって本山から圧力がかかるかも

763 :かん:2007/02/14(水) 11:43:15 ID:YElgKXvqO
お前らいっぺん本部こいや!
しかも逆ギレちゃうし
お前らどーせニートやろ?ニートなんか死ねばぇえねん

764 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 11:57:00 ID:KoLMAljn0
>>762
どす黒くて陰鬱でどうしようもなく強靭な宗道臣を描いて欲しい。
実際の特務機関員はそういうものだったと思うし、
中国で辛酸を嘗め尽くしてきたから徒手格闘をバカにする発言もできた。
一旦戦争が勃発してしまったら悲劇が起こる。
我々は、戦争になったら感情を捨て敵を殲滅する。
しかし、だから戦争になる前にお互いを理解しようと言うのが宗道臣の考えでしょう。
宗道臣は初めから相手にへりくだる行為を否定していた。
日本民族の誇りを胸にどうどうと相手と渡り合えと教えている。
一旦戦争になれば、感情を無視して敵を殲滅するまで
戦う自分達を知っているからこそ
相手と戦う前に戦争回避の道を探ろうというのが宗道臣の考え。
平和、友好という言葉の後ろには強力な軍事力も含めた国力が
控えていないと話にならないと彼は説いていたはずです。
自虐的な友好、人権主義ではなく、宗道臣が提唱した本来の力愛不二の
思想を描いてもらいたいものだ。

765 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 11:58:36 ID:NJcbkNSG0
>>763
IP調べればハンドル変えても判るよ?
その場合、隔離スレ等の条件も有効になるからそのつもりで。

766 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 12:35:29 ID:fnVdFz/u0
宗道臣、特務機関員説というのははっきりいって本当の事なの?
それとも格付けのための偽情報?

767 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 13:16:51 ID:bhZfn6VwO
>>766

まともな社会人ならわかると思うが。

大事な仕事で海外行って、習い事に精を出す余裕がてあったなんて…



768 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 13:34:03 ID:aqVDfzPJ0
>>766
キーワードは、内田良平、頭山満、玄洋社、大川周明。

769 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 13:34:04 ID:i0VLyJpk0
自伝に肥料薬の売買で大儲けして
その資金で少林寺を開業したって
書いてあったが。

770 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 13:36:58 ID:i0VLyJpk0
月光仮面は変身する前に
「私は月光仮面です」と言わないように
本物の特務機関員は「私はスパイでした」って
言わないと思う。

771 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 15:15:53 ID:bhZfn6VwO
>>770

アメリカ人の結婚詐欺師とかがいいそうだけどな。

本当だったとして、私はスパイだったと自分から暴露しちゃうなんてからには、
お使いみたいな仕事しかしてなかったんだろう。



772 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 17:02:04 ID:bPt37aXN0
>>770
>>771

まだ戦争が続いていると思っている知恵遅れ発見!(大爆笑)


773 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 17:05:02 ID:bPt37aXN0

金で武道の段位をコレクションしていた品性の卑しいヤブ医者の

   佐   藤   金   兵   衛

は 少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズでしたが、バチが当たって地獄に堕ちました。

ところで、その金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?



774 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 17:16:08 ID:i0VLyJpk0
砂糖って少林寺の段を金で買おうとしたの?
そうとう物好きというか変わった人だな。
少林寺の段に金を出すなんて変態行為だ。

775 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 17:45:53 ID:fnVdFz/u0
日本の少林寺拳法って結局のところ中国の嵩山少林寺とフランチャイズ契約
を結んでいる武道団体と言う事でいいんでしょ?

中身は違うけど名前はお金(ロイヤリティ)を払って使わせてもらっている
ってことで。

776 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 18:26:53 ID:i0VLyJpk0
>日本の少林寺拳法って結局のところ中国の嵩山少林寺とフランチャイズ契約
>を結んでいる武道団体と言う事でいいんでしょ?

なるほどね。
確かにそうだね。



777 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 19:12:27 ID:UIB8QL710
>>775
もう嵩山少林寺も金は十分すぎるほど持ってるんじゃないかな?
だから、祖山とはいえぼろ寺が修復出来た今は金銭援助は不要だ
と思いますね。 中国へのODAと一緒だな。
フランチャイズ契約って何だ?名称使用権かな?そんなのあるの?
そんなもの日本の少林寺拳法の独立性に比べたら屁のようなもんだ
から、勝手に使えばいいんだよ。
で、金額はいくらなんですか?教えてくれよ。

778 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 21:14:59 ID:tu2DYICr0
むこうは少林拳、こっちは少林寺拳法ということで住み分けている。
ただし、こっち側は弱みがあるので、友好と言うことで寄付はしている
だろう。
どういう弱みかというと。
柔術がベースで、義和団とか大反乱を起こした秘密結社の拳法を習い
融合させたのであるわけだから、トテーモ「少林寺」を冠することの出来る経
歴ではないわな。
あっちの気持ちとしては貧乏な時代に援助してくれて、また、少林寺の
名前も広めてくれたので、結構おおらかに見てくれているのだろう。
名称としては、壁画に感動してこう付けたのであるから、ま、納得は
出来る。しかし、「合気道は効かない」とか「中国の拳法は絶滅して
自分だけがその秘伝を伝えている」みたいな大法螺は、こっち側が
反省すべきだろう。少林寺伝統の他武道批判だけは、もう失伝させ
るべきだろう。
ぶっちゃけ、今の少林寺拳士は、強かった昔と違って他を批判できる
ほど強くない。類似品である合気道とどっこいどっこい。
今の標準5段は、修斗や大道塾2年と喧嘩して軽く負けるだろう。
中には少数派の強い5段もいるだろうけど。

779 :71:2007/02/14(水) 21:19:07 ID:cBSWntA70
開祖の他武道批判は合気道が主だったように思う。

空手は強さを認めてるような感じです。
瓦云々の話は単に無意味だと言う意味合いの話じゃないしね。拳足の鍛錬を否定してないし。
柔道には結構好意的。本人が昔打ち込んだものだからだろうにゃぁ。


合気道家とは道場破りとかの話しか聞いたことがないでつ。
本物に出会えなかったのが(出会ったにしても体感しなかったのが)開祖の不幸でつ。

他武道の技術の批判は別にしても良いと思いますが、
それだけ深く学んでからじゃないと失礼だよなぁ、と思うでつ。

780 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 21:24:35 ID:5QSrY1hr0
>今の標準5段は、修斗や大道塾2年と喧嘩して軽く負けるだろう。
>中には少数派の強い5段もいるだろうけど。

だから、若いうちは「今の『強さを嫌う』スタイルの少林寺」をやるよりも
2年格闘技を必死でやって、強さを得た後、まったりと少林寺を楽しんだら
いいと思う。格闘技は、やりすぎると体がぼろぼろになるので、引き際を
考えないと。仕事に精を出す年齢になると、正直まともな練習はできないから、
そんな練習が標準の少林寺で維持をする。中には格闘技並みの練習をする
ところも有るだろうが、確率的には低いわな。


781 :日本拳法歴15年:2007/02/14(水) 22:02:11 ID:Wk3oiAqv0
防具つけてのどつきあいなんて一年もやれば十分ですわ。
それ以上やっても進歩は無いのですわ。
少林寺式のやり方の方が上達しますわ。

782 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 22:31:06 ID:QL/z724M0
それを知っていて15年もやったわけですか(w。

783 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 22:36:23 ID:eyzUMrai0
日拳はボクシングとキックで偉大な王者を輩出したけど、
最近は総合でそこそこいく選手はいてももの凄い人は出てないみたいね。

784 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 22:44:40 ID:UIB8QL710
>本物に出会えなかったのが(出会ったにしても体感しなかったのが)
>開祖の不幸でつ。
>他武道の技術の批判は別にしても良いと思いますが、
>それだけ深く学んでからじゃないと失礼だよなぁ、と思うでつ。
宗氏は本物にも会って体感してますよ。何言ってるんだ。w
だから、技術や考え方の不備の有無が指摘できたんだろうね。
で、武道家全体の陥り易い欠点を失礼覚悟で繰り返し言ったのが
批判と見られたのであってね。
武道家を超えてた人だからこんな人ちょっともう出ないよ。



785 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 23:02:24 ID:pDAIJvYp0
>>779
>他武道の技術の批判は別にしても良いと思いますが、
それだけ深く学んでからじゃないと失礼だよなぁ、と思うでつ。

言われるように習っていないための誤解もあったようです。
手を掴まれたときに外すのに合気道の技では、はずれないと宗氏は著書に書かれて
いましたが、宗氏が例にあげていたのは合気道の転換という動作のことでした。
転換と言うのは、手を外すのではなく掴ませたまま相手の力を誘導する
ものなのですが、掴まれた手を抜く技と勘違いされておられたようですね。
それと合気道の技が効かないという誤解もあるようですが、そんな誤解を
解くためもあって何度もオフ会を開いて、いろんな武道の方に実際体験して
もらってきました。みなさん納得されてましたし、習いたいと言うことで
ずっと来られている方もおられます。中にはある武道の全日本の選手もおられます。
合気道が見ためで誤解されるのはある程度仕方ないとは私も思っています。

786 :日本拳法歴15年:2007/02/14(水) 23:12:17 ID:Wk3oiAqv0
>>782
15年もやってようやく解ったんですわ。
日本拳法やってるとこのくらいバカになってしまうんですわ。

787 :71:2007/02/14(水) 23:17:33 ID:cBSWntA70
>>784
>宗氏は本物にも会って体感してますよ。何言ってるんだ。w

具体的に誰でつか?



788 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 23:21:11 ID:UIB8QL710
>>789
合気道やったことはないので誤解があれば申し訳ないが、合気道
は逆技かける前の足捌きによる相手の重心移動操作が必要な大きな
円で相手を倒すのであって、逆技はどちらかと言えば後半部分のよ
うに見えるわけですが、宗氏がそんなこと知らずに誤解していると
は思えませんね。
個人的には合気道の首に腕をかけて後ろに落とす技は独特で使えて
いいと思いますがあれははずすとか抜くとか効かせるのとは違いますし。

789 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 23:26:59 ID:UIB8QL710
>>787
ここでも出てるようにいろんな流派の人や中国満州でも
大物と言われる人達に会ってるだろ。違いますか?

790 :71:2007/02/14(水) 23:27:24 ID:cBSWntA70
>>785
教範に合気道の腕抑えで極め抑えているものを
“腰を浮かせば逃れれる”と言う風に書いてあったと記憶しています。

確かに素人が見様見真似で行ったものは腰を浮かせば外せますた。
しかし経験者のは違いますた。腕の角度がポイントでつね。

これなども開祖が実際に体感してないことの現れじゃないかにゃぁ。

791 :71:2007/02/14(水) 23:29:57 ID:cBSWntA70
>>789
その中に合気道の方がいたと?
そして技を稽古したと?

私はその様な記述や証言を知らないでつよ。
知ってるのは八光流くらいデス。

792 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 23:36:14 ID:UIB8QL710
>>790
そんなの専門家なら当たり前で、程度の比較の問題と思えるが
それで宗氏の経験まで71さんが判断はできないと思うだけ。



793 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/14(水) 23:40:11 ID:pDAIJvYp0
>>788
合気道では、掴まれた手首を軸としてくるりと相手の後ろに廻れと教えているが
実際にやってみるとわかるが、相手の力が強いと外れないことが多いであろう。
またこねたりしなくても、少林寺拳法の技を使えばポロリと抜けるものであると言うように
合気道の転換動作の写真を載せて書いておられました。
あきらかに転換動作を抜き技の一種だと誤解されていたと思います。



794 :71:2007/02/14(水) 23:47:38 ID:cBSWntA70
>>792
確かに開祖が経験がないとは断言はできませんね。

しかし教範での合気道の解釈などから
少なくとも開祖は深く学んではいないことは確かだと思います。

上でも書いてますが開祖の合気道家との接触は
自称何段とかの道場破りとかしか私は聞いたことがありません。

その所為で開祖はあまり良いイメージを合気道に持ってなかったんじゃないかにゃー?

795 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 00:05:08 ID:6RF5tv5w0
>>794
http://www.youtube.com/watch?v=byAvGP1GqBU&NR
他のところで板東氏は合気道をやっておられて宗氏に
師事した人でこのような人が数多く集ってる。


796 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 00:06:58 ID:6RF5tv5w0
他のところで→他のところで見つけたんですが  に訂正

797 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 00:07:37 ID:GZxwqVkg0
>>793
合気道から少林寺に転向してきた時に、
あれを読んで正直、開祖は何が言いたいんだろう?
とびっくりした…。
一大流派の開祖にしては、勘違いにも程があるよ…。
転換してるだけだから、抜けたら次の技に繋がらないんだけど…。
あんな誰でも知ってる初歩的な事を
間違って認識して、自信満々に公の本に書いてる
のを個人的には初めて見ました…。

時代ですかね…。

798 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 00:08:44 ID:VM1Vl9xX0
>>795
合気道じゃないだろ。

799 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 00:16:01 ID:VM1Vl9xX0
>>793
>>797
つかまれた場合の基本的な対処の仕方を比較してるんだよ、このヴァカが。(プッ

800 :71:2007/02/15(木) 00:18:23 ID:blnmmVhx0
>>795
他武道から少林寺に移った方は結構おられますデス。

しかし板東先生は合気道やられてたのか。初めて知りました。

801 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 00:21:25 ID:VM1Vl9xX0
古武道をやっていたと聞いたが、合気道やってたなんて聞いたことがない。
合気道の工作員がウソ書いているだけだろ。

802 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 00:25:24 ID:Sux6Nec30
>>797
相手に掴まれたのを利用して、そこから相手と一体化して技にいく合気道と、
鈎手守法や三角守法などで守って、掴まれているのを抜いて、攻撃したり、逆技にもっていく
少林寺では技の理合がかなり違うので、少林寺の発想で合気道の転換動作を
本か何かで見られて勘違いをされてのではないかと思います。
悪気は全くなかったと思います。


803 :71:2007/02/15(木) 00:25:28 ID:blnmmVhx0
>>801
古武道でつか。

まぁ、どちらにしろ貴重な動画>>795ですね。
うpありがとう。保存しちゃいます。

804 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 00:28:26 ID:6RF5tv5w0
>>797
個人的にだけど、本の内容だけで宗氏の体験まで判断して
できんだろと思うだけだよ。
読者に解りやすく書いてて詳しいことまで書かないと見る
のが妥当ですよ。




805 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 00:38:36 ID:pJa/+8N00
私が今まで聞いたガセネタ

1)極真から少林寺に来た
喧嘩十段をノックアウトした唯一の人だった

2)元忍者だったが、少林寺にはいった
千葉県某市消防レンジャー部隊よりうまくロープ渡りしてた
水上歩きがもっとも得意だった

3)柔道から柔術にいきその後開祖にほれて少林寺にいった

4)若いころ極道だった
これほんとだった

5)古武術(関心流)やってた。少林寺つながりで少林寺に入った

結局、本部で聞いてみたら、合気道から少林寺に移ったとのご本人談。
合気道時代にチンピラだったが、改心して少林寺に。
廊下を曲がるときは大外回り。坂東先生の鉄則だった。理由は察して。

とにかくすごいスケールの人で、芯の強さは凄かった。男の中の男って感じ。


806 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 00:39:56 ID:Sux6Nec30
>>71
青坂先生は昔、合気道をされておられたと、知り合いの道院長が言われていました。


807 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 00:53:58 ID:Rgdk3KLn0
決して妥当ではないだろうになあ・・・・

808 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 01:13:58 ID:6RF5tv5w0
>>807
ここに書いてあることのように書いてたら合気道の本に
なっちゃうだろ。

809 :かん:2007/02/15(木) 02:34:39 ID:Wb1gdeK0O
バーカバーカバーカバーカバーカバーカバーカバーカバーカバーカバーカバーカバーカバーカバーカバーカ

810 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 15:47:08 ID:2eqzGKPA0
>>800
坂東先生は元は日本拳法+「○○組」系(これ以上言えない)
>>806
青坂先生は少林寺以外ない。

やはりここは2chだな。合気道や竹内流などの「金の亡者」が金のために嘘ばかり書く。

きっとそういう嘘を武道雑誌に売り込むつもりだろう。5流の物書き野郎。



811 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 17:07:25 ID:Sux6Nec30
>>810
>青坂先生は少林寺以外ない。

それだったらそれで全く構わない。青坂先生が元合気道だろうが、元○○だろうが
私にとって何のメリットもないことですから。
たまたま知り合いの道院長(50歳代の方)と話していて、DVDで観た青坂先生の
ことを話したら、以前合気道をされておられたということと、一昨年くらいに日本に来られる
と言われたのを聞いただけ。




812 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 20:47:56 ID:24uIirm80
>>777
>もう嵩山少林寺も金は十分すぎるほど持ってるんじゃないかな?
だから、祖山とはいえぼろ寺が修復出来た今は金銭援助は不要だ
と思いますね。 中国へのODAと一緒だな。
フランチャイズ契約って何だ?名称使用権かな?そんなのあるの?

それは日本人的な価値観。中国が豊かになったと言っても所詮は沿海部の一部分のみで
崇山少林寺のある河南省は内陸部できわめて貧乏なまま。農村では売血をしてエイズ患
者が山のように溢れている貧困地帯ですよ。河南省の観光資産である少林寺単体が綺麗
になっても河南省自体は貧乏なままだからお金はまだまだ足りてないでしょう。

日本少林寺は名称使用権でまかり間違っても訴えられたりしたら大問題になる弱みを消
滅するまで持ち続けている事になるのだろうね。中国と戦争になったらなったで敵国文
化でそんなもんやるのかと言う話になるだろうし。

813 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 21:55:55 ID:wHjeewap0
>>812
個人的には宗氏はアジア人同士がもう二度と戦争を起こさないために
あえて少林寺の名称を使ったような気がしてならないのです。
もちろん今の中共政府は好きではないが、少林寺拳法自体政府をあてに
せず個人同士の横の連帯を目差したものだから中国の人は大事にすると。
そのような関係を宗氏自身が体験し、日本人の敗戦時における情け無い
状況も体験し、日本人に欠けるとして 国は滅びても民族は滅ばない と
の先師の信念を日本に伝え育てるために始めた・・とどこかで聞いたような。
ですから、名称使用権はともかくとして嵩山少林寺に訴えられたりしたら
などと考えず訴えられたとしても勝手に使えばよい。
漢字と同じく既に寺や少林や拳法も日本語文化だからね。
大体拳法自体日本語であって、中国語には無いだろう。



814 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/15(木) 23:41:07 ID:1C8ylUXP0
>>813
そんなに甘いものだろうか?
いよいよ日本進出に乗り出した崇山少林寺・・・・
ある日突然、日本少林寺を偽物として徹底的に攻撃するような気がしてならない。
中国人の反日感情を見るにつけ、そう思えるんだが。

815 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 00:05:57 ID:D/p0F33r0
中国人空気嫁
とか言ってやれば?

816 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 00:22:00 ID:qwIXkPgL0
>>814
基本的に日本は海洋国家だからね。
国家戦略としては海で繋がる国家通しの連携で中共を封じ込め
相手の自滅を待つのでいいと考えていいのでは。
EUのようになるのは私等の生きてる間は無理だと思いますね。
だから、仮に日本少林寺を偽物として徹底的に攻撃したとして
も日本少林寺拳法は宗氏が開宗した独自のもので、技術も思想
も崇山少林寺武術とは異なるとして反論したらいいだけだよ。
いずれも本物で独自のものだからのらりくらりとかわせばいい。
それに判定つけれる所自体があるのかい?




817 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 03:02:29 ID:OV5oINvC0
南京大虐殺プロパガンダの手口を見ろ。
歴史的判定もヘッタクレもない。

818 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 07:56:37 ID:8oYiXBBE0
>>817
日本少林寺拳法からそんなに金は引きだせんし悪い事したとした
例ではないからその心配はない。
むしろ、日本国内のマスコミが騒ぎへたれて変に妥協しない事だね。

819 :いまさら:2007/02/16(金) 13:36:11 ID:8m1Mcsen0
カッパの本読んだ。
読み物としては面白い。
でも、長拳って長い武器に対する武術じゃないよね。
中国武術に対する認識がハナっから間違ってる。


820 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 13:41:42 ID:YngLUKcn0
少林寺がカッパブックス「秘伝少林寺拳法」を再販しない理由は?

821 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 14:12:35 ID:TPY9S/XK0
>>814
韓国人なら間違いなくそうするでしょうねw
中国はもうちょっと賢いだろうけど、普及にじゃまと見ればやはり攻撃するでしょう。

822 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 15:55:25 ID:GN5cD4Qq0
いろいろ物議を呼びやすい本だからなあ。
現代の評価には耐えない物だと。
馬蹴りとかあって面白かったけど。

823 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 16:32:18 ID:GN5cD4Qq0
後、こういう形の書籍を出す時代はもう終わったと思う。


824 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 16:55:42 ID:8m1Mcsen0
>カッパブックス「秘伝少林寺拳法」

10年くらい前だけど本部で売ってた。
初期に出版された物との違いは、三崎准範士→三崎正範士、それと本部の写真。
ちなみに准範士を「すいはんし」と読むバカが武専に在学してたことがある。
表現は「少林寺拳法奥義」の方が若干ソフトですね。
私がカッパの本に魅せられて少林寺に入門したのは随分と昔のこと。
今、読み返すと武道家が書いた入門書というより、香具師の口上を思わせる。


825 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 16:58:55 ID:/awEoeA60
極真や少林寺拳法って破門とか多いようですね。
極真の場合は破門された道場は、独立しするなどしているようですね。、
しかし、少林寺の場合は、「少林寺拳法」が本部の固有名称なので、
少林寺拳法を名乗れなくなるわけです。
そうした支部はどのようになるのですか?

826 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 17:12:02 ID:GN5cD4Qq0
禅○拳法拳正道とか言う名前になる


827 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 17:13:27 ID:GN5cD4Qq0
(正)禅○拳法とか拳正道などの名前になる


828 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 17:16:18 ID:pgdKrvXP0
>>818
国内向けではこのスレのように嘘をつき通すんじゃないかね。
問題は世界でそれが通るのか?と言う問題じゃない?
崇山の少林寺と香川県の少林寺のどちらの言い分を世界の人が認めてくれるかが
問題になってくるんじゃないのかね。
卍のマークの件なんか欧米では通らないからこそ変えたんじゃないのかね。

829 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 19:37:31 ID:D7S3wQXLO
開祖は中国の武術を修行していない、または囓った程度か?

《参考資料》

カッパより抜粋

「香港の李性の一家は、太極拳系の長拳(長い武器に対する技)と白打(手刀をおもに使う技)と称する…云々」

拳法教範(初版)より抜粋

「(中国武術の)流派名も主として部外者が、彼の拳は某門であると云つて居るので、自ら流派名を立てているのはほんの二、三あるだけである。」
「主なるものは、内家拳法と云われる…北少林と南少林に大別された二大流派だけであり、少林寺号を冠せざるものは…太極拳と、五台山の僧真宝を祖とする韶霊寺拳法位である。」
「少林寺を名乗る流派では…少林寺義和門と白蓮門及び如意門の三派が最も大きいものである。」



830 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 19:44:17 ID:kAFAOTRu0
四国の寺で拳法やってるところが少林寺拳法以外にあるけど
少林寺拳法から別れたん?

831 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 20:05:17 ID:/awEoeA60
>>827

「拳正道」のHP見てみた。
写真見るとTOPページの写真見ると少林寺拳法と同じですね。

さらにこの「拳正道」を破門されている人がいますね。

>>
下記の者について、拳正道定款の第10条により拳正道を破門とする。

* (元)上野支部道場長 ○○ ○○
* (元)港支部道場長  ○○ ○○
* (元)三鷹支部道場長 ○○ ○○
* (元)新木支部道場長 ○○ ○○
* (元)守谷支部道場長 ○○ ○○
* (元)柏市役所支部長 ○○ ○○

平成17年2月13日(日)

* 拳正道 道主 ○○ ○○
* 拳正道 理事会

上記につき、理事会にて決定しました。
各者に通告の上、当ホームページならびに5月号「けんせい」紙面にて告示します。
<<

何で、少林寺拳法の世界って破門者が多いんだろう?

832 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 20:24:35 ID:OV5oINvC0
>>829
現在の日中国交回復後の開かれた中国の知識をもってカッパ
ブックス「秘伝少林寺拳法」の出版された頃の物を比べるこ
との方が無茶と言うもんだよ。
今の北朝鮮の内部がや地域の人びとが全くわからないのと
同じだったからね。その前は戦時中で敵国人だったしね。
それらを含めて考えると当時としては充分な本だよ。
宗氏だって中国大陸の各流派の全容は知らなかったろうし、
それぞれ秘密主義で中国人自身あの頃は自分達の周りの流派
しか知らなかったと思うね。先師その他から聞いた事を確認
の方法も無かっただろうし、今でもそうだろうが規制があり
当時の中国では武術の本など自由に出版自体無きに等かった
んじゃないか?
時代の流れだよ。

833 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 20:53:41 ID:OCulzFHY0
>>829
中国関連の本を読んで信じて書いちゃったんだろうな。
その時代では、まさか現代のような時代が訪れるとは
想像できないもんなw

834 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 21:08:12 ID:OV5oINvC0
>>833
中国拳も出版当時と現在では技術も流派の内味も随分
変わってきているんじゃないかな。
私等がその過程を知らんだけで。
タイ式ボクシングだって沢村忠なんかが出る前なんか
同じ自由国家同士で交流があっても武道関係者でもそ
の中味は知らない人がほとんどだったからね。
当然ありうる話で笑えることとは違うと思うよ。

835 :829:2007/02/16(金) 21:22:09 ID:D7S3wQXLO
>832

そうだろうか?
開祖が嵩山に入山した折の住職の話しといい…833のレスが合っていると思うのは私だけだろうか?

ちなみに、徳善和尚が若かりし頃の開祖をおぼえていたという話し…お金が動いたそうです。開祖の側近だった方が酔った時にポロリと漏らした話。
開祖、憲兵服姿の 写真…「貸衣装なんてものは昔からあるんだ。」とも。

その側近だった方の話しで少し興味深かったのは、開祖は中国で武術を習ったのではなく、教えていたのだと。「竜ナントカ拳とか言ったナ…忘れた。」だそうです。

836 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 21:44:06 ID:OV5oINvC0
>>835
そうだよ。
別に833のレスが合っていないとは言ってないけどね。

837 :71:2007/02/16(金) 23:28:48 ID:cRxL+Tpw0
当時は情報が少なかっただろうからにゃぁ。
中国で武術が廃れてたのは事実だし。
私も>>833が結構的を射てると思う。

しかし>>835さんの話は真偽の程はわかりませんが
ちょいと興味深いでつね。


838 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/16(金) 23:50:20 ID:7H8eS3e20
>「少林寺を名乗る流派では…少林寺義和門と白蓮門及び如意門の三派が最も大き
>いものである。」
義和門拳が存在していたとしても、すごくマイナーで歴史に出てきたためしが
ない流派。それを・・・。
恐ろしいぐらいの大法螺。拳法を習った跡ぐらいは見えるけど、
やっぱり継承者を名乗るほどではなく、柔術ベースだと思う。
日中国交が回復し、ここまで中国武術が日本に知れ渡るとは
思わなかったのだろう。
教範しょうがないとして、副読本ぐらいは、もう中国拳法ベース
みたいな書き方はやめたほうがいいと思う。昔なら方便ですむが
いまなら詐欺になるよ。
たしかに60年もったすごい金メッキだわな。

ただ、技術と精神はすばらしいから、少林寺という名前を捨て、
正しい歴史の元で再出発したらいいと思う。

839 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 00:04:27 ID:rZHxeYYM0
>>838

別名拳卑の乱と言われる義和団事件でいったいどれだけの拳士が死に、

門派が途絶えたと思っているんだ?

この歴史を知らないカスが(プッ


840 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 00:05:29 ID:n6aHUghs0

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。



841 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 00:06:46 ID:rZHxeYYM0

いまだに、少林寺拳法は中国拳法ではないなどどピンボケな批判している知恵遅れがいるからあきれちまう(爆笑)

「・・・ そのことが解ってからの私は、柔道や空手、ボクシング、相撲その他を研究し、

 その技をこの原則に当てはめ分解してみると、いずれも同じであるということを確かめることが

 出来たので、帰国後、私は全く新しい観点から中国の拳技や把式の再編を思い立ち、

 護身術にもなり、保健体育法にもなり、その上人格完成に貢献できる精神修養法にもなる、

 心身一如の修道法の  創   設  を志し、中国の嵩山少林寺の白衣殿の壁画に残る印度伝来の

 阿羅漢の拳を、原子時代の今日にふさわしい形式に組み替えて、行うことに踏み切り、祖師の啓示と

 先師の教えを基として、これを戦時中に得た貴重な実戦の体験と私の創案を加えて慈に

 日本正統少林寺拳法を編んだのである。」(宗道臣著 少林寺拳法教範)



842 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 00:09:45 ID:n6aHUghs0

開祖が習った当時の中国拳法の技の原名と現在の少林寺拳法の名称

インチキ武道家=佐藤金兵衛 は論外ですが、まともな日本人中国拳法家ですら中国名を盲目的に踏襲している現在、

すでに半世紀以上前にオリジネルの日本名を独自につけて技の整理をしていた開祖の非凡さが伺えます。

それにひきかえ、今時の中国拳法修行者は・・・(プッ

双龍出海  →逆小手
懐中抱月  → 腕十字
童子拝仏  →前髪捕or熊手返
大纏手   → 切小手
覇王請客 → 内逆手捕
恕不同行  → 略十字小手
野雉拗翅 → 送肘攻
一柱頂天 → 逆天秤
後上翻 → 逆手投
天旋地転 → 肘抜前天秤
白馬登猿 → 足抜
老漢拝将 → 送巻天秤
上纏肘 → 龍投
野雉展翅 → 片手送小手
順水推舟 → 片手押小手
英雄有礼 →袖捕
剪腿 →挟倒
巧破腰索 →矢筈投
控腕奪刀 →小手投



843 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 00:14:17 ID:n6aHUghs0

   ★★★★★  インチキ武道家=佐藤金兵衛物語   ★★★★★

変態エロじじいのヤブ医者で、金で武道の免状をコレクションをしていた

卑しい精神の持ち主である 

    佐    藤   金   兵    衛

は、少林寺から金で段位を買うことを拒否されて逆恨みをしておりました。

そこでたまたま開祖の記憶違いの記述を発見し、開祖の少林寺行きはウソであると中傷しました。

ところが開祖が中国少林寺に帰山した際、当時の生存者の釈徳善和尚は、開祖を見るなり走りより、

目に涙を浮かべて「あなたを覚えている。」といい、終始開祖の手をしっかり握ったまま離しませんでした。

この感動的再会により、卑劣な佐藤金兵衛のデタラメが明らかになり赤っ恥をかきました。

その後も佐藤金兵衛はインチキ武道ごっこをクズな弟子達と続けておりましたが、ついに

天罰がくだり、地獄に堕ちて閻魔様に舌を抜かれたとさ。めでたし、めでたし。


844 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 00:15:59 ID:n6aHUghs0

金で武道の段位をコレクションしていた品性の卑しいヤブ医者の

   佐   藤   金   兵   衛

は 少林寺から金で段位を買うことを拒否されて、その腹いせに

開祖の私生活の中傷をしたクズでしたが、バチが当たって地獄に堕ちました。

ところで、その金でいろいろな流派の段位を買って喜んでいた インチキ武道家

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しな弟子達って、まだ武道ごっこ続けているの?


845 :71:2007/02/17(土) 00:31:48 ID:Z/JYYz930
>>838
義和門拳がマイナーとは言えないと思いますよ。

確かに義和門拳が義和団の拳技と同じかどうかは断言できませんけどね。


それにまだ私は柔術ベースと決めるのは早計だと思います。
未だ日本武道における時間経過と穴位の変化の資料が見つけきれないし

846 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 00:57:18 ID:x7TZYdwl0
>>838
おまい6年前から同じこと繰り返してていい加減、














いいぞもっとやれw














じゃなくて氏ね

847 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 06:06:33 ID:gWD+UCHb0
>>838
よく柔術ベースって書いてるけど、日本の各地域に伝承されてたが
過去には途絶えた物や現在の物やも含め全て同じに括れるほど統一
されてる思想や技術や言葉の使い方なんですか?
同様に日本よりもっと歴史も地域も大きく複雑多様な中国拳を中国
拳法ベースってことで括ってその時代を生きた人を語れるんですか?
恐ろしいほど大法螺とか継承者を名乗るほどではないと君が本当に言
い切れるほどのこと為してるのか? 
で、宗氏はメッキは681の意味で語ってますから君は意図的に歪曲
して使ってるね。
以上を含め教えてくれないか。



848 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 07:34:54 ID:xwG3M9d30
>>847
「日本の各地域に伝承されてたが
過去には途絶えた物や現在の物やも含め全て同じに括れるほど統一
されてる思想や技術や言葉の使い方・・・・」
「日本よりもっと歴史も地域も大きく複雑多様な中国拳を中国
拳法ベースってことで括ってその時代を生きた人を語れるんですか? 」

という話を誰もしていない。意図して話を拡げ
餓鬼の屁理屈で食い下がるのは良くない事だ。


849 :829:2007/02/17(土) 08:23:52 ID:LMgO4Wnf0
まあ、少林寺も私が入門した頃のように中国産を表に出さなくなっていますしね。
元が中国産であろうとなかろうと、現在の少林寺拳法が消えてなくなる訳でもない。
名称を変える必要も今のところないでしょう。
829の見解は、少なくとも私の師匠やそのまた師匠、開祖に近かった方達の物です。
だからと言って、それが元で少林寺をやめた訳でもない。

私は少林寺から離れて久しいが、開祖が亡くなったあと大雁塔に展示された
「義和門継承の袈裟」あれはまだ展示されていますか?
あんなことをするから、当スレみたいなことで騒がれると思います。

ところで、ここは妙な方が書き込んでいらっしゃいますね。
現在の門下生だろうか?
ガチガチの少林寺狂信者で、他に反論するときに<団体に都合よく書かれている
団体によって作られた本>を以ってする。
そのような方は昔も多くいらっしゃった。
仏教の一番最初の修行ってご存知でしょうか?
<師や教えが本当に正しい物であるかを見極める>
つまり、妄信や狂信を戒めているわけです。


850 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 08:26:18 ID:9U/DKCmd0
中国産じゃないだろ。


851 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 08:57:34 ID:YxFiNAT40
>>848
ご託はいいから>>847の質問に早く教えてくれよ。



852 :71:2007/02/17(土) 15:04:46 ID:VOb9l6yO0
少林寺は中拳と日本武道のあいの子だろうねぇ。

今までの流れからしてもコレに落ち着く感じがします。

853 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 18:14:49 ID:qzYiGDZ20
少林寺拳法は宗氏が開創した日本武道ですから、誤解なきように。
中拳や他の既成日本武道の技術や思想の影響を受けて開創された
ものではありますが。


854 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 18:23:27 ID:DoL9l1dX0

>中拳

ない

855 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 18:28:57 ID:qzYiGDZ20
>>854
赤子か?

856 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 18:33:30 ID:DoL9l1dX0
>中拳技術

ない

857 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 20:00:02 ID:ySlTeZtA0
カッパブックス「秘伝少林寺拳法」に書いてある内容で
多数疑問点がある。少林寺の成り立ち、合氣道など
他武道に対しての間違った指摘。ここには今まで出てこないが
「整体」に関しての内容だ。宗道臣氏は心臓が悪く
医師から余命いくばくも無いと告げられるが、
拳法の師が整体術を施してくれ元気になるという話。
そもそも中国武術に整体術は伝わっているのか?
少林寺が行なっている整体は、柔術各派が行なっている整体に
酷似している。武術と整体の組み合わせは八光と似てる。


858 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 22:49:35 ID:mVACdKe/O
少林寺の背中に膝を当ててスラストをかける胸椎調整法は、某柔術の整体術と同じ。中国整体にはみられない技。

859 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/17(土) 23:47:40 ID:DHfrT9DG0
>某柔術の整体術と同じ

源流は野口さんたちの整体。
そのまた源流は正体であり元はカイロやオステオ。
つぼに関してはまたベつの源流があると思われるが、
どこにでもあるので不明。

860 :71:2007/02/17(土) 23:57:21 ID:VOb9l6yO0
>そもそも中国武術に整体術は伝わっているのか?

あるみたいですよ。

ただこれも柔術や柔道整復の技術も含まれてると思います。
武道技術と同じくらい研究してたみたいですからね。

861 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 00:14:28 ID:qEbA9/M+0
>そもそも中国武術に整体術は伝わっているのか?
点穴法と卸骨法が該当するみたいです。
点穴法については少林寺に史料は残っているようですけど卸骨法については
記録しか残っていないみたいですね。詳細については失伝となっていますけれ
ども80年以降に少林寺伝承の卸骨法という事で再度出てきたみたいです。
ただ、それは裏付としての信憑性に乏しいみたいです。
卸骨法は武術として骨や関節を折ったり外したりする技術と接骨、整体の技術
の両面があったようです。

862 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 00:32:22 ID:4AdEbWCv0

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。



863 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 00:54:05 ID:Qzl+zsabO
中国の整体には、捻転調整は日本の整体やカイロと類似の技があるけど、少林寺、柔術、正体などのように背骨を膝で圧迫して調整するものはないよ。

864 :71:2007/02/18(日) 01:51:36 ID:+CSwD1Vr0
>背骨を膝で圧迫して調整するものはないよ。

その技法が日本固有のものとははじめて知りました。
と、するとそこらへんは柔術の整体や柔道整復から来たものでしょうね。


865 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 02:10:10 ID:aIe45vqY0
早く「3年殺し」教えてよー。
誰が知ってるの?

866 :829:2007/02/18(日) 09:38:14 ID:vtKvf/e+0
八光流の名を出すと目を剥く輩がおりますが...
八光流にも皇法医学(だったと思う)という整法が存在しますね。
「柔術の整体や柔道整復から来たもの」
同意です。

幾度となく、B先生に圧法や整法を教えていただきました。
「3年殺し」とまでは言いませんが、ある程度時間が過ぎると障害が出て来る急所の攻め方なんかも教わりました。
「せっかく遠くから来たから教えるが、道場で後輩に試しちゃいかんゾ」
とクギを刺されましたが。
圧法関連の資料がオークションで売りに出ているのを目にしたことがありますが、
あれを見たところで使えるようにはならないでしょうね。
表紙に門外秘と書いてあっても、流出することを想定して危険な技は技法名が記されているだけですし、
口伝がなければできるものではありませんからね。

話が横道にそれました。 

867 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 10:42:25 ID:RkLRpqm50
開祖が良くやっていたヒジ外しや煎餅返しは、もう失伝してしまったのですか?

868 :71:2007/02/18(日) 15:00:41 ID:O+xAxgN90
煎餅返しは俗称でつYO。

869 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 15:21:27 ID:4AdEbWCv0

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで(そんな人はほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。




870 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 15:22:49 ID:4AdEbWCv0

   ★★★★★  インチキ武道家=佐藤金兵衛物語   ★★★★★

変態エロじじいのヤブ医者で、金で武道の免状をコレクションをしていた

卑しい精神の持ち主である 

    佐    藤   金   兵    衛

は、少林寺から金で段位を買うことを拒否されて逆恨みをしておりました。

そこでたまたま開祖の記憶違いの記述を発見し、開祖の少林寺行きはウソであると中傷しました。

ところが開祖が中国少林寺に帰山した際、当時の生存者の釈徳善和尚は、開祖を見るなり走りより、

目に涙を浮かべて「あなたを覚えている。」といい、終始開祖の手をしっかり握ったまま離しませんでした。

この感動的再会により、卑劣な佐藤金兵衛のデタラメが明らかになり赤っ恥をかきました。

その後も佐藤金兵衛はインチキ武道ごっこをクズな弟子達と続けておりましたが、ついに

天罰がくだり、地獄に堕ちて閻魔様に舌を抜かれたとさ。

めでたし、めでたし。

プッ




871 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 16:17:17 ID:J+6sOp7W0
宗氏のひじ外しってどうやってするんだろ?
知ってる人は教えて下さい。

872 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 16:32:30 ID:p/Zg67lA0
>>866
前もどこかで述べたことですが、私の叔父は日本でも高名な
鍼灸師です。
そこのかつてのお弟子さんが少林寺拳法の有段者で、本山に行って
整法だの圧法の講習会を見てレベルの低さに幻滅したそうです。。。
「嘘を教えてる。というか、全然わかってないから嘘だというのを
知らない」と。

ちなみに私の叔父はその世界では有名なので名前は伏せさせてください。
(鍼灸師ながら腕を買われて某医大付属病院で外来してますし、中国の某医大の
名誉教授です。TVにもちょくちょく出てます。確かに点穴で人に害を与えることは
可能なことは可能だそうですけどね。)

873 :71:2007/02/18(日) 17:06:08 ID:O+xAxgN90
微妙だにゃー。

874 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 18:36:48 ID:Y1PGvIMI0
>>872
そんなにレベルが高いなら肘外しを教えてくれ。
それと、外した相手の肘をはめてやる方法も合わせて。

875 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 19:09:35 ID:BdVvPFkVO
東洋医学は、流派によってやり方がちがう。ツボの位置すらちがう。
そして、お互いに相手を違うと言ってくる。お互いに相手を受け入れない。
でも、相手をけなす割りに、科学的エビデンスがあまりない。(笑)
東洋医学界は、そういう低レベルであるので、批判は両方の意見にを聞く必要があります。
鍼灸師には、法律上診察&診断権がないです。
病院では、あくまで医師の診断と指示で施術するパラメディカル技術者です。
開業は、あくまで医療類似行為としてです。
あまり、マンセーにならないように。

876 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 19:45:23 ID:lu/u9JNc0
2chによくいるねこういうの

877 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 20:04:20 ID:p/Zg67lA0
>>875
別段煽る気はないですが、うちの叔父は日本でも特に高名な鍼灸師です。
鍼灸師が医師法でいうところの診察ができないのはよくわかってますよ。

ただしN医科大の上の人に請われて(治療で直したため)同大付属病院の東洋医学科
の外来任されてます。法律上は横に医師がいるだけでクリアーできるということで
やってます。
ぎりぎりヒントを申しますと、直近のTV番組では昨年の11月13日の夜のある番組に
出てました。

自分も治療してもらったことありますが、そこらへんの鍼灸師のレベルとは違うとやはり
いわざるをえません。

>>874
青山で開業してますので以上のヒントから割り出して連絡してみてください。


878 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 20:12:59 ID:p/Zg67lA0
私がここで述べたいのは、ロマンを求めることは大事ですが
古流にありがちなそういう神秘的な技法うんぬんというのはあくまでロマン
として愉しむという次元でよいのではないか?と。

そのうちなんとか流の開祖は空中浮揚したとか信じるようになるとかなっていき
ませんか?
「3年殺」なんて真顔で述べていたら問題ですよ。
「圧法」ねぇ・・・
「整法」にしても仙台に支部長で鍼灸師している方がいたので行ってみたら
漢方薬も処方(処方してはいけないんですけど・・・)していて、黙って
聞いていたらとんでもない漢方薬処方してましたよ(トウカクジョウキというもの)
うちの道院長も整体やってますが、整体というよかマッサージ師ですよ。
本山で習ってきたということでしたがね。。。


879 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 20:47:40 ID:Y1PGvIMI0
>>878
開創初期の頃の入門の厳しかった時代に宗氏が3人ぐらい並べ
てポンポンポンと軽く打って気絶させたと言う話を専門誌で見
た記憶がありますが、それについてはどう思われますか?


880 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 20:53:05 ID:4AdEbWCv0
>>878

ろくに知りもしないくせに。

このバカが(爆笑)


881 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 21:39:14 ID:Fx/+g/Vq0
>>879
嘘です。

882 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 21:53:33 ID:Y1PGvIMI0
>>881
じゃ、前に出てたこれについては?詳しく。
http://www.youtube.com/watch?v=byAvGP1GqBU&NR

883 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 22:01:01 ID:4AdEbWCv0

開祖が習った当時の中国拳法の技の原名と現在の少林寺拳法の名称

インチキ武道家=佐藤金兵衛 は論外ですが、まともな日本人中国拳法家ですら中国名を盲目的に踏襲している現在、

すでに半世紀以上前にオリジネルの日本名を独自につけて技の整理をしていた開祖の非凡さが伺えます。

それにひきかえ、今時の中国拳法修行者は・・・(プッ

双龍出海  →逆小手
懐中抱月  → 腕十字
童子拝仏  →前髪捕or熊手返
大纏手   → 切小手
覇王請客 → 内逆手捕
恕不同行  → 略十字小手
野雉拗翅 → 送肘攻
一柱頂天 → 逆天秤
後上翻 → 逆手投
天旋地転 → 肘抜前天秤
白馬登猿 → 足抜
老漢拝将 → 送巻天秤
上纏肘 → 龍投
野雉展翅 → 片手送小手
順水推舟 → 片手押小手
英雄有礼 →袖捕
剪腿 →挟倒
巧破腰索 →矢筈投
控腕奪刀 →小手投




884 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 22:05:43 ID:Fx/+g/Vq0
>>882
恐ろしく下手な締め技だな。
BJでも柔道でも空道でもこんな下手な締め技を使わない。
それと、あんたは落とされたことがあるかね?
落とされた人間をまじかで見たことがあるかね?
この動画に出ている一見落ちたように見える人は
落ちて無いね。本当に落ちた人間は頚部の筋肉が
こんなしっかりしてないよw
というかさ、絞める奴が下手すぎだ。
本部合宿でも有志を募ってこういうデモンストレーションをやるが
俺の時代は失敗の連続だったなwもちろん開祖存命中だ。
BJや空道の試合の方が落ちる奴をまじかで観られるよw

885 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 22:17:57 ID:nVdSvnbn0
>>882
貴方が少林寺拳士ならわかっていると思うが
大学の夏合宿で本部へ行くと、当身と活法の講義がある。
その時の、えらい先生が壇上に出て「誰か、体験したい人はいるか?」
と問いかけると、体験希望者は手を上げる。
壇上に上がった学生に対して偉い先生は、主に首の後ろの急所に
手刀で当身を入れる。が、なかなか倒れないというか
観ていると実験台になった学生は仕方なく失神しているような感じ。
はっきり言って、あれは効いて無いよなぁ〜というのが大半の意見。
人間って、いくら急所に打撃をくらってもそう簡単に失神しません。

886 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 22:36:51 ID:dSR4XwGS0
>>882
明らかに演技。
落ちてたら体全体の力が抜けてて抱き起こすのに苦労するし、
首も据わらないから頭部が前に垂れる。
映像では自分で体支えて起き上がってるようにしか見えない。

887 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 22:42:37 ID:dNnKxBxn0
>>882
このオッサンが大道のBC大会で一回戦を勝ち抜いたら信じてあげるよ。
無抵抗で立っている相手にだったら簡単に打撃は入るし、
その打撃自体、効いて無いよ。これはやらせ。さすが宗教団体だ。

888 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 22:49:20 ID:pL5OcP0S0
>>882
これは演技だろ…

889 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 23:07:40 ID:Y1PGvIMI0
>>887
演技したりする場面じゃないしやらせも何もこれは体験
させて教授してるだけだろ。題名を見ろ。


890 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 23:26:33 ID:I7GHihlL0
いや・・・こりゃなんともいえないね・・w

891 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/18(日) 23:37:55 ID:BdVvPFkVO
鍛えていないし、マジ攻防の経験がない少林ジャーは、当て身や絞めに弱いだけの話。
おまけに、戦う気持ちではなく、やられる気持だからすぐかかる。(笑)
偉い人は、それが分かっていないので、勘違いしてケンシロウ気分。(笑)



892 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 00:16:31 ID:guBparJe0
二個目の、首に当て身入れるやつ。
本来なら、当て身を入れられた段階で意識がなくなる。
すると、受け身なんてとれない。一回転なんて絶対にしない。
その後、微動しているなんてあり得ない。

蘇生で復活早すぎ。

明らかに意識を失っていない。

893 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 00:22:33 ID:T7db09xM0
>>884

ギャハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ

バカ丸出し(プッ

このバカ、柔道の絞め技と同じ原理で落としていると思ってやがる。

人体の急所について無知丸出し。

武道でないお遊びスポーツやってるアホの悲劇(大爆笑)



894 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 00:25:34 ID:T7db09xM0
>>892

半落としのテクニックをを知らない無知(プッ

テメーの無知を得意になって披露している見るに堪えないバカ。

かなりの低能とみた。(嘲笑)


895 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 00:26:55 ID:gwTifnum0
笑いすぎじゃないか

896 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 00:26:57 ID:T7db09xM0

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで (そんなアホはほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。




897 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 00:38:08 ID:guBparJe0
>>894
半落としのテクニック…
少林寺拳法では演技をそう呼ぶのですか?


898 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 00:44:46 ID:T7db09xM0
>>897

いかにも負け惜しみが見苦しいクズ。(爆笑)

こういうのを「女の腐ったような奴」と言うんやろね(プッ

899 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 00:47:10 ID:T7db09xM0

衰退しまくっている古流柔術関係者の無知は

あきれるばかりやな。

少人数で細々とやってるだけじゃあ見込みないわな。(爆笑)


900 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 01:18:43 ID:guBparJe0
>>898
少林寺拳法では演技を半落としと呼ぶことがよくわかりました。


>>899
その点少林寺拳法はすごいな。
開祖の商才があったんだろう。

901 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 01:27:04 ID:T7db09xM0
>>900

ぎゃははははははははははははははははははは

技術音痴の無知の負け惜しみが続いております。(爆笑)

あまりに惨め。

さっさと死ねや。(プッ


902 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 01:29:30 ID:gwTifnum0
多摩の方で良さそうな道院を教えてください

903 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 01:30:26 ID:T7db09xM0

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで (そんなアホはほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。


904 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 01:32:38 ID:Y/JoP0PI0
>>899
そういや、専用スレが立ったのはお前と正統だけだったな、キャハ。
この武道板への書き込みがお前と世間との関りの全てだ。
明日もがんばれよ、馬鹿。



905 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 01:41:44 ID:T7db09xM0
>>904

ぎゃはははははははははははははははははははは

負け犬の遠吠えを地でいくバカ。(爆笑)

これほど滑稽なカスも珍しい(プッ


906 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 02:10:15 ID:koKBUfKs0
それぞれの要求に応じて活法は異なると思いますよ。
これも護身として少林寺拳法の圧法であって柔道の
絞め技や鍼灸とは密着状況が違う独自のもんでしょう。


907 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 02:22:46 ID:Y/JoP0PI0
>>905
そういや、専用スレが立ったのはお前と正統だけだったな、キャハ。
この武道板への書き込みがお前と世間との関りの全てだ。
明日もがんばれよ、馬鹿。


908 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 02:29:40 ID:T7db09xM0
>>907

ぎゃはははははははははははははははははははは

まだ言ってる往生際の悪いクズ。(プッ

悔しくて眠れないらしい。

これほど滑稽なカスも珍しい(プッ

さっさと自殺しろ、ゴミ(ペッ


909 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 02:30:15 ID:koKBUfKs0
>>907
個人攻撃して逃亡とは少し情け無いだろ。
論争するならきちんと反証出してやれよ。

910 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 06:32:48 ID:30QX75Td0
ガイキチの言うことに反証もなにも無いだろうに・・・・


911 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 10:21:08 ID:RK5hfAw90
>>910
あんまりつまらんこと書くもんだから遊んでくれてるんだろね。

912 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 11:59:48 ID:TuWnKARN0
>>882
 あきらかにヤラセっていうか演技だろ。特に二人目に当身を入れるやつ。
 打撃で失神した奴が受身なんかとれない。
 それに指導者も失格。あんな事していると劇画かなんかだと失神くらいで
すむんだろうが、現実には固い床に頭を打って、5回に一回くらいは死亡者が出る。死なな
いまでも障害者が出る事故につながる。

913 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 12:04:46 ID:T7db09xM0
>>912

ぎゃははははははははははははははははははは

技術音痴の無知の負け惜しみが続いております。(爆笑)

あまりに惨め。

さっさと死ねや。(プッ


914 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 12:13:27 ID:WnA64LpD0
ふーん
正統とキャハは同一人物の可能性ありと。
続けてくださいな

915 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 12:15:04 ID:/oI+iWyJ0
俺が首のハイキックでKOしたときは、相手はその場で崩れたな。
あと、総合の試合で締めで墜ちたときも、力が抜ける感じだった。

そういう感じで倒れていないことは確か。
半落ちというのがそんなに簡単にできないとは思うが、
それが無いとは言えないし。
少なくとも、やる気満々の鍛えた格闘選手相手にはあんなに
キレイにできないだろう。
むしろ、パワフルな攻撃で逆に倒されるかも。
蹴りを受けたら吹っ飛んだみたいに。

916 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 12:26:35 ID:TuWnKARN0
 >>913
 何で俺が技術音痴なの?納得いく説明をしてくれ。
 あと指導者についての俺の意見は正論だと思うが。。
 

917 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 12:32:01 ID:T7db09xM0
>>916

どうやら技術音痴どころか、単なる知恵遅れのようや。(爆笑)



918 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 12:35:47 ID:T7db09xM0
170 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 01/12/23 21:38 ID:f+Nwe0le

佐藤金兵衛って、武道家というより武道マニアだったんじゃねえの?
だって大東流一ヶ月で継承者名乗っちゃうし・・・。(ちなみに合気道
三ヶ月!他もどれくらいやって教えているかわかったもんじゃねえ。)

919 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 12:39:24 ID:guBparJe0
>>917みたいなひとがいるから、少林寺が叩かれるんだろうねえ。



920 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 12:41:22 ID:WnA64LpD0
>>918
で、それを少林寺スレで書き込む理由は?
加えて文体が変わったのは何故?

921 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 12:49:35 ID:TY1GCVQR0
>>916
ヤツの言うことに意味は無い。
己の自我を保つのに精一杯の男だ。気にするな。


922 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 14:52:48 ID:jhs9nB2F0
>>889
じゃ、何で失神したような演技をするんだ?
失神する演技も体験するってことか?
別に失神する演技をしなくてもいいだろ?w
体験だけなら、なんで活法して、
後から頚椎を整えてやるからねなんて言ってるの?w
開祖存命中の指導者講習会でも
こんな田舎芝居をやっていたのだ。
この動画は地方の武専の風景だろ。
下の者は先生に逆らえないんだよ。
先生、ゼンゼン効いていません
なんて言ったら大変なことになるから
おとなしく失神したまねをする。
少林寺は狸寝入りの練習をすると
影で笑われているのだよw

923 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 14:55:21 ID:jhs9nB2F0
これについては?詳しく。
http://www.youtube.com/watch?v=byAvGP1GqBU&NR


924 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 15:33:26 ID:I/1OLmSP0
柳龍拳並みの怪しさだな。
http://www.youtube.com/watch?v=ruEXbc9yCXc

925 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 15:49:29 ID:T7db09xM0
>>922

ぎゃははははははははははははははははははは

技術音痴の無知の負け惜しみが続いております。(爆笑)

あまりに惨め。

さっさと死ねや。(プッ


926 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 15:50:37 ID:T7db09xM0

【注】

八光流、竹内流の幼稚な技法では力の強い相手には絶対に技がかかりません。

優れた技法を学びたい方は

     少  林  寺  拳  法

を技術的に優秀な道院で学ぶことを薦めます。

決して八光流、竹内流など学んで (そんなアホはほとんどいないと思うが)

人生の貴重な時間を浪費しないように注意しましょう。




927 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 15:52:26 ID:T7db09xM0

   ★★★★★  インチキ武道家=佐藤金兵衛物語   ★★★★★

変態エロじじいのヤブ医者で、金で武道の免状をコレクションをしていた

卑しい精神の持ち主である 

    佐    藤   金   兵    衛

は、少林寺から金で段位を買うことを拒否されて逆恨みをしておりました。

そこでたまたま開祖の記憶違いの記述を発見し、開祖の少林寺行きはウソであると中傷しました。

ところが開祖が中国少林寺に帰山した際、当時の生存者の釈徳善和尚は、開祖を見るなり走りより、

目に涙を浮かべて「あなたを覚えている。」といい、終始開祖の手をしっかり握ったまま離しませんでした。

この感動的再会により、卑劣な佐藤金兵衛のデタラメが明らかになり赤っ恥をかきました。

その後も佐藤金兵衛はインチキ武道ごっこをクズな弟子達と続けておりましたが、ついに

天罰がくだり、地獄に堕ちて閻魔様に舌を抜かれたとさ。

めでたし、めでたし。

プッ



928 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 15:54:19 ID:T7db09xM0

66 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 01/12/07 01:35 ID:UwcHrr7M

たまに金兵衛さんが強いとか、強かったとか、載ってることあるけど
あれは、親族が書いてると思うね。
だいぶ前だけど、代々木体育館で某大会のとき、みかけたこと
あるけど、奥さんにかかえられてフラフラだったよ。
それに道場生だったやつを知ってるけど、
三年通ってて、金兵衛さんみかけたのって、数回だったって
言ってたよ。
いつも隠れてて、出てこないし、
もちろん、指導なんて受けたことないって。
一度、李子鳴が来日指導の時、金兵衛さんが一緒に、後ろで習ってたんで
信じてたから、がっかりしたって言ってた。
結論は、武道家ではなく、武道評論家だってことでしょ。

929 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 15:55:20 ID:T7db09xM0

96 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 01/12/09 11:42 ID:dhu52k+J

そのとおり。
金兵衛の理論はすべて自分の名前を高めるために、他人を
意識的に蹴落とし、でっちあげ避難するという
人間として最低の動機にもとづくものだった。
 歴史や事実をねじまげてるんだから、多くの人たちの
恨みをかっているのは事実だ。

930 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 15:58:31 ID:T7db09xM0

112 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 01/12/10 13:56 ID:eOi2AJ9A

佐藤金兵衛は、かっての師であった王樹金に対して経歴詐称だと駄法螺ふいておきながら、その舌の根も乾かないうちに王樹金のビデオを3巻もセットで販売している。
しかも、その経歴詐称の謝罪分を見た事がある。

931 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 16:00:59 ID:T7db09xM0

218 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 02/01/27 15:09 ID:7ttnhYTu

金兵衛さん、どんなに長く続いた弟子でも、その弟子がやめると
きまって「あいつには本当のことは教えてない」っていう。しまづけんじ
と同じだ。早く死にすぎて息子に教えきらずに死んじゃった。全日本中途半端
連盟。


932 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 16:02:55 ID:T7db09xM0


250 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 02/02/10 21:17 ID:5un5jYrF

金さん。あの人本当にいつ会っても人の批判してたね。本当に人格的には
最低の人間だった。中国拳法だってセンス全然なかったぜ。柔術だって
全部中途半端だった。これ本当だよ。



933 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 16:05:39 ID:I/1OLmSP0
これについてはどうなの?
http://www.youtube.com/watch?v=ruEXbc9yCXc


934 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 16:11:18 ID:T7db09xM0
>>933

三角技法の森道基先生。

少林寺の中では特異な存在だった人。

少林寺拳法港島道院および六甲アイランド支部道場 の他に

この高砂鹿島道院 で技術が受け継がれているようだ。
   ↓
http://homepage2.nifty.com/hika_t77/213271/

935 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 16:13:16 ID:T7db09xM0
>>933

お前のような知恵遅れに説明しても無駄だった。



936 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 19:14:24 ID:rPm3qmCc0
相手が飛んでるだけだね。

937 :71:2007/02/19(月) 20:00:29 ID:KuurrjUs0
この辺の達人的な技法は判断難しいよね。

少林寺に限らず合気道の塩田先生やら柔道の御船先生やらね。
ご存命なら実際にやられてみたいですね。
技を食らってみないと疑惑はそうそう晴れないからにゃぁ。

まぁ、ここらの技術は絶えたわけじゃないので機会があれば経験できるかもです。

938 :大阪の人:2007/02/19(月) 23:36:05 ID:ihy4cl+u0
数年まえ大阪し東成区在住の自称少林寺2段のチビメガネ なんか自営業で
画びょうを作る仕事をしてるらしいにちょっとやってみると挑発されたので
空手の経験があることを告げると急に態度が変わりおとなしくなりました!


939 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 23:42:55 ID:guBparJe0
>>937
こういう技術は、本物であり、偽物。

どういうことかというと、スパーでは使えない。
が、相手が決まった動きをするときは、本当に力を使わずに理合いで制している。


940 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 23:47:48 ID:T7db09xM0
>>938

クズ丸出し(プッ

くだらねえ話して喜んでいるんじゃねえ、この知恵遅れ(嘲笑)

941 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 23:53:45 ID:T7db09xM0

67 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 01/12/07 02:05 ID:UwcHrr7M

俺、実はものすごいひどい話、山ほど知ってるんだよねぇ。
先輩が、大昔、道場生だったんで。
今、公開されてる情報なんて全て吹き飛ぶくらいすごい話。
ま、金兵衛さんってのは、全くひどい人だな。
ちょんぼしたら、公開しちゃおう!と思って、とってあんのさ。

942 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/19(月) 23:54:53 ID:T7db09xM0


115 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 01/12/11 11:33 ID:CjE0/IsH

澤井健一氏に関してはわからないが、王樹金氏に関しては逆恨みのデッチあげ。
佐藤は、売春ツアーで台湾に行っているところを、偶然王樹金氏に見つかり、罰の悪さから挨拶もせずその場を逃げてしまい、破門。
その事を根にもっての経歴詐称の大嘘を言った。

943 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/20(火) 00:43:42 ID:SdbSMEMs0
三角技法は、龍王拳を突き詰めていけば誰もが到達する原理。
ただそこまでやり込む奴は少ない

944 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/20(火) 04:49:48 ID:ywxae5mq0
北斗旗で優勝したら信じますよ。

945 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/20(火) 08:46:53 ID:Wkqtl5qL0
>>944
北斗旗で優勝した人が私の歳までそのレベルの強さと体調を
維持できたら見習ってもいいけどね。
拳闘や相撲に似たような半生なら一般勤務の人には無理だね。
前提が違うから。

946 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/20(火) 20:50:59 ID:sP/PwLgq0
>>945
あんた、何歳?
俺65だけど練習してるよ。
合宿も出ている、やればできるさ。

947 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/20(火) 20:57:48 ID:QmdBQ+NgO
>>946
65歳の人が2ちゃんに書き込みしてるなんて…世も末だな。

948 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/21(水) 00:00:22 ID:bCrcflwc0
オマンこ〜!ぼくのちんちんでかいです!

949 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/21(水) 01:09:30 ID:PlUvGxyGO
>>947
んな事ぁ無い。

950 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/21(水) 03:57:00 ID:GhLg1z5N0
今更、金ちゃんの事でこんなに盛り上がっているスレがあるとは夢にも思わなかった世。

951 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/21(水) 06:53:16 ID:EvbPOF1/0
こちら側も”白”とは言えないからこそ、このネタが消えて無くなる事はないんじゃないの。


952 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/21(水) 09:49:33 ID:GhLg1z5N0
で白痴っぽい金ちゃん書き込みをする馬鹿がいるわけか。
なかなかグレーは辛いね。

953 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/21(水) 12:00:50 ID:c5V1WSEQ0


115 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 01/12/11 11:33 ID:CjE0/IsH

澤井健一氏に関してはわからないが、王樹金氏に関しては逆恨みのデッチあげ。
佐藤は、売春ツアーで台湾に行っているところを、偶然王樹金氏に見つかり、
罰の悪さから挨拶もせずその場を逃げてしまい、破門。
その事を根にもっての経歴詐称の大嘘を言った。



954 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/21(水) 13:51:14 ID:GhLg1z5N0
おっ!白痴ご苦労さん!

955 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/21(水) 14:07:59 ID:c5V1WSEQ0

ところで回春ツアーが趣味だった変態エロじじい

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しの弟子ってまだ武道ごっこ続けているの?



956 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/21(水) 14:35:22 ID:U83iIH6p0

>>955

プッ

小学校低学年レベルのレスして喜んでいる滑稽なカス(爆笑)

957 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/21(水) 19:44:38 ID:GhLg1z5N0
ところで前から知りたかったが澤井健一在日説と言うのは本当の話なの?
それとも完全なガセネタなの?

958 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/21(水) 19:48:03 ID:bfrl7m1t0
さときんは、沢井が在日だから嫌ってたっていう書き込みがあったね。

959 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/24(土) 01:30:12 ID:jmaJ3nug0
坂東先生の活法講習だけど、圧法なら実際にかけてもらった事がある。
組み付いてきた相手に対して、盆の窪を圧して制圧する技だったけど、
瞬間的に下半身の力が抜けて腰砕けになるが、痛みもなにも無い。
活法に関しては、いろいろ当時から言われていたが、かけられた者は
気を失うが、決して顔面や後頭部を打つことはなかった。KOパンチ
をくらった時とは明らかに異なるし、打撃の強さもほんの軽くポン
と撃つ程度。ビデオの映像とは全く違う打ち方だったよ。もっとも
漏れが先生に会ったのはずいぶん高齢になられてからだったけどね。
絞め技も巧みで、かけられた方はほんの数秒で落ちていたよ。
脳を揺らして倒す方法と活法が同じならわざわざ修行して身につける
価値は無いよ。漏れは素人だが、あの打撃は、頚動脈を圧して脳に衝撃
を送ると共に、経絡下の神経にダメージを与えるという事を同時に
行っていると見た。先生は脳活蘇生だけでは翌日に後遺症が残る事
が有るから、次の日も被験者の傍に居られる時にしか、活法を見せる
事はしなかったよ。「わしが死んだら、活法の本出そうと思う」と
おっしゃっていたが、実現する事はなかったな。そんな漏れは今
日本拳法修行中。これはこれでやりがいあるし、ド突き合いで強く
なろうとしたらかなり魅力的な武道だよ。

960 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/24(土) 01:31:48 ID:R83MHiNS0
なんでこの時間は少林寺スレが、同時にたくさん上がってくるんだよ?

961 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/24(土) 01:46:55 ID:JSXjga2K0
某コテのどちらかが就寝前に暴れていくからさ


962 :<`∀´ >:2007/02/24(土) 01:54:43 ID:R83MHiNS0
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ?


963 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/24(土) 19:43:59 ID:eNrbQHTi0

ところで回春ツアーが趣味だった変態エロじじい

  佐  藤  金  兵   衛

のアホ丸出しの弟子ってまだ武道ごっこ続けているの?



964 :正統:2007/02/24(土) 20:27:53 ID:+M1AX26s0
あははーー  あなた本当に駄目な引篭もりちゃんねーー あははーー^^

そんな卑劣なことしちゃいけないわよ〜〜〜〜〜 あははーー^^


965 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 14:01:53 ID:stMuYhzU0
>>959
>「わしが死んだら、活法の本出そうと思う」
死んだら本出せませんがな…

というツッコミはさておいて。

「気絶しているのに受け身なんか取れない」というのは
少林寺拳法を知らない人だね。
上手く転がすように首でコントロールすることが出来るのだよ。

先生に、倒し方を教えてもらったことがある。目から鱗だった。
燕返も同じ原理で出来ている。

966 :965:2007/02/25(日) 14:03:42 ID:stMuYhzU0
そんな私も現在は空手修行中…
いつかは少林寺に戻ろうとは思っているけどね。

967 :名無しさん@一本勝ち:2007/02/25(日) 23:58:31 ID:uvjF9Zvu0
>>965
それこそ机上の空論。


968 :丶`∀´ さん :2007/02/27(火) 00:10:08 ID:z9voqdjR0
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?


969 :sage:2007/02/27(火) 00:33:27 ID:lH0Tnw/U0
少林寺はプラス部分もあるが、現状は
マイナス面ばかりが目立ちすぎている。
外で修行した連中で本部の糞老人を
技と力でねじ伏せるしかない。道を
求めるのは、金や評判だけがすべて
でないことを、今一度思い知らせて
やらねばなるまい。

970 :ウリはウリ房 <`∀´>:2007/02/27(火) 00:52:13 ID:z9voqdjR0
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?
ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?


971 :<丶`∀´> ヌルヌルを守る会:2007/02/28(水) 23:30:32 ID:jT/MQzC10


ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?



972 ::(^○^) ▼KYAHA/emlo :2007/03/02(金) 00:04:30 ID:JZMp0Cml0

ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?


(^○^)キャハハハハハハ 〜♪ (^○^)キャハハハハハハ 〜♪


ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?


(^○^)キャハハハハハハ 〜♪(^○^)キャハハハハハハ 〜♪


ウッゼェ〜!! 何でこの時間になると少林寺スレが複数上がって来るんだ〜?



973 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/02(金) 02:23:56 ID:y301zJBL0
>>969
本部の糞老人って誰?

974 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/04(日) 18:05:54 ID:B8cKWhjFO
執行部の人たちでは?

975 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 20:11:45 ID:0EdKrsEC0
情報の普及や日中友好で、本当の中国武術の全貌や
歴史が知られてしまいました。

少林寺の起源は、メインが柔術で拳法の方がサブであるのは、
色々武術を研究した人が見れば一目瞭然。
活法なんか、まんま柔術の伝書そのまま。中国には見られない。
整骨技法も、多くは日本起源です。古い中国の文献には存在しない。
日本との交流が盛んになったころから、類似技術がみられる
ようになりました。ただ、点穴だけは、結構中国の影響が
大きいかも知れない。なんせ、経絡という概念の本家なんだから。
義和拳の継承とかいっても、少なくとも中国主流の流派ではないし、
その継承すら疑わしい。本部に継承の袈裟があるというはなしだが、
嵩山ですらそういう儀式はない。秘密結社がそんなことするはずがない。
開祖自体に中国武術のにおいが残っているだろうから、拳法自体は
学習したろうが、初歩から応用まできちんと体系的には学んで
いないだろう。
少林寺正統を継承したのなら、必ず門外不出の「心意把」が伝わって
いるはず。嵩山正統なら袈裟なんかの前にこれが伝わるはず。
済んだ話しだし、言い出した人も故人だから、普及のための方便と
笑い流すのが一番でしょう。しかし、少林寺拳法の今後の学科としては
もう「中国武術をもとにした」という方向から「柔術と中国拳法を
元にした」というふうに、事実に近い事を教えるべきでしょう。
本部の人も今更、中国武術メインで創生されたなんて信じていない
だろうし。していないから、某先生は日本最高の柔術の先生に
教わりに行ったのだから。もし信じていたら、勉強不足(w。
過去の嘘はしょうがないけど、これからは、
正直にやらないと、純少林寺拳士だけが知らないという
裸の王様状態になってしまう。それではいけない。
少林寺創生の動機は非常にすばらしいのだから、
その発展のためには、正直をメインにしなくては。

976 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 20:16:55 ID:ArIWsEeF0
開祖のすごいところは、正統少林拳を継承してもいないし、
特定の柔術をやり込んだ訳でもない。
祖父の知人の武術家から色々断片を学んで、自分の体験や創意、
研究によって、正統な中国武術や柔術に負けていない一大流派体系を
作った事だと思います。
むしろ今後は、中国武術起源とかではなく、開祖の「天才」こそ
表に出すべきかと。


977 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/09(金) 23:42:53 ID:8H63Pwh80
age

978 :(^○^) ◆KYAHA/emlo :2007/03/10(土) 00:13:11 ID:4nT+v8Tr0
>>975

(^。^)wwwwwww〜プッ  〜♪ 

このように知恵遅れのカスが、自分の限られた聞きかじりの知識を基に

独断と偏見で真実を歪曲し、あたかも我こそは正しいという

痛々しい錯覚に陥っております(プッ

(^○^)キャハハハハハハ 〜♪  

979 :(^○^) ◆KYAHA/emlo :2007/03/10(土) 00:17:18 ID:4nT+v8Tr0
>>975

(^。^)wwwwwww〜プッ  〜♪ 

開祖が陳老師によって整法の施術を受け、心臓弁膜症由来の臨床症状が

軽減した、開祖にとっての忘れがたい経験が整法確立の動機になっていることも

実際に中国で自分が施術を受けたことも理解できていないヴァカ。

さっさと死ねや、クズ(爆笑)

(^○^)キャハハハハハハ 〜♪  

980 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/10(土) 01:43:00 ID:a7JpKvaN0
a

981 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/10(土) 13:33:35 ID:4TIx3s2A0
開祖の継いだ法灯は流派ではなく、地方馬賊のメンバー(老子)の地位
または、現在消滅してしまった秘密結社(貧困人民の互助会組織)であると
推測する事も出来る。だいたい道院というのは道教の寺院をさし、仏教とは
無関係。そして全ての馬賊組織は道教の総本山を頂点として組織されていた。

また武当派の練習方法の一つとして、打撃を当てないマススパーリングのよ
うな鍛錬方があり、現在の演武はそこからヒントを得た物と思われる。中拳
自体が、近年になって急に編纂発展させられた物で、その出自といえばはな
はだ怪しい。中国の文化は、あらゆる物を含めマオの文革で消滅してしまい、
今残っているあらゆる伝統歴史はたった40年程で捏造された物に他ならない。
だから今無い物が、以前は有ったかも知れないし、今ある物は当時無かったかも
しれない。もしくは初めから何も無かった。

だいたい中拳のように、まともに習得するまでに何年もかかっていては、何時
実戦で使えるようになるのか?何の約にもたたないよ。まぁ中国という国の存
在自体が、我々先進国から見れば怪しいことこの上なく、実態すら無い物のよ
うに思えるんだけどね。

中野はその辺を上手く利用したんじゃマイカ。しかし少林寺拳法自体が香川の
多度津で発生したことは本部も公言する事実な訳だし、その小さな一要素の
中拳の正当性がどうのこうの言っても意味無いな。今それに存在意義があるなら
「政策坊主の創った中野拳法」でいいじゃん。無問題。

982 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/10(土) 14:40:20 ID:4TIx3s2A0
キャハが何言ったところで、教範の記述から一歩も
外へ出ないし、事実関係を証明する事すら出来ない。
慰安婦問題の朝鮮人と一緒。気持ち悪いだけなら
いいが、カワイソウな奴でもあるので、笑えない。

983 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/10(土) 17:54:55 ID:5sVqe9OcO
偉い人たちは、教範しか読んでないから、地政学や今の国際情勢がわから無いのでしょう。
読むのが朝日なら、片寄りに拍車がかかる。

984 :(^○^) ◆KYAHA/emlo :2007/03/10(土) 18:42:20 ID:4nT+v8Tr0
>>982

(^。^)wwwwwww〜プッ  〜♪ 

デキの悪いオツムを絞って考え出したクダラナイ作り話を

テメー自身で擁護している哀れなクズ。

知能の低さ丸出し(爆笑)

(^○^)キャハハハハハハ 〜♪  

985 :(^○^) ▼KYAHA/emlo :2007/03/10(土) 22:06:50 ID:zBn5WHwz0

          ヌルヌル
        ヌルヌル|ヌルヌル
      ヌルヌ ルヌル〃/::|ヌ/ル,,
     ゞゞ::::::::::::::〃::::::::〃:::::ツ シ
    ゞゞ::::::::::彡彡:::::::::::::::彡:::::::彡
   彡:::::::ミ:ミ:::::ヘ:::::::::彡彡:::::::::::::::ミ
  ミ:::::::::::::: : : : { }::::::::::::ツツ:::::::::::::ミミ
  メ::::::::::::~~¬ミノ ミミ彡'''''''''''''''ヾミミ
  {::::::::ゞ’::::           :::|:::::ミ
  ヾ::::::ゝ  ーー 〜〜 ーー   }:::ミ
 rヾ|:::/  ム二ヾ    _∠二ヾ レヾ
 ヽ(]:::|  −=・=-     -=・=- |})》
  ゞ_||    ,,_,/|  「ヾ、_  /
    ヾ::::     _ ! !    /
     ||:::::    ,,(n  n)    |
     |::::::::  彡  ''''''''  ミミ  /
   /ソ\   トエエエエイ' /7\
  / {   \    ̄ ̄ ̄ ,/ /  ヾ
 ̄|  ミ    '\_::::::::::_/ /   イ ̄
  |  へ       ̄ ̄   /  




986 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/11(日) 01:23:42 ID:VOvkizDa0
キャハお前が教範でオナニー
してるのはわかるが、自分の考え
や、思考は無いのか?
「馬賊戦記 小日向白朗と満州」でも
嫁。藻前のオナニー本よりは面白いぞ。

来歴や歴史がどうのとか、今現在の感覚で
当時の情勢や開祖の行動を規定しようというのは
間違っている。時代の流れや状況が必然を生む。
我々に出来るのは、推測と共感のみ。

取り残されているのが本部とキャハ。漏れは笑えないよ・・orz


987 :(^○^) ◆KYAHA/emlo :2007/03/11(日) 01:35:53 ID:SI7lzNgT0
>>986

(^。^)wwwwwww〜プッ  〜♪ 

3流おとぎ話作家の能書きが続いております。

妄想と健全な思考の区別がつかない哀れなバカです。

涙を誘う惨めなクズ。

知能の低さ丸出し(爆笑)

(^○^)キャハハハハハハ 〜♪  


988 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/11(日) 02:01:22 ID:VOvkizDa0
藻前の哀れな思考が、少林寺の行く末を暗示
していて、やっぱり笑える。

坂東那伯や梶原道全の薫陶は受けたか?

989 :(^○^) ◆KYAHA/emlo :2007/03/11(日) 08:22:52 ID:SI7lzNgT0
>>988

(^。^)wwwwwww〜プッ  〜♪ 

3流おとぎ話作家の能書きが続いております。

妄想と健全な思考の区別がつかない哀れなバカです。

涙を誘う惨めなクズ。

知能の低さ丸出し(爆笑)

(^○^)キャハハハハハハ 〜♪  


990 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/11(日) 10:21:17 ID:E3esHIEN0
キャハ、正統はどうして掲示板の文章を急に消したんだと思う?にこにこ^^


991 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/11(日) 12:20:04 ID:VOvkizDa0
なんだキャハ、
坂東那伯や梶原道全も
知らないわけか、お前お子ちゃマの偽者だな。
ガキは去れ。

992 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/11(日) 17:33:00 ID:F5C9mgNh0
次スレ立てました

993 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/11(日) 17:34:59 ID:F5C9mgNh0
orz  orz orz  orz orz  orz orz  orz orz orz orz orz orz 
 
  OTL   OTL   OTL   OTL   OTL   OTL  OTL  OTL 

○| ̄|_ ○| ̄|_ ○| ̄|_ ○| ̄|_ ○| ̄|_   ○| ̄|_

  / /|)      / /|)       / /|)   
  | ̄|  _     | ̄|  _      | ̄|  _     
/ / (|\ \ / / (|\ \  / / (|\ \  
     |  | ̄|      |  | ̄|       |  | ̄|      
       \ \      \ \       \ \    



994 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/11(日) 19:48:39 ID:BDkeuMW10
バックでお願い!!

995 :(^○^) ▼KYAHA/emlo :2007/03/11(日) 22:37:40 ID:3cK8uxej0

(^。^)wwwwwww〜プッ  〜♪  極真の上道着の袖は短かすぎ〜♪ 見苦しいよ〜ん♪


          ┏  ━ゝヽ''人∧━∧从━〆A!゚━━┓。
╋┓“〓┃  < ゝ\',冫。’ 、  ' 〃Ν ; ゛△│´'´,.ゝ'┃.      ●┃ ┃┃
┃┃_.━┛ヤ━━━━━━━∧_∧━━━━━━━━━━  ━┛ ・ ・
       ∇  ┠─Σ┼ ○<,,`∀´,,>○ 冫 そ',´; ┨'゚,。   ウリが来てやったニダー!
          .。冫▽ <   ゝ、    ,ノ      乙  ≧ ▽
        。 ┃   Σ   (⌒ゞ ,l, 、'’  │   て く
          ┠─ム┼   ゝ,,ノ ノゝ. 、,,’.┼ ァ Ζ┨ ミo'’`
        。、゚`。、   i/   レ' o。了 、'’ ×  个o
       ○  ┃   `、,~´+√ ▽   ',!ヽ.◇    o┃
           ┗〆━┷ Z,.' /┷━''o ヾo┷+\━┛,゛;


(^○^)あのアロハみたいな上着がカッコイイと思ってんのか〜♪ キャハハハハハ 〜♪

996 :(^○^) ◆KYAHA/emlo :2007/03/11(日) 23:32:50 ID:SI7lzNgT0
>>990

(^。^)wwwwwww〜プッ  〜♪ 

ヴァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜カ

何を、誰も知らねえようなマイナーな話題を持ち出して喜んでいるんだ?

このクズが(プッ

(^○^)キャハハハハハハ 〜♪  

997 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/12(月) 00:03:53 ID:TX2Oc0G60
http://www.md.ccnw.ne.jp/aichimeiyu/

998 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/12(月) 01:32:12 ID:iyIqr0DV0

【注】

本キャハ 少林寺派     →(^○^) ◆KYAHA/emlo

ニセキャハ アンチ少林寺派 →(^○^) ▼KYAHA/emlo



999 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/12(月) 18:26:38 ID:+hbVDAju0
大団円

1000 :名無しさん@一本勝ち:2007/03/12(月) 18:28:27 ID:c4+TAdE/O
\(^O^)/創価学会

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

406 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)